花粉症の薬ランキング大発表!市販薬や子供用!強さ1位の処方薬も!




花粉症の薬って、自分で選ぶの難しくありませんか?!

薬局やドラッグストアで花粉症コーナーが設置される時期になってきましたが、実際にどの薬が効果的なのかはパッケージや裏面の説明書を見ないとわかりませんよね?

花粉症の薬は、市販の他にも病院で処方してもらえる薬もあったり、効き目の強さが高いものなど、自分の症状に合わせて選ぶことも大切なんです!

また、大人だけでなく子供にも大流行している花粉症なので、お子様でも使える安全性の高い薬も気になるはずです!

そこで今回は、花粉症の薬のおすすめランキングを、市販や目薬や子供用、効果の強さなどジャンル別にまとめてみましたので、商品を買う前に是非ともチェックしてみてください!


スポンサーリンク


花粉症の薬ランキング~市販部門~

花粉症患者が年々増えていることもあり、薬局やドラッグストアなどでは、市販でもアレルギー症状を緩和してくれる成分の入った薬が各メーカーから販売されています。

パッケージも見やすく、効果などがわかりやすく書いているのが特徴的ですので、初めて花粉症になった方でも探しやすい見た目は助かりますよね!

それでは、花粉症の薬の市販でおすすめの商品をご紹介します!

1位:アレグラFX 28錠

引用:https://www.amazon.co.jp/

花粉症のおすすめ市販薬ランキングで、殿堂入りになる勢いで1位になることが一番多いといっても過言ではないのがこちらの商品です!

テレビCMでも見かけることの多い「アレグラFX」は、抗ヒスタミン剤の中でも眠くなりにくい処方が強みとなっており、主成分でもある「フェキソフェナジン塩酸塩」によって花粉による鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状緩和に効果を発揮します。

いわゆる「第二世代抗ヒスタミン薬」として注目されている商品で、花粉症の薬特有の副作用でもある眠気を防いでくれるので、頭がぼーっとなりにくく集中力低下もしにくいのが嬉しいですよね。

また、空腹時にも服用できるので、胃への負担も気にせず利用できるのもポイントです。

さらに、花粉だけでなくハウスダウトなどによる症状にも効き目があるので、アレルギー体質の方には年中に渡って重宝されるのでおすすめです!

値段は少し高めではありますが、「セルフメディケーション税制」対象商品となりますので、確定申告すれば支払う税金が少なくなる制度も受けられます。

最初の支払いはお金がかかってしまいますが、年間支払う薬代次第では結果的にお安く購入することができるのでお得ですよね!

ちなみに、「セルフメディケーション税制」については、以前記事にまとめた【花粉症の薬は市販と病院で違いが?市販の目薬・点鼻薬ランキングも!】の2章目に対象となる商品の特徴や年間どのくらいの薬代を払えば受けられるなどが記載してみますので、合わせてチェックしてみてください!

2位:アレジオン20 12錠

引用:https://www.amazon.co.jp/

テレビCMでも見ることが多いこちらの商品は、医療用で処方される同量のエピナスチン塩酸塩(1錠あたり20mg)を配合しており、くしゃみや鼻水に特化していることでも注目度が高いです。

また、1日1回の服用で効果が持続することも特徴で、薬を飲むタイミングを逃してしまう方にもおすすめなので、数回に渡って飲む手間が省けるのも魅力です。

特に、夜寝る前に服用すれば、起床した際に飲み忘れることもないですし、夜のうちに薬の成分が全身に生き渡るので、万全の体勢で花粉シーズンに挑むことができますよね!

さらに、抗ヒスタミン作用はもちろん、抗アレルギー・抗炎症作用も含まれているので、花粉のアレルギー症状をトリプル処方で緩和することができるので、花粉に負けない体づくりを手助けしてくれる商品です。

ちなみに、こちらの商品も「第二世代抗ヒスタミン薬」なので眠くなりにくく、「セルフメディケーション税制」対象なのでお得に買えるのも嬉しいですよね!

