花粉症の症状を緩和したい!!食べ物や飲み物や即効性のある方法は?




毎年繰り返す花粉症を一刻も早くなんとかしたい!と思ってる方、実は結構多いんじゃないですか?!

私も繰り返す鼻づまりやくしゃみに悩まされている一人なので、花粉シーズンになるとついついネットで花粉症の症状緩和方法をチェックするのですが、食べ物や飲み物でも立派な花粉症対策になるらしいです!

また、花粉シーズンは眠れなくなる人も多いみたいですが、実は睡眠不足も花粉症には悪影響になってしまうそうですよ。

花粉症は薬で緩和するのが基本かな?と思っていたのですが、それ以外にも即効性のある方法や今からでも個人で始められる方法があったら試したいですよね?!

ここでは、花粉症になる仕組みや花粉症の症状緩和の手助けとなれるようなおすすめ対策をご紹介しちゃいます!


スポンサーリンク


花粉症の症状緩和方法を知る前に!

暖かい季節になると花粉の飛散がピークになり、目の痒みや鼻づまりといったしつこい花粉症の症状で日々の生活が苦しめられるくらいの影響がありますよね。

花粉症の症状をどうにかして和らげたい!と考える前に、そもそも花粉症がどのようなメカニズムで起こるのか気になりませんか?

人間の体というのは、花粉を含め外部からの異物が侵入する際に、その物体が体に良いものか悪いものかを判断する仕組みになっているのですが、花粉はアレルギー反応が比較的多く出る異物として認識されるため、それを排除しようと免疫細胞が働きを始めます。

この時、「IgE抗体」という物質が生み出されるのですが、この抗体ができたことにより、目や鼻の粘膜にある肥満細胞と結びつくことによって、「ヒスタミン」と呼ばれる化学物質が分泌されます。

花粉症の薬のCMでも「ヒスタミン」という言葉がよく取り上げられるのですが、実はこのヒスタミンが花粉を体内から追い出すためにフル稼働することで、涙目や鼻水を活発に発生させて、花粉を洗い流そうとするのです。

花粉によって目から大量の涙が出たり、鼻水がとまらないといった症状で悩む方も多いと思いますが、実はこれはヒスタミンが体を守ろうとすることによって引き起こされたものであり、防御してくれることの結果でもあります。

ですので、花粉シーズンに目や鼻に症状が出た場合は、体の免疫細胞が自分を守るために頑張っているんだと思えば、毎年繰り返す辛い花粉シーズンも乗り越えられると思います!

何で苦しんでいるのかわからないよりは、目の痒みや鼻づまりがどのように発生するのか知っている方が、花粉飛散期のピーク時での効果的な解決策も見つけやすいですよね!

また、花粉症で起こりやすい鼻水の症状として、以前記事にした【花粉症の症状で鼻水の特徴は?風邪との違いは?対策などをチェック!】では、花粉症と風邪による鼻水の違いなども紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください!


スポンサーリンク


花粉症の症状緩和に睡眠が重要?!

花粉症がひどくなると、日中だけでなく夜寝る前や深夜帯でも花粉の存在に悩まされる方も多く、目の痒みやくしゃみなどで睡眠障害になってしまう方も珍しくありません。

花粉症は、体内の免疫細胞が花粉に対して過剰に反応することによって引き起こされるのですが、これには自律神経のバランスも一つの要因になっており、そのバランスが悪くなることによってより花粉症の症状が悪化するといわれています。

自律神経は、交感神経と副交感神経が上手にバランスが取れている状態だと乱れないのですが、体にストレスが溜まったり、睡眠不足になることで乱れやすくなってしまいます。

特に、花粉症になると、症状が重くなってしまうことで眠れない日々が続き、たとえ寝れたとしても体の疲れが十分に取れていない状態で朝を迎えてしまうので、十分な休息ができていないまま活動を始めてしまいます。

そうなると、基盤となっている全身の免疫力が低下してしまい、花粉によるアレルギー反応がさらに出やすくなってしまい、その結果花粉症も症状もひどくなってしまうというわけです。

花粉症だけでなく、人間にとってストレスがかかりすぎてしまう生活というのは、勉強や仕事の効率が悪くなってしまうだけでなく、気持ちが落ちやすくなったり、楽しさを見いだせない状態に陥りやすいです。

ただでさえ、花粉症の症状で体調も良くない日々が続いていますし、気持ちにまで悪影響を与えてしまうので、できるだけしっかりと睡眠が取れるような対策が必要なのです。


スポンサーリンク


花粉症の症状緩和は即効性が優先される?!

 

花粉症の症状の特徴として、突発的に目の痒みが出たりくしゃみがとまらなくなるなど、生活をしていく上でとても厄介となる症状が出るだけでなく、長期間に渡って苦しめられることが多いです。

そのため、1分1秒でも早く解放されたい!と思う方がほとんどなので、花粉症対策としては即効性のあるものが好まれており、花粉症が緩和していると実感しやすい方法が人気でもあります。

花粉症対策において、即効性のある方法としては、花粉のアレルギー反応によって分泌される「ヒスタミン」の働きを抑えるために「抗ヒスタミン薬」を利用する方法が良く知られていますが、薬による治療法というのは、即効性も見込めるメリットは見逃せないのですが、それに伴って副作用が出てしまう可能性もあります。

「抗ヒスタミン薬」における副作用の特徴としては、眠気や口渇、頭がぼーっとすることによる集中力の低下なのが挙げられるのですが、副作用がどんなにあっても即効性を重視して使い続ける方も多いのです。

特によく見られる眠気や集中力低下なのですが、これは薬の成分が血液から脳に働きかけることによって起こるもので、内服薬ならではの副作用となっているのですが、近年では「貼る花粉症対策」として湿布薬のように貼れるタイプの薬が誕生しているのです!

