花粉症の頭痛でお悩みの方へ!微熱や吐き気の原因や市販薬の効果は?




目の痒みや鼻のムズムズなど、花粉症の症状は人によって様々なのが特徴ですが、花粉によって頭痛を引き起こす方も実は多いようです。

頭がずしっと重くなったり、ズキズキするような痛みを感じると、花粉症よりも風邪を疑ってしまう傾向にありますが、その痛みの原因が花粉かもしれないというのは驚きですよね。

そこで今回は、花粉症による頭痛と併発しやすい症状や、おすすめの市販薬についてご紹介しましょう!


スポンサーリンク


花粉症の頭痛と微熱の関係性とは!

花粉症の主な症状として、鼻に炎症を受けることがよくありますが、花粉が体内に付着することでアレルギー反応を起こし、異物として認識された花粉を除去しようとして体内の細胞が防衛反応行うことでくしゃみや鼻水などを誘発するとされています。

また、鼻以外にも目や喉にも花粉は付着しやすく、通常よりも花粉によって影響を受けやすい体になっていることもあり、全身が微熱を伴う傾向にあるのです。

しかも、花粉によって頭痛を感じてしまうと、花粉症ではなく風邪をひいたのでは?と思いがちにあり、仮に花粉に原因があったとしてもそれを知ることなく風邪に対する対策をしてしまうことになります。

基本的には、花粉症は熱が出にくいのがポイントで、高熱が出るというケースは稀なので、37.5℃以上の熱が出ているのであれば風邪の可能性が高いです。

さらに、花粉症になると目や喉が花粉によって腫れることが多いですが、それに伴って熱っぽさを感じることから微熱を伴うこともあり、実際に熱を測った時に出る数値よりも体感として高熱になっていると思うこともあります。

花粉というのは体外からの異物であり、本来であればそこに存在していないものであるため、体内の防衛細胞が予想している動きとは違う働きをしてしまうこともあるので、いつもより体調が悪いと感じやすいのです。

なので、微熱が出たかも?と思った場合は、風邪はもちろんですが、花粉症の症状が出ていないかを確認することで、自分の症状がどちらであるかを明確にすることができます。

特に、花粉症は鼻水が慢性的に出やすいのが特徴ですので、一日に何回も連続で鼻水やくしゃみが出ている場合は、熱があったとしても花粉症の可能性が高くなります。

花粉症における鼻水は、サラサラとしていて透明なものが多く、風邪の時の粘り気のある鼻水とは形状が違いますので、微熱がある場合は鼻水を一度チェックしてみるのも良いでしょう。


スポンサーリンク


花粉症の頭痛と吐き気が出た場合は?

花粉症で頭痛になってしまう方の中には、吐き気を同時に伴うケースも多いようで、体調の悪さをさらに感じてしまうことも珍しくありません。

花粉によって目や鼻だけでなく喉にも炎症反応を示すこともあるのですが、花粉荘になると鼻づまりがひどくなることから、口呼吸をしやすくなる場合がほとんどです。

そもそも息を吸うということは、鼻呼吸によって行われているものなのですが、鼻水がたまりやすい花粉シーズンには、口呼吸に頼ってしまうことが多いのですが、口というのは呼吸をする環境にはあまり適していません。

そのため、通常よりも多く呼吸をすることを強いられてしまうと、今まで使っていなかった口内の機能を酷使することになるので、乾燥が激しくなり炎症が起きやすい状況を作ってしまうのです。

喉が乾燥することによって、イガイガとした花粉症特有の痛みを感じやすくなり、その痛みが慢性的になってしまうので、花粉シーズンが終わっても痛みが緩和しないこともあります。

実は、喉の違和感というのは吐き気に繋がりやすい原因でもあり、喉に何か詰まったような感覚が独特の気持ち悪さとなって体調に影響するのです。

一見すると、吐き気と花粉症は関わりないと思われがちですし、頭痛も一緒に伴っている場合は、風邪の症状を認識しがちになります。

花粉症か風邪かは判断する場合、花粉が付着することによって喉に独特の痛みや違和感を覚えることが多いので、ご自身で判断する場合は喉に関する症状に焦点を当てることも大切です。

また、口内の乾燥が炎症を悪化させる原因となることから、そのまま放置しておくと吐き気も激しくなってしまうので、定期的に加湿器を使ったり水分を小まめに摂るなど、喉が乾燥しないためのケアを行うようにしましょう。


スポンサーリンク


花粉症の頭痛は肩こりが原因?