3位:アレルビ 56錠

引用:https://www.amazon.co.jp/

こちらも副作用の出にくい「第二世代抗ヒスタミン薬」として人気の商品で、花粉による鼻づまりや鼻水、くしゃみでお悩みの方に是非ともおすすめしたいです。

青いパッケージが特徴で、見た目にも爽やかな雰囲気が漂っていますし、鼻の炎症緩和に特化しているので、出先などで花粉症の症状で苦しんでいる方にはうってつけです。

花粉はもちろん、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎の方にも効果的なので、元々アレルギー体質でも安心して利用できる処方が魅力的です。

こちらも「セルフメディケーション税制」対象商品ではありますが、比較的安めに値段設定されているので、初めて花粉症になる方でも買いやすくなっています。

4位:鼻炎薬A「クニヒロ」48錠

引用:https://www.amazon.co.jp/

「鼻炎薬」という文字が大々的に表記されているのが特徴のこちらの商品は、鼻づまりに効果的な「塩酸プソイドエフェドリン」とその他4つの有効成分の力によって、鼻づまりやくしゃみ、度重なる鼻水などに効果的です。

花粉症において、鼻炎の症状は放置しておくと悪化してしまう可能性もありますが、急性鼻炎だけでなく、副鼻腔炎による頭の重みや涙目などの症状にも効き目があるのが魅力です。

また、花粉症になると口呼吸が増えてくることもあり、喉の痛みも引き起こしやすいですが、喉の炎症にも効果的なので、鼻だけでなく他の患部への緩和にも役立てることができます。

効果はもちろんですが、安全性にも優れているので、欧米などでも鼻炎内服薬として重宝されることが多いので、普段から薬を飲みなれていない方にも安心しておすすめできます。

5位:ストナリニS 24錠

引用:https://lohaco.jp/product/9460960/

1日1回1錠でも効果が期待できるこちらの商品は、胃で溶ける外層と腸で溶ける内核の二重構造となっているため、薬による胃や腸への負担がかかりにくく、1回の服用でも鼻炎の症状に効果があることで人気となっています。

花粉症になると、鼻水が大量に発生しやすいので、鼻を必要以上にかんでしまうことによって、鼻の粘膜が腫れたりうっ血してしまう可能性が高くなりますが、主成分である「塩酸フェニレフリン」によって症状緩和に効果を発揮します。

また、「ダツラエキス」配合により、鼻水の分泌を抑えてくれるので、鼻水が喉に流れるのを防いでくれたり、鼻に負担がかからないような働きをしてくれます。


スポンサーリンク


花粉症の薬ランキング~目薬部門~

花粉症の厄介な症状の一つに、目の痒みや充血などがありますが、そのままにしておくと目の周りの皮膚にも悪影響となりますので、できるだけ早めの対策が必要です。

目薬は花粉によるアレルギー反応の緩和だけでなく、目をスッキリさせてくれる効果もあるので、小まめに点眼することで目の違和感や視界にも良い働きをするのも特徴です。

それでは、花粉症の目薬でおすすめの商品をご紹介します!

1位:ロートアルガード 10ml

引用:https://www.amazon.co.jp/

目薬のCMで度々登場することの多いロート製薬から販売されているこちらの商品は、花粉症対策として数々の商品展開をしている「アルガード」シリーズの定番商品でもあり、花粉による目の痒みや充血などに特に効果を発揮します。

抗アレルギー・抗炎症作用が期待できる「クロルフェニラミンマレイン酸塩」が配合されているので、花粉シーズンにはとても強い味方となります。

目やにが増加することによる目のかすみや、目を酷使することによる疲れの症状にも効き目があるので、目の症状全般に利用できる万能アイテムでもあります。

薬局やドラッグストアでも多面展開されていることが多く、目に入りやすいパッケージと手に取りやすい値段で人気が継続している商品でもあります。

さらに、目の栄養を補うビタミンB6も含まれていて、防腐剤もフリーなので、目に優しい成分配合なのも嬉しいですよね。

2位:ロートアルガード クリアブロックZ 13ml

引用:https://www.amazon.co.jp/

こちらは、「アルガード至上最強の処方設計!」といわれるほどの効果を発揮が期待でき、他の目薬で効き目が実感できなかった方にもおすすめしたい注目商品です!

