甘酒は飲み方が重要って知ってた?!時間や量を守って正しく飲もう!




甘味のある味わいでブームを巻き起こしている甘酒ですが、栄養成分がたっぷり含まれていることは知られているのですが、いつ飲むのが効果的かというのを熟知している方は少ないでしょう。

甘酒を単体で飲むのが一般的でもありますが、さらに飲みやすくするためにアレンジする方も増えているようで、様々な美味しさを堪能できる飲み物でもあるのです。

そこで今回は、甘酒の効果をより実感できるようなおすすめの飲み方や人気アレンジをご紹介します!


スポンサーリンク


甘酒の飲み方で時間や量が深く関係する?

甘酒の飲み方でいつ飲むのが人気?

健康や美容のために習慣的に甘酒を飲む方が増えている昨今ですが、甘酒を実際に飲んでいる方の口コミを調べてみると、飲むタイミングとしては夜寝る前を選んでいる方が多いようです。

夜寝る前に飲むことによって、一日の疲れを取る役割を果たしてくれますし、リラックス効果や睡眠効果が期待できることから、夜に飲むのが好まれやすいです。

甘酒自体が甘味の強さに比べて比較的低カロリーなドリンクなので、ダイエット中に感じやすい空腹感も満たす存在でもあるので、夜にお腹が空いて眠れない方にもおすすめではあります。

置き換えダイエットという言葉を聞いたことがあると思いますが、甘酒はダイエット中に不足しがちな栄養価が豊富なことから、食事のように摂取することもできるのです。

ダイエット中はなるべく糖分を摂りすぎないように意識する方もいると思いますが、米麹のみで作られた甘酒だと砂糖を入れずに甘味を感じられるので重宝されています。

また、夜以外でも甘酒を飲む習慣にしている方もいるようで、朝からシャキッとした気持ちで学校や仕事に向かいたい方や、昼からの活動のエネルギー源となるように甘酒を飲む方もいます。

米麹を使った甘酒の場合、ブドウ糖を甘味の根源としているのですが、ブドウ糖を取ることで疲れにくい体づくりを促進してくれるので、栄養ドリンクとしても親しまれているのです。

店頭でよく見かける栄養ドリンクの後味が苦手な方もいるかもしれませんが、そんな方にこそ甘酒を日常的に飲む栄養補助として飲みやすい甘味となっていますので、美味しさを感じながら体力向上を促進する効果もあるのです。

夜に飲んでも朝や昼に飲んでも、甘酒の効果は感じやすい傾向にありますが、どのような効果を期待するかによって飲み方を変えることが大切です。

疲れを感じやすい方や明日に持ち越したくない方は夜に、一日の始まりをスッキリした気持ちで迎えたい方や、昼からの仕事をもっと頑張りたいという方には朝や昼をおすすめしたいですね。

甘酒は飲み方の量を意識すること!

甘酒の効果を発揮しやすい時間帯はわかりましたが、甘酒を飲む方でありがちな間違いとして、飲みすぎてしまうという点があります。

基本的には、甘酒は1日に200mlが目安となっているので、コップ1杯分を意識して飲むことが大切なのですが、栄養をたっぷり摂取したいという気持ちから過剰に飲んでしまう方も少なくないそうです。

甘酒は飲みやすさにも定評があるドリンクですし、低カロリーということで美容に気を遣う方に愛されていますが、飲む量を間違えてしまうと逆に太ってしまったり、糖分を摂りすぎてしまう危険性もあるのです。

少し小腹が空いた時にも重宝される甘酒ですが、美味しさのあまり何杯も飲んでしまうことによって本来よりも高いカロリーを摂取してしまうことになりますので、十分に注意が必要です。

甘酒は栄養素の吸収スピードが早く、血糖値を急激に上げてしまうことになるので、甘味の濃さが気になる方はお湯などで薄めて濃度を調整することも大切です。

より効果的に甘酒を飲むためにも、飲むタイミングはもちろん適量を意識することで健康生活の維持することができるのです。


スポンサーリンク


甘酒の飲み方で温度が肝心?

甘酒の飲み方でホットで飲みたい場合は?

甘酒はどちらかというと肌寒い季節のお祝い事で重宝されている飲み物なので、温かい状態で飲むのが主流のように感じますが、実は甘酒は温めすぎると効果的に飲めないといわれています。

ですが、甘味のある味わいを引き立たせるためや体の芯まで温かくするためにホットの甘酒を好んでいる方も多いですし、できれば日常的にも温かい甘酒を堪能したいですよね。

甘酒に含まれている栄養素の中でも、酵素やビタミンB群などは熱への耐久性が弱い特性を持っているので、温めてすぎてしまうとせっかくの栄養効果が発揮されないということがわかっています。

米麹の甘酒の甘味の成分となる麹菌も60℃を超えてしまうと糖化がしにくくなってしまいますので、温めるにしても60℃以下にすることが肝心です。

60℃というのは比較的ホットな味わいを感じやすい温度ですので、沸騰しすぎないようにすることでより効果的に栄養を摂取することが可能なのです。

甘酒の飲み方で冷たいのも人気!

