花粉症の薬は市販と病院で違いが?市販の目薬・点鼻薬ランキングも!




花粉シーズンが到来すると、大人から子供まで幅広い世代で目の痒みや鼻づまりなどの花粉症特有の症状がみられますが、それらの症状緩和のために薬を利用する方が増えています。

花粉症の薬は市販でも売られていることが多く、病院に行けなくても手軽に購入できるのですが、病院で処方される薬との違いや、効果の強さなどがどのくらいなのか気になりますよね。

そこで今回は、花粉症の薬が市販と病院とでは違いがあるのか、目薬や点鼻薬でおすすめの市販薬などをご紹介します!


スポンサーリンク


花粉症の薬の市販と病院との違いとは!

花粉症は、今や国民病と呼ばれるくらい身近になった季節性のアレルギー症状であり、花粉の飛散期はもちろん、年中花粉症に悩まされている方もいるくらいメジャーな症状となっています。

花粉症の症状は目の痒みや喉のイガイガにも加え、鼻づまりやくしゃみといった風邪をひいた時のような症状が出るため、季節性のものだから時期が過ぎれば収まると安易に考えていては、逆に症状を悪化してしまう可能性もあります。

慢性的な症状に陥ると、個人としての対策では間に合わないため、専門家である医師に頼る傾向にあるので、花粉シーズンは耳鼻科や皮膚科の病院に人が殺到しやすくなります。

ただ、花粉症の薬は市販でも買うことができるますし、病院に行ってまで治すほどの症状ではないと考えがちになるので、病院に行くのを躊躇う方も珍しくありません。

花粉症の市販薬には、花粉によるアレルギー反応で分泌されたヒスタミンの働きを抑制してくれる「抗ヒスタミン剤」が主成分として含まれていることが多く、鼻水や繰り返すくしゃみなどに効果があります。

一方で、病院で処方される薬には、抗ヒスタミン剤はもちろんですが、それに加えてヒスタミンが生み出される原因となる肥満細胞から分泌されないように防ぐ「抗アレルギー剤」が含まれている薬を出されることがあります。

さらに、病院でしか出されない成分も実はあって、花粉症で特に悩まされる方の多い鼻づまりや花粉が喉に付着することによって引き起こされる咳などを抑える「抗ロイコトリエン剤」は、市販薬には含まれない成分です。

ですので、花粉症で鼻づまりがひどかったり、風邪ではないのに咳が止まらないといった症状が続く場合は抗ロイコトリエン剤の含まれた処方箋を出される可能性が高いでしょう。

花粉症対策はいかに早めに治療するかが大切なので、症状がひどくなった状態では病院に行ったとしても症状が改善するのに時間がかかるかもしれないので、病院に行く暇が方にとっては市販薬を選ぶ方が素早い対策法としては効果があります。

「病院で処方された方が効くから市販薬は止めておこう!」と心に決めて、そのまま何もしないでいるよりかは、手軽に購入できる市販薬で病院に行くまでの間に出てくる症状を抑えることも可能です。

身近な場所で買いやすいというのが花粉症の市販薬の強みでもありますし、花粉によるアレルギー反応を抑えてくれる抗ヒスタミン剤は市販にも含まれているので、病院の薬ではないからといって効果がないわけではありません。

また、花粉症は薬だけでなく、個人的に花粉から身を守ることでも症状緩和に役立てることができます。

例えば、マスクや眼鏡を装着したり、空気の入れ替えをする際にはカーテンをしながら喚起することで花粉の侵入を防ぐことができますし、薬だけではなく自らができる対処法も続けることが薬の効果を発揮しやすい体づくりを演出してくれるのです。


スポンサーリンク


花粉症の薬は市販よりも処方される方が安い?

花粉症の市販薬を実際に購入した方はわかると思いますが、値段が少し高めに設定されていることがあります。

市販薬といえども、花粉症の症状を緩和してくれる成分が入っているわけですから、それ相当の価値を持った値段が付けられているのは当然ではあります。

その点でいえば、病院で処方される薬は健康保険が適用されるため、3割負担の値段で薬を購入できるため、経済的な理由で病院での治療を好む方も少なくありません。

ですが、実は年間で1万2千円以上の薬代がある家庭では、「セルフメディケーション税制」の対象となることから、確定申告をすれば支払う税金が安くなるというお得な制度があります。

花粉症の市販薬で対象となるのは、元々病院で処方されていた医療用医薬品が一般用に切り替わったものであり、「スイッチOTC」と呼ばれる医薬品が制度を受けられるのです。

スイッチOTC医薬品は、病院で処方されていたこともあり、その効果にも説得力を感じられますし、病院に行かなくても薬局やドラッグストアで購入できるという利便性も人気です。

花粉症の市販薬を買って経済的に余裕がなくなるという心配も軽減されますし、結果的に安い値段で効果のある薬が購入できるのは嬉しいですし、セルフメディケーション税制を一度利用してみるもの良いかもしれませんね。


スポンサーリンク


花粉症の薬で市販よりも病院が選ばれる場合は?

