花粉症の咳は実は危険?!頭痛や子供への影響や咳喘息との関係とは!




花粉シーズンは喉のイガイガや違和感を覚える方も多いと思いますが、これは花粉が口内に入り込んだり付着することによって炎症が起こってると特に出やすい症状でもあります。

花粉症といえば、目の痒みや鼻づまりなどがイメージしやすいですが、花粉によって頻繁に咳を繰り返す可能性もあるので、咳の出る状態を放置しないことが大切です。

そこで今回は、花粉症にみられる咳だけの症状や、子供に対する影響など、花粉が影響する咳の特徴について詳しく紐解いていきましょう!


スポンサーリンク


花粉症の咳だけの症状は厄介?!

 

花粉症の症状というのは、人それぞれ違うものであり、目の痒みやくしゃみがある人もいれば、鼻づまりだけに悩まされるといった場合もあるので、咳だけの症状が出るというのも珍しくありません。

花粉によるアレルギー反応によって、体内の免疫機能が過剰に反応することで体調が変化し、花粉症ならではの症状が引き起こされるのですが、アレルギーに対する反応というのは実際に花粉症にかかってみなければわかりません。

アレルギーといっても花粉だけではなくダニやハウスダストに悩んでいる方も多いですし、花粉症になったとしてもそれらのアレルギーから解放されるということはなく、むしろ同時に症状が出てしまう可能性の方が高いです。

しかも、咳の症状が悪化してしまうと、更なる感染症にかかってしまうこともあるので、できるだけ症状が軽めの時期から対処することで花粉飛散のピーク時に炎症を起こしにくくすることができます。

花粉症特有の症状として、鼻づまりや鼻水などの症状がありますが、この時期は鼻で呼吸することが難しくなることから口呼吸が増えて、口内が乾燥しやすくなるため、より咳が出やすい環境になってしまうことも咳症状が長引く理由でもあります。

実は、乾燥というのは花粉症を助長する厄介な症状であり、潤いが保たれていない状態が続くと、本来完治しているはずの症状ですら回復しにくくなりますし、季節的にも乾燥が厳しくなるので注意が必要です。

花粉シーズンは季節の変わり目でもありますので、気温の変化で体調不良を引き起こすこともよくありますし、花粉のアレルギーに対する免疫力も低下しやすいので、日頃から花粉に負けない体づくりを心掛けることが大切です。


スポンサーリンク


花粉症の咳は頭痛も引き起こす?

花粉症は咳だけでなく鼻水やくしゃみを伴い症状が多いですが、慢性的になるにつれて頭がずしっと重くなったり、痛みを伴う症状に悩まされるケースが多々あります。

花粉によるアレルギー反応は、目や鼻などに多くみられますが、場合によっては倦怠感やイライラしがちになったりなど、精神的にも悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

花粉は目に確認するのが難しいものなので、身体に影響があるとは思いにくいですが、体内の免疫細胞が異物として認識するくらい注意しなければならない物体なので、目や鼻に付着することで炎症が起こるのも無理はありません。

また、鼻づまりやくしゃみが多くなると、体力的にも負担がかかるだけでなく、頻繁に繰り返すことによって首や腰にも衝撃が加わってしまうため、その振動が頭にも受けやすくなってしまいます。

さらに、鼻関連の炎症が多くなると自然と口呼吸をするようになり、酸素量も十分に吸収できない体質になりやすいので、脳内に必要な酸素が不足してしまいます。

軽い酸欠状態になると、頭がぼーっとしたり思考回路が低下するだけでなく、頭に痛みも伴いやすいので、花粉シーズンはゆっくりとした呼吸を行うことが大切です。

適量の酸素が行き届いてないと、余計に頭痛を引き起こしやすいのですし、花粉症になること自体が頭痛の原因になっていることも事実なので、花粉による症状を抑えることが頭痛を緩和する対策法になるのです。


スポンサーリンク


花粉症の咳は子供にも影響が?!

花粉症は大人だけでなく子供も発症するくらい流行となっているものでもありますが、大人と違って子供の咳というのはよくある症状であり、お子様を持っている方であれば咳をしている状態を見ることも多いかもしれません。

そもそも咳というのは、外部から侵入した異物を外に出そうとする反射的な行動ですので、咳をすることはウィルスや細菌などから身を守る防衛反応ですので、咳をしているからといって無理に止めさせようとするのはかえって危険です。

ただ、花粉による咳の症状が激しくなってしまうと、呼吸器の感染症や副鼻腔炎などの重い炎症になることもあるので、一日に何度も咳をしている場合は病院で専門的な意見を打診してもらう方が良さそうです。

花粉症でなかったとしても、何かが喉に詰まったり、風邪の初期症状として咳をしている可能性もあるので、咳をしていることを軽く考えずに対処することが大切です。

また、仮に咳が長引いていなかったとしても、急性の感染症にかかっているケースもありますし、痰が絡んだような咳の場合には、喉が腫れたり炎症を起こしているかもしれないので注意が必要です。

特に、子供は大人よりもはるかに体も小さく、花粉だけでなく様々なアレルギーに対する免疫力が低めなので、より重い感染症を引き起こさないためにも花粉シーズンは特にお子様の体調管理には気を配っておきましょう。


スポンサーリンク


花粉症の咳の薬で市販のおすすめは?

