花粉症対策はメガネやサプリメントで花粉を撃退!お茶の効果も調査!




花粉症は、子供から大人まで幅広い世代で広がりつつある症状であり、その人口も年々増加傾向にあることから、花粉症対策に向けての商品が多数販売されています。

花粉が飛び交うピーク時になると、目の痒みや鼻づまりなどに悩まされる日々が続きますので、日常でできる手軽な対策方法があったら一刻も早く試してみたいですよね。

そこで今回は、花粉症対策で特におすすめしたい人気商品やその効果などをチェックしていきましょう!


スポンサーリンク


花粉症対策でメガネが手軽な必需品に!

引用:http://xn--2ry04aj0jdmhx4x.seesaa.net/article/389151801.html

花粉症の代表的な症状として、目の痒みや充血、目のこすりすぎによる目の周りの皮膚の腫れなどがありますが、人によっては目も開けられないくらい視界が霞んでしまうという重い症状もあります。

そんな時におすすめしたいのが、花粉をブロックしてくれる専用の眼鏡なのですが、最近ではそのデザインもとてもスタイリッシュになっていて、日常のファッションに合わせやすい眼鏡が多数販売されています。

従来では、いかにも花粉症です!という風貌の眼鏡もありましたし、見た目にも威圧感のある大きなデザインのものも多かったですよね。

近年では、そのイメージを払拭するようなスリムなデザインもトレンドとなっていますので、普段眼鏡かけない方にとっても使いやすくなっています。

また、花粉症対策として眼鏡とマスクを併用する方も多いこともあり、眼鏡の曇りを防止するレンズを取り入れている眼鏡店も多いです。

さらに、通常のレンズに使えるくもり止めグッズも販売されているので、眼鏡とマスクの両方で花粉をブロックできるのも魅力ですよね。


スポンサーリンク


花粉症対策のメガネの効果的な選び方は?

引用:http://xn--2ry04aj0jdmhx4x.seesaa.net/

花粉症用の眼鏡を使ったことがない方にとっては、眼鏡をかけるだけで本当に花粉の侵入が防げるのかというのは気になりますよね。

花粉症対策として使用される眼鏡には、花粉が入り込まない密着しやすい構造が組み込まれており、目元や鼻に隙間を作らないようなパットが装着されていますので、眼鏡をかけるだけで手軽に花粉から身を守ってくれます。

ただ、パット部分が顔にしっかりとフィットしていないと花粉が僅かな隙間から入ってきてしまいます。

ですので、花粉症対策の眼鏡を選ぶ際には見た目で選ぶのではなく、しっかりと密着しているかや、パット装着の度合いしっかりチェックすることが大切です。

また、花粉シーズンになると毎日眼鏡をかける方もいると思いますので、使いやすいようなデザインや重さを選ぶことで頭部や肩への負担を減らすことができます。


スポンサーリンク


花粉症対策のメガネカバーとは?

引用:https://www.amazon.co.jp/

最近販売されている花粉症はデザインや機能性も昔に比べて使いやすくなってはいるのですが、眼鏡を普段かけない方や、今付けている眼鏡で花粉症対策をしたいと考えている方も少なくなりません。

そんな時におすすめなのが、普段使いしている眼鏡に眼鏡カバーを付けるという対策方法です。

眼鏡カバーのイメージとしては、水泳などで使うゴーグルの透明なフレームに近いのですが、いつも使っている眼鏡に簡単に装着できるというのは経済的にも嬉しいですよね。

形状としては透明なプラスチック製のものが多いので、眼鏡と合わせても目立ちにくい印象なので、お出かけにも使いやすいです。

日常で眼鏡をかけている方は、度数が入ってることも多いですし、眼鏡カバーをつけるだけで花粉症対策眼鏡として使えるのは利便性がありますし、フレームにも密着しやすいので花粉をブロックしてくれる心強い存在になるでしょう。


スポンサーリンク


花粉症対策のメガネは子供用はあるの?

引用:http://kakaku.com/

近年、大人だけでなく子供にも花粉症が流行しており、3人に1人が発症しているとまでいわれていますので、お子様の花粉症ケアをしっかりと行うことが大切です。

花粉症対策の眼鏡は大人用がほとんどと思われがちですが、子供が普段使いできるような小さい大きさの眼鏡も多数販売されているのです。

花粉をブロックするためには、眼鏡が子供の顔にしっかりと密着するかを確認しなければならないので、大人用をそのままかけてしまうと隙間だけでなくかけることすら困難になってしまいます。

頭が重くなったり耳が痛くならないように、実際にお子様に眼鏡をかけてもらって付け心地や重さの程度を確認することも忘れないようにしましょう。

さらに、最近では子供が好みそうなデザインの眼鏡も多数揃っていますので、お子様の好きな色やキャラクターを選んであげることで、眼鏡をかけることに嫌悪感を抱きにくくなります。

花粉症対策のサプリメントは続けやすい!

