花粉症の症状でだるいと感じたら?寒気や微熱や眠気の原因や対策は?




暖かい季節になるとたくさんの花々が彩る目にも楽しい時期になりますが、それと同時に悩まされるのが花粉症です。

今年の花粉症については、花粉症対策はいつから?2019年の花粉の飛散期や薬を飲む時期は?でお話しましたが、花粉症になると目の痒みや鼻のムズムズなどの症状が多く見られますが、体のだるさを感じす方も珍しくはないようです。

どうにかしたいですよね!?そこで今回は、花粉症から生じるだるさの特徴や原因について詳しく調査してみましょう!


スポンサーリンク


花粉症の症状でだるいと寒気は関係が?!

花粉症の症状には、一般的にイメージしやすい目は鼻に関するものだけでなく、寒気を感じる方も意外と多いようなのです。

風邪をひいて寒気を感じた経験のある方はわかると思いますが、これは体の中に入ったウィルスを撃退しようとして、自分の体温を上げようとする働きから寒気を引き起こすといわれています。

外部からの異物というのはウィルスの他に花粉も含まれることから、花粉が体内に入ってきたことにより、体に悪影響のあるウィルスが入ってきたと錯覚して体温を上昇させることもあります。

その結果、花粉症でも寒気を感じることになり、風邪をひいたかも?と思うような症状を引き起こすというわけです。

ただ、寒気を訴えてしまうと花粉症ではなく風邪と思われがちなのですが、どちらかを見極めるためには症状をより詳しくチェックすることが大切です。

花粉症と風邪の決定的な違いとして一番に確かめてほしいのが、熱があるかどうかということです。

鼻水が止まらなかったり、連続で出てしまうほどくしゃみをとめらない場合は花粉症の方が可能性は高いですが、風邪でも同じような症状が出る可能性は高いので、まずは体温を測ってみて今の状態が平熱なのか高熱なのかを知ることが重要です。

基本的には花粉症で高熱は出にくいので、熱がなければ花粉症ですし、37.5以上の熱があれば風邪を疑ったほうが良さそうです。

また、目の痒みを伴っている寒気であれば花粉症の症状の特徴でもありますし、鼻水が比較的サラサラしていて透明色であれば、風邪の可能性は低いでしょう。

ちなみに、風邪の場合はくしゃみは花粉症の時のように連続して出にくいですし、鼻水も粘りがあったり黄色のものが多いので、体温チェック以外の方法も念のため確かめておくと良いですね。

花粉症で感じる寒気はだるさも一緒に伴いますので、目の痒みやくしゃみをしながらそれに耐えるのはなかなか困難かもしれません。

基本的にはだるさには睡眠が効果的ですので、花粉症になってだるさが続くようであれば睡眠の時間をしっかり確保しておくのも大切です。

花粉症になると、鼻をかんだりくしゃみをするなど思った以上に体力を使うことになるので、いつも以上に体をリラックスさせる必要があります。

ちょっとのだるさだと思ってそのままにしておくと、本来の免疫力も低下してしまいがちになるので、花粉症だからといって簡単に考えずしっかりと休息をとることが賢明です。


スポンサーリンク


花粉症の症状でだるいと寒気と微熱を感じる?

花粉症によってだるいと感じた際に、寒気を感じても高熱がなければ風邪の心配はないようですが、微熱を伴い症状が見られることも実はあり得るのです。

風邪のようにウィルスが侵入していないので、熱自体は出にくいのが花粉症の特徴ではありますが、花粉も一種のアレルギーですので体が同じような反応を示しても不思議ではないのです。

花粉症になるといつも以上に鼻をかむ回数が増えたり、目の異物感を感じやすく定期的に顔を触る習慣が増えてしまうのですが、その負担というのは体だけでなく精神的にもストレスを与えがちになります。

風邪ではないにしても、体調が悪いということは変わりありませんし、花粉症を改善しようとして様々な対策をすることによって活動量も増えてしまうことから、自然と体の体温を上げてしまうことになります。

私も花粉症経験者ですが、鼻をかむ運動量というのは意外にも大きいもので、特に夜などは眠気を感じながら鼻をかまなければならないので、精神的にも辛い状況が続くのを身に染みて感じています。

