スクワットダイエットで筋肉痛が?!筋肉太りの原因や解消方法とは!




スクワットは長年ダイエットに効く定番のストレッチとして知られていますが、人によってはスクワットダイエットを始めた次の日から筋肉痛に悩まされる方も多いそうです。

普段体を動かしてない方や、集中的に筋肉を刺激する生活をしていない方にとっては、動けないくらいの筋肉痛を体験していることでしょう。

実際に、私自身も筋肉痛に悩まされてい一人ですが、ダイエットに役立てたいので、できれば筋肉痛に苦しまないスクワット方法が知りたいものです。

また、スクワットを続けることにで筋肉質になる方も多いようですが、逆に太ってしまうのでは?という心配もあります…。

ですが、スクワットには腹筋や背筋、くびれのある体を促す効果もありますので、一度試してみたいですよね!

そこで今回は、スクワットダイエットでありがちな筋肉痛の特徴や、スクワットと筋肉の関係性など徹底分析しちゃいます!


スポンサーリンク


スクワットダイエットで筋肉痛に悩む方急増中!

スクワットダイエットの口コミを徹底調査!

テレビ番組やSNS上でも話題になっているスクワットダイエットは、足痩せもちろん、腹筋やお尻なども鍛えることができるだけでなく、全身のシェイプアップ効果もあるそうです。

手軽に始めやすいということで様々な世代で人気なのですが、それに伴ってひどい筋肉痛に悩まされる方も増えており、ネット上ではこのような声を見つけることができました。

・スクワットダイエット3日目だけど、階段が降りれないくらいの筋肉痛が!マッチョになってしまう…。

・一昨日からスクワットダイエット始めて早速筋肉痛です。

・スクワットしたら太ももの付け根が激痛が…筋肉痛になってしまいました涙

・スクワットダイエット2日目にして背中の筋肉痛がひどい…お尻も痛い!!

・30日間スクワットダイエットしてるけど、効果あるのわかる!全身に筋肉痛の痛みがその証拠!

実際に検索してみると、思った以上にスクワットダイエットをしている方がいることに驚いたのですが、それと同時に筋肉痛に悩まされている方も比例して多かったです。

しかも、初めて間もない時期に筋肉痛を伴うので、モチベーションが下がってしまわないか不安になりますよね。

特に、筋肉痛の痛みはなかなか取り除けないのがネックとなっているので、スクワットをしている時は感じなかったのに、次の日起きたら布団から出られないくらいの激痛に苦しむというのもあり得るのです。

スクワットダイエットのありがちな注意点とは!

スクワットダイエットで筋肉痛になる人の多くは、頑張りすぎることによって体に負荷をかけてしまいがちになることから、本来持っている筋肉が悲鳴を上げている状態になりがちなのです。

スクワットなどの筋トレは、筋肉痛にならない程度の運動をすることが推奨されており、もし筋肉痛になってしまうようなスクワットを続けてしまうと、膝を痛めてしまう可能性も高いです。

さらに、正しいフォームを知らずにスクワットをしていると、余計な部分に力が入りすぎてしまい、スクワットで鍛えるはずの下半身以外に過度に負担をかけてしまうので、余計に筋肉痛を引き起こしてしまうのです。

スクワットダイエットを始めようと意気込む方のほとんどは、少しでも短期間に成果を出そうと無理をしてしまう傾向にあるようです。

継続は力なりではありますが、無理は禁物ですので、長期的にゆっくり続けていくことを心がけましょう!


スポンサーリンク


スクワットダイエットで筋肉太りに?!

スクワットダイエットを続けていくと、下半身の筋肉を集中的に鍛えることによって、逆に足が太くなってしまったという方も珍しくないそうです。

実はこれは、スクワットのしすぎによって、筋肉を過度に鍛えてしまったことによる影響なんだそうです。

痩せるためのスクワットというのは、1日10~15回を3セットに分けて行うことで、体の基礎代謝のアップに繋げることができ、痩せやすい体づくりを導いてくれるものであります。

ただ、あまりにも筋肉を鍛えすぎてしまうと、筋肉がより発達することをやめないため、自分が理想としている以上の太さの太ももになってしまう可能性が高いです。

筋肉の発達の仕組みとしては、スクワットなどの運動による負荷を与えることで損傷をするのですが、実は筋肉というのは傷ついた部分を修復することでさらに強い筋肉を作り出すことができます。

これは「超回復」と呼ばれる筋肉の特性なのですが、その頻度が高くなればなるほど、アスリートのような体つきを実現できるのですが、ダイエット目的となればそこまでの筋肉の発達を期待していないのが現状です。

また、効果があるからといってスクワットを激しくやってしまっては、無酸素運動になってしまいがちになり、体に十分な酸素が行き届かないので、脂肪燃焼効果も薄れてしまいます。

ダイエット効果が期待できるのは有酸素運動ですので、スクワットダイエットをする際には、ゆっくりとした動作を心がけて、呼吸を意識しながら膝を曲げることで、痩せやすい効果を発揮するのです。

特に、スクワットダイエットはリラックスした状態で、ゆったりとした時間の中で下半身に負荷をかけることが大切ですので、筋肉太りを避けたい場合は、激しく運動するのではなく、適度な回数を守るようにしましょう!


スポンサーリンク


スクワットダイエットで筋肉質になる?!

