花粉症にヨーグルトは効くの?!効果的な食べ方やおすすめ商品紹介! 




「花粉症にはヨーグルトが効く!」というフレーズは、今や定番となっているくらい知られている一説ですが、実際にヨーグルトが花粉の症状を抑えることはできるのでしょうか。

花粉症に効くヨーグルトとしてR-1やLG21、L-92などの商品が話題になることも多く、テレビCMでも度々見かけることがありますが、ヨーグルトの効果だけでなく食べ方や量についても気になるところです。

そこで今回は、花粉症とヨーグルトの関係性や話題になる人気ヨーグルト商品の特徴についてもご紹介します!


スポンサーリンク


花粉症にヨーグルトが効くって知ってる?

花粉シーズンになると、「花粉症対策にはヨーグルトが効果的!」と巷で囁かれるような気がしますが、実際にどのくらいの方が花粉症とヨーグルトの効果について気になっているのでしょうか。

2月中旬にもなると、本格的に花粉が飛び交う時期が迫ってくるので、自然と花粉症に関する書き込みを増えてくるようです。

それでは、ネット上で見られる花粉症とヨーグルトについての声や意見を見ていくことにしましょう!

・毎年花粉症なので毎朝ヨーグルトを食べています。

・花粉症対策には発酵食品が良いって聞いたから、早速ヨーグルトを買ってきました!

・花粉症対策にヨーグルト飲料も追加しておこうかな。

・ラジオでも話してたけど、花粉症にはヨーグルトが良いらしいぞ!

・ヨーグルトを食べて花粉症に負けない強い人間になる!

・「花粉症 ヨーグルト」で検索して花粉症の免疫力を高めたい。

これらの声はほぼリアルタイムで投稿されていた声なのですが、今まさにヨーグルトを使って花粉症対策を始めている方も多いようですね。

テレビ番組やラジオでも花粉症についての話題が挙がるほど、視聴者が気になる季節的な問題でもありますので、その流れに乗ってヨーグルトの効果も宣伝されているように思います。

また、毎年ヨーグルトを花粉症対策として取り入れている方も多く、健康食品としてだけでなく花粉症の症状を抑える目的でヨーグルトを摂取している姿は同じ花粉症患者として尊敬できるものでしたね。

さらに、ヨーグルトといっても固形のものだけでなく、飲むヨーグルトタイプの種類も豊富になっていることから、画像付きで投稿している方も多く、手軽にヨーグルトを摂取できるのも人気の理由となっています。


スポンサーリンク


花粉症にヨーグルトは効果あるの?

花粉症とヨーグルトの関係性とは!

そもそも花粉症は、花粉が体内に侵入してくることでアレルギー反応を起こして、目の痒みや鼻づまりを引き起こす症状として有名ですよね。

特に、鼻の粘膜に付着すると異物として花粉を認識した体内の免疫細胞が外に追い出そうとして過剰に反応することから、花粉症特有の症状を繰り返し引き起こすといわれています。

花粉によってアレルギー反応が出た際に、白血球になる「Th1細胞」と「Th2細胞」と呼ばれる2種類の免疫細胞が分泌されるのですが、実はこれらのバランスが乱れることも花粉症を引き起こす原因となっているのです。

Th1細胞とTh2細胞は、アレルギーと認識された物質が侵入した時に抗体が作られることで根源となる物質を退治するために奮闘するのですが、バランスがあってこそその性能を発揮しやすくなるため、バランスが崩れてしまうと、それに伴って体に悪影響を与えてしまうのです。

花粉によるアレルギー症状の場合、その影響が目の痒みや鼻づまり、喉の違和感などに表れるのですが、花粉症患者は特にTh2細胞が多くなりすぎる傾向にあるそうです。

つまり、Th1細胞とTh2細胞が上手にバランスをとっていれば花粉症の症状の根源を打ち切ることができるので、花粉に負けない体づくりを促進してくれるのですが、ここで救世主となるのがヨーグルトなんです!

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などが豊富に含まれていますが、これらの菌がTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える働きをしてくれるのです。

ただ、全てのヨーグルトが効果があるわけではなく、Th1細胞とTh2細胞に効果的な働きをする菌の入った製品を選ぶことが大切です。

花粉症に効くヨーグルトの食べ方は?