花粉症の市販薬は手軽ではありますが、自分で実際に薬を選ぶとなると種類も豊富なため、店頭で右往左往してしまう方もいると思います。

花粉症か風邪かわからない症状が出る場合もあり、自分で判断するのが難しいというケースも多々ありますので、個人で決められない場合は病院で専門家の目で診てもらうことをおすすめしたいです。

特に、薬というのは普段から飲みなれていない方にとっては、服用して自分にどのような反応が出るか気になるところですし、場合によっては別のアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性も拭えません。

さらに、花粉症の症状が慢性的になってくると、目の痒みや鼻づまりだけでなく、集中力が低下したりイライラしやすくなったりなど、精神的な部分にダメージが伝わりやすくなり、普段の生活に支障をきたしてしまいます。

病院にいくだけで安心するという方もいるくらいですし、自分の症状を誰かに話すというのは精神的にも楽になる行動でもあるので、安心を買うという意味でも病院に頼るのも良い方法なのです。

また、病院ではどの花粉のアレルギー反応が出やすいか血液検査などで明確に知ることができるので、自分がどの花粉に影響されやすいかを知ることで対策法も導き出せますし、花粉シーズンが到来しても、「今日はスギ花粉が多めだから外出を控えよう!」などと心構えをすることができます。

花粉症は慢性的な症状が多いため、ストレスを感じやすいことでも幅広い世代で悩んでいる方が多いので、少しでも気持ちが晴れるような対策をすることも大切なのです。


スポンサーリンク


花粉症の薬の市販ランキング大公開!

花粉症の症状を手軽に緩和できるとあって、市販薬の需要が年々高まっていますが、その種類も豊富なことから、どの商品を選んでいいか迷ってしまった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ここでは、花粉症の症状緩和に特におすすめしたい市販薬をランキング形式でご紹介したいと思います。

花粉症に悩んでいる方はもちろん、今年から花粉症になってどれを選んでいいかわからないといった方は、是非とも参考にしてみてください!

花粉症の薬の市販~目薬部門~

1位:ロートアルガードクリアブロックZ

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/drug99/rohto-al-gard-clear-brock-z-1.html

黄金のパッケージが特徴のこちらの商品は、ネット上でもその効果が話題となっている注目商品であり、花粉症に有効的な成分が高濃度で配合されていることもあり人気となっています。

花粉症に効く市販薬ランキングでも1位になることも多く、見た目のインパクトで思わず買ってしまうくらいの説得力を感じます。

抗アレルギー・抗ヒスタミン成分だけでなく、抗炎症成分も含まれているので、アレルギー症状を緩和してくれる優れものですし、ひどい症状で悩んでいる方にもおすすめしたいですね。

使い心地にも定評があり、キャップに関しても左に一回押すだけで開けられるワンタッチ式スクリュータイプとなっているので、目薬をさす際のストレスも軽減できる利便性も魅力です。

値段は少しお高めではありますが、スイッチOTC対象商品なので、セルフメディケーション税制を利用すると結果的に安く購入できることになるのでお得感もあります。

2位:サンテメディカルガードFX

引用:https://www.pictame.com/

目の乾燥や炎症が気になる方におすすめしたいこちらの商品は、目の組織代謝や呼吸を高める成分が配合されているので、花粉症で負担がかかりやすい目を優しく守ってくれる市販薬としても人気です。

花粉シーズンは特に乾燥が激しくなるので、目の乾燥を防ぐことで炎症が起きにくい状態を保つことができるので効果的です。

抗アレルギー・抗ヒスタミン成分によってアレルギー症状を緩和してくれますし、早めに治療することで症状の悪化を防ぐことが可能です。

角膜に潤いを与える成分も入っているので、花粉症だけでなく勉強や仕事などで目を酷使している方にもおすすめしやすい目薬です。

3位:ザジテンAL点眼薬

引用:http://www.bokuhamoudameda.com/

抗アレルギー・抗ヒスタミン・抗炎症作用の働きを持っている成分が配合されたこちらの商品は、シンプルな処方にも関わらず、症状が出始めた時だけでなく、アレルギー症状をコントロールすることで目の痒みを抑えてくれる優れものです。