花粉症になると、くしゃみや咳を連発するくらい慢性的に症状が出やすい傾向にありますが、実はくしゃみや咳をすることによって肩こりを引き起こしてしまう可能性があります。

くしゃみや咳をする時の体勢を想像してみると、前かがみになっているイメージがつきやすいと思いますが、前傾姿勢というのは首や肩だけでなく、背中全体の筋肉に余分な力を使ってしまうことがわかっています。

特に、花粉シーズンというのは街中でもくしゃみや咳をする方が多く見られますが、周りに迷惑をかけないように丸くなった状態になることが多く、何気なくやってしまうその行動自体が肩こりを誘発させてしまうのです。

前かがみでくしゃみや咳をする状態が続いてしまうと、呼吸を行う際に活躍する肋骨筋を使わなくなってしまうため、肺を圧迫する原因にもなるのでさらに呼吸をしにくい状態となります。

そうなると、呼吸で補っている酸素を取り込むのが弱くなることから、体内の血の巡りの悪化も助長してしまい、最終的には全身にこりを感じやすい状態を作り上げてしまいます。

血行不良が深刻になると、全身がこわばるということによって首の痛みも引き起こすのですが、首から伝わった痛みが頭にいくことになり、その結果、頭痛を引き起こしてしまうので、上半身に感じる痛みは頭にも悪影響があることを覚えておく必要があります。

慢性的な肩こりを防ぐためには、血行を良くすることが大切なので、前傾姿勢によって浅くなってしまった呼吸を改善するためにも意識的に深めの呼吸をすることがおすすめです。

花粉症になると鼻呼吸が不足してしまうのですが、なるべく鼻で呼吸することを心がけることで酸素が行き届きやすくなりますし、一回の呼吸をゆっくりと行うことで取り入れる酸素量を増やすこともできるのです。


スポンサーリンク


花粉症は頭痛だけの症状も?!

花粉症は、花粉によるアレルギー反応によって目の痒みや鼻水などを引き起こすのが特徴なのですが、人によっては一般的に見られる症状が出ないケースも稀にあります。

花粉による頭痛に関しても、くしゃみや喉のイガイガなどの花粉症ならではの症状が出ていない状態であれば、花粉症にかかっていると判断しにくいですし、別の原因を考えがちになります。

私自身も、中学生から花粉症に悩まされている一人なのですが、最初に花粉症になった時には、ひどい風邪にかかってしまったのかな?と誤解してしまうくらいだったので、実際に花粉症と判断するのは実は難しい問題でもあります。

しかも、頭痛だけという症状が出てしまった場合、風邪だけでなく目を酷使したり夜更かしなどの生活習慣が影響しているかもと認識しやすいので、花粉と直接関係していると考えにくいのです。

花粉が体内に及ぼすアレルギー反応は、人によって症状の度合いも変わってきますので、頭痛だけを感じる場合もあれば、慢性的なくしゃみだけを引き起こすということも十分にあり得ます。

アレルギーに対する免疫力も十人十色なので、花粉が飛び交う場所に身を置いたとしても、一般的に予想させる症状が出にくい方もいますので、具体的な症状がいつから出ているかを把握することで花粉症と関係しているかを知ることができます。

また、花粉以外にもダニやホコリなどのハウスダストアレルギーを持っている場合は、他のアレルギーと併発しやすいので、より症状が悪化してしまわないように注意が必要です。

いずれにせよ、花粉シーズンは特にそのような症状になりやすい環境でもありますので、少しでも体調が悪くなったり、鼻や喉に違和感を覚えた場合は、ひどくなる前に一度専門家に診てもらいましょう。

花粉症の頭痛の対策とは!

