花粉症の症状で頭痛がひどい!肩こりや寒気や吐き気の意外な原因は?




花粉症の症状といえば、目の痒みや鼻づまりなどで悩まされているイメージが強いですが、実は花粉によって頭痛を引き起こす方も多く、目や鼻への症状と同じくらい深刻になっています。

一見すると、花粉症とは関係ないのでは?と思われがちな頭痛ですが、実際に花粉とどのように関係しているかを解明することは、慢性的な頭痛に悩まない季節を迎えられる近道となってくれます。

そこで今回は、花粉症によって引き起こされる頭痛の気になる謎を紐解いていきましょう!


スポンサーリンク


花粉症の症状で頭痛になる原因とは!

花粉症の症状は頭痛を助長させていた?!

近年、花粉症になる人口が増加傾向にあり、季節性の症状とはいいながらも、目や鼻に対して負担を感じてながら生活を送っている方も多いので、花粉シーズンを乗り切るために対策が注目されています。

一般的な花粉症といえば、花粉によって刺激された目や鼻の粘膜が痒くなったり腫れるなどの症状から、鼻の内部に入り込んだ花粉のエネルギー反応によって、くしゃみや咳に悩まされるといった症状が多く見られます。

ただ、それ以外の症状として頭痛を感じる方も意外と増えているのですが、口や鼻など直接的に花粉が触れているわけでもないので、花粉症によって引き起こされたと思われない場合がほとんどです。

花粉シーズンの頭痛の特徴としては、首の後ろから後頭部のラインにかけて、脈の動きを感じるようなズキズキする痛みを感じやすいようです。

それだけではなく、こめかみに激しい痛みを感じるケースもあり、場合によっては動くことすら困難になってしまうような頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

ただでさえ、目の痒みや鼻づまりによって体調が崩れてしまいがちになるシーズンなので、さらに頭痛がプラスされるのは精神的にも辛くなってしまいますよね。

花粉症によって引き起こされる頭痛の原因は様々考えられるのですが、その中でも多いケースとしては、鼻づまりによって酸素を上手に取り込められなくなって、酸欠状態になってしまうことなのです。

花粉シーズンになると、ティッシュがかかせなくなるくらい鼻水が出てしまうこともあり、その結果、慢性的な鼻づまりに悩まされる方も多いです。

鼻づまりがひどくなると、通常で行われていた鼻呼吸ができなくなってしまい、口呼吸が中心になるのですが、口というのは呼吸をする器官としては十分な機能を持ち合わせていないので、口内が乾燥してしまうことで喉の炎症や咳などを引き起こしてしまいます。

頭痛というのは、しっかりと体に酸素があれば安定した状態を保てるのですが、鼻呼吸ができなくなってしまうと、体内の酸素が少なくなってしまい、血行が悪くなってしまうのです。

鼻呼吸は、体に酸素を送り込む機能に優れているのですが、花粉シーズンになるとその機能を十分に発揮できなくなってしまうので、いつもよりも頭痛に悩まされる方が多くなっているというわけです。

花粉症の症状の頭痛を緩和するためには?

鼻づまりが頭痛と関係するということはあまり知られていないこともあり、どうやって頭痛の対策をしようか悩んでしまう方もいるそうです。

効果的な対策としては、できるだけ鼻呼吸でするように心がけることによって、体内に酸素を取り込むことによって痛みを緩和できますし、ゆっくりできる時間があるのではあれば、布団に入って1時間ほど寝るだけでも頭痛が治りやすくなります。

時間がない場合には、少し横になるだけでも体を休めることができますので、頭痛がひどくなる前に対策することで痛みの緩和を早めることができます。

また、花粉症になると、夜にくしゃみや咳を繰り返す方も多いので、なかなか寝付けなかったり、度重なる寝返りなどで頭痛がひどくなっているケースも多いので、睡眠不足にも注意しておきたいです。

私自身も、慢性的な花粉症なのですが、日中だけでなく夜でもティッシュがかかせないくらい鼻水が出てしまったり、くしゃみをするために夜中に起きてしまう経験もありますので、花粉シーズンは特に花粉に対して過敏になりやすいのも実感しています。

花粉はどれだけ防御したとしても、少量は室内に残ってしまうこともあるので、室内だからといって油断しないようにしつつ、頭痛がひどくならないように体をリラックスさせることが大切です。


スポンサーリンク


花粉症の症状で頭痛と肩こりの関係は?