また、花粉症にかかりやすいのは冬から春に切り替わるシーズンが多いのですが、この時期は比較的寒暖差が激しいこともあって、体の温度調整が難しいことから自律神経が通常よりも乱れやすい傾向にあります。

これは「寒暖差アレルギー」ともいわれてますが、花粉症にかかるだけでも大変なのに気温に関しても目を向けなければならなくなるため、体への負担も多くなりますのでだるさはもちろん、風邪をひいたかも?と思うような微熱を感じやすくなってしまうのです。

寒暖差アレルギーの予防するためには、なるべく体を冷やさないようにして、血行を良くすることによって体全体の免疫力を高めることができますし、寒さを感じない体づくりを促進してくれます。

さらに、これは花粉症や風邪にかかっていない時にもいえますが、早寝早起きを意識した生活をしたり、栄養のある食事を心がけることで、普段からだるさを感じにくく、ウィルスや花粉に負けない基盤を作り上げるのも良いでしょう。

症状がひどい場合は薬を併用することもあると思います!く花粉症の薬は花粉症の薬は副作用が強い?!太る?だるさも?気になる症状を分析!にまとめてますので参考にしてみてください。


スポンサーリンク


花粉症の症状でだるいと頭痛も引き起こす?

慢性的に花粉症に悩んでいる方の中には、一日に数えきれないくしゃみに苦しんでいたり、咳を繰り返すことによってのどの痛みを伴い思い症状を経験している場合も多いようです。

花粉症に一度なってしまうと治らないともいわれるほど厄介な症状ではありますが、年々その人口が増加していることもあり、どんな症状が引き起こされるかは一度なってみないとわからないくらい多種多様なのです。

一般的には目の痒みや鼻づまりなどが多いですが、重度の花粉症になるとだるさだけでなく頭が重くなったり、頭痛を感じる方も珍しくはありません。

特に、鼻を定期的にかむことによって顔全体に衝撃を与えることになることから、頭だけでなく耳が痛くなったり、鼻水が喉に伝わってしまい喉の炎症を引き起こすこともあるのです。

花粉症のだるさによって免疫力が低下するのも実感できるので、頭痛も一緒に感じてしまうとさらに体のだるさは増加してしまいますし、体全体が不調になってしまう可能性も高いのです。

一見すると、花粉症と頭痛は関係ないのでは?と思われますが、目を必要以上に掻いたり鼻水を強くかむことによって、頭を痛みを助長させてしまうことも覚えていた方が良さそうです。

また、花粉症は草木や花が根源となっているものがほとんどなので、完全に除去するということは難しい問題なので、これからも花粉との生活を共にしていく覚悟でいなければなりません。

ですので、花粉が多い時期なのはできるだけ外出をさけたり、室内に花粉が入りこまないように対策することで、体のだるさや頭痛を少しでも症状を和らげる近道となります。

さらに、花粉症の方には必須ともされるマスクを活用することで、花粉をブロックするだけでなく顔全体を保湿する効果もありますので、喉の痛みの原因ともなる乾燥しやすい口内環境に潤いを与えてくれるので、花粉シーズンにはマスクの装着をおすすめします。

花粉症で感じる痛みというのは頭痛だけではないですし、喉や花粉が付着することによって炎症しやすいお肌にもマスクはとても役立ちますので、花粉への防衛アイテムとしても身に付けておきましょう。

花粉症の頭痛に関しては、花粉症で頭痛い!寒気やめまいも?市販薬を使って症状を緩和しよう!にまとめてますのでそちらもご覧ください^^


スポンサーリンク


花粉症の症状でだるいと眠いが共存?!

花粉症の症状でだるいと眠れなくなる?

花粉症の症状は、目が痒くなったり鼻水がとまらないなどの症状の他にも、集中力が低下しやすかったり、夜寝付けないなどの深刻なものもあります。

花粉によって感じるだるさというのは、イライラや憂鬱感を助長しやすいものであり、本来リラックスするはずの夜さえもストレスの原因ともなってしまうのです。

勉強や仕事などで体がだるくなってくると、疲れによってそのまま眠りにつく方もいるかもしれませんが、花粉症の場合は眠くなっても鼻がムズムズしたり、目の痒みがとまらなくて布団に入っても、安心して夢の世界に行けないということが多々あります。

