花粉症の症状で皮膚がかゆい!原因は〇〇?皮膚炎の写真の特徴とは!




国民病ともいわれる花粉症は、目や鼻だけでなく皮膚の症状も悪化しやすいことをご存知ですか?

目の痒みと同じように皮膚が痒くなったり、皮膚の表面がブツブツになるという症状も意外と多く、花粉によって皮膚炎になっていることを気づかない方も珍しくありません。

そこで今回は、花粉症に関係する皮膚の症状や、花粉によって引き起こされた皮膚炎の画像などをチェックしていきましょう!


スポンサーリンク


花粉症の症状で皮膚がかゆい場合も?

花粉症の症状は皮膚にも多いってホント?!

花粉症といえば、花粉によるアレルギー反応から目の痒みやくしゃみを繰り返すなど、日常生活に影響しやすい症状で悩まされることも多いですが、実は皮膚に対しても炎症を受けやすいシーズンでもあります。

目の痒みがひどくなると、目の周りをこすったりかぶれてしまう経験のある方も多いと思いますが、花粉の飛散期ピークには、特にデリケートな部分を花粉によって傷つけてしまう行動をしてしまいがちになります。

また、鼻の粘膜が花粉によって刺激されるということは、鼻の内部の皮膚に影響を与えているわけですから、花粉は人間の皮膚に炎症を与えやすいことを忘れてはいけないのです。

一見すると、皮膚に関して花粉が関係ないのでは?と思われがちなのですが、これは目や鼻の症状の方が注目を浴びやすいこともあり、皮膚の炎症については二の次になってしまいがちです。

なので、花粉症になって皮膚が荒れていると感じるよりは、別の原因で皮膚に炎症が起きていると思ってしまうのです。

花粉シーズンに皮膚の調子が悪くなったり、ヒリヒリとした痛みや慢性的な痒みを伴う症状に悩んでいる方は、花粉症の可能性も考えた方が良いかもしれませんね。

花粉症の症状で皮膚がかゆくなるのは〇〇?!

花粉症で皮膚に起こる症状を悪化される原因として、乾燥しやすい季節というのがあるのですが、皮膚だけでなく花粉によって喉がいがいがしたり痒みを伴う場合は、乾燥しやすい状態に陥っていることを自覚する必要があります。

これは喉だけではなく人間における皮膚全体にいえることであり、ましてや常に外気にさらされている部分の皮膚に関しては、さらに乾燥が激しくなり砂漠のようにカピカピとした状態になってしまいます。

皮膚が乾燥するとピリピリとした違和感を感じやすくなり、赤みを帯びたり痒みの引き金となってしまいます。

テレビCMなどで「乾燥がお肌の大敵!」と諭しているものもありますが、これは皮膚だけでなく花粉症を悪化させないためにも予防策としてうってつけなのです。

特に、花粉症で敏感肌の方の場合は、普段からでも花粉だけでなくダニやハウスダストによって皮膚の炎症を起こしている可能性もありますので、花粉が飛び交う時期は十分に注意が必要です。

花粉症の症状で皮膚がかゆいのを抑える方法は?

花粉症がもちろん、元々乾燥に敏感な方にとっては、年中に渡って乾燥対策をしていくことが皮膚の痒みを防ぐ最善策となります。

特におすすめしたい皮膚の痒みを抑える方法は、保湿をすることであり、手軽ではありますが一番の方法といっても過言ではないです。

朝晩はもちろん、乾燥が少しでも気になった場合には、保湿成分のたっぷり入った化粧水や乳液を塗ることで乾燥に負けないお肌作りに役立てることができます。

また、乾燥しやすいシーズンですと化粧水だけではせっかくの潤いが蒸発してしまう可能性も高いので、お肌に蓋をする役割を果たすクリームなどを仕上げに塗るとさらに効果的です。

ただ、季節的にも乾燥しやすいのが花粉シーズンの特徴なので、十分に保湿をしても花粉のアレルギー反応によって痒みが抑えられないケースも少なくありません。

そのまま放置しておくと、余計に皮膚の炎症が悪化してしまう可能性も高いので、とまらない皮膚の痒みに悩んだり、症状が悪化してしまうのを防ぎたい方は、一度皮膚科で診てもらうことをおすすめします。


スポンサーリンク


花粉症の症状の皮膚炎の特徴とは!

