花粉症ののどの痛みは緩和できる?痛みの原因や即効性のある対処法!




花粉症になると、目の痒みや鼻水が止められないなど、目と鼻の悩みが多く聞かれますが、のどに関する症状に悩まされている方も少なくありません。

くしゃみや咳などでのどを酷使してしまうだけでなく、声が掠れてしまう原因にもなってしまうので、一刻も早くのどの痛みを解消したいですよね。

そこで今回は、花粉症におけるのどの痛みの特徴や気になる対処法などをご紹介します!


スポンサーリンク


花粉症ののどの痛みと咳は併発する?

一般的にのどの痛みというのは、風邪をひいた時や大きな声を出しすぎて脹れた時などに生じるイメージが強いですが、花粉のようなアレルギーによって痛みを引き起こすこともあります。

花粉というのは鼻から体内に入ってくるのがほとんどなのですが、鼻水によって鼻の詰まりがひどい場合には口呼吸をしがちになるので、口に直接花粉が入ってきてしまう可能性も高くなります。

もちろん、マスクをして防御することもできるのですが、細かい粒子の花粉などはちょっとの隙間でも入ってきてしまいます。

室内にいても空気の入れ替えや人の出入りなどで花粉が入ってきてしまうと、たとえ自分で対策していても花粉を吸いこんでしまうことも十分にあり得るのです。

花粉がのどの粘膜に付着することによって炎症を引き起こし、刺激された部分が違和感となって咳を引き起こしたり、炎症が悪化して痰が絡んだりすることもあります。

また、のどの痛みだけでなく痒みを感じやすくなるので、イガイガした状態が続いたり、痒い場所に手が届かないことから、集中力が低下したりイライラする原因にもなってしまいます。

咳が出るということは、外部からの異物を外に出そうとするサインではあるのですが、一日に何回も咳をしてしまっては、のどの痛みは増すばかりですし、ひどくなる前にしっかりした処置をすることが大切です。

さらに、花粉症の時期は鼻づまりによって口呼吸が増えるので、口内の空気の出入りが激しいため、いつもより乾燥した状態になってしまうため、マスクをすることで、のどに潤いを与えるのも炎症を広げないための対策になるので、花粉ブロックはもちろんですが、口全体の加湿も行うようにしましょう。


スポンサーリンク


花粉症ののどの痛みと熱は関係が?!

花粉症自体には、熱を上げるという症状は基本的にはないのですが、花粉によってのどの痛みが激しくなると、身体にストレスを与えてしまうので、体調が悪くなってしまい熱を引き起こしてしまうこともあります。

「病は気から」ということわざもあるくらいですから、花粉症によって体力が低下して、精神的にも余裕のない状態が続くと、熱っぽさを感じやすくなって風邪を引いたような症状を引き起こしてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。

また、花粉症になるとのどの痛みだけでなく、主要の症状となる目の痒みや鼻づまりに悩まされることから、必要以上に目や鼻を触ってしまい、皮膚が真っ赤に脹れてしまうことも珍しくないので、顔の温度が上がったかも?と感じる方もいるかもしれませんね。

さらに、咳が激しくなってくると扁桃腺が脹れて体全体が熱くなることもあるので、最初は花粉症だけだったのに、いつの間にか風邪もひいてしまったという二重苦になることも考えられるのです。

のどの痛みと熱が一緒に出てしまった場合は、部屋を加湿することによって痛みを緩和することができますので、加湿器やマスクなどで湿度を保つことが大切です。

のどの炎症が少しでも抑えられれば、熱の出にくい体づくりにも一役買ってくれますので、のど飴やトローチなどで口内全体の乾燥させないようにするだけでも効果があります。

特に、病院でも処方されることの多いトローチは、口やのどに対して殺菌効果があり、入り込んだ細菌を除去してくれる働きもありますし、扁桃炎や口内炎になるのを防いでくれる作用もあるので、のど飴で効き目を感じない方は是非ともトローチの使用をおすすめしたいですね。


スポンサーリンク


花粉症でのどの痛みと微熱が続く場合も!