近年では、健康ブームの火付け役としてヨーグルトを摂取する方が増えているのが現状で、毎日のようにテレビCMでもヨーグルト製品を見ることが多いです。

毎朝ヨーグルトを食べている方もいるくらい日常的に摂取しやすい食材なので、慢性的に花粉症で悩んでいる方はいち早くヨーグルトを生活に取り入れている傾向にあります。

実は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は長期間腸内に留まらないという特徴があり、毎日摂取することで乳酸菌の効果を持続させることができます。

乳酸菌の滞在時間が増えれば、腸内環境の良い状態を保つことができますし、より新鮮な乳酸菌を摂取することができるので、体内に生きた乳酸菌を届けることが可能です。

ですので、ヨーグルトの食べ方に関しては、継続が一番の力になりますので、自分の食べたいタイミングで摂取することがポイントで、ストレスのないように自分のペースに合わせた食べ方が最も効果があります。

朝食時はもちろん、おやつや夕食後など、自分が食べやすい時間帯にヨーグルトを摂取することで習慣として取り組むことができます。

また、空腹時に食べると良くないのでは?という意見もあるようですが、基本的には乳酸菌はたとえ死菌であっても免疫細胞の活性化に影響がありませんので、そこまで気にする必要はないでしょう。

さらに、ヨーグルトを食べる時期については、花粉症の症状が出る前から摂取することが大切なので、花粉の飛散期ピークになる前に早めにヨーグルト生活を始めるのが効果的です。

花粉症対策は初期療法が何より重要なので、症状が悪化してしまってからでは効果が出にくくなってしまいますので、基盤となる部分を早めに確保しておく必要があります。

ただ、人によってはいつの間にか花粉症になってしまったと焦ってしまう場合もあります。

もちろん、花粉症の症状が出てしまってからでも、その症状を悪化させないようにヨーグルトを摂取するのも改善策として良い方法なので、今からでもヨーグルトを食べ始めましょう!

花粉症にヨーグルトの量は関係ある?

花粉症に効果的なヨーグルトですが、どんなに栄養成分が豊富に含まれているからといって、過剰に摂取してしまってはその効果が発揮されないことがあります。

何事も適量が大切なので、花粉症に最適なヨーグルトの量を守ることが花粉症対策として持続的に続けやすいので是非とも覚えておきましょう。

ヨーグルトの摂取量として推奨されているのは、1日に最低でも約100gとなっており、理想的な量というのは約200~300gとなっています。

ちなみに日本では、ヨーグルトを始めとする発酵乳においては、1mlあたり1000万以上の菌が含まれていることが法律で決められています。

1mlあたり1000万以上なので、100ml飲めば10億の乳酸菌が体内に取り込まれる計算になるので、固形のヨーグルトに関しても100gあたり100億近い数値の乳酸菌が摂取できるというわけです。

ヨーグルトの適量を守ることはもちろん大切なのですが、いかに継続できるかで腸内環境を良くしてくれるかが決まってくるのです。

最低数値の100g以下にならないように意識しながら、食べたいタイミングを見計らって美味しくヨーグルトを摂取しましょう!


スポンサーリンク


花粉症にヨーグルトでおすすめの種類はコチラ!

花粉症に効く食材としてヨーグルトが重宝されていますが、どのヨーグルトを選んでいいかわからないという声が多数聞かれるようなので、ここでは花粉症の症状の緩和により効果的なヨーグルトをいくつかご紹介したいと思います!

花粉症対策ヨーグルト①R-1

引用:https://qetic.jp/video/meiji-r1-180407/282486/

2009年に明治から発売された「R-1」は、赤いパッケージが特徴で目を引くデザインが人気ともなっており、テレビCMも多いことから名前も知れ渡っている注目の商品となっています。

「強さひきだす乳酸菌」という説得力のある言葉が商品をアピールしていますし、食べるタイプだけでなく飲むタイプの売り上げも上々のようで、店頭でも幅広い売り場で占められていることが多いです。

主成分となる乳酸菌「OLL1073R-1」は、ブルガリア菌の一種を含んだものとなっており、それに含まれるEPSが免疫力を高める作用があることでも花粉症対策として重宝されているのです。

