スクワットダイエットは太る?!原因や太くなりにくい秘策をご紹介!




スクワットは下半身を集中的に鍛えることもあり、「逆に太ってしまうのでは?」と不安になってしまう運動でもあります。

特に女性の場合は、筋肉が付いているというよりはスラっとした足を目指したいものですし、太る原因になってしまうのならスクワットダイエットは拒否してしまいますよね?!

しかし、スクワットダイエットは正しいやり方で行えば、美脚を手に入れることもできますし、太くなる心配もないのですよ!

実際にスクワットダイエットを行って足痩せした成功談も多数挙がっていますので、過去に失敗してしまった方や、これから始めたい方に是非とも参考にしてみてほしいです。

ここでは、スクワットダイエットで太ってしまう原因や、太くならなくするための秘訣などをご紹介します!


スポンサーリンク


スクワットダイエットで太くなるのは必然なの?!

ダイエットに運動を取り入れる方も多い中で、スクワットダイエットは手軽に始められて、下半身にしっかりとした負荷を与えられることから人気となっていますが、その一方で、スクワットをし始めてから足が太ってしまったという声も多数あるようです。

そもそも、スクワットというのはスポーツマンはもちろん、筋肉力アップのために習慣的に行っている方が多いメジャー運動であり、太ももやお尻などの下半身の筋肉に対して効果的なことでも知られています。

実は、太ももやお尻の筋肉というのは、人間の体の中でも大きい面積を誇る筋肉であり、日常生活の中でも自然と鍛えられる特性もあることから、意識的にジムに行っていなくても鍛えやすい部位であり、その分筋肉が大きくなりやすいのです。

例えば、坂道が多い街で生活している場合、平らな道ばかりを歩いている方に比べて下半身は発達しやすいですし、日常的に筋肉が鍛えられている生活を送っているというわけです。

実は私も急斜面と呼ばれる坂道に佇む家で生まれたので、坂道に対して小さい頃から慣れた生活をしているため、何もしなくても持久走が早かったり、リレーの選手に選ばれたりしていました。

今思えば、日頃から坂道を上っていたおかげで、下半身が強化されたのだと実感しましたね。

スクワットをしなくても筋肉が強化されるくらいですし、元々下半身の筋肉は大きくなりやすい特性があります。

スクワットダイエットをすることで、日常的に筋肉量を増やす運動をしてした結果、太ってしまったという方が現れてしまうのです。

さらに、スクワット自体が筋肉に与える刺激が予想以上に大きいもので、一日やっただけで筋肉痛になってしまうくらい、筋肉に負荷を与えることでも有名です。

ですので、スクワットは下半身強化のためには心強い存在ではありますが、鍛えすぎてしまうと太ももが太くなったり、お尻が大きくなることも避けられないのかもしれませんね。


スポンサーリンク


スクワットダイエットで太ったのは〇〇が原因?!

 

スクワットが下半身の筋肉を大きくすることはわかったのですが、スクワットダイエットをしている方の中には、びっくりするようなスリムな美脚を手に入れている方も多いのも事実ではあります。

では、何故スクワットダイエットをして太ってしまう方が増えてしまうのでしょうか。

まず、足が太ってしまう要因として挙げられるのが、まずは正しいフォームでスクワットができていないということです。

スクワットの基本的なやり方としては、足を肩幅ぐらいに開いて立ち、手は頭の後ろや前に伸ばすなどして安定させ、太ももが床と平行になるように膝を落としながら上下に動作を繰り返すという流れになります。

順序としては比較的簡単なのですが、シンプルだからこそ動作が雑になってしまいがちになり、間違ったフォームでひたすらスクワットをしてしまう方が意外と多いようなのです。

例えば、腰を落とす際に猫背になってしまったり、膝が前に出過ぎてしまったり、スクワット時にはお尻を後ろに突き出すのですが、突き出し方が甘くなってしまうなどがあります。

実は、スクワットという運動は非常にデリケートなので、正しいフォームで行わないと自分が鍛えたい部位とは別のところを鍛えてしまったり、偏った部位のみを集中的に強化してしまう可能性があります。

一見すると、スクワットは下半身のみを鍛えるように見えるのですが、下半身を固定させるために腹筋や背筋も同時に鍛えることができ、姿勢もよくなることから全身運動の素質もあるのです。

ただ、これはスクワットを正しいフォームで行っているからこそ効果を発揮するもので、回数だけをこなすためだけに乱れたフォームで続けることで、バランスの悪い状態で筋肉を鍛えてしまいます。

そうなると、鍛えた部位の筋肉量に偏りが生じて、まんべんなく引き締まった足にならないことから、「スクワットをして太った!」思ってしまうのです。

次に考えられる要因としては、スクワットダイエットをしていることに満足してしまい、食事制限をしていないということです。

スクワットダイエットを成功させるためには、食事の摂り方がとても重要になることをご存知でしたか?

そもそも、運動系のダイエットというのは、食事制限をプラスすることによってリバウンドのしにくい体づくりをすることが可能になります。

食事は人間が生きていく上での必須条件となりますが、運動をしているからといって過度に食べ過ぎてしまうと、せっかくスクワットでエネルギーを消費したとしても、食事による摂取エネルギーがそれを超えてしまうとむしろ太ってしまうのです。

理想的なバランスとしては、食物からのエネルギー量よりも運動からのエネルギー量が大きくなることでダイエットが成功しやすくなりますので、「スクワットダイエット+食事制限」を常に頭の中に置いておくようにしましょう!


スポンサーリンク


スクワットダイエットで太くしないやり方伝授!

