花粉症で咳が止まらない!頭痛や痰が絡む原因やおすすめの対処法は?




花粉シーズンになると、目や鼻の症状だけでなく喉への違和感を覚える方も多いと思いますが、それに伴って咳の症状に悩まされるケースも珍しくないようです。

どちらかというと、花粉症といえば目の痒みや鼻づまりなどが着目されがちですが、咳をそのままにしておくとさらなる感染症にかかってしまう可能性もありますし、口内の炎症が悪化してしまわないように防ぐ必要があります。

そこで今回は、花粉症で咳が出る原因や咳が止まらない時の対処法などをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


花粉症で咳が出るのは春が多い?

花粉症になる時期としては、スギやヒノキなどの日本でも名前の知られている木々の花粉が飛び交う時期に最も多いとされていますので、花粉シーズンがピークになる際には咳が出やすくなります。

一般的な花粉の飛散期は2月中旬から始まるのですが、場所によっては3月下旬までピークの状態が続いてしまうので、テレビ番組や天気予報などで花粉特集がやっている場合は常にチェックしておくことが大切です。

実は、花粉というのは春と秋に飛散するといわれていますが、花粉症の発症は春が多いようなので、春に風邪に似た症状が出たとしたら、知らず知らずのうちに花粉症にかかっているかもしれないのです。

また、都会に住んでいる方にとっては、身近にスギやヒノキなどが生息していないので花粉症にはなりにくいのでは?と思われがちですが、スギやヒノキは風媒花という種類に俗しており、風によって花粉を飛ばして繁殖する特性を持っているので、たとえ周りに木々がなくても注意しなければなりません。

現に街中では、花粉シーズンになるとマスクや眼鏡などをかけている方を見る機会も増えますので、どんな場所にいてもスギやヒノキの花粉が飛び交っているということを忘れないようにしましょう。

さらに、元々アレルギー体質の方にとっては、花粉の症状も併発しやすい可能性もあるので、春の陽気誘われて安易に外に出てしまっては、花粉の猛威に悩まされることもありますので、温かい季節はアレルギー症状が悪化しないように気を付けておきましょう。


スポンサーリンク


花粉症の咳で痰が黄色い場合も?

花粉症の咳と痰は喉の炎症と関係が?!

花粉症の症状というのは、目の痒みや鼻づまりだけでなく、咳やくしゃみを頻繁に繰り返してしまうような厄介なものが多いですが、その症状は花粉症というよりも風邪と認識されやすく、風邪薬によって緩和しようとする方もいるそうです。

花粉が目や鼻に付着することによってアレルギー反応を起こすわけですから、体調が悪くなってしまう環境下にいてしまうと、どうしても気分が悪くなったり頭がぼーっとしてしまうのは避けられません。

さらに、一般的に不調を訴えている人を見ると、風邪にかかっているのでは?と思いがちなので、その症状が花粉によるものだとは考えにくいのです。

花粉症と風邪を見分ける方法としては、鼻水の状態をチェックするのが手軽なのですが、花粉症の場合は比較的サラサラしていて透明色なのに対し、風は粘り気のある黄色い見た目が特徴であります。

ただ、花粉症の症状によっては、痰が黄色くなっている場合もあり、鼻水での見極め方を知っている方にとっては「鼻水が黄色いと風邪だから痰も同じように風邪になるの?」と認識してしまいます。

鼻水に関しては黄色いと風邪の症状の可能性が高いのですが、痰が黄色い場合は喉の粘膜が炎症を受けているというのが正解に近いようです。

花粉症の咳と痰に乾燥が悪影響?!

そもそも痰とは、喉の粘膜に炎症が起きた際に発生する分泌液が固まったものなので、喉が花粉やウィルスなどで傷ついていない状態であれば痰が出ることはほとんどありません。

花粉シーズンになると鼻づまりによって口呼吸が頻繁になることから、口内が乾燥しやすい状態となり、普段起こらない炎症も発生しやすく、症状が長引きやすくなってしまいます。

また、花粉症特有の鼻水が大量に溢れてしまうと、そのまま喉に流れてしまうこともあり、喉に違和感を覚えて咳を繰り返したり、酷使した喉の免疫力が下がって炎症を起こしてしまう場合も多いです。

黄色い痰が大量に出たとしても、炎症を抑えようとして細胞がフル稼働している証拠ですから、痰がでているからといって大きな病気に繋がるということはなさそうですが、あまりにも咳が続いたり、イガイガとした違和感が続く場合は、逆に喉の粘膜を傷つけてしまうことになるので注意が必要です。

特に、咳が出ている場合は喉の違和感を取り除こうとうがいを頻繁に行う方もいると思いますが、適度な量であれば問題ないのですが一日に何回もしてしまっては更なる炎症を広げてしまう恐れもありますので、口内の乾燥を防ぐ対策を心がけましょう。


スポンサーリンク


花粉症の咳で痰が絡むのは?