本来ダイエット目的でスクワットを取り入れたい場合、スリムな下半身を目指す方が多くなっていますが、スクワットの仕方を間違ってしまうと、いかにも筋肉質!という体になってしまうので注意が必要です。

これにはいくつか原因があるのですが、特に多いとされているのが、正しいフォームで行っていないという初歩的な問題であります。

そもそもスクワットは動作的にはとても簡単な運動であり、下半身をしっかり固定して膝を曲げるという単純な流れになりますが、シンプルが故にフォームが崩れやすい運動の代表格でもあります。

フォームが乱れた状態でスクワットを繰り返すことによって、下半身以外の筋肉も使うことになるので、まんべんなく負荷をかけることができなくなってしまい、偏った部分が太るという現象に陥ってしまうのです。

スクワットダイエットにおける正しいフォームというのは、背中とすねが平行になることで、下半身全体に適度な負荷をかけやすくなります。

実は、スクワットは下半身だけを動かしているように見えますが、背中やお尻、腹筋などにも刺激を与えますので、全身を動かしているという意識を持つことで、偏らずに筋肉を鍛えることができます。

スクワットダイエットには、回数が設定されているのが基本なのですが、間違ったフォームのままカウントしてしまっては意味がありませんので、初めて間もない場合は回数よりもフォームに着目しながらこなすことも大切です!


スポンサーリンク


スクワットダイエットは筋トレにも役立つ!

スクワットダイエットは、正しいフォームを意識して、ゆっくりとしたスピードで行うことが有酸素運動として活用できることから、筋トレ目的で始める方もいるくらい効果的な方法なのです。

有酸素運動を続けることで、心配能力の向上が見込めて痩せやすくなるのはもちろんですが、基礎代謝がアップすることによってスクワット中の運動代謝も上げてくれることから、より高い筋トレ効果が期待できます。

スクワットダイエットをしている方の中には、「筋肉がつきすぎてしまった…」という声も聞かれるのですが、裏を返せば、筋肉を付けたい方にとっては習慣的にスクワットを続けることによって、理想的な筋肉量を増やしてくれるのです。

人によっては、下半身を鍛えていたつもりが、上半身にも筋肉が付き始めて、全身に渡って筋肉量が増えたという例もあるそうです。

これは、基礎代謝が上がったことによって脂肪燃焼効果が発揮されたものであり、脂肪が綺麗になくなって筋肉が目立ってきたためでもあります。

スクワットは簡単な動作なのでそこまで効果が出ないのでは?と思われがちなのですが、正しいやり方と継続力を駆使すれば、ジムで鍛えたような立派なボディが手に入るかもしれませんね!

スクワットダイエットは腹筋と背筋にも効果が?!

スクワットダイエットはできるだけ無理をせずに続けることが大切ですが、下半身だけでなく腹筋や背筋にも良い効果を発揮するので、正しいフォームを守ることが大切です。

特に、腹筋に関しては、一般的な上体を起こすタイプの腹筋運動よりもスクワットの方が効果的とされており、ぽっこりお腹防止に心強い存在となります。

実は、お腹の脂肪を落とすためには、全身の筋肉量を増やすことが大切です。

痩せやすい体質改善をすることによって、脂肪量を減らすことができるので、腹筋のみを鍛えるよりも全身運動も兼ねたスクワット運動によって腹筋を鍛えることができます。

さらに、スクワットを正しく行う場合、背筋をピーンと張って状態で上下運動をすることが基本なので、スクワットを行うことで猫背防止にも繋がりますし、姿勢が正しくなるので自然と背筋を鍛えることが可能です。

スクワットダイエットでくびれを手に入れよう!

スクワットダイエットが腹筋に効果的なことはわかりましたが、女性の方の中には腹筋よりもくびれのある体を目指している方も多いです。

くびれがキュッと締まった女性は魅力的ですし、後ろ姿にも自信がついてオシャレの幅も広がるので、今すぐにでもうっとりするようなくびれを手に入れたいですよね!

実は、ぽっこりお腹を凹ませるのに効果的なスクワットダイエットには、くびれ効果も期待できちゃう優れものなんです!

正しいフォームでスクワットをすることは、体幹を鍛えるのに最適ですので、インナーマッスルを鍛えることでお腹周りをすっきりさせてくれます。

全身運動でもあるスクワットなので、くびれだけでなく体重を落とす効果も期待できることから、ダイエットとして活用することもできるのでおすすめです。

また、有酸素運動でもあるスクワットダイエットなので、全身に酸素を送り込むことによって血液循環が良くなり、汗がかきやすくなることから、体内の老廃物を流してくれるのも魅力です。

スクワットダイエットの筋肉痛や筋肉との関係性まとめ

いかがでしたか?

スクワットダイエットにはひどい筋肉痛が伴うイメージが強いのですが、無理をしすぎたり過度に負荷をかけすぎることによって、筋肉を酷使する原因となってしまいます。

ですので、初日で筋肉痛になった場合は、スクワットのフォームが乱れている可能性があるので、鏡などで自身のフォームをチェックすることが大切です。

正しいやり方で行うことによって、有酸素運動であるスクワット本来のダイエット効果を発揮することができますし、下半身だけでなく腹筋やくびれづくりにも役立ちますので、無理せずゆっくりとスクワット運動を行うようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です