目の痒みや鼻づまりが多く、のどの痛みがある場合は花粉症の可能性が高いのですが、微熱が続く場合は風邪を疑う方もいるかもしれません。

花粉と風邪の区別をする最大の方法は、熱があるかどうかなのですが、風邪の場合は37.5℃以上の熱があるとされており、それ以下か平熱より少し高いのであれば風邪の心配はないでしょう。

ただ、風邪でなかったとはいえ、微熱がずっと続いてる以上では頭もぼーっとしてしまいますし、花粉症特有のだるさから抜け出せなくなってしまうこともあります。

その上、のどの痛みも併発した状態では、生活にも支障をきたしてしまう可能性がありますので、微熱で悩んでいる場合は、解熱鎮痛剤の服用をおすすめします。

解熱鎮痛剤は、名前の通り、熱と痛みに効く成分が入っている薬なので、熱はもちろん、のどの痛みを緩和してくれる心強い存在となります。

ただ、薬を飲んだとしても炎症や痛みを抑えているだけなので、根本的な治療にはなっていないという点は注意しなければなりません。

また、場合によっては、解熱鎮痛材を飲むことによって、熱は引いたとしても、のどの痛みの治りが遅くなってしまう方もいるようなので、病院などで適切な治療をしてもらう方が良さそうです。


スポンサーリンク


花粉症ののどの痛みは夜でも起こる?

花粉の飛散期がピークになってくると、より重い症状で悩まされる花粉症の方も増えてくるのですが、日中だけでなく夜にも花粉の症状が見られることも珍しくありません。

室内とはいえ、花粉が全くないという保証はありませんし、気づかないうちに髪の毛や洋服に付着している花粉に長時間さらされているということもあるのです。

重度の花粉症になると、夜寝ている最中でも目の痒みやくしゃみを抑えられなくなったり、のどの痛みによってぐっすり眠れない日が続いている方もいます。

リラックスした状態で眠れていないと、体の疲れも取れにくいですし、度々寝返りをすることによって知らず知らずにうちに体に負担をかけてしまうことになります。

寝ている状態というのは全体的に無防備になってしまうので、鼻をかんだりくしゃみをする際の振動が思った以上に体に負担を与えてしまうので、元々あったのどの痛みにもそのダメージが伝わりやすくなってしまいます。

そして、浅い眠りのまま朝を迎えるので、日中に極度に眠くなってしまったり、頭がぼーっとしてしまい、体の免疫力を低下させる要因となりますので、睡眠時間をしっかり確保することが花粉症の症状を緩和する基盤を作ることができます。

毎年花粉症にかかっている方であれば、花粉症の辛さも十分にわかっていると思いますので、花粉が飛び交う前に初期療法をしてピーク時に備えることが大切です。

花粉症でのどの痛みだけの症状もある?

花粉症というのは、花粉が鼻の粘膜に付着することでアレルギー反応を起こして、くしゃみや咳を起こすことが一般的ですが、稀なケースでのどの痛みだけを感じる方もいるようです。

花粉に対する免疫力というのは人それぞれなので、どのように作用するかというのは実際に花粉症になってみたいとわからないのですが、一般的に症状として挙げられる目の痒みや鼻づまりなどはあくまで一般的な例ですので、全ての人にその症状が出るというわけではないのです。

花粉症シーズンにのどの痛みだけ感じるという方に関しては、花粉がのどに入り込んでアレルギー反応を起こしている可能性が高いので、口内環境を乾燥しないように整えたり、うがいなどをして殺菌を徹底したほうが良いでしょう。

のどに炎症が起こるのは、花粉やハウスダスト、ウィルスなどの異物が粘膜に付着して破壊されることによって傷つく防御反応によるものなので、炎症があるということは、のどの粘膜が細菌から守ってくれたということになります。

のどの炎症が激しくなると、緩和しようとして分泌された液の固体物でもある痰が出ることでもわかるように、人間の体は外敵から身を守るような機能が生まれながらにして備わっているのです。

ただ、花粉の飛散気がピークになると、通常では考えられないほどの花粉量によって体も対処しきれなくなりますし、鼻づまりによって口呼吸になることも多くなって、口内が乾燥しやすい状態が続き、炎症自体が起こりやすくなってしまうので注意が必要です。

花粉症ののどの痛みの対処法を伝授!