花粉症になると、頭痛だけでなく肩こりも同時に引き起こしてしまう場合も多いようで、体を動かすことも苦痛になってしまうのも珍しくありません。

花粉シーズンに生じる肩こりというのは、くしゃみや咳をする時の前傾姿勢が深く関わっており、猫背のような状態になることで全身に力が入りやすくなってしまい、より肩こりを助長させてしまうようです。

くしゃみや咳というのは、症状が軽いものであればそこまで体に負担をかけることはないのですが、花粉症の方は毎日のようにくしゃみや咳をすることもあるので、エネルギー消費もいつも以上に加速することになります。

慢性的になるとくしゃみや咳が多くなってしまうので、周りに迷惑をかけないように体を縮こませることで前傾姿勢になるので、くしゃみや咳をする度に肩こりになりやすい状態を作り上げてしまうのです。

実は、前傾姿勢になってくしゃみや咳をすると、肺を圧迫しやすくなって取り込める酸素が少なくなるので、体を動かすために必要な筋肉に運ばれる酸素量も減ってしまうことになり、さらに肩こりを引き起こす原因となります。

くしゃみや咳によって生じる前傾姿勢は、肩だけでなく首の痛みにも影響するため、首への負担が頭痛に繋がることになりますので、花粉症の方はできるだけ前かがみにならないようにして無理に体力を使いすぎないようにすることが大切です。

くしゃみが咳が激しい場合、体が少し跳ねるような感覚を経験した方もいると思いますが、その反動が全身に伝わることになるので、一日にしてしまうくしゃみや咳が多い方は注意が必要です。

花粉症によって肩こりを感じた場合は、なるべく全身を暖かくすることが大切なので、肩をマッサージすることで痛みの緩和に繋がりますし、より痛みがひどい際には湿布などを貼って集中的に治療すると良いでしょう。


スポンサーリンク


花粉症の症状の頭痛でだるいと感じやすい?

花粉症というのは、鼻づまりやくしゃみなどの特有の症状に加えて、だるさを感じやすくなることもあるのですが、これは鼻の粘膜が花粉によるアレルギー反応によって腫れてしまい、頭がぼーっとしてしまう原因に繋がるそうです。

くしゃみや咳を一日に何度も繰り返すことによって体に負担がかかってしまうので、免疫力も低下しやすくなり、さらにだるさを引き起こしてしまいます。

また、だるさだけでなく頭痛も一緒になってしまうと、体が思うように動かないのに痛みだけが募ってしまい、イライラしやすくなる方もいるようです。

さらに、睡眠不足になりやすい時期でもありますので、十分に眠れていない状態ではだるさが抜けにくくなりますし、長い期間で全身の疲れが取れない状態が続くと、花粉症だけでなく風邪をひいてしまう可能性も高くなります。

ただのだるさだと簡単に考えてしまうと、慢性的な症状になってしまう危険性もありますので、花粉症特有の症状を少しでも緩和できるように体調管理を心がけましょう。


スポンサーリンク


花粉症の症状の頭痛と微熱が気になる!

花粉症になると、目の痒みや鼻の内部に炎症が起こしやすくなるので、全身に微熱を伴う症状を感じる方も多いのですが、頭痛と一緒に熱っぽさを感じる場合は花粉症だけでなく風邪の可能性もあります。

基本的には38℃近くの高熱であれば、花粉症よりも風邪の疑いの方が強いのですが、花粉症だからといって全く熱が出ないわけではありません。

花粉によるアレルギー反応というのは、体に思った以上に負担をかけてしまうだけでなく、腫れや痒みなどで皮膚に炎症を起こしてしまうので、その影響で体温を上げてしまうこともあります。

また、くしゃみや咳をすることによって体力も使いやすくなるので、慢性的になると激しい運動をしているのと同じようなエネルギーを消費するので注意が必要です。

さらに、免疫力が低下しやすい花粉シーズンなので、風邪も併発してしまうことも加味して花粉症対策することが大切です。

花粉症の症状の頭痛と吐き気がある場合も?

