花粉症の薬は効かない日があるの?!症状を緩和するための秘策とは!




花粉シーズンが到来すると、目の痒みや鼻づまり、くしゃみなどの花粉症特有の症状に悩まされる方も多いようですが、その場合には辛い症状を緩和するために薬を利用したくなりますよね。

ただ、花粉症の薬を使っても症状が改善しなかったり、薬を飲んでも効果ないのでは?という疑問の声も聞かれているようです。

そこで今回は、花粉症の薬の効かない理由や覚えておきたい対策をご紹介します!


スポンサーリンク


花粉症の薬は効かない場合があるの?

暖かい季節が到来すると同時に悩まされる花粉症は、目や鼻に関する症状を改善しようとして薬に頼る方も多いのですが、実際に花粉症の薬が効かないと嘆く方はどのくらいいるのか気になるところです。

ここでは、花粉症の薬の効果を実感できなかったネット上の花粉症患者の声を調査していきます!

・今日花粉が絶好調で薬が全く効かない…

・花粉症の薬飲んでいるに全然効かなくて辛い。

・薬が昨日まで効いていたのに、今日になって全然聞かなくて明日から心配…

・お医者さんに出してもらった花粉症の薬効かなくて、市販も試したけど鼻のムズムズがとまらない。

・花粉症で体が妙に火照って汗が出てくるのに、市販薬が全く効かなくて困ってます。

・風邪かな?と思ったけど風邪薬効かなくて花粉症の薬飲んだけど効かない。

・花粉症とアレルギー持ちだからどの薬も効かなくてどうしたらいいのか…

ちなみに、「花粉症 薬 効かない」というワードで検索してみたのですが、思った以上にたくさんの方が花粉症の辛さを報告しており、これだけ薬の効果を実感できていない割合が多いというのは驚きでした。

特に、しっかり薬を飲んでいるのに症状が改善しないという声も多く、薬を飲んでも治らないと念頭に入れているケースも多かったです。

花粉症の薬というのは本来、花粉によるアレルギーからくる炎症などを抑えたり改善するために処方されるものなので、せっかく服用しても効果が得られないというのは辛いですよね。

さらに、春先になると外に出向く機会も増えるようで、外出先から花粉症の症状を訴えている方も多く、今すぐにでも症状を改善したいという時でさえ薬の効果が発揮されていないという厳しい現状になっています。


スポンサーリンク


花粉症の薬の効かない理由とは!

花粉症で処方される薬というのは、基本的には花粉が飛び始める時期の2週間前くらいに飲み始めるのが効果的となっているのですが、どちらかというと今の症状を改善するために花粉症を飲み始めるという考えの方が多くなっています。

頭痛薬や肩こりの痛みを完全する鎮痛薬などは、症状が出た後に飲む場合が多いですが、花粉症もその感覚のまま服用すると、薬自体の効果を上手に引き出せなくなっているので、「花粉症の薬は効かない!」と薬自体に責任転嫁してしまうのです。

特に、「抗アレルギー薬」は花粉症に対する初期療法として使われることが多いのですが、あくまで初期に行うことが重要になってきますので、花粉症の症状が既に出ている状態では、そこまでの効果が見込めない可能性の方が高いです。

なので、花粉症の薬を最大限に実感したい場合は、花粉の飛散期をチェックして2週間前から飲み始めることで、ピーク時に起きる症状を和らげることができるのです。

また、薬を飲んでいたとしても身体的な問題で効かないというケースも珍しくありません。

特に、喫煙者の方などは、元々鼻の粘膜を刺激している生活を送っているので、鼻づまりを助長させる原因を自ら作っているといっても過言ではないのです。

自分が吸っていなかったとしても、副流煙によって鼻の粘膜を傷つける可能性もありますので、花粉の飛散期にはなるべく煙草から離れた生活を送ることで、薬の効き目を妨げないように心がけることが大切です。


スポンサーリンク


花粉症の薬は効かない日があるってホント?

花粉症の薬を正しい両方で服用していたとしても、全くその効果が発揮されないという声も多く聞かれますが、これには花粉量が大きく関係しているといえます。

基本的に花粉の飛散期というのは地域によって異なる場合が多く、日本といえども東北と九州では花粉の飛散量が変わってくるのです。

日本でも猛威を振るうスギ花粉のピークは2月から3月下旬となってはいるのですが、福岡では2月下旬から、仙台では3月中旬からより多くの花粉が飛散することになります。

ただ、花粉の飛散期というのはあくまで予測なので、日々の気候の変化によって私達人間に及ぼす影響というのは変わってくるのが現状です。

花粉の量に関しても、昨日は少なかったのに今日は目も開けられないくらい花粉が飛んでいると感じる日もあるのです。

そして、花粉が大量に飛び交う時期には、いくら薬によって治療していたとしても、症状を抑えられないほどの影響力の量であれば、期待される効果が見込めないことも十分にあり得るのです。

花粉症になったら、毎日のニュースをチェックしておくことで、花粉の飛散量をある程度予測できるので、事前にマスクや眼鏡などを使って薬以外の花粉症対策をしたり、なるべく外出を避けるなどの防衛策をしていく必要があります。

花粉シーズンになると天気予報と一緒に花粉情報も放送される番組がほとんどなので、花粉の飛散量をある程度把握できますし、全く情報がないよりかは「今日は花粉が多いから気を付けよう」と身構えることで、花粉に対する防衛策がしやすくなります。

花粉が飛散量が多い日の目安としては、晴れの日はもちろんですが、曇りの日や風の強い日となどはより花粉が目や鼻に入りやすくなるので、外出時の服装などは花粉が付着しやすいウール素材は避けた方が賢明です。


スポンサーリンク


花粉症の薬は効かなくなるの?