花粉症ののどの痛みを治す即効性のあるものは?

花粉症によるのどの痛みというのは、違和感だけでなく痒みを伴い症状がほとんどで、のどの奥に手を入れたくなってしまうような抑えきれないものまでありますので、できるだけ即効性のある方法を試したいですよね。

のどの痛みを緩和するためには、口内が乾燥しない状態を作ることが重要なので、今すぐできる方法としては密着性のあるマスクをして口全体を潤わせることが先決です。

実は、マスクは付けているだけでお肌がぷるぷるになる方もいるくらい、湿度をあげるのに即効性がある方法なので、外出する時はもちろん、室内でもマスク着用を心がけることが大切です。

また、首をホットタオルなどで温めることによってのどの痛みを和らげてくれますので、マフラーやスヌードなど冬のオシャレアイテムも活用するようにしましょう。

さらに、鼻づまりが激しい方には難しいかもしれませんが、なるべく口呼吸を避けるようにすることで、口内に外気が入ってくることを防いでくれますし、乾燥しにくい環境を整えることができるので、鼻呼吸をすることを意識した生活をしてみるのも効果的です。

そして、最近ちょっとした話題にもなっている「塩うがい」という方法も、のどの炎症を緩和させて痛みを和らげてくれるので、実際に試している方も多いようです。

手順としては、ぬるま湯に小さじ半分ほどの塩をいれてうがいをするのですが、粘膜に付着した異物を洗い流すことができるので、のどの違和感で悩む方にもおすすめです。

塩水でうがいするのに抵抗のある方は、緑茶や紅茶でうがいをすると、消毒や殺菌効果のあるカテキンによってウィルスの増殖を抑制してくれるので、こちらも一度お試しください。

花粉症ののどの痛みには市販薬もおすすめ!

近年、花粉症患者が増加傾向ということもあって、薬局やドラッグストアなど身近な場所で花粉症の市販薬が販売されていることも多く、花粉シーズンになると特設コーナーが目立つところに展開されているなど、花粉症に対する関心度も高まっています。

花粉症ののどの痛みを緩和してくれる市販薬としては、トラネキサム酸などの抗炎症成分や生薬成分とも知られるカンゾウなどのアレルギー作用を抑える成分が含まている薬を選ぶと良いでしょう。

また、鼻をかんだり咳などをして鼻やのどの皮膚の粘膜の機能が弱まっている時期なので、ビタミンB1やB6が配合された薬を選ぶことで土台となる皮膚の健康を保持することができます。

さらに、花粉症は飲み薬だけでなく、のどの炎症部分に直接当てるスプレーやうがい薬なども多数揃っているので、薬を飲むのに抵抗のある方にもおすすめしたいですね。

特に、うがい薬の成分でもあるポビドンヨードは、手術でも採用されるほどの高い消毒効果を発揮くれますので、外から帰ってきた時はもちろん、のどに違和感を覚える時にも使用することで、定期的に口内を清潔にしましょう。

花粉症ののどの痛みの原因や緩和方法まとめ

いかがでしたか?

花粉症の症状として頻繁に起こる鼻づまりがのどの痛みを引き起こす要因になっていることは驚きでしたし、口呼吸をすることによって口内の乾燥状態が続いてしまい、炎症が悪化することは驚きでしたね。

一見すると、鼻とのどは関わりがないのかな?と思われがちですが、鼻水がのどに伝わるということもありますし、くしゃみや咳によって夜眠れなくなって、免疫力低下を引き起こすこともありますので、のどに関係ないと思われる症状もしっかりと緩和することが大切です。

のどの湿度を高めて潤いを保つことによって、のどの痛みだけでなく炎症も和らげることができるので、マスクやうがいなどの日常でできる対策方法をしっかりとチェックして、花粉に負けないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です