スクワットダイエットを成功させたい!効果的なおすすめ方法大公開!




スクワットダイエットを始めようとしているそこのアナタ!!

せっかく始めるならより効果的な方法で本格的に取り組みたいと思っていませんか?!

実はスクワットダイエットには様々な種類があり、自分がやりやすい方法で行うことで継続的にスクワットをすることが可能になるので、ダイエット成功にも繋げやすいのです。

最近では、30日チャレンジと呼ばれる方法から、相撲や水泳と関係したスクワットも人気ですし、日常的なストレッチや筋トレにも取り入れやすい方法なのでおすすめなんです!

ここでは、話題となっているおすすめのスクワット方法から、スクワットダイエットを成功させるために覚えておきたいポイントなどをご紹介します!


スポンサーリンク


スクワットダイエットの30日チャレンジが大流行!

引用:https://andohiroyuki.com/bodymake-up/2015/3885.html

アメリカで大人気となっている「30日間スクワットチャレンジ」は、SNS上でも実際にやってみた方の声や写真による経過報告が話題となっており、その人気は日本にも知れ渡っており、幅広い世代で挑戦されているダイエット方法です。

30日間という限られた期間内でのダイエットですので、モチベーション維持もしやすいですし、「私もできるかも?!」と思えるような覚えやすい手順が愛される理由となっています。

スクワット自体は下半身強化をしてくれる運動としては有名ですし、実際に継続的にやったことがある方が少ないのですが、スリムな体を手に入れるために、スクワットダイエットという名目で本格的に始めやすいのです。

それでは、人気沸騰中!の30日間スクワットチャレンジの方法をご紹介します!

①期間は30日間で、初日は30~50回を目安にスクワットを行う。

②2日以降から、徐々に回数を増やしていき、3日間続けて1日休むという流れを繰り返す。

③最終日には250~300回になるように目標設定をする。

スクワットの種類については自分のやりやすい方法でOKなのですが、大切なのは前日よりも回数を増やしてスクワットを繰り返すことにあります。

一見すると、かなりきつそうに見えるチャレンジではありますが、3日続けたら1日休むという休息期間を設けることができるので、筋肉を酷使しないスケジュールが特徴的です。

引用:http://midori32.hatenablog.com/entry/plank_challenge_completion1

筋肉というのは刺激を与えることで損傷した部分を修復することで強くなるのですが、実は修復するためには筋肉そのものを休める時間が必要なのです。

30日間スクワットチャレンジはスケジュールの中に休憩を意図的に設けることによって、より筋肉が発達しやすい流れを作り出すのに成功しているので、30日という短い期間でも効果が出やすいのです。

ただ、回数を意識しすぎて間違ったフォームで続けてしまったり、上半身を動かしすぎてしまうと効果が発揮されないので、正しいフォームでスクワットを行うことを心がけましょう。


スポンサーリンク


スクワットダイエットと相撲が融合しちゃう?!

引用:https://locari.jp/posts/77970

実はじわじわと流行の兆しが見える方法として、「相撲スクワット」が話題となっているのですが、文字通りお相撲さんがするような四股を踏んでいるイメージでスクワットを行う方法なんです!

スクワットは下半身に集中的に負荷をかけてしまうため、膝や腰が痛くなったり、始めた当初から筋肉痛になりやすい場合もあるのですが、相撲スクワットは通常のスクワットよりも膝や腰への負担が少ないだけでなく、太ももの筋肉への刺激が多い特性があります。

太ももの筋肉が強化されることによって、足痩せはもちろん、キュッと上がった美尻対策にも役立ちますし、姿勢矯正の効果もをあるようです。

また、太ももを中心に負荷をかけやすくなることから、リンパや血行促進にも良い働きをするので、むくみ解消にも一役買ってくれます。

ではここで、相撲スクワットの方法をご紹介しましょう!