 

近年、花粉症によって頭痛と吐き気を感じる方が増えているのが問題となっていますが、実際にはどのような症状に悩まされているのでしょうか。

SNS上でも花粉症による吐き気に苦しんでいる方々が思った以上に多く、その中には花粉によって引き起こされたと感じていないケースも少なくないようです。

確かに、花粉症と頭痛が関係しているというのもわかりにくいですが、さらに吐き気まで花粉がきっかけとなると、根本的な原因を解決することで症状を緩和することができるはずです。

花粉症になると鼻呼吸がしづらくなってしまうことによって、脳が酸欠状態になりやすいので頭痛が引き起こしやすいのですが、吐き気に関しては喉の違和感やイガイガするような痛みが原因となることもあります。

鼻づまりがひどい場合は、口呼吸が多くなることによって口内が乾燥しやすくなり、いつもより口内で炎症が起こりやすい状態になるので、吐き気を起こさないためにも喉への十分なケアをかかさないようにしましょう。

花粉症の症状の頭痛で寒気を感じるのは?

花粉症は風邪の症状に近いものも多く、実際にはどちらにかかっているのかわからなくなってしまうこともあるようですが、頭痛だけでなく寒気を感じる方の場合はどちらが該当するのか気になりますよね。

実は、花粉症で寒気を感じるのは、体内の免疫細胞が花粉をウィルスと勘違いしてしまったことによって、体温を上げようとする働きから起こるものだといわれています。

花粉もウィルスも異物であることは間違いありませんので、間違っても仕方ないことかもしれませんし、体を守ろうとしてくれる働きに感謝したいですよね。

ただ、頭痛で寒気を伴うとなると、どうしても風邪の疑いの方が強くなってしまうので、熱の程度や鼻水の状態を観察して判断することが大切です。

ちなみに、風邪をひいた際の鼻水は比較的にドロドロとしており粘り気のある状態になることが多いのに対して、花粉症時の鼻水はサラサラとして透明色なものが多いので、その違いもチェックしてみましょう。

花粉症の症状で頭痛だけの場合とは!

目の痒みやくしゃみなど、一般的に考えられる花粉症は知られていますが、人によっては頭痛だけの花粉症というのも珍しくないそうです。

花粉に対する免疫機能がどのくらい働くかというのは十人十色ですし、花粉とは関係なさそうな症状でも回りまわって症状として体に負担をかけてしまうこともあります。

花粉シーズンになると、知らず知らずのうちに体内に花粉を取り込んでしまうことから、くしゃみや咳をしないとしても、アレルギー反応を起こす異物が体内にあるということに変わりないので、それが頭痛に繋がるというのも十分にあり得るのです。

症状がひどくなると、頭痛によってだるさを引き起こしたり、吐き気などを併発しやすくなってしまうので、頭痛だけを感じる場合でも別の症状に繋がらないようにするためにできるだけ早めに処置することが大切です。

花粉症の症状の頭痛の薬でおすすめは?

花粉症というのは、季節特有の症状ではありますが、慢性的になると一年中目の痒みや激しい咳を繰り返してしまうこともありますので、重症になる前に薬での治療を始めることを推奨されるのが現状です。

ただ、花粉症になってしまった後からですと、その症状を緩和するための対策が必要になりますし、頭痛などは今すぐにでも取り除きたい場合がほとんどなので、体内からのアプローチができる薬で症状を緩和する方が効果的でしょう。

内服薬には様々な種類がありますが、より早く効果を望むのであれば、粒子の細かい粉末剤を選ぶことによって、体内への吸収力も高いですのでおすすめです。

錠剤やカプセル剤のように飲みにくさを感じることもないので、お子様でも飲みやすい形状も好まれていますし、薬の効果をより実感したい方は粉末剤を一度お試しください。

花粉症の症状の頭痛の特徴や関係性まとめ

いかがでしたか?

花粉症とは関係なさそうな頭痛の症状でも、鼻づまりやくしゃみなどによって頭痛を誘発する原因に繋がる可能性も十分にあり得ますので、関係ないと思ったものに関しても細かくチェックすることで頭痛の緩和を促進することができます。

頭痛だけでなく、だるさや寒気も一緒に感じるケースも珍しくないのですし、風邪を併発しないように免疫力を上げたり十分な睡眠を十分にとって、手ごわい花粉に負けない体づくりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です