花粉症で咳がたくさん出てしまう方の中には、喉の違和感を覚えたり痰が絡む経験をしているケースも珍しくなく、痰を出すために咳を必要以上にしてしまうこともあるそうです。

花粉症の痰は、花粉によって傷ついた喉への炎症を抑えるために出た分泌液が固まったものなのですが、炎症の度合いによってはその形状がサラサラになったりドロドロになったりなど様々なので、より炎症がひどいものであれば痰が絡むほどの存在感となり得るのです。

また、鼻水も多くでてしまう花粉シーズンなので、鼻水が喉に落ちたものが痰のように形状となって喉に滞在することもあるので、痰かな?と思ったら実は鼻水だったという場合も少なくありません。

いずれにせよ、喉に対する違和感が生じやすい時期でもありますので、口内環境を整えるのが先決なのですが、鼻水によって生じた痰であれば鼻に関する症状を緩和することで痰の発生を抑えることもできます。

花粉によるアレルギー反応は、目や鼻などの単発的な部位が根源となって全身に広がるということも考えられるので、根本的な原因を解決することで症状を緩和することが可能なのです。

また、痰をそのままにしてしまうと喉の炎症も悪化するだけでなく、鼻呼吸が困難になることでさらに口内への負担が倍増しますので、咳をする際に痰が絡むのが続く場合は、副鼻腔炎を併発してしまう可能性も十分にあり得るので、一度専門家に診てもらうことも大切です。


スポンサーリンク


花粉症の咳は頭痛も併発する?!

花粉症の症状の中には、咳と一緒に頭痛を伴う方もいるようで、一見すると風邪を疑ってしまう症状に悩まされることもあるのです。

花粉シーズンの咳は、一日に頻繁に繰り返すことが最大の特徴なので、花粉によるくしゃみのような頻度で咳をしている場合は、前傾姿勢になることが多く、軽い酸欠状態に陥る可能性が高くなります。

街中でも、咳やくしゃみをする場合に、周りに迷惑をかけないように前かがみになっている方を見かけることもありますし、無意識で丸まった姿勢になっているケースも多いです。

特に咳というのは、ウィルスをそのまま体外に放出するというイメージもありますし、自分が根源となって周りの人が風邪をひいてしまっては申し訳ないですし、配慮として前傾姿勢になりやすい傾向にあります。

しかし、その心遣いがかえって体内の酸素の巡りを悪くしてしまい、頭痛を引き起こす原因となってしまうのです。

さらに、花粉症で鼻づまりに悩んでいる場合は、鼻呼吸が疎かになることから通常よりも十分な量の酸素を取り込むことができなくなってしまい、脳内に行くべき酸素量が減ってしまい、頭痛を引き起こしやすい状態を作り出すのです。

ですので、花粉シーズンに咳や頭痛が出やすくなっている方は、なるべく鼻呼吸にすることを意識して、一回の呼吸をゆっくり行うことで一度に吸収する酸素量を増やすことができますので、意識的に呼吸の仕方をチェックするようにしましょう。

花粉症で咳が止まらない時の対処法とは!

花粉症によって毎日のように咳が止まらない場合は、日常生活を送ることも困難になってしまいますので、できるだけ早めに対処する必要があります。

まずは、花粉のアレルギー反応によって咳が止まらない時には、花粉症の症状そのものを緩和することが咳を食い止めるきっかけとなりますので、花粉が鼻や喉に付着しないように花粉症対策をすることが大切です。

例えば、花粉の飛散期がピークになる日にはなるべく外出を避けたり、やむを得なく外に出なければならない場合は、眼鏡やマスクをすることで花粉から身を守ることができますし、室内に戻る際には花粉が入り込まないように清潔な状態に整えることが大切です。

花粉は髪や花粉にも付きやすいですし、人の出入りでも隙間から侵入しやすくなっていますので、花粉症の方は喚起の仕方を工夫したり、花粉の付着しにくい肌触りがツルツルとした素材の服を選ぶと良いでしょう。

また、喫煙者の方でも花粉症になるケースも多いのですが、煙草を吸う行為自体が喉に対する影響が大きいので、花粉シーズンはなるべく煙草を吸わないようにするか、意識的に本数を少なくすることによって、喉への負担を和らげることができます。

さらに、喉の乾燥が咳を誘発してしまう原因にもなっているので、加湿器を設置したり、のど飴やトローチなどで口内の水分を減らさないことも大切です。

花粉症で咳が止まらない時に薬でおすすめは?

花粉症の症状がひどくなると、薬による治療に切り替える方も多いのですが、個人的な対策で症状が改善しない場合は、専門家の知識を頼ることも花粉症対策の一つとなっています。

花粉によって咳が止まらない原因として、花粉が気管支に侵入することがアレルギー反応を引き起こしているケースが多いので、アレルギーの根源を断ち切ることで症状を和らげることができます。

花粉症の薬としては、「抗ヒスタミン薬」が処方されることが多く、咳だけでなく花粉症特有の目の痒みやくしゃみなどの症状を緩和するのに役立ちます。

ただ、抗ヒスタミン薬は眠気やだるさなどの副作用が起こりやすいのですが、近年では「第二抗ヒスタミン薬」が発売されており、病院だけでなく薬局やドラッグストアでも買えるようになっています。

特に、花粉症の市販薬で人気のあるのは「アレグラFX」ですが、眠くなりにくいのはもちろん、口の渇きが気にならないのも特徴です。

アレグラFXは、テレビCMでも多く見られますし、最近ではインターネットでも購入できるほどの手軽さも人気となっています。

花粉症の副作用として、口がカラカラになるほど渇いてしまうという症状が多いのですが、口内の乾燥は度重なる咳の原因になりますので、副作用が気になる場合は第二世代ヒスタミン薬を選ぶことをおすすめしたいですね。

花粉症の咳の症状や対処法まとめ

いかがでしたか?

花粉症における咳は、花粉シーズンならではの鼻づまりや口内環境の乾燥によって引き起こされるので、咳を抑えるには花粉症自体を改善しなければならないので、適切な対処法を知ることが大切です。

咳と一緒に頭痛にも悩まされることも多いですが、しっかりと鼻で呼吸をすることで体内に酸素を送り込むことで頭痛の根源を取り除くことができますし、咳がひどい場合は専門家に頼ることで一日でも早い症状緩和に役立てることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です