花粉症の薬で子供の症状を改善!目薬や鼻炎に効く子供用の市販薬は?




花粉症は大人だけでなく子供の間でも大流行しており、風邪かな?と思っていた症状が実は花粉症だったということも珍しくありません。

花粉症の治療は、子供の場合でも大人と同じように飲み薬や点眼薬などの方法が取られることが多く、近年では第二世代抗ヒスタミン薬の登場により、アレルギーの根源に効果的な成分が子供に処方できるようになっています。

そこで今回は、花粉症の薬で子供用の市販薬やアレロックの評判、さらに花粉シーズンでは特に多い目の痒みや鼻炎にはどのような薬が子供に適しているのかを調査していきます!


スポンサーリンク


花粉症の薬で子供の処方の特徴は?

花粉症で処方される薬というのは、実は大人も子供も基本的には同じであり、抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬、鼻づまりがひどい場合は喘息治療でも多用される抗ロイコトリエン薬での治療することがあります。

抗ヒスタミン剤は花粉症で使われる成分として名前も挙がることが多いですが、需要の拡大と共に副作用の症状が出にくい第二世代ヒスタミン薬の登場により、成人にしか使えなかったものが子供でも可能になったことでも注目されています。

子供の花粉症といえども、目や鼻に関する症状で慢性的に悩まされるケースも多く、特に子供は鼻づまりが多い傾向にあるようです。

花粉症特有の症状として度重なるくしゃみがありますが、子供はくしゃみが出ることが少なく、むしろ鼻水が詰まりやすいことがわかっています。

子供は大人よりも鼻の構造が小さく、花粉の侵入があまりないことからくしゃみがしにくいようですが、その分少量の鼻水でも鼻の内部がいっぱいになり、口呼吸に頼ってしまうくらいの鼻づまりが生じてしまうのです。

また、花粉症の鼻水はサラサラとした形状が特徴なのですが、子供の場合、鼻づまりが花粉症の主な症状となるため、鼻への炎症が集中しやすく、風邪の時のようなねばねばとした鼻水が出やすい傾向にあります。

ですので、鼻づまりが多かったり、少しぼーっとした表情をしている場合は花粉症より風邪を疑ってしまうことも多く、花粉症とは関係ない治療をしてしまうこともあるので注意が必要です。

花粉症はアレルギー反応の根源となるヒスタミンの働きを抑えることが鍵となるので、抗ヒスタミン薬などを利用して、できるだけ早い治療を子供にしてあげることが大切です。

鼻づまりだけでなく、目の痒みや腫れなどを引き起こす場合もありますので、目をこする頻度が多くなったり、皮膚の赤みがひどくなってしまうと大変です。

目の症状に関しては、飲み薬ではなく点眼薬を処方されることがほとんどで、場合によっては目薬を怖がってしまう子供もいますので、できるだけリラックスした状況で恐怖心を取り除いてあげることで適切な治療ができます。

無理やり点眼薬を目に流し込もうとすると、せっかくの医療成分が患部に届きにくいので、膝枕をして点眼したり声をかけるなどして安心感を与えることも良い方法です。

花粉症は初期療法が何より肝心なので、仮に症状が悪化してしまうと、気管支喘息やアトピー性の皮膚炎など、別のアレルギー症状を引き起こすきっかけにもなるので、ひどくなる前に病院で診察してもらうようにしましょう。


スポンサーリンク


花粉症の薬で子供にアレロックは効くの?

引用:http://kinokokasan.com/archives/18834869.html

花粉症で処方される薬の中で、「アレロック」を出されている方が多く、ネット上でもアレロックを使って症状が改善したり、子供の頃に処方されていたという声が多数寄せられています。

・子供の頃は薬が嫌いだったけど、アレロックは効果があって飲んでいたの懐かしい。

・子供の花粉症の薬でアレロックの粉末を出してもらっています。

・子供のアレルギー症状がひどくてアレロックのお世話になっていました。

・花粉症の子供を持つ親としてはアレロック様様です!

・4歳児でもアレロックが飲める時代、私が小さい頃は子供が飲めるアレルギーの薬がなかったな…

実際に「子供 アレロック」で検索してみると、意外と多くの声があったのが印象的で、花粉症だけでなく、他のアレルギー症状にも処方されていることがわかりました。

また、「自分が子供の時にアレロックがあれば…」という声もあり、薬の利便性が時代と共に良い方向に変わってきているのを実感している方もいたようです。

大人でも苦しむことの多い花粉症ですから、子供の頃から目の痒みや鼻づまりに悩まされていたら、花粉の多い暖かい季節を楽しいと素直に感じられない子供も増えてしまいますよね。

花粉は季節性のアレルギーによる鼻炎でもありますので、その根源に働きかけるアレロックは特に重宝されているようで、子供に使える安全性も人気のようです。

ただ、炎症を抑える効果が強い分、副作用も起こりやすいのが特徴で、眠気や口渇、集中力低下など花粉症の薬特有の症状が出る場合も多いそうです。

アレロックは第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるため、従来の抗ヒスタミン薬よりは副作用が出にくくはなっているのですが、お子様によっては眠気が出やすいケースもありますので、アレロックを服用している期間はできるだけ子供がリラックスできる環境を整えてあげると良いでしょう。


スポンサーリンク


花粉症の薬は子供の市販薬も発売中!