抗アレルギー・抗ヒスタミン・抗炎症の有効成分が最大濃度で配合されており、花粉による我慢できない目の痒みにも効果的です。

また、慢性的に花粉症に苦しんでいる方の症状緩和にもうってつけなので、アレルギー症状が長く続いているだけでなく、目の炎症で苦しんでいる方にも心強い存在となります。

見た目も黄金に輝くパッケージが特徴で店頭でも見つけやすいですし、「セルフメディケーション税制」対象なので、値段が高めに設定されていますが税金対策できるのも安心ですよね。

花粉症の薬は、飲み薬だけが税制対象になるわけではなく、目薬も医薬品として認められているのが特徴なのですが、以前記事にまとめた【花粉症の目薬の市販は手軽でコンタクト用も人気!処方薬との違いは?】の5~6章目には、市販の目薬に関する「セルフメディケーション税制」についても詳しく書かれていますので、是非ともご覧ください!

3位:エージーアイズ アレルカットC

引用:https://www.amazon.co.jp/

4つの働きで目の痒みを抑えてくれるこちらの商品は、アレルギーによる症状だけでなく、角膜を保護する効果もあり、クールタイプなので爽快感のあるさし心地も人気となっています。

花粉症になると、無意識にでも目をこすってしまうくらい頻繁に行ってしまう行動でもあるので、目の角膜が傷つくきっかけにもなりますので、角膜の表面を保護してくれる成分があるのは嬉しいですよね。

パッケージも綺麗な青色がベースになっており、見た目からもスッキリとした印象を与えてくれるので、花粉によって視界が曇りやすい時期ですので気持ちの面でも爽快にしてくれそうですね!


スポンサーリンク


花粉症の薬ランキング~子供用部門~

花粉症は大人だけの症状だと思っていませんか?

実は年々、子供の花粉症が急増しており、物心ついた時からすでに花粉症になっているお子様も珍しくないそうです。

子供は比較的体も小さいですし、大人のように免疫力が高くないので、花粉によるアレルギー反応は特に体調を刺激しやすいので、一刻も早い対処が肝心となります。

ここでは、花粉症の薬で子供用でおすすめの商品をご紹介します!

1位:ストナリニ・サット小児用 36錠

引用:https://www.amazon.co.jp/

水なしで飲めるチュアブルタイプで、5歳から服用することができるので、薬が苦手な子供でも飴を舐めるような感覚で服用することができる人気商品です。

しかも、比較的溶けやすい処方となっていますので、口の中に残りにくいですし、イチゴ味なので苦味が先行しやすい薬のイメージを変えてくれる優れものです。

花粉によるくしゃみや鼻水だけでなく、喉の痛みや花粉シーズンで起こりやすい頭重にも効果的です。

また、d体の「マレイン酸クロルフェニラミン」配合によって眠気の副作用が起きにくいので、お子様にも安心して飲ませることができるのは嬉しいですね!

2位:キッズバファリン 鼻炎シロップS 120ml

引用:https://www.amazon.co.jp/

3か月の子供でも利用可能なこちらの商品は、シロップタイプの鼻炎薬なので錠剤が苦手なお子様でも飲みやすいですし、イチゴ味やピーチ味などお子様が好みそうな味わいも人気の秘訣となっています。

鼻水や鼻づまりはもちろん、急性鼻炎や副鼻腔炎による症状にも効果的なので、花粉シーズン以外でも重宝されるので、常備薬としてもおすすめです。

また、ノンカフェイン処方なので、お昼寝が仕事でもあるお子様の眠りを妨げない処方となっていますし、シロップ剤では含まれていることの多い中毒性のあるコデイン成分も入っていないので安心です。

また、誤飲防止の安全キャップ構造となっており、うっかり飲んでしまわないような対策もされているので、お子様のことを考えた製品づくりには感心しますよね!