花粉症対策で悪玉菌が救世主に?!

花粉症の症状がひどくなってくると、内側からのケアを視野に入れる方も多くなるのですが、食べ物や飲み物を通じて花粉症対策をする方法も人気となっています。

その中でも、ヨーグルトを花粉症対策として日常から摂取する方もいるくらい、乳酸菌を摂取することで症状の緩和を期待する方も多いです。

テレビ番組やネットなどでも、「花粉症にはヨーグルトが効く!」というフレーズをよく見かけるのですが、実際にはどのような効果があるのか気になりますよね。

そもそも、花粉は毒性のあるものではなく、私達人間に対して危険な物質ではないのですが、体内の免疫細胞である「T細胞」が花粉を体に危険な異物だと判断してしまい、花粉を攻撃しようと働きかけるのです。

その際に、「IgE抗体」が増加するのですが、日本で特に猛威を振るうスギ花粉のみに反応する「特異的IgE抗体」があり、この抗体が体内に増えてしまうと、目や鼻はもちろん、くしゃみなどの症状を引き起こしてしまいます。

花粉を退治しようと生み出された「T細胞」には「Th1細胞」と「Th2細胞」があるのですが、これらの細胞が花粉に対して敏感に反応してしまうことで花粉症になるきっかけとなるのです。

せっかく花粉を退治しようと頑張っている免疫細胞なのですが、体を守ろうとして外敵を攻撃しようとした結果、体が反応してしまうというのは驚きですよね。

そんな過剰に反応してしまった「T細胞」はバランスがとても大切なのですが、花粉を追い出そうとすることで「Th2細胞」が必要以上に多くなりすぎてしまい、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

つまり、花粉症の症状を抑えるためには、「Th2細胞」の増加を抑える必要があるのですが、そこで効果的なのが乳酸菌やビフィズス菌などの悪玉菌です。

悪玉菌には、免疫調整作用があるので、増えすぎてしまった「Th2細胞」の抑制や「T細胞」自体のバランスを整えてくれる働きがあります。

乳酸菌やビフィズス菌の入った食品を摂取した際に、おなかの調子が整ったり、便通が良くなったという声も聞かれますが、これは悪玉菌によってもたらされた嬉しい効果というわけです。

花粉症対策のサプリメントは手軽で飲みやすい!

引用:https://www.asahicalpis-w.co.jp/company/press/2015/200911/

毎日の朝食でヨーグルトを食べる方も増えるなど、乳酸菌やビフィズス菌の力が生活を支えてくれているのですが、実際に毎日食べるとなるとシンプルな味わいのため、ついつい飽きてしまうということもあるそうです。

近年、サプリメントから日々の栄養素を摂っている方も多いですが、花粉症対策においてもサプリメントの人気が高まっています。

もちろん、花粉症対策に効果的な悪玉菌が含まれているサプリメントの種類も増えており、ネット上ではランキングが組まれるほどの注目度があります。

その中でも、花粉症対策として話題となっているのが、カルピス社が提供する「L-92乳酸菌」に着目した「アレルケア」というサプリメントです。

商品のパッケージも堂々と記載されている「L-92乳酸菌」は、カルピス社の研究が元になった乳酸菌であり、体の中からバランスを整えるために適した成分なのです。

カルピスといえば乳酸菌飲料水のイメージが強いですが、独自の研究から花粉症対策ができる商品を生み出していたというのは驚きでしたし、特に乳酸菌に力を入れていることがわかりますよね。

そんな「アレルケア」製品の中でも、飲みやすさや続けやすさで人気となっているタブレットタイプがランキング上位になるほど注目されています。

比較的小さめなので、錠剤が苦手な方やお子様でも飲みやすいですし、形状がタブレットなので噛み砕いて飲むこともできる利便性が魅力です。

もちろん、薬を飲むようにそのまま飲み込むこともできますので、花粉症対策として日々の習慣に取り入れやすいのは嬉しいですよね。

花粉シーズンになると、毎日のように目の痒みやくしゃみに悩まされる方も多いですし、継続して続けやすいのはサプリメントの強みでもあります。

「アレルケア」はドリンクタイプもあるのですが、タブレットタイプの方がお得で経済的にも安心ですし、保管場所や持ち運びにも便利なので、機能性に優れている商品としておすすめしたいです。

花粉症対策のお茶は市販が手軽でおすすめ!

