花粉症の目薬でかゆみを撃退する!人気の目薬や子供用のおすすめは?




花粉が飛び交う時期が本格的に到来すると、目の痒みや違和感など目に関する悩みが多くなってきますが、デリケートな部分なのでなるべく刺激を与えない治療に取り組みたいですよね。

花粉症の目の症状には、病院だけでなく薬局やドラックストアでも購入できる目薬が重宝されており、手軽に花粉症ケアできることでも人気となっています。

そこで今回は、花粉症におすすめの目薬や子供向けの市販薬などをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


花粉症の目薬は眼科で処方してもらえる!

花粉症になると、眼鏡やマスクなどで花粉から身を守る対策をしたり、花粉の飛散量をニュースでチェックするなど、様々な取り組みをして乗り切ろうとする方も多いです。

花粉症を悪化させないためにはできるだけ花粉のない生活を心がけることが一番ですが、スギやヒノキなどの日本でも猛威を奮う花粉の多くは風によって日本各地に飛び回ることから、全ての花粉を防ぐということは不可能に近いです。

特に、目の痒みや違和感などは、日々の生活においてとても厄介な問題になることから、1秒でも早く症状を改善したい症状でもあります。

花粉症の症状が慢性的になると、個人での対策よりも眼科での治療に頼る方も多く、専門家の意見を取り入れることによって症状緩和に役立てているのです。

眼科に馴染みのない方にとっては、花粉症の症状で病院に行ってもいいのだろうかと躊躇してしまうかもしれません。

病院といえば、風邪になった際に駆け込むイメージではありますが、眼科は目に関する専門的な機関でもありますし、どんな些細な症状だとしてもしっかりと治療してくれる心強い存在となります。

また、花粉症は季節性とはいえアレルギー症状の一種なので、医療的な目線から診てもらえる症状ですし、目の痒みの原因となるヒスタミンを抑える成分の入った目薬を処方してくれるのでおすすめです。

特に、目の症状が際立っている花粉症の場合は、内側からケアする飲み薬よりも患部に直接働きかける目薬の方が人気ですし、すっきりとした爽快感が味わえるのも好まれる理由です。


スポンサーリンク


花粉症の目薬の眼科での治療方法は?

花粉症に対する目薬での治療方法には3種類あるのですが、実際に目の症状の度合いを眼科の先生が診察してから処方されることのが一般的です。

まずは、目の痒みの根本的な要因となるヒスタミンの発生を抑える「抗アレルギー剤」は、比較的症状が軽めの方に処方されることが多く、目薬での治療を始めてから2週間ほどで効果が出やすいです。

目の痒みは特に気になる症状ですし、花粉症になり始めの方でも陥りやすいこともあるので、目の違和感を覚え始めたらすぐにでも眼科にいくことをおすすめしたいですね。

次に、花粉症の飲み薬でも使われることの多い「抗ヒスタミン剤」ですが、抗アレルギー剤よりも即効性があるので効き目を実感しやすいのが特徴ではありますが、持続性がないので長期間の治療にはあまり向いていないかもしれません。

しかし、急性の痒みにはおすすめですので、一日に何度も目の掻いてしまったり、痒みを抑えられない場合は処方されることが多いです。

そして、抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤を処方されても症状が改善しなかったり、目の症状がひどい状態だと判断されると、「ステロイド剤」を処方される可能性が高いです。

ステロイドという言葉を聞いたこともあるかもしれませんが、抗炎症作用の強い成分でもあり、薬の中でも特に効果が出やすいことでも知られているので、重めのアレルギー症状には強い味方となります。

基本的には眼科の医師の管理下で使用することが義務付けられており、自らが進んでステロイド治療を志願するというよりは、専門家の指導がないと処方されないのが特徴です。

その理由として、ステロイドの副作用の問題があり、長時間治療することによって眼圧が高くなってしまい、ステロイド緑内障を発症してしまうのを避けるためでもあります。

目の内部は非常に繊細になっており、ステロイド剤を医師の指導を無視して使う続けると、視野が欠けてしまうこともあるくらい丁寧に扱わなければならない治療法でもあります。

ただ、花粉症やアレルギー性の結膜炎の場合、比較的弱めのステロイド点眼薬を処方されることが多いので、実際はそこまで眼圧が高くなることはなさそうです。

基本的には専門家の指示を受けながらの治療法になりますので、ステロイド剤を花粉症に役立てたい場合は、かかりつけの眼科で相談してみるのも良いでしょう。


スポンサーリンク


花粉症で目薬の処方箋とは!

病院で治療を受けた際に薬を処方されると思いますが、お会計の際に薬の処方箋を貰うのがほとんどで、病院周辺の薬局や調剤薬局のあるドラッグストアなどで薬を受け取ることができます。

飲み薬での処方箋は比較的馴染みがありそうですが、目薬に関しても眼科の医師の指示があれば、処方箋として目薬が記載されたものを出してもらうことができます。

実際に私も、結膜炎の症状が出ていた際に眼科で目薬の処方箋を貰ったことがあるのですが、薬の名前や用法はもちろん、働きや注意点なども明記されているので、自宅に持ち帰ってもどんな薬であるかを確認することができます。

また、眼科の医師だけでなく、処方箋を受け取る際に薬剤師さんの説明を一緒に受けることができるので、薬に関する不安点などを伝える機会もあるので安心です。


スポンサーリンク


花粉症の目薬は効かない時もあるの?

