花粉症の症状で鼻水の特徴は?風邪との違いは?対策などをチェック!




花粉症の症状の例として挙げられることの多い鼻水は、花粉シーズンでは特に多くの方を悩ませる症状の一つであり、一日中ティッシュが手放せないといった深刻な問題になる可能性も高いです。

鼻水に関しては、花粉症だけでなく、風邪にもみられる症状なので、鼻水が出るという現象は同じなので、どちらにかかっているかを判断しにくいイメージも強いですが、実は花粉症と風邪の鼻水にはそれぞれ特徴があるのです。

そこで今回は、花粉症の症状で悩まされている方も多い鼻水の特徴や、風邪と見分けるポイントなどをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


花粉症の症状の鼻水はさらさら形状!

花粉の飛散がピークになると、街中でマスクを付けている方も増えてくるのですが、それと同様にくしゃみをしたり鼻づまりに苦しむ姿を見かけることも多くなりますよね。

そもそも、花粉がなぜ鼻水を引き起こすのかというと、花粉が鼻の内部に侵入して粘膜に付着することでアレルギー反応を起こすのですが、体内では花粉やハウスダストなどを異物と感知してそれらを外に追い出そうとするために鼻水を出しているわけです。

つまり、防衛反応として鼻水を発生させているのですが、その量というのは通常考えられるものよりも何倍も多い場合がほとんどで、暖かい季節になって鼻がムズムズしてきたりすると、「今年も花粉が飛んでくる季節になったんだな」と花粉症を実感するくらい代表的な症状であります。

花粉症の鼻水は、形状がさらさらしているものが多く、鼻をいくらかんでもどんどん出てくるといったような厄介な存在でもあり、すぐに対処しないとどんどん流れ落ちてしまうのが特徴です。

さらさらとして形状の鼻水というのは、実は喉に流れてしまう場合も多く、鼻水が口内の炎症を引き起こす原因になる可能性も高いので、鼻のケアをすることは喉の炎症緩和や喉の違和感による咳を抑える効果も担っているのです。

また、鼻水が多くなってくると、風邪をひいたかも?と疑う方もいると思いますが、風邪における鼻水というのは、ドロドロとした粘り気のある形状がほとんどであり、見た目からその特徴の違いがはっきりしているので、どちらの症状がわからない場合は鼻水を観察してみると一目瞭然です。

さらに、花粉症と風邪を区別する際に、熱があるかどうかでどちらかを見極めるケースもよく見受けられますが、花粉症でも鼻の内部や喉の炎症から熱っぽさを感じることも多いです。

時には、長時間に渡って微熱に悩まされる場合もありますし、頭痛や吐き気などの風邪の症状と同様なことが花粉症でも起こる可能性が高いので、一番わかりやすい鼻水をチェックすることで適切な対処ができるはずです。


スポンサーリンク


花粉症の症状の鼻水は黄色?それとも透明色?

花粉症の症状で悩まされる要因の一つとなっている鼻水は、形状としてはさらさらしているものが多いのですが、見た目は透明色になっているものがほとんどです。

風邪の場合は黄色っぽさが出ている場合が多いので、花粉症との違いを認識しやすい点ではわかりやすいのですが、花粉による鼻炎症状がひどくなると、透明色だったものが変色していく可能性も高くなります。

最初は花粉症から始まった鼻炎の症状でも、長時間鼻づまりに悩まされる状態に陥ると、蓄膿症や聴覚障害になってしまうという怖いケースもあるのです。

蓄膿症になると、鼻の内部から異臭を感じることが多くなったり、何か詰まっているといった独特の違和感を覚えることもありますし、さらさらよりもドロドロの鼻水に変わってしまうこともあります。

また、鼻をかむと耳がキーンとなる経験をお持ちの方もいると思いますが、鼻に必要以上に負荷を与えてしまうと、耳の神経を傷つけてしまう可能性もあるので、鼻だけでなく耳にも悪影響を及ぼすことも覚えておきましょう。

花粉シーズンで鼻水が大量に出ると、季節が通り過ぎれば自然と鼻づまりも収まってくると考える方も実は多いのですが、その状態を放置してしまうことで、鼻の内部の炎症も継続してしまうため、たとえ花粉シーズンが終わったとしても、依然として鼻がムズムズした状態が続いてしまうということも考えられます。

重症になってくると慢性鼻炎に悩まされてしまうことになりますので、なるべく症状が軽いうちから対策を行うか、病院で専門的に診てもらって自分の症状に合った治療をしてもらうことをおすすめします。


スポンサーリンク


花粉症の症状の鼻水は水っぽい?

花粉症か風邪かどちらの鼻水かを調べる際に、形状や色味を観察することで簡単に見極めることができるのですが、花粉症の鼻水の特徴として水っぽさを感じることもありますので覚えておくと良いでしょう。

実は、花粉症の鼻水は涙に近い成分であることがわかっており、風邪などでみられる粘り気のある鼻水と違って水分の多さが際立っていることがほとんどです。

涙というのは目から流れ出て頬を伝って下に落ちていきますが、花粉症の鼻水もそれと同じような現象になることが多いので、ティッシュなどで抑えておかないと顔全体に鼻水がかかってしまうこともあります。

鼻水に粘り気があれば、落ちるスピードも遅めなのである程度は時間稼ぎできるのですが、花粉症の鼻水はとめどなく溢れてしまうので、普通に生活しているだけでもティッシュが手放せなくて困ってしまうという経験もあるのではないでしょうか。

私も花粉症になるとティッシュがかかせない一人でもあるのですが、一度しっかり鼻をかんでもどんどん鼻水が出てくるので、花粉シーズンは特に鼻を傷つけないように慎重になっています。

風邪との判断材料としてはありがたいのですが、形状としてはとても厄介になる花粉症の鼻水なので、鼻水が大量に出るからといって一日に何回も激しく鼻をかんでしまうと炎症を起こしてしまう可能性もあるので注意しましょう。


スポンサーリンク


花粉症の症状は鼻水だけになることも?