甘酒というのは本来、夏バテ防止ドリンクとして江戸時代に幅広い世代でその効果を認められていたのですが、平安時代では貴族で飲まれる飲み物として高級品扱いをされていたそうです。

栄養価の高さが昔から知られていたというのは驚きでしたし、その栄養効果が貴族だけでなく一般的に飲まれるようになったことで、現代の甘酒ブームの基盤となっていることがわかりますね。

今ではホットで飲まれるのが一般的ともされる甘酒ですが、元々は夏に振る舞われることが多かったので、冷やした甘酒が主流だったそうです。

甘酒はエネルギー源となるブドウ糖はもちろん、様々な栄養素が豊富なのでも猛暑などで免疫力が低下しやすい夏に飲むのも効果的なのです。

冷たくすることでジュースのような感覚でゴクゴク飲めますし、米麹甘酒になるとノンアルコールなのでお子様や妊婦さんにも楽しんでいただけますので、飲み方を工夫することで季節に関係なく甘酒を味わうことができます。

もちろん、冷たくしたからといって過剰に飲んでいいというわけではないので、コップ1杯分を意識して適量を摂取するようにしましょう。


スポンサーリンク


甘酒の飲み方の量は手作りで調整できる!

甘酒ブームに伴って、スーパーやコンビニなど身近な場所でも手軽に甘酒を購入できる時代となっていますが、甘酒の効果をより発揮しやすい手作りの甘酒を摂取する方も増えています。

最近では、炊飯器や魔法瓶などを使って、専用の道具を買い揃えることなく甘酒を作れるレシピも増えているので、甘酒作りを始めやすい環境が整っているのも嬉しいですよね。

甘酒を手作りでにすることによって、お好みの量を冷蔵庫に保管することができますし、生きた麹菌をそのまま体内に取り込むことができるので、より効果を実感しやすいのも手作りならではの魅力です。

ただ、市販のものと違って賞味期限が1週間と比較的短めとなっていますので、より保存状態を良くしたいのであれば冷凍保存すると1ヵ月くらいは美味しく飲めるのですが、できるだけお早めに召し上がった方が良いでしょう。


スポンサーリンク


甘酒の飲み方で牛乳アレンジが注目!

引用:https://recipe.yaoko-net.com/sp/detail/010654.html

甘酒は飲みやすい味わいからアレンジして飲む方も増えているようで、SNS上では様々なアレンジレシピを投稿して共有しているのも珍しくありません。

その中でも、牛乳で割った甘酒が注目されており、甘酒独特の甘味にすっきりとした味わいをプラスしてくれる美味しさが人気です。

甘酒にも元々栄養成分は豊富なのですが、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、育ち盛りのお子様にもおすすめです。

また、栄養が不足しがちな妊婦さんにも効果的であり、カルシウムが不足しやすい時期なので是非とも甘酒を活用してほしいですね。

甘酒を牛乳で割る場合、基本的には1:1の割合にするのが飲みやすいですが、甘酒が苦手な方や牛乳を好んで飲んでいる方には少し牛乳の割合を多くすることで、より飲みやすさを実感できます。

さらに、シナモンやハチミツなどをプラスすることでコクのある味わいを増しくれますし、お菓子のお供としての甘酒を楽しむこともできます。

実は、甘酒の糖分がカルシウムを体内に吸収しやすくする作用を発揮するので、より良い相乗効果が期待できることから、牛乳アレンジする方も増えているのです。

牛乳はカルシウムだけでなく、気持ちをリラックスさせてくれるセロトニンも含まれているので、神経が過敏になったり、ストレスに反応しやすい時期にもぴったりです。

色味としても真っ白で甘酒の美味しさを引き立たせることもできますし、見た目にも満足感溢れるドリンクとしても人気なので一度お試しください。

甘酒の飲み方は豆乳でまろやかに!

「飲む美容液」とも称される甘酒ですが、豆乳をプラスすることによってさらに美容におすすめのドリンクとして親しまれています。

芸能人などでも豆乳で割った甘酒を好んで飲んでいる方も多く、いつまでも若々しいお肌を維持するための必需品として注目されています。

豆乳には大豆に含まれるイソフラボンという栄養成分が豊富で、美容に気を遣っている方は一度は聞いたことのあるくらい有名な成分が含まれています。

イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをする特性があり、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容効果が期待できる成分の生成を助けてくれるので、シミやシワなどに悩んでいる方にもおすすめです。

また、腸内環境を整えてくれたり、便秘解消にも役立てられるオリゴ菌が含まれているので、甘酒と一緒に飲むことでさらに効果を発揮できます。

甘酒を豆乳で割る際には、1:1で割ることでまろやかさを引き立たせることができますし、無調整豆乳を使うことによって天然由来の効果を実感できる飲み方となっています。

甘酒の飲み方のアレンジは炭酸水ですっきりと!

肌寒い時期だけでなく、暑さによって疲れを感じやすい夏にも重宝される甘酒ですが、甘酒の後味をすっきりさせてくれる炭酸水を使ったアレンジレシピが人気です。

飲むだけで気持ちを爽快にしてくれる炭酸水なので、甘酒をいつもと違った風味で飲みたい方にもおすすめですし、スーパーなどでも低価格で手に入りやすいのでコスパの良い組み合わせです。

炭酸水を入れる割合としては1:1が望ましいですが、甘味が半減してしまう可能性もあるのでお好みで調整するか、ハチミツなどで甘みをプラスすると甘味を増すことができます。

さらに、ブドウやラズベリーなどのフルーツを一緒に加えることによって、グレードアップした甘酒を堪能することができるので、栄養素をたっぷり補給しながらも、喉越しの良い甘酒アレンジが楽しめます。

甘酒の飲み方のおすすめや人気アレンジまとめ

いかがでしたか?

甘酒は栄養たっぷりのドリンクとして広まっていますが、飲むタイミングや適量を間違えてしまうと期待している効果が実感しにくいですので、甘酒の健康的な飲み方を知ることが大切です。

また、日頃から甘酒に馴染みのない方でも飲みやすい簡単なアレンジ方法が豊富に揃っているので、毎日の習慣にしやすい甘酒レシピをご堪能ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です