花粉症に効くヨーグルトランキングでも上位に度々名前が挙がるほどの人気となっていることもあり、花粉症対策としてR-1を始める方も増えているそうです。

実際にネットで検索してみると、R-1がランキング1位になっているサイトもあったので、人気だけではなく効果にも期待ができますよね。

さらに、R-1を3年間飲み続けた方の話によると、7年間悩んでいた花粉症の症状が出なくなり、花粉による鼻水やくしゃみはもちろん、イライラや集中力低下も改善されたという嬉しい声が上がっています。

また、花粉症だけでなく体の免疫力を上げる効果もあるようで、風邪が引きにくくなったという声もありますので、健康的な体づくりにもうってつけなヨーグルトとしてもおすすめですね。

花粉症対策ヨーグルト②LG21

引用:https://www.meiji.co.jp/dairies/yogurt/lg21/

2000年に明治から発売された「LG21」は、青いパッケージが爽やかさを演出しており、わかりやすいパッケージで手に取りやすい親しみやすさも人気となっています。

「胃で働く乳酸菌」をコンセプトとしており、胃酸の中で溶かされることなく腸までたどり着く力強さが注目されており、花粉症対策としても取り入れる方が増えているようです。

LG21を半年ほど食べて花粉症の症状が改善されたという声もあるようで、特に花粉シーズンがピークになる前から摂取することでひどい症状から解放されたという嬉しい報告も聞かれています。

さっぱりとした味わいで食べやすさにも定評があり、毎日続けられる美味しさもあってリピーターも多く、まさに唯一無二の存在となっているようですね。

以上の2つが特におすすめのヨーグルトなのですが、どの製品もテレビCMや店頭で見かけることが多いので、その需要の高さをひしひしと感じます。

実際に店頭に出向いてみても、ヨーグルトというだけでびっくりするくらいの種類が発売されていますので、思わず立ち止まってしまうくらい迷ってしまう気持ちもわかりますね。

より一番わかりやすい方法としては、「生きて腸まで届く」と書かれているものが花粉症の症状に効果的なので、成分などの味方がわからない方はパッケージに書かれているかチェックしてみてください!


スポンサーリンク


花粉症にヨーグルトのL-92乳酸菌が効く?!

引用:http://hagureonee.com/post-2613

花粉症の症状を抑える乳酸菌として、カルピス社が独自の研究で見つけ出した「L-92乳酸菌」が話題になっているのですが、ヨーグルトとしての商品は発売されていないのが現状で、サプリメントや乳酸菌飲料水として幅広い世代で親しまれています。

「L-92乳酸菌」は体のバランスを整えたい方に最適な成分となっていて、乳酸菌を体内に取り込むことでお肌や体の調子を良くする最善策として生み出された商品なのですが、長年愛されているカルピス社が自信を持って提供していることもあり、リピーターの数もどんどん増えているようです。

そんな万能成分でもある「L-92乳酸菌」をヨーグルトにできる方法が実はあるのですが、ヨーグルトメーカーを使って自宅で簡単に調理することができるのです。

ヨーグルトメーカーには様々な種類があるのですが、牛乳パックをそのまま入れるだけでヨーグルトが作れてしまうヨーグルトファクトリーという商品の人気が高まっていることをご存知ですか?

手順はとても簡単で、種菌となる「L-92乳酸菌」を牛乳に加えて発酵ボタンを押して放置するだけでヨーグルトができてしまうという優れものなのです。

「L-92乳酸菌」のドリンクタイプを用意してそのまま牛乳に流し込むだけで完成なので、より高い効果を発揮するヨーグルトを自宅で作り出すことができるのは驚きですよね。

ヨーグルトは値段としてはそこまで高価なものはないのですが、毎日続けると経済的にも負担になってしまいますし、牛乳がベースとなっているので種菌となる「L-92乳酸菌」も少量で済みますので、ヨーグルトがお得に食べれることでも人気となっています。

花粉症とヨーグルトの関係性やおすすめ商品まとめ

引用:https://twitter.com/aichieducoop/status/790758135505969162

いかがでしたか?

花粉症とヨーグルトは一見すると関係なさそうにも見えるのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が花粉によってバランスが崩れてしまいがちな免疫細胞の状態を整えてくれる効果があるので、ヨーグルトは花粉症対策として取り入れやすい万能食材でもあるのです。

ヨーグルトの種類についても、R-1やLG21といった人気商品はもちろん、注目度の高いL-92乳酸菌を使ったヨーグルトも自宅で作ることができるので、ヨーグルトを食べて花粉シーズンを乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です