花粉症の症状というのは、季節性のアレルギー性結膜炎として分類されるため、実際に目薬で治療をしていても効き目を実感できない方もいるそうです。

確かに、医療的な側面からアレルギー症状を抑えるのが最も効果的ではあるのですが、症状の度合いによっては慢性的なものだったり、元々アレルギーに敏感な体質であれば薬が効きにくいこともあり得ます。

さらに、花粉の飛散期がピークになってくると、飲み薬ですら効き目が出にくいこともあるので、目薬をさしているからといって丸腰で外に出るのは控えた方が良さそうです。

目薬による効果的な治療を継続したとしても、花粉が体内に取り込まれやすい環境下では効果も発揮されにくいですし、マスクや眼鏡などの個人でもできる花粉症対策はそのまま継続することをおすすめしたいです。

また、花粉シーズンだからといって必ずしも花粉に原因があるというわけではなく、ダニやハウスダストなどのアレルギー症状から目の痒みを誘発している可能性もあるので、自分の症状が花粉症かどうかを判断することが大切です。

花粉症の場合、サラサラとした鼻水やくしゃみを繰り返すなどといった症状が出やすいので、目の痒みと共に悩まされる症状の特徴を把握することが炎症の緩和の近道となっています。

花粉症の目薬はアレジオンが人気!

引用:http://mf0929.blogspot.com/2013/11/alesion-ed.html

眼科で処方される目薬としても知られている「アレジオン」は、目に関するアレルギー反応を抑える効果があり、花粉症による目の痒みや充血だけでなく、他のアレルギー症状にも処方されている目薬です。

実は、アレジオンは2014年12月からコンタクトを装用したままでも点眼することができるとして話題もなっており、その利便性にも注目度が集まっています。

目薬の一般的なイメージとして、コンタクトをしていては目薬の成分が目の内部に入らないのでは?という意見も多かったと思いますが、そんな常識を覆すようにアレジオンはコンタクト装用でも使える目薬として先駆けとなる存在となっています。

私もコンタクトを付けているのですが、目薬をさしたくてもコンタクトを外さなければという手間が省けるのは朗報ですし、アレルギー反応を抑えてくれる成分が入った目薬がコンタクトを付けた状態で使えるのはとても嬉しいです。

ではここで、実際にアレジオンを花粉症対策に使っている方の声を聞いてみましょう!

・毎年恒例の花粉症なので、今年もアレジオンが手放せない!

・アレジオンは高いけど効果あるから買いに行こう。

・私は軽度の花粉症だけど、年中アレジオン常備しています。

・目の痒みにアレジオンがすごい効く!

・アレジオン初めて処方されたけど、コンタクトの上から使えるからありがたい!

・私には飲み薬より目薬のアレジオンの方が効果ありそう。

・花粉症の目薬はコンタクト不可と思ってたから、アレジオンがOKになって嬉しい!

ネット上で検索してみると、思った以上にアレジオンを使用している方が多く、毎年の花粉による目の痒みや充血に役立てているようです。

お値段的には少し高価になるアレジオンではありますが、症状を緩和する効果が申し分ないので、その効き目に満足している方も多かったです。

また、コンタクト装用者の反響も大きいようで、利便性のあるアレジオンを好んで使用している方も増えているようです。

花粉症になると、コンタクトだとどうしても目の違和感を覚えやすくなってしまい、最終的には眼鏡に頼ってしまうというケースが多々あります。

そんな時にこそ重宝されるアレジオンは、コンタクトありでも効果が期待できる目薬なので、花粉症患者にとっても救世主となりそうですね。

花粉症の目薬で子供用のおすすめは?

花粉症の目薬の子供の処方とは!

花粉症の症状は大人だけでなく子供に対しても深刻な問題となっており、物心ついた時から花粉のアレルギー症状が出ているお子様も多いようです。

特に子供の場合は、大人と比べて免疫力も少なく、花粉のアレルギーがひどい状態で発症しやすいため、できるだけ早めの治療が大切です。

実際に、幼稚園くらいから眼科に通院している子供も多く、目薬はもちろん、飲み薬や点鼻薬なども併用して治療しているそうです。

花粉症の目薬の場合、目に対する清涼感などが激しいものも多いですが、子供向けの刺激の抑えた使用感の目薬もありますので、点眼薬が苦手なお子様でも安心して使用することができます。

また、花粉以外にもダニやハウスダストなどのアレルギー症状も出やすい時期ですので、お子様の目の痒みや腫れが少しでも気になった際には、眼科に行ってアレルギー検査を受けてみるのも良いでしょう。

アレルギー検査には基本的には採血が主流となりますが、注射が苦手なお子様のために「イムファストチェック」という指からの血で測定する方法もありますので、詳しい用法などは専門家に一度ご相談ください。

花粉症の目薬で子供の市販薬は?

引用:https://www.amazon.co.jp/

「アルガード」でもお馴染みとなっている、ロート製薬が2014年に発売した子供用の目薬「ロートアルガードこどもクリア」は、涙に近い性質で目にしみにくい特徴があり、子供にも安心して使用できることから話題となっています。

目にしみるというのは大人でも苦痛に感じる方も多いので、しみにくさがプラスされているのは子供にとっても嬉しいですよね。

実は、「ロートアルガードこどもクリア」は年々増加傾向にある子供の花粉症患者に向けて開発された商品であり、子供が特にしやすいとされる「目をかく」という行動に着目して、目の痒みに特化した成分を配合しているそうです。

また、無香料・無着色で防腐剤も無添加なので、大切なお子様にも安心して使える使用感が魅力です。

花粉症の目薬の特徴や子供用まとめ

いかがでしたか?

花粉による目の症状は、眼鏡で花粉をブロックしてもなかなか改善されないことも多いので、アレルギー反応を抑えてくれる目薬の使用が効果的でおすすめです。

眼科で専門的な目線から診てもらうことにより、自分の症状の度合いを知ることができますし、子供でも使える目薬も発売されていますので、目の痒みや充血に負けない対策を心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です