花粉による皮膚炎は、目や鼻の症状と違って注目されにくいこともあり、花粉症対策をせずに皮膚の症状を改善しようとする方もいると思いますが、花粉に原因があるのなら根本的な対策をしないと余計に悪くなってしまうので注意が必要です。

花粉症による皮膚炎の症状の特徴を知れば、皮膚の痒みや違和感などの原因がどこにあるかを認識することができますし、もし花粉症が原因であるならば、花粉のアレルギー反応を抑える対策をすることで、皮膚の炎症を改善することができます。

ここでは、花粉症による皮膚炎の特徴をご紹介します!

皮膚全体の乾燥

花粉シーズンというのは、2月中旬から3月にかけてピークになることもあり、季節的にも乾燥が激しくなるのが特徴なので、それに伴って皮膚も乾燥しやすくなってしまいます。

皮膚といっても目に見える場所だけでなく、鼻づまりやくしゃみで炎症を受けやすい鼻の内部や、炎症の受けやすくなる口内も皮膚の一部ということを覚えておきましょう。

実は、花粉症になると鼻づまりによって十分に空気を取り込むことができなくなってしまい、口呼吸によって乾燥状態を助長してしまうので、普段よりも炎症が起こりやすい状態であることを忘れてはいけません。

また、乾燥によって皮膚が痛くなったり痒くなったりすると、集中力も低下しやすくなり、イライラの原因にもなりやすいため、精神的にも打撃を受けやすいのです。

ストレスというのは皮膚の炎症を悪化する精神的な要因でもありますので、花粉シーズンでもできるだけリラックスした状態で過ごすことが大切です。

頬の赤み

寒さが激しくなると、頬が赤くなる方も多いと思いますが、花粉のアレルギーによって炎症部分が赤みを帯びるということも珍しくありません。

ただ熱っぽいだけでは?と思われがちですが、花粉が付着したことによって赤みとなって現れる症状もありますので、普段とは違う赤みだったり、長時間赤い状態が続いている場合は花粉によって皮膚にダメージを与えているかもしれません。

花粉症で高熱が出るというケースはあまりないのですが、寒暖差の影響から火照りやすい大切になる方もいますし、花粉による赤みであればアレルギー症状に反応しやすい体質かもしれないので花粉症対策をすることが大切です。

上瞼や顎にチクチクとした違和感

花粉が肌に付着するということは、目に見える変化では見えにくいのが特徴で、実際に花粉にさらされている状況でも自分が花粉症に囲まれているとは実感しにくいものです。

なので、視界に花粉がなかったとしてもいつのまにか皮膚に花粉が付着することによって、入り込まなさそうな皮膚の部分にアレルギー反応が起きやすい可能性もあるのです。

例えば、目の周辺の皮膚は特にデリケートなので、少しの刺激でも違和感になることも多々ありますし、目の痒みを取り除くためにこすりすぎてしまうと、上瞼が腫れてしまうことも珍しくないです。

さらに、顔の下半分に属している顎に関しては、あまり注意がいきにくい部分ではありますが、マスクを装着していなければ剥き出しの状態となっていますので、ちょっとした痒みを感じやすい部分でもあります。

皮膚の炎症が起きてほしくない部分については、マスクやマフラーなどで花粉から身を守ることが大切ですし、外出して部屋に入る際にもしっかりと花粉を落とすことを心がけましょう。


スポンサーリンク


花粉症の症状の皮膚炎の写真を公開!