花粉症にかかる子供は毎年増加傾向にあることから、各社メーカーも子供用の市販薬の販売に力を注いでいるので、薬局やドラッグストアでも子供用コーナーを設置していることが多いです。

大人と違って薬の副作用が出やすかったり、保護者である大人が管理している状態でないと子供に薬を与えるのに抵抗がある方もいると思うので、市販薬よりも病院での治療を選ぶケースも珍しくありません。

ですが、花粉症の症状は突然振りかかるものですが、病院に行く暇がないからといって子供の症状を放置していては悪化するだけですし、身近で購入できる市販薬に頼るもの花粉症対策として効果的なのです。

実際にドラッグストアに訪れてみると、子供用コーナーがとても充実しており、目の惹きやすい可愛らしいパッケージのものから、効果が期待できる鼻炎薬など、多数の市販薬が並んでいる印象が強かったです。

特に、子供でも飲みやすい用法なっていたり、シロップなどは味に工夫がされており、薬特有の苦みが出にくい処方がされているものもありましたね。

花粉症は慢性的になりやすいことから、飲み薬に関しては飲む回数が多くなっている薬もありましたが、子供用に関してはその回数が少なくなっていて、何回も薬を飲まなくても効果が持続しやすくなっているのも子供への優しさを感じました。

年齢に関しても、生後3か月から飲めるシロップや水なしで飲めるチュアブルタイプなど、比較的幼い時期からでも薬に抵抗感を示さないような特性になっている市販薬が多かったです。

そして、薬を飲む際にどうしても気になってしまう副作用ですが、アレルギー症状を抑えるということで頭がぼーっとしたり眠気を引き起こす症状はありますので、子供が薬を飲んだ際には体調の変化などを随時チェックしておく方が良いでしょう。


スポンサーリンク


花粉症の薬で子供の目薬のおすすめは?

引用:https://twitter.com/eyecare_cp/status/1049475013777096704

花粉症で子供が引き起こす目の症状として最も多いのが、「目を必要以上に掻いてしまう」ことのようで、その行動を防ぐ為に特化した成分を使っている目薬が発売されています。

ロート製薬が提供している「ロートアルガードこどもクリア」は、花粉対策ブランドとしても知られている「アルガード」シリーズの子供用であり、子供の花粉による目の痒みや炎症を抑えるために作られた医薬品なのです。

防腐剤も無添加で、香料や着色料も配合されていないですし、涙に近い成分のpHでしみにくさも魅力であり、目薬が苦手な子供でも安心して治療薬として使うことができるのです。

主な成分としては、目の痒みを抑える「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と炎症を鎮める効果のある「グリチルリチン酸二カリウム」が配合されており、さらに花粉によって傷つくことの多い角膜を守ってくれる「ビタミンB6」や「L-アスパラギン酸カリウム」も修復をサポートしてくれます。

目の痒みが子供の目を掻くという行動を引き起こす一番の原因でもありますので、その根源となる炎症を抑えてくれるのは嬉しいですし、目薬をさしても不快に感じにくい使用感は人気の理由となっているようです。

また、花粉症だけでなくハウスダストなどのアレルギー症状にも効果的なので、花粉シーズン以外にも使える利便性の高さも魅力ですね。

花粉症の薬は子供の鼻炎にも使える?!

引用:https://lohaco.jp/product/1869568/

子供は大人よりも花粉が鼻に受けるダメージが大きく、慢性的な鼻づまりに陥りやすい傾向にあるので、息をするのが苦しそうだったり、鼻水が止まらない症状で悩んでいたら、鼻の症状に特化した市販薬を選ぶことが大切です。

大正製薬が提供している「パブロン鼻炎カプセルSa小児用」は、7歳から服用できるカプセルタイプで、1日2回で1カプセル飲めば効果が期待できるシンプルな処方となっています。

一度に飲むカプセル量というのは、多ければ多いほど子供が負担に感じやすいため、1カプセルの服用なので嬉しいですし、朝と夜の2回に分けることができるので、飲みやすい時間帯を決められるのも魅力ですね。

花粉によるアレルギー性鼻炎だけでなく、急性の鼻炎や副鼻腔炎による症状にも効果があるので、鼻炎に特化しているのも強みですし、鼻づまりをすっきりさせてくれるので症状緩和に役立てることができます。

引用:https://www.lion.co.jp/ja/products/223

また、カプセルタイプが苦手というお子様には、シロップタイプの鼻炎薬もあるので是非とも試していただきたいです。

ライオンが提供している「キッズバファリン鼻炎シロップS」は、生後3か月から飲める優れもので、生薬配合の優しい処方になっており、ノンカフェインなのも特徴です。

しかも、「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」が配合されているので鼻水を抑える効果も期待できますし、慢性的な鼻づまりにもおすすめです。

さらに、いちご味のシロップなので薬の独特の苦みが嫌いなお子様にも抵抗感なく味わえますし、良い意味で薬と思わせない働きは効果的です。

パッケージも可愛らしいデザインになっており、子供の興味も引きやすいので、お薬の時間が楽しくなるような演出も忘れていないですし、子供目線で考えられているのは保護者としてもありがたいですね。

花粉症の薬の子供用やおすすめ市販薬まとめ

 

いかがでしたか?

花粉症の薬は大人子供に限らず、基本的には同じような成分が処方されるのですが、お子様によっては副作用が出てしまったり、薬を毛嫌いする傾向にあるので、子供が安心して飲めるように工夫された市販薬が重宝されています。

花粉のアレルギー反応を抑えてくれる第二世代抗ヒスタミン薬の登場によって、子供でも効果が実感しやすい処方になっていますし、薬を飲む回数や味わいが子供向けになっているのはありがたいですよね。

花粉症は慢性的なものにもなりやすいので、子供だからといって安易に考えずに、むしろ子供だからこそ早期治療が大切なので、花粉症対策を徹底するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です