実は、花粉症になると十分な睡眠が取れなくなったという声が意外にも多く、重度の花粉症の方の場合、不眠症になってしまう方もいるくらい深刻な問題なのです。

花粉だけでそこまで症状が生じるのは不思議に感じますが、花粉は人間に対してアレルギーを伴いものでもありますので、体内に入ってしまうと不調になってしまうのは必然ともいえます。

風邪のウィルスで体調が悪くなってしまうのは知られていますが、花粉症による辛さは世間的にはあまり実感されないのが現状です。

特に、花粉症になっていない方にとっては、生活していく中でどのくらい花粉によって体力が削られるかというのがわかりにくいのです。

花粉症でだるいと言うよりも風邪でだるいと言われるほうが深刻さが増すように感じますが、実際は風邪よりも辛い症状で悩んでいる重度の花粉症経験者も多いのです。

花粉症の症状のだるいと眠いの原因とは!

花粉によって眠りに浸かっている時間帯に目が冴えてしまうと、本来活動している時間帯に眠気が来てしまうということがあり、花粉症の方の場合は日中に眠いを感じやすくなるケースも珍しくありません。

通常であれば、夜に寝ていれば日中に眠くなることはないのですが、寝付けない状態が続いている方は、必然的にどこかで睡眠をとらなければならないですし、体が休息を促すように眠気を引き起こしてしまうのです。

仮に、夜に寝れたとしても、花粉症になると鼻をかむ回数が増えることから、鼻よりも口呼吸になる率が高くなるのですが、口呼吸でよる睡眠は比較的浅いものになってしまうので、眠っていても疲れが取れにくいようです。

しかも、夜眠りが浅い状態で、昼の花粉が充満した外の世界にいかなければならないことになり、さらに本来の免疫力を低下させてしまい、さらに花粉症の症状が出やすい体になってしまうのです。

花粉症によってだるさも一緒に感じていると、体力維持が困難となってしまうので、余計に眠気を助長させることになります。

また、病院で処方される鼻炎薬には副作用で強い眠気を伴いものもありますので、目の痒みや鼻のムズムズなどの症状は緩和されますが、眠気との共存が避けられないこともあるのです。

さらに、花粉シーズンにテレビや雑誌などでも聞かれることの多いスギ花粉などのアレルギー物質には、体内に入ることによってくしゃみや鼻水だけでなく、眠気を誘発させることもあり、花粉そのものにも眠くなる原因が備わっているのも驚きですよね。

花粉症はだるさだけでなく、深刻な眠気を伴う症状でもあり、今度の生活にも深くかかわってきますので、既に長期間で悩んでいる方や、慢性的にならないように改善したいと考えている方は、病院などの専門機関で適切な処置をしてもらうことが賢明でしょう。

花粉症の症状のだるいは薬で改善しよう!

重度の花粉症の方の場合、個人的に対策するよりも薬による作用で病状を改善して花粉と上手に付き合っている方もいますので、病状の度合いによっては薬に頼ることも必要です。

特に、くしゃみや鼻水などで体に負担がかかってしまっている場合は、抗ヒスタミン薬によって症状を和らげることができますので、まだ試したことのない方は病院などで処方してもらうことをおすすめします。

また、薬を飲むのに抵抗のある方は、点鼻薬や点眼薬などを使う方法もありますし、特に目の痒みなどに悩まされている場合は、点眼薬などで直接治療する方が効果的です。

慢性的な花粉症でもある私は、主に点鼻薬を使っているのですが、鼻の内部がすっきりしたような感覚も味わえるので、花粉症特有の鼻の詰まった感覚を少しでも和らげてくれる使用感が気に入っています。

一度かかってしまうと完治するのが難しい花粉症ですので、専門家の知識や薬などを使うことで過ごしやすい方法を見つけることもできますので、まだ試したことのない方は是非とも検討してみてください。

花粉症の症状のだるいと感じる原因まとめ

いかがでしたか?

花粉症の症状は、目や鼻だけでなく体全体にも深く影響があることがわかったので、だるさや眠気などを感じることで、今の自分の症状がどの程度かを知ることができます。

定期的にくしゃみを繰り返したり、鼻を強く噛み続けることによって、顔全体にも衝撃を与えることになりますので、花粉症と関係なさそうな症状でも原因が潜んでいる可能性も十分にあり得ますので、症状が重くならないうちに効果的な改善策を試しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です