3位:パブロン鼻炎カプセルSa小児用 12カプセル

引用:https://buyee.jp/item/yahoo/shopping/kusurinofukutaro_10091043?lang=chs

大正製薬から販売されているこちらの商品は、7歳から服用できるカプセルタイプの飲み薬で、1日2回で効果が長続きすることでも注目されています。

子供の鼻炎に特化した商品づくりをしているのが特徴で、お子様専用のカプセル剤になっていることから、飲みやすさにもこだわっているのがわかりますね。

大人よりも鼻腔が狭いため、鼻の症状が出やすい子供への配慮がしっかりとできていますし、鼻づまりや鼻水だけでなく、くしゃみや涙目にも効果を発揮するので、飲み薬に抵抗のないお子様への花粉症対策として一度お試しください!


スポンサーリンク


花粉症の薬ランキング~強さ部門~

花粉症の薬に求めるものといえば、やはり効果の強さが1位になるのではないでしょうか。

どんな薬でもその効果が実感できれば高いお金を払って症状緩和に役立てたいと思いますし、重症であれば一刻も早く治すために強さのある薬に頼るのが一般的かもしれません。

花粉症における強い薬は、病院での処方薬が特に効果が高く、市販薬でなかなか治らない場合は専門家の力を借りる方も一つの方法でもあります。

ここでは、花粉症の薬で強さに特化した処方薬をご紹介します!

1位:アレロック

引用:https://health.goo.ne.jp/

花粉症の処方薬といえばアレロックを想像する方も多いほどメジャーな薬にもなっていますが、花粉によるアレルギー症状を抑える強さは他の処方薬よりも群を抜いて高いそうです。

ただ、効果の強さに伴って副作用も出やすいのが特徴で、その程度もとても重いものとなっています。

ずしっとのしかかるような眠気に襲われたり、口がカラカラになるくらいまで乾いてしまうなど、花粉症の症状を抑える代わりに受ける代償というのは思った以上に大きく感じます。

アレロックは市販薬では販売されていないのが特徴なのですが、副作用の重さにも影響していることもあり、医師の診断なしでは使用することができないのが特徴です。

軽めの花粉症の方にというよりは、慢性的で一日中目の痒みやくしゃみで悩まされているような重度の花粉症患者の方に処方されることが多いようですね。

2位:ジルテック

引用:https://www.bestkenko.com/

抗アレルギー作用としては1位に引けを取らないレベルに値するこちらの処方薬は、つらい花粉症の症状で苦しんでいる方にはおすすめなのですが、効果が強い分、やはり副作用の強さが激しいので服用には注意が必要です。

こちらは市販薬でも「ストナリニZ」として販売されていて、薬局やドラッグストアで医療用と同じ成分が実感できるのは発見ですよね!

しかも、1日1回寝る前に飲むだけで一日中持続する優れものなので、忙しくて病院に行けない方には効果的で手軽に購入できるということで重宝されています。

3位:アレグラ

引用:https://mamadamari.com/pollenallergy-for-mam

市販薬でも販売されているこちらの処方薬は、抗アレルギー作用の効果が発揮されやすいだけでなく、眠気による副作用がほとんどないことでも知られているので、副作用の症状で心配の方でも安心して飲めるのが特徴的です。

一般的には、花粉症対策としてアレグラを処方されることが多いので、重症というよりは比較的軽めの花粉症の方に処方されるケースが多いようです。

とはいっても、医師の診断によって処方されるものなので、その効果は申し分ないですし、使いやすさでいえば断トツで1位にもなり得る処方薬でもあります。

花粉症の薬ランキングのおすすめ商品まとめ

いかがでしたか?

花粉症の薬を部門別にランキング形式でご紹介しましたが、予想していた以上にたくさんのメーカーから商品展開されていたので、薬選びには時間がかかってしまいそうですが、自分の症状が市販薬で治せるかもしれないと思うと、1秒でも早く商品を試してみたいですね。

年々増加している花粉症患者に伴って、病院で使われていた薬の成分が手軽に購入できる時代にもなっていますし、より強い効果を期待して薬を購入すると思いますが、それに伴って副作用が生じるということも忘れないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です