①足を肩幅よりも大きく広げて、つま先を外側に向けて立つ。

②両手は前方で組み、ゆっくりと深く腰を上下に動かす。(×10回)

③組んでいた両手を頭の後ろにおいて、再度スクワットを繰り返す。(×10回)

④両手を上に広げたら、再度スクワットを行う。(×10回)

スクワットの回数としては1セット30回になるのですが、1日3セットを目安にして、筋肉痛にならない程度に自分なりに回数を増やしながら継続することで効果が得られます。

スクワットは筋肉を鍛えすぎたり、酷使するのはかえって逆効果になり、筋肉を太くしやすくなりますので、自分の体力と相談しながら続けていける回数を把握することが大切です。

相撲ダイエットは通常のスクワットよりも腰をどっしりと安定させることができるため、比較的続けやすいことでも人気なので、見た目のインパクト以上の成果が期待できるのです。

また、呼吸法についても注意が必要で、スクワットはゆっくり行うことで有酸素運動にもなることから、膝を曲げる際に吸って、戻す時に吐くという流れを忘れないようにしましょう!


スポンサーリンク


スクワットダイエットは水泳とも相性抜群!

スクワットダイエットは、太ももやお尻を動かすことから、下半身だけに効果があると思われがちなのですが、実は有酸素運動としても有効な方法であり、基礎代謝アップにも繋げることが可能なのです。

スクワットは、実際にしている姿を見てもわかる通り、下半身メインの運動にはなるのですが、太ももやお尻だけでなく、腹筋や背筋など上半身の筋肉にも良い効果を発揮するのです。

また、ゆっくりとしたスピードで行うことで呼吸による動作も増えてくるため、体内に酸素が行きやすくなり、エネルギーの代謝量を上げてくれる役割を果たしています。

体の基礎代謝が上がることによって痩せやすい体づくりを促進してくれるので、スクワットと他の運動を組み合わせると相乗効果で、さらなるダイエットの成果を生み出すことができます。

特に、水泳は有酸素運動としても人気のあるスポーツであり、水の中で体を動かすことによって負担がかかりにくくなっていますので、運動が苦手な方でもおすすめしやすいです。

クロールや平泳ぎのように実際に泳ぐのはもちろんですが、水の中でウォーキングをするだけでも地上よりもはるかにカロリーを消費しますし、スクワットで基礎代謝アップさせることでより脂肪燃焼効果を引き立たせることが可能です。

ただ、プールなどでスクワットを行う場合は、地面が滑りやすくなっていますので、足元を十分に注意しながらスクワットをすることが大切ですし、水に入る前にはストレッチをかかさないようにして、体に負担をかけないようにしましょう!


スポンサーリンク


スクワットダイエットにスミスマシンを活用!

「スミスマシン」と聞いてすぐにイメージできるのは、ジムなどに通っている方には多いと思いますが、場合によっては全く身に覚えのない方もいると思います。

実際に私はその名前を知らなかった一人なので、画像検索をして「これがスミスマシンなの?!」と二度見してしまいました。

スミスマシンとはバーベルが取り付けられた機械のことで、重量トレーニングに活用されることも多く、上げ下げしやすいようにバーの軌道が固定されていることがほとんどです。

スミスマシンを使わずに重りの付いたフリーウェイト上体で上げ下げする方法もあるのですが、バーで固定されているほうが重量級にも挑戦しやすく、バランス感覚が保ちやすいため、鍛えたいところを集中的に刺激できるのも魅力です。

実は、スミスマシンを使ったスクワットは比較的活用されており、重りを持ち上げることによって、通常のスクワットより更なる筋力アップを目指すことができます。

スクワットダイエットには正しいフォームを保つことが大切なのですが、人によっては上半身に力が入ったり、背筋が曲がりやすいなどの理由で、上手にフォームを作れない場合も珍しくありません。

そんな時にこそ、スミスマシンをスクワットに活用することにより、乱れてしまうフォームを整えることが可能になり、重心を保ちつつ下半身に特化したトレーニングをするこができるのです!

スクワットダイエットは食事制限が必要なの?