花粉症の薬を飲み続けていると、「去年は効いていた薬が今年は全く効かない!」という場合も多いようですが、この現象にも花粉の飛散量が大きく関わってくるのです。

基本的に薬というのは、飲んでいくと体が慣れてしまって逆に効かなくなるという噂が出やすいものですが、花粉症に関しては花粉の飛散量が薬の持っている性能を上回ってしまうことが多いです。

もちろん、少量の花粉であればしっかりと効果を発揮するのですが、花粉シーズンのピーク時になるとその効果を実感することができなくなって、結果として薬が効かないと思いがちになってしまうのです。

この場合は、花粉の飛散量が収まっていけば自然と薬が効いてきますので、花粉の飛び交う時期をしっかり理解して、薬の効果を最後まで信じることも大切なのです。

それでも薬が効かない場合は、花粉症ではなく別のアレルギー性鼻炎を発症しているケースも珍しくはありません。

花粉シーズンは、鼻の内部や喉などが乾燥しやすい状態になりやすいので、花粉やハウスダストなどの外部からの異物に対する免疫力が低下傾向にあります。

特に、花粉症になっていると、ただでさえ花粉で炎症を抱えていることもあり、鼻の粘膜や皮膚などが弱まっている状態が続いているので、感染症を併発しやすくなっています。

さらに、アレルギーによる鼻炎が重症になってくると、副鼻腔炎にかかる可能性も高くなるので、花粉の飛散量が収まっても鼻炎が治らない場合は、一度専門家に診てもらったりレントゲン検査などを受ける方が良さそうです。

いずれにせよ、花粉シーズンは特に体調は悪くなりやすい時期ですし、目の痒みや鼻づまりなどの通常では悩まされない症状を毎日抱えることになるので、できるだけ過度なストレスを貯めないように健康的に過ごすことも花粉症を乗り越えるには必要な心構えなのです。

花粉症の薬は効かないと途中でやめてもいいの?

花粉症の薬を飲み続けていても、目の痒みやくしゃみなどの症状が治まらずに、思ったような効果が発揮されないと、薬を飲むのをやめてしまうという方が意外にも多いようです。

確かに、ずっと薬を飲み続けることは手間ではありますし、花粉症の薬の場合、眠気や口の渇きなどの副作用を併発する可能性も高いので、効果が出ないのであれば服用をやめてしまうのは仕方ないのかもしれません。

しかし、花粉の飛散期にも関わらず薬を飲むのをやめてしまうと、さらに症状が悪化した時にでさえ効果が発揮されない場合もあります。

花粉症の薬というのは、花粉が飛び交う前に飲む初期療法が主流となっているので、できれば花粉飛散期が終わるまで飲み続けることで、長期間に渡って症状を緩和することができるのです。

また、花粉の飛散量が少ない日に「今日は飲まなくても大丈夫!」と思って花粉症の薬を辞めてしまいがちですが、この行動もあまりおすすめはできません。

今日は症状が出なかったとしても、明日大量の花粉が飛びまわった時に慌てて飲んでしまっては、せっかく安定した状態を保っていたのにかえって悪化させてしまう要因となってしまうのです。

花粉シーズンというのは思った以上に長く感じる時期でもありますし、症状がひどい場合であれば毎日鼻づまりや喉の痛みに悩まされることも免れないので、薬を使う際には継続しての治療がとても大切になります。

花粉症の薬は効かない?~ザイザル~

引用:https://matome.naver.jp/odai/2142028549560124601/2142141198734547003

花粉症の薬としても「ザイザル」が処方された経験がある方もいると思いますが、実はザイザルを服用した方の中には、花粉症の症状の改善が見られなかったというケースが少なくないようです。

ザイザルは2010年に新しい抗アレルギー薬として発売されたものであり、眠くなりにくいという特性を持っているので、花粉症特有の副作用に悩まされないことでも注目されていました。

ただ、新薬ということもあり、過度な期待をしている方も多いのも加味して、予想しているより花粉症の症状が緩和しないという声も多く挙がっているそうです。

ザイザルの一番の魅力としては、眠気を誘発しないということが一番に挙がるくらいのポイントなので、どちらかというと花粉症の副作用が苦手という方におすすめとなっています。

また、抗アレルギー薬に関してもそうですが、薬というのは人それぞれによって効き目の誤差もありますし、実際にザイザルの効果によって花粉症の症状を改善している方もいるのが現状です。

なので、仮にザイザルの効果が発揮されない場合は、もしかするとご自身と薬の相性が悪いということも考えられるので、気になった方は専門家の意見を聞いてみることも大切です。

花粉症の薬の効かない理由や対策まとめ

いかがでしたか?

花粉症の薬というのは、即効性が期待されることもあり、少しでも効きが甘いとその薬自体の効果を疑ってしまう傾向にあります。

花粉というのは、事前に予期されている飛散量よりも多く飛び交うことも度々ありますし、薬の効果では収まり切れない大量の花粉には太刀打ちできない可能性もあるのです。

ニュースやネット上で検索できる花粉に関する情報をチェックしながら、薬の効果が出やすい生活習慣や体づくりをすることも、花粉症を乗り越えるためには必要かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です