「花粉症の症状といえば?」という質問に対して挙がる回答としては、鼻づまりやくしゃみ、目の痒みや喉の違和感など、人によって症状の違いも様々であり、全ての症状が出るというわけではなく、鼻水だけの症状で悩むことも珍しくないケースです。

毎年花粉症で悩んでいる私自身も、どちらかというと鼻の症状のみの場合が多く、目の痒みや喉の痛みなどはあまり感じないのが現状ですし、鼻に集中しているという点では対策しやすいですが、毎年の花粉シーズンは、過度な外出を避けるようにしています。

花粉症は、体内に侵入したアレルギー反応を起こして炎症になったり、花粉を追い出そうする防衛反応から鼻水やくしゃみを引き起こすのですが、アレルギーに対する免疫機能が元々強い体質の方になると、たとえ花粉が鼻の粘膜に付着したとしてもさほど影響がない場合もあり得るのです。

いずれにせよ、花粉症の症状の度合いというのは人によって違うので、鼻水のみでも花粉症として診断される可能性も十分にありますし、頭痛や微熱などが併発している場合は風邪の疑いも強くなります。

基本的にはさらさらとしな透明色であれば花粉症の可能性が高くなりますので、自分で判断する場合は、鼻水の形状をチェックすることでどの処置をするのが効果的なのかを見極めることができます。

花粉症の症状で鼻水の対策でおすすめとは!

花粉症がひどくなると、どうにかして症状を改善しようと奮闘する方も多いと思いますが、実際には花粉症になってしまってからでは遅い場合が多く、できるだけ症状が慢性的になる前に対処することが最善の策となっています。

長い期間に渡って花粉症と付き合っている方の中には、花粉の飛散期などを感覚的に察知しやすく、事前に心構えをしやすくなっていますが、今年から花粉症になった方やまだ花粉症になっていない方にとっては、大量の鼻水や目の痒みの深刻さが理解できない傾向にあります。

花粉症対策で大事なのは、花粉の症状が出る前に適切な処置をすることではありますが、実際に花粉症になってしまった場合にはどのような対策が必要なのか気になりますよね。

自分でできる対策としておすすめしたいのは、手軽で花粉の侵入をブロックしてくれるマスクを装着することで、特に鼻や顔全体にフィットするタイプを選ぶことによって鼻や喉を傷つけないよう防御することができます。

花粉シーズンになると、街中でマスク姿の人々を見る機会も増えてきますし、最近ではマスクをすることに抵抗がないという方も多くなっていることから、マスクの種類も普段のファッションに馴染みやすくなっているので、日常的に花粉症ケアをすることができます。

また、花粉症の人口も年々増えていることから、テレビ番組だけでなくネット上でも毎年の花粉情報が出回っていることも多いので、外出する前に一度花粉の飛散量などをチェックすることで身構えることができます。

天気によっても花粉が飛び交いやすくなる傾向にあるので、晴れの日や気温が高い日、湿気が異様に多い日や風の強い日などは十分な注意が必要です。

さらに、外出のする際の服についても徹底することが大切で、花粉の付きにくいツルツルとした生地を使ったものを選ぶことによって、花粉が自分の周りに滞在しないように防ぐことができます。

ウールや絹などの心地のよい素材はかえって花粉を引き付けやすくなっているので、オシャレの幅が多少狭まってしまうかもしれませんが、花粉症対策のためにも日頃の服装に気を遣いましょう。

花粉症の症状で眠気の原因は鼻炎薬?

花粉症の症状が末期になってくると、自分だけの対策では間に合わなくなるので病院などで処方される薬などに頼る方も多いと思いますが、鼻炎薬に含まれている成分の副作用によって眠気を助長させてしまうケースがあります。

花粉やハウスダストなどによるアレルギー反応を抑えるために、「抗ヒスタミン薬」を使って治療するのが一般的になっているのですが、抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を抑制するだけでなく、副作用の強さにも注目度が集まっています。

花粉症になると頭がぼーっとしてしまい、倦怠感を伴う症状を引き起こす方もいると思いますが、抗ヒスタミン薬を飲むことによって症状の緩和の代わりに副作用の影響を受けてしまう可能性が高いのです。

また、抗ヒスタミン薬は血液中から脳内に入り込むので、強い眠気だけでなく判断力を低下させてしまう傾向にあり、薬を飲むことによってだるさを感じやすくなることもあります。

いずれにせよ、花粉症の症状は緩和できるので薬を利用する方が多いのも事実でありますし、体内からのケアが即効性も見込めることから眠気も考慮にいれた治療を望む方も増えています。

その需要に伴ってか、最近では第二世代抗ヒスタミン薬も登場しており、アレルギー症状を緩和しながらも眠気を起こしにくい成分が活用させつつあるのですが、やはり従来からの抗ヒスタミン薬が処方されることも多いので、病院で治療をする場合は副作用についても質問しておくと良いでしょう。

花粉症の症状の鼻水の特徴や対策まとめ

いかがでしたか?

花粉症における鼻水というのは、生活に支障をきたすほど厄介な存在になってしまうので、鼻水の特徴をチェックしながら、上手に花粉症と付き合っていくことで緩和する方法を見出すこともできます。

風邪と間違われやすい症状でもありますので、形状や色などを十分に観察することでどちらの症状が判断できますし日常でできる簡単な対策もありますので、辛い花粉シーズンを一緒に乗り越えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です