スクワットダイエットには正しいフォームを守ったり、過度に負荷をかけすぎないようにすることでスリムな体づくりに良い効果を発揮するのですが、どんなに正しいやり方で行っていたとしてもなかなか効果が出ないという方も少なくないようです。

その原因となる問題として、食事制限の有無が考えられるのですが、スクワットダイエットだけでなく、ダイエット全般的に食事ケアをすることが推奨されるくらい重要なことでもあるのです。

そもそも、人間が痩せるためには食べ物による摂取エネルギー量よりもスクワットなどの運動による消費エネルギー量が多くなることで脂肪燃焼に効果があるのですが、食事制限という言葉を聞くと、食べ盛りの方や食事を楽しみたい方によっては苦行となってしまいますよね?

特に、ダイエット中は太らないために食事を極端に抜いたり、何も食べない状態で過ごすという過酷な状況に自分を追い込む方もいるようですが、極端に食事制限をしてしまっては体にも良くないですし、かえってリバウンドしやすい体になりやすいのです。

食事制限をしなければ!というよりは、ダイエット中に摂取する食べ物の種類を工夫することで、ストレスを感じることなく空腹感に悩まされない日々を過ごすことができます。

例えば、タンパク質を多く摂取したり、ビタミン郡の多い野菜や果物を積極的に食事に取り入れるなど、食べることをやめなくても食事制限をすることは可能なのです。

特に、タンパク質は運動をする上でエネルギー源としても有効活用できますので、食事で取れない場合はプロテインなどの栄養補助食品もおすすめです。

また、食べるスピードも急いでゆっくりと噛みしめるように味わうことで、食べ物本来の旨味をじっくりと口の中で実感できますし、満腹中枢を刺激しやすいので暴飲暴食をを抑えられます。

スクワットダイエット初心者が気を付けることは?

スクワットダイエットは手順としてはシンプルなこともあり、初心者でも気軽に始められるおすすめの方法ではあるのですが、初心者だからこそ陥りやすい盲点があるのです。

例えば、スクワットをしている最中に息を止めながら上下運動をしたり、猫背のままで激しく動かしてしまうと、せっかく回数を重ねても期待以上の効果は出にくくなります。

有酸素運動としても使えるスクワット方法ですので、息を止めてしまうと血液循環も悪くなってしまいますし、息も上がりやすくなるので疲れやすくなります。

背筋に関しては、できるだけピーンと伸ばすことで、腹筋や背筋強化にも繋げることができますので、普段から猫背の方はスクワット中に背中が曲がっていないかチェックしておきましょう。

また、よくある間違いとして、腰を落とす際に膝が内側に入ってしまうという方が意外と多く、内股状態でスクワットを繰り返してしまうケースがあります。

本来であれば外側に向かって膝を曲げるのに対し、別方向に力を入れてしまうことにより、膝の痛みの原因になりやすいですし、負荷が関節部分にかかってしまうので、足全体を痛めてしまう可能性もあります。

実際にスクワットをやってみるとわかるのですが、最初はしっかりと下半身で固定できていたとしても、回数と共に疲れもピークになりやすく、体のバランスが崩れやすくなるので、ついつい内側方向に曲げやすくなってしまうようです。

その場合は、全身が映る鏡などで自分のスクワット姿を観察することで膝の位置を確認できますし、上半身を使いすぎてないかもチェックできるのでおすすめです。

スクワットダイエットを成功させる方法やおすすめまとめ

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Lar_086775/

いかがでしたか?

スクワットダイエットは世界中で話題になるほどの人気ですので、自分に合ったスクワット方法を選ぶことによって、継続してダイエットに取り組むことができるので、ダイエット成功者の嬉しい声が世界中から集まっています。

相撲スクワットなどのユニークなネーミングも魅力的ですし、ダイエットは辛い…と思ってしまう方でも、気軽に挑戦できるプログラムもたくさんありますので、今日からでもスクワットダイエットにチャレンジしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です