皮膚に起こる症状としては、花粉シーズン以外にも悩まされることが多いですし、どのような症状が花粉と関係してくるのか気になってしまいますよね。

実際にネットで調べてみると、花粉による皮膚炎の写真をアップしている方が意外に多く、それらの症状を自分の症状と照らし合わせることも症状を直す近道となります。

それでは、実際に検索できた花粉症皮膚炎の写真をご紹介します!

花粉症の症状の皮膚の画像の特徴は?

引用:http://www.doggeeliving.com/diary/

まずはこちらの写真なのですが、顔が腫れあがっているのが特徴的で、痒みが画面から感じられるような症状です。

花粉症による皮膚の症状にもある赤みはもちろんですが、皮膚が盛り上がるように浮き彫りになっているので、肌の感触自体も通常とは違うのでわかりやすいと思います。

一般的な皮膚の腫れが起こる原因として、化粧品との相性が悪かったり顔を掻きすぎたりするとこのような症状も出やすいのですが、花粉によってここまで腫れることを想像できる方は少ないのではないでしょうか。

また、元々肌が色白だったりすると、ちょっと赤いだけだから時間が経てば落ち着くと思ってしまい、正しい対策をしないまま放置してしまうこともあります。

花粉症の症状は皮膚のブツブツも?

引用:http://yoshimin.com/blog/1066/

次にこちらの写真ですが、先程の方よりは赤みが少なく感じますが、どちらかというとブツブツしているような印象が特徴的です。

アトピーの方に起こりやすい症状でもありますが、写真からでも凹凸ができているのが確認できますよね。

顔全体が腫れているというよりは、集中した箇所が膨らんでいるという表現が近いかもしれません。

この場合は、アトピーを疑われるか化粧品などでかぶれてしまったかもと思いがちなので、花粉症が原因かもしれないことを念頭に入れておきましょう。

私も慢性的な花粉症なのですが、実際にこのような症状になったことがあり、もしかしたらアトピーかも?と思ってしまっていたので、花粉症によって引き起こされていると知った時は驚愕でした。

肌の感触もブツブツとして違和感もあったので、メイクをしたくてもできませんし、花粉症で春のオシャレを楽しめないのはとても辛いです。

また、顔全体に出ているわけではないので、重症に感じにくいのも特徴ではありますが、皮膚がブツブツとしてきたら皮膚科の先生に診てもらって早めに対処することで炎症を食い止めることができるはずです。


スポンサーリンク


花粉症の症状で皮膚用の薬は?

花粉症における皮膚症状を抑えるためには、乾燥しない肌づくりをすることが何よりの秘策なので、保湿成分がしっかりと配合された薬を使うことが大切です。

化粧水や乳液は、一見すると薬としての認識はされにくいですが、薬局やドラッグスストアでは医薬品の部類として売られていることも多く、皮膚科でも処方箋に化粧水やクリームが明記されていることが多いです。

特に、乾燥というのは毎年繰り返す厄介な症状なので、日常的にできるケアをすることが大切ですし、化粧水など手軽で使いやすいものを長期間使うことによって、皮膚をしっかりと守ってくれるでなく、本来持っている免疫力を上げてくれるのです。

もちろん、花粉症対策として使われることの多い抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤による治療も大切ですし、花粉のアレルギー反応を抑えることで皮膚にかかる負担を軽減させることができます。

花粉症の症状で皮膚の特徴や画像まとめ

いかがでしたか?

花粉によって皮膚に与えるダメージというのは想像以上のものであり、花粉症が肌の痒みやブツブツとした感触の原因になっていることがあまり知られていないことが、症状を悪化させる原因かもしれませんね。

花粉症皮膚炎についても、ネット上で写真を上げている方も多いですし、自分と似たような症状を見つけることで対策を見出すきっかけになるかもしれないので、気になった方は一度画像検索するのも良いかもしれませんね。

実際に、私自身もこの記事を書いている最中に皮膚の痒みに悩まされていましたし、「いよいよきたか!」と花粉の到来をひしひしと感じています。

これからさらに乾燥しやすい季節となりますので、しっかりとした保湿ケアをして大切な皮膚を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です