引用:https://my-best.com/1597

花粉症に毎年悩んでいる方にとっては、より手軽で効果的な方法で毎日続けやすい花粉症対策が知りたいと思っているはずです。

実は、スーパーやコンビニなどで購入できる緑茶やはと麦茶などのお茶が花粉症の症状緩和に効果があると注目されています。

濃い味わいが魅力の緑茶は、主成分となる「カテキン」が体内の粘膜を保護する働きを持っているので、目をこすったり鼻をかむことの多い花粉シーズンの弱った粘膜をしっかり守ってくれます。

はと麦茶はCMでも健康茶の成分の一部として紹介されたり、近年では化粧水の銘柄としても人気を博していますが、はと麦の原料となる種子「ヨクイニン」には抗ヒスタミン効果があるので、花粉症対策としてもおすすめなのです。

また、はと麦茶にはデトックス効果も期待できることから、内側からすっきりとした健康的な体になるための基盤を作ってくれるので、毎日の食事のお供としても重宝します。

緑茶もはと麦茶も基本的にはスーパーやコンビニで多数商品が展開していますし、花粉シーズンになればさらに需要も高まりそうなので、花粉症でお悩みの方は是非一度お試しください。

花粉症対策のお茶で甜茶の効果がすごい!

引用:https://www.amazon.co.jp/

中国では馴染みのある「甜茶」という健康茶が、抗アレルギー効果があるとして最近の研究で報告されていることもあり、花粉症で悩む方の間で甜茶が注目の的になっています。

花粉の飛び交う時期になると、薬局やドラックストアなどで花粉症対策コーナーが設置されているのを見かけますが、そこに甜茶が大きく場所を取って販売されていることもあり、その需要の高さも実感できます。

甜茶に含まれる「甜茶ポリフェノール」が、花粉などによるアレルギー反応によって生み出される「ヒスタミン」が過剰に分泌しないように抑えてくれる働きがあります。

また、アレルギーによって受けた炎症の根源となる酵素の活動も抑制してくれるので、花粉症に悩む方にとても心強い存在となるのです。

実際に甜茶を飲んでみると、甘味の強さが際立つのですが、これは天然成分の「ルブソシド」によるもので、しっかりとした甘さを感じされることでも知られています。

一般的なお茶には甘味を感じることが少ないですが、甜茶は砂糖の100倍近くの甘味があるようなので、ほとんどノンカロリーなのに満足できる味わいとなっています。

花粉症対策で甜茶を飲んでいる方の声を聞いてみると、上品で飲みやすい甘さや、焙煎しているような渋みを感じるなど、その感想は様々ではありますが、砂糖などで味付けすることなく甘味が感じられて飲みやすいという意見が多いようです。

花粉症のために飲むという身構えになってしまうとなかなか続けられなくなってしまうので、甜茶のような甘味がしっかりとした単体でも飲めるような健康茶は効果的かもしれませんね。

花粉症対策のレーザー治療とは?

重度の花粉症になると、一般的な花粉症対策グッズでは解決できないこともあり、思い切ってレーザー治療に踏み切る方もいるようです。

鼻の粘膜の表面をレーザーで照射して、花粉などのアレルギー反応によって腫れてしまった粘膜を凝固することで、鼻の内部に空間が生まれて鼻づまりを解消することができます。

レーザーで鼻の粘膜を固めることによって、外部から侵入した花粉が付着しにくい状態を保ってくれます。

また、仮に花粉が鼻の内部に入ってきてしまっても、レーザーで照射された部分の水分が失われているので、付着してしまったとしても過敏に反応する抗体に刺激を与えにくくなります。

花粉によるアレルギーが起こるのを防いでくれる治療法なので、鼻づまりはもちろん、花粉症ならではの鼻水やくしゃみなども抑制してくれます。

そんなレーザー治療ですが、花粉の飛び交う前に行うのが基本で、始める時期としては約3~4週間前がおすすめです。

人によっては花粉の飛散期よりも前に症状が出始める方もいますので、症状が既に出ている場合は早めにレーザー治療をすることで花粉症対策として効果的です。

花粉症対策の人気商品や効果まとめ

いかがでしたか?

花粉症は毎年のように繰り返す症状ですので、そのシーズンを乗り切るためにも眼鏡やサプリメントなどを活用して、少しでも過ごしやすい季節にしたいですよね。

花粉症対策として効果的なお茶を飲んだり、レーザー治療で鼻づまりやくしゃみなどの症状を抑制することもできますので、自分の生活スタイルに合わせて花粉シーズンを切り抜けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です