引用:https://twitter.com/

世界初ともいわれる経皮吸収型のアレルギー性鼻炎治療薬でもある「アレサガテープ」は、市販薬としても配合されることが増えている「第二世代抗ヒスタミン薬」の一つなのですが、皮膚から花粉症に効く有効成分を体内に送りこむという画期的な仕組みとなっています。

確かに、筋肉痛や肩こりなどで湿布薬を利用する方にとっては、貼るタイプの薬は珍しくないですし、馴染みもあると思いますが、花粉症対策としてはとても目新しいものでもあり、朝の情報番組等でもいち早く取り上げられていましたね!

貼って花粉症を緩和する薬として注目されている「アレサガテープ」は、即効性だけでなく持続性にも優れていて、眠気や集中力低下などの副作用も少なく、長期の投与が可能なので安全性が高いのも特徴です。

また、皮膚からの吸収なので胃腸や肝臓などの、内臓機能への負担もかかりにくいですので、日頃から内服薬によって体調の変化が起きやすい人にも試しやすい薬でもあります。

注意点としては、直接肌に貼り付ける薬ですので、何回も同じ場所に貼ってしまうと赤みが出たりかぶれてしまう可能性もあるので、適度に張る場所を変えたり、かぶれやすい場所は避けることで肌への負担を軽減させることができます。

即効性があるといっても、薬を毎日飲むのはちょっと…という方でも、貼るタイプの薬ではあれば抵抗もなさそうですし、気になる副作用も出にくい処方になっているのは嬉しいですよね!


スポンサーリンク


花粉症の症状緩和に食べ物が効く?!

花粉症になると、目の痒みや鼻づまりによって体の免疫力が低下しやすくなり、花粉だけでなく様々なアレルギーに対して反応が出やすくなってしまい、体調が悪くなりやすい傾向にあります。

花粉症対策で大切なことの一つに、体の免疫力を上げる方法があり、元々持っている体を守る力を活性化させることで、花粉に負けない体を作り出すことができます。

花粉に負けないように免疫力アップさせるのにおすすめの食べ物としては、たんぱく質やビタミンC、食物繊維などが豊富に含まれているものを食べることで、免疫力アップに繋げることができます。

肉や魚はもちろんですが、キャベツやほうれん草など、料理で欠かせない食材にも栄養成分が豊富に含まれているので、花粉症対策としてはもちろんですが、日頃から摂取しておきたい食べ物で花粉症を緩和できるのは嬉しいですよね。

また、食物繊維に関しては、免疫力だけでなく花粉シーズンで乱れやすいお肌の調子を整えるのに適しています。

さらに、最近では「乳酸菌」が花粉症に効果があるのでは?!と話題になっており、ヨーグルトを始めとする乳酸菌が豊富に入った食材も注目されています。

実は、体の免疫力というのは、7割が腸にあるといわれており、腸内環境を良くすることで全身の免疫細胞を強くすることができるのです。

花粉症対策としてヨーグルトを摂取する方も多くなっていますが、これは花粉によるアレルギー反応が出にくくするために効果的であり、花粉が体内に侵入することによって乱れやすい細胞のバランスを整えてくれる働きも担っているのです。

ヨーグルトだけでなく、納豆やキムチにも乳酸菌が豊富に含まれているので、日々の食生活に取り入れやすい食材を自分なりに選んで花粉症対策として美味しく食べるもの良いかもしれませんね。

また、以前記事にしている【花粉症にヨーグルトは効くの?!効果的な食べ方やおすすめ商品紹介!】には、ヨーグルトが花粉症に効く仕組みやおすすめの食べ方や商品なども紹介しているので、是非ともチェックしてみてください!

花粉症の症状緩和に飲み物が人気!

花粉症対策は、毎日できる簡単な方法が好まれやすく、手軽で続けやすいものが重宝されているのですが、花粉シーズンになると「甜茶」の需要が高くなる傾向にあります。

実は、甜茶には花粉のアレルギー反応の原因ともなる「ヒスタミン」の分泌を抑制してくれる効果があり、花粉の飛散期ピークから飲み始めることで、アレルギー症状の緩和に役立てることができるのです。

そもそも甜茶とは、中国では健康茶として広く親しまれており、なんと約5000年前から注目されているお茶でもあり、健康的な体づくりを手助けしてくれる存在としても知られています。

薬局やドラッグストアでも、花粉症対策コーナーには飲み薬や目薬の近くに甜茶コーナーが設けられていることも多く、毎日できる花粉症対策方法としておすすめされているのです。

また、店頭で探せない場合は、ネット注文でも手軽に取り寄せることができますし、レビューなどで感想などを見ることもできますので、甜茶の存在をまだ知らないという方は是非ともチェックしてみてください!

花粉症の症状緩和方法やおすすめ対策まとめ

いかがでしたか?

花粉症を緩和するためには、どのように花粉が体に影響を与えるかを知ることが大切であり、効果的な方法を試すためにも、花粉に負けない体づくりをすることが大切です。

近年では、即効性のあることで重宝されている花粉症の薬で、副作用の出にくい貼るタイプが販売されており、薬によって起こりやすい眠気や集中力低下に悩まされない処方になっているのも特徴的です。

実は、私も貼るタイプの薬をテレビ番組で見てから気になっていたので、改めて用法や効能を調べてみて、一度試してみたいな!と思ってしまいました。

即効性があっても副作用があって利用するのに躊躇してしまう方も多いと思うので、貼るタイプの薬は是非とも試してみてほしいですね!

また、薬だけでなく食べ物や飲み物でも花粉症の症状を緩和することができるので、自分に合った方法でつらい花粉シーズンを一緒に乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です