スクワットダイエットは、正しいフォームで持続的に行うことで下半身の筋肉をまんべんなく鍛えることができるのですが、スクワットを普段やり慣れていない方や、運動をしない方にとっては、自分のフォームが合っているのか自信をなくしてしまうこともあります。

特に、スクワットダイエットを始めよう!としている人が、普段からスクワットをしている割合は極めて少ないですし、本格的にスクワットをしていない方も多いので、できれば太くならないやり方でスクワットをしてみたいですよね?!

そんな方におすすめしたい方法というのが、太ももに君臨する特に大きくなってしまう筋肉でもある「大腿四頭筋」を刺激しすぎない「ワイドスタンス・スクワット」です!

まずは、肩幅よりも少しめに足を広げたら、背筋をまっすぐ伸ばして立ち位置を決めます。

この時、つま先は外側に向かうように開き、通常のスクワットのように真正面には向けないようにするのがポイントです。

立ち位置が安定したらその体勢のままスクワットをするのですが、膝を曲げるというよりは腰を落とすことに意識を集中させることで、膝に負担がかかりにくくなります。

スクワット中は、太ももの内側や足の付け根部分に意識を向けることで、よりスクワットの効果を高めることができます。

そして、「ワイドスタンス・スクワット」の特徴ともいえる膝の角度なのですが、90度まで曲げることで下半身全体を刺激することができるので、引き締まった美脚への近道となります。

ただ、人によっては体が硬い場合もあるので、無理に90度にするのは体に負担がかかってしまうので、あくまで意識をするということに重点を置き、膝を曲げすぎないようにすることで腰からのスクワットがしやすくなります。

さらに、スクワット中に無防備になる腕については、足の後ろで組んだり、まっすぐ前に伸ばすことで下半身が安定しやすくなり、より集中的に筋肉を鍛えることができるのでおすすめです。

たまに、腕を振りながらスクワットをする方もいるようですが、これは腕の反動によって動かしていることになり、肝心の下半身の筋肉への刺激が半減してしまうので注意しましょう。

腕をぶらぶらと動かすことで上半身が動いてしまい、正しいフォームも取りづらくなりますし、腕の置き場所はしっかと固定することが大切です。


スポンサーリンク


スクワットダイエットで足痩せも夢ではない?!

スクワットが下半身強化に適していることもあり、どうしても足が太ってしまうと思われがちですが、正しい方法で行えば、なんと足痩せ効果も期待できるんです!

スクワットは下半身の中でも太ももの筋肉量増加に適しているのですが、太ももというのは筋肉と脂肪が入り混じっている層があるので、筋肉を鍛えることで脂肪の部分が筋肉に変わっていくことから、筋肉の面積を縮ませることができます。

筋肉の体積が減ってくると、自然と足全体が引き締まった印象になるので、足痩せが実現するというわけです!

また、太ももだけでなくお尻の筋肉も鍛えるのに特化しているので、美尻効果も期待できます。

お尻がキュッと引き締まった方を見ると、スラっとした足が際立っている印象もありますし、足が長く見える秘訣にもなっているのです。

スクワットを続けることでお尻を筋肉の発達を促進し、皮下脂肪が落ちやすくなることから、足とお尻の境目でもある「臀溝(でんこう)」が際立つので、まさに後ろ姿美人と呼ばれるくらいの美しいヒップラインを手に入れることができるのです。

さらに、スクワットは比較的ゆっくりとしたスピードで行うことから、有酸素運動としても活用されるので、体内に酸素を送り込みやすい呼吸法をすることができます。

そうすると、全身の血液循環を良くしてくれるので、下半身のむくみ解消にも一役買ってくれるのです!

特に、女性では足がむくんで靴やブーツが入らなくなったという経験がある方もいると思うので、日頃からむくみに悩んでいる方には是非とも試してほしいダイエット方法なのです。

むくみが引き起こされる原因として、下半身の血液の停滞が考えられるので、スクワットをすることで血行不良も防いでくれるのは嬉しいですよね。

また、人によってはむくみによって足が太くなっている方も珍しくないので、スクワットダイエットをすることで足が太くなる原因にもなる血行不順解決にも効果的です!

スクワットダイエットの成功談が続々投稿!

スクワットダイエットをネット検索してみると、様々な世代の方が写真などで経過報告をしているので、いかに効果的であるかが一目瞭然です。

しかも、実体験者の成功談を見ることによって、自分が失敗してしまった時にどの部分に相違点があるかや、より効果的なスクワット方法を動画投稿している方もいますので、より参考にしやすいのでおすすめです。

それでは、スクワットダイエットを行った方の成果を写真付きでご紹介します!

引用:https://yaserepo.jp/11316

引用:https://deskgram.net/

引用:https://yaserepo.jp/10652

引用:https://yaserepo.jp/10304

写真で実際に変化を見てみると、スクワットをしているだけでここまで成果が出るの?!と驚いてしまうものばかりでした。

初日から終了日まで細かく写真を撮っている方がいたり、自分なりのスクワット方法などを生み出している方もいましたので、実際に自分がやってみる時の心強い味方になりそうですね!

スクワットダイエットで太る原因や秘策まとめ

いかがでしたか?

スクワットダイエットは太る!というイメージが先行しやすくなっていますが、下半身を鍛えるのに特化した運動であるのと、筋肉が大きくなりやすい部位である太ももを集中的に刺激することから、太ってしまったと思ってしまいがちになるようです。

ですが、スクワット自体は有酸素運動としても利用できる利便性がありますし、体内の血液循環を良くして、むくみ防止や全身運動として痩せやすい体づくりにも効果があります。

足が太らないようなやり方をマスターすることで、足痩せやヒップアップ効果も期待できますので、誰もが思わず振り返るような美脚を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です