目の痒みは花粉症の中でも特に長く続きやすい症状でもあるので、一刻も早く緩和したいと願っている花粉症患者の方におすすめしたいですね。

特に、花粉症がひどくなる間に使うことでより効果を発揮しやすくなるので、初期治療を手助けしてくれる目薬として人気です。

花粉症の薬の市販~点鼻薬部門~

1位:アルガード鼻炎クールスプレーa

引用:https://s.webry.info/sp/hageoyazy.at.webry.info/201808/article_3.html

ミクロの霧が鼻の隅々まで行き届き、爽快感を感じられることでも人気のこちらの商品は、アレルギー性鼻炎に特に効果があり、花粉による鼻づまりや鼻水を緩和してくれる点鼻薬です。

液だれしにくいのも強みなので、狙った患部にしっかり留まってくれるので鼻の粘膜に潤いを持続させますし、抗アレルギー作用の効果も発揮されやすいです。

鼻の内部は炎症がひどくなると、少しの刺激でも敏感に反応してしまいますが、細かい粒子なので粘膜にも優しいですし、一回のプッシュ量も固定されているので力が弱い方でも一定量が患部に当たりやすい構造も魅力です。

2位:ナザールαAR0.1%

引用:https://www.tugune.net/entry/2017/03/21/000029

1年に3カ月使用できるこちらの商品は、長引く花粉症のパートナーとしてもおすすめできる点鼻薬ですし、花粉の飛散期がピークになった際にも安心して治療できることでも注目されています。

医療用と同じ配合で有効となる成分は含まれているので、つらい鼻づまりや鼻水の改善に効果的ですし、アレルギー症状を元から改善してくれるのも魅力的ですよね。

また、抗ヒスタミン成分が入っていないので、眠気や口渇などの花粉症の市販薬で見られる強い副作用が出にくいので安心してお使いいただける商品です。

3位:エージーノーズアレルカットS

引用:https://www.amazon.co.jp/

花粉症特有の鼻の不快感や炎症を抑えるのに適しているこちらの商品は、さっぱりとしたソフトタイプですっきりとした爽快感が人気となっています。

鼻水やくしゃみがとまらなかったり、鼻づまりがひどい状態を緩和してくれるのにおすすめなので、その使い心地にも定評があります。

花粉症になると鼻への症状が慢性的になりやすく、頭がぼーっとしたり集中力が低下しやすくなるので、気分をリセットできるようなスカッとした使用感を是非とも体験してほしいですね。

花粉症の薬の市販は子供用も人気!

引用:https://www.amazon.co.jp/

花粉症は大人だけでなく子供も発症しやすく、近年ではその人口も増加傾向にあるくらい見過ごせない問題ともなっています。

特に、鼻づまりや鼻水は大人でもつらい症状なので、体も小さく免疫力の低下が激しい子供にはいち早く治療することが大切です。

実は、花粉症の市販薬でも子供用が多数販売されており、子供が好きそうなパッケージになっていたり、薬嫌いの子供でも安心して服用できるような商品が増えているのです。

例えば、生後3か月から使用できる「キッズバファリン鼻炎シロップS」は、ノンカフェインで自然由来の生薬を配合しているだけでなく、イチゴ味になっているのでジュースのような味わいで薬と感じさせない飲み心地が特徴です。

子供によっては点鼻薬を嫌がってしまう場合もありますので、飲み薬を利用して症状緩和に役立てる方法もとても効果的です。

花粉症の薬の市販と病院の違いやおすすめ市販薬まとめ

引用:https://cyuncore.com/life/15853

いかがでしたか?

花粉症の薬は、市販でも病院で処方されるような効果を発揮してくれるものもありますので、病院に行けずに症状を悪化してしまうよりかは、身近で購入できる市販薬に頼るのも花粉症対策として有効的であります。

病院で処方される薬は、医師の診断があったり薬代が安くなるという利点もありますが、市販でもスイッチOTC医薬品のような医療用で使われていたものが購入できますし、お得な制度を利用して経済的な負担を減らすこともできます。

花粉症の人口が増加すると共に、花粉症の市販薬の種類も豊富になっていますので、自分の症状に合った商品を選んで少しでも症状緩和に役立てましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です