花粉シーズンというのは、外だけでなく室内に入っていても花粉が紛れ込んでしまうという状況も多く、常に花粉に気を遣いながら生活することを余儀なくされます。

花粉症の頭痛を緩和するためにも、花粉が飛び交う時期を把握することで花粉症に負けない体づくりをすることができますし、花粉とどのように向き合っていくかを知ることが大切です。

例えば、外に出る際には花粉が付きにくいウール素材の服を避けることで、室内に花粉を持ち込みにくくすることができますし、眼鏡やマスクを常に装着することで、花粉が体内に入り込むことをブロックしてくれます。

また、天候にも注意する必要があるので、晴れの日や曇りの日はもちろんですが、風の強い日などは花粉の飛散量が増える傾向にあるので、外出はなるべく控えるほうが良さそうです。

さらに、花粉シーズンになると、昼だけでなく夜にも花粉症に悩まされることも多くなるので、寝不足の原因にもなりやすいですし、その結果、体の免疫力が低下して症状が治りにくくなってしまいます。

悪化してしまうと不眠症に近い症状を引き起こしたり、眠れないことによって寝返りを繰り返すことによって全身の疲れが取れにくくなったり、肩や背中が痛くなって頭痛を助長してしまいがちになるので注意が必要です。

花粉症の頭痛は市販薬で緩和できる?

花粉症が慢性的になってくると、個人での対策では補えない場合があるので、市販薬を使って内側から症状を改善していくという方法がおすすめです。

近年では、病院に行けない方にも手軽に花粉症の薬を買うことができますし、即効性のある成分が含まれていることから、今すぐにでも取り除きたい症状に効果的なのです。

ただ、花粉症の薬は即効性があるだけでなく眠気やだるさを引き起こしてしまう副作用が発生しやすいのがデメリットなのですが、実はその症状を改善するべく「第二世代抗ヒスタミン薬」というのが販売されており、花粉が飛び交う時期の約2週間前に飲むことで症状の緩和をすることができます。

実は、従来の抗ヒスタミン薬というのは、脳に移行しやすい成分だったこともあり、思考回路に影響しやすい症状を併発しやすくなっていたので、頭がぼーっとしたり集中力が低下する原因にもなっていたのです。

それに比べて、第二世代抗ヒスタミン薬は比較的脳に移行しにくい特徴を持っているので、眠気も助長しにくいですし、だるさを感じにくくなるのがメリットでもあります。

また、継続して使えることもあり、花粉症の症状を長時間緩和することもでき、花粉症ならではの症状だけでなく、花粉によって引き起こされる頭痛にも良い効果が期待できるのです。

花粉症の頭痛にロキソニンは効く?

引用:https://lohaco.jp/product/8935039/

頭痛の市販薬として親しまれているロキソニンは、花粉症における頭痛にも使われるほどの需要の高さがありますが、ロキソニンには頭痛だけでなく、喉の痛みや悪寒、微熱などにも効果があるので、花粉症で感じやすい症状を緩和するために役立てることができます。

ただ、ロキソニンは花粉症の薬ではなく、あくまで解熱鎮痛剤なので、鼻水やくしゃみを抑える働きは期待できませんので、頭痛がひどい場合には特におすすめの薬となっています。

特に、女性ならではの生理痛を和らげることもできますので、常備薬として持ち歩いている方も多いようですね。

CMでも多く取り上げられていることから、様々な世代で使っていることも多いロキソニンですが、眠気を感じる方もいるようなので、安全性を認められている成分ではありますが、人によっては副作用が出やすいので注意しましょう。

さらに、花粉症の薬とロキソニンを併用したい場合も多く見られますが、薬の成分の相性によっては効果が出にくくなってしまうので、かかりつけの医師に相談してから服用するほうが良さそうです。

花粉症の頭痛の特徴と市販薬まとめ

いかがでしたか?

花粉症の頭痛は、一見すると花粉とは関係ないと思われがちですが、花粉によるアレルギー反応や度重なるくしゃみや咳による前傾姿勢によって誘発されることもあるので、頭痛があるからといって風邪と認識してしまわないようにしましょう。

近年では、花粉症を緩和するための薬も幅広く取り揃っていますし、頭痛に効果的な市販薬も販売されていますので、少しでも症状を緩和するためにも、ご自身に合った花粉症対策をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です