 

花粉によって咳症状が悪化してしまうと、眼鏡やマスクなどの個人でもできる対策では間に合わない可能性もあるので、市販薬を利用することで症状を緩和することができます。

咳を止める薬にはカプセルなどの錠剤だけでなくシロップなども主流となっているので、飲みやすい形状の薬を選ぶことによって、花粉シーズンでも継続的に治療に専念することができます。

ただ、市販薬によっては咳止めシロップには中毒性のあるものもあり、咳症状が治まっても飲み続けてしまうような作用も起きやすいですし、中には気管支を広げて呼吸をしやすくすることから動悸を引き起こすものもあるので、薬に対する不安要素がある場合は専門家に相談することも大切です。

また、子供向けの咳止めも販売されており、甘い味わいが特徴で飲みやすくなっていますし、パッケージもキャラクターなどが描かれているので興味も引きやすいので、薬を飲むのに抵抗しやすいお子様でも利用しやすいのが特徴です。

さらに、飲み薬やシロップだけでなく、トローチやドロップ剤も薬局やドラックストア等で販売されていますので、手軽に咳の症状を抑えるのにおすすめです。

トローチやドロップは飴のように舐めてしまいがちですが、服用回数が制限されていることがほとんどなので、取り扱い説明書をしっかり読んでから使用するようにしましょう。

花粉症は咳喘息にも関係する?

花粉によって咳症状が悪化してくると、咳喘息になってしまうのでは?と心配する方も多いと思いますが、基本的には花粉症から咳喘息になることはあまりないそうです。

ただ、花粉症の症状は風邪によるくしゃみや咳とは異なり、一日に何度も同じ症状で悩まされることが多く、頻繁に繰り返すことによって症状がひどくなっていると思われがちです。

現に、花粉症をそのままにしておくことによって、目や喉の炎症がひどくなって花粉シーズンが終わっても同じような症状に陥る方もいますので、長引く症状の緩和を一刻も早くしたいものですよね。

実は、花粉症と同じように喘息もアレルギーによる病気の一種なので、症状は異なっても根本としては似ているのが現状であり、元々アレルギー体質の人であればどちらにもかかりやすいのです。

しかも、喘息の方がアレルギー性鼻炎を持っている可能性が高いというデータもありますし、咳喘息を持っていなかったとしても、花粉による刺激が発端となることもあるそうです。

いずれにしても、炎症が悪化すると様々な症状を引き起こす花粉症ですので、咳喘息を元々持っている方や、ダニやハウスダストなどの症状になりやすい方は十分に注意しておきましょう。

また、花粉症の症状として、目の痒みや鼻づまりと一緒に咳が出やすい方は、咳喘息予備軍になりやすい体質かもしれないので、花粉シーズンの自分の体調の変化をチェックすることが大切です。

花粉症の咳喘息に薬は効くの?

花粉症の咳喘息の出る時期は?

花粉シーズンになると、元々咳喘息の方でも咳の症状が悪化するくらい厄介な時期なので、花粉のアレルギー反応が出やすい方もできるだけ早めの花粉症対策が必要になります。

しかも、咳喘息の場合、目の痒みや鼻づまりといった一般的にみられる花粉症の症状よりも遅れてから咳の症状が出やすいようで、一見すると花粉による咳だとは結び付きにくいのが特徴です。

特に、花粉シーズンとずれて症状が出るとなると、花粉ではなく風邪による咳なのでは?と思いがちですし、花粉によるアレルギー反応を抑えないといけないのはずが、風邪薬などで対処してしまうケースも珍しくないのです。

喘息かどうかを判断する場合には、ゼイゼイと雑音が混じったような咳をする喘鳴と呼ばれる症状であれば、花粉シーズンだとしても咳喘息の可能性が高くなるので、正しい治療が必要となります。

花粉症の咳に効く薬の処方法とは!

喘息はアレルギー反応によって気道に炎症が起こるのですが、その炎症を抑えるのに効果的な治療方法としてステロイド薬を処方されることが多いようです。

ステロイド薬といえば、長時間服用ができなかったり、強い副作用が心配な方もいると思いますが、喘息時に使用するステロイド薬というのは吸引器を使って吸い込むことで気道に直接働きかけるという治療法がほとんどです。

注射などでステロイド薬を入れるわけではないので、微量でもステロイドの効果が発揮されやすいので、イメージしている副作用は出にくいのが現状です。

ただ、吸引によるステロイド薬は毎日続けることが大切であり、持続することで炎症を抑えることができるのですが、たとえ咳が収まったり症状が軽くなったとしても、花粉シーズンが終わるまで続けることが重要です。

さらに、いくらステロイド薬による治療を続けていたとしても、外出時などで眼鏡やマスクをしなかったり、花粉と接する時間を作りすぎてしまっては症状緩和に悪影響となりますので、日頃から花粉症対策を万全にしておくよと良いでしょう。

花粉症の咳の特徴や薬の処方まとめ

いかがでしたか?

花粉によって生じる咳は、鼻づまりや目の痒みのように一般的な花粉症よりは焦点があたりにくい症状ではありますが、放置しておくと様々な症状を誘発してしまう可能性が高いので、適切な処置が必要不可欠となります。

咳の症状がひどくなると、慢性的な頭痛や咳喘息になるきっかけになるかもしれないので、日常でできる花粉症対策をかかさないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です