甘酒の米麹の効果を実感するには?効果的な飲み方や口コミを大公開!




米麹を使った甘酒は、砂糖なしでも甘味があるのでダイエットドリンクとしても重宝されています。

「飲む点滴」と呼ばれることの多い甘酒ですが、これは米麹の栄養効果によるもので、手作りでも作りやすい米麹甘酒が流行の兆しを見せています。

そこで今回は、米麹を使った甘酒がどのような効果をもたらすかを徹底調査します!


スポンサーリンク


甘酒の米麹の効果~肌編~

美肌対策としても注目度の高い甘酒ですが、テレビ番組や雑誌でも甘酒の栄養効果の特集が組まれるほどの影響力があります。

米麹にはビタミンCよりも抗酸化作用があるとされる「エルゴチオネイン」が、肌の老化だけでなく、紫外線による肌への炎症を防止してくれる効果もあります。

ビタミンCは美容に気を遣っている方であれば定期的に摂取したいと思っている栄養成分の一つなので、米麹にその効果があるというのは驚きですよね。

また、ビタミンB群も豊富に含まれているだけでなく、甘酒自体に肌の乾燥を防いでくれるビタミンB2が豊富なので、冬場特有のカサカサで悩む方にもおすすめです。

甘酒は基本的には飲むことで効果が得られるのですが、直接肌に塗り込んで美容パックとして甘酒を使う方もいるようです。

さらに、美白美容液に含まれる「コウジ酸」というシミやソバカスに効く成分があるのですが、これは麹から発見された化合物なので、米麹を使った甘酒を飲むことにで美白効果も期待できます。

元々、コウジ酸の美白効果というのは、日本酒の醸造を行っている方の手が色白だったことがきっかけで見直された成分なので、説得力も多いになる栄養成分といえます。

美肌対策によって最大の敵ともなり得るメラニンの生成を阻止するために活性化したチロシナーゼを抑える働きもあるので、甘酒を飲んでいるだけで美白に繋がるというのは嬉しい効果ですね。


スポンサーリンク


甘酒の米麹の効果~便秘編~

米麹を使った甘酒は砂糖なしで甘味を感じされる味わいが人気なのですが、これは麹菌によるブドウ糖によって生み出されたものなのです。

麹菌によって分解されたブドウ糖は体内でエネルギー源となるだけでなく、アミノ酸やビタミンB群、さらにミネラルなどが豊富に補えるので、健康的な体づくりに良い効果を発揮します。

そんな麹菌ですが、一緒に摂取した栄養素がしっかりと吸収する手助けをする働きをするので、胃腸の調子が悪い方にもおすすめです。

そして、食物繊維も豊富に含まれていることから、腸内の善玉菌を増加することができ、腸内環境も良くしてくれるので、便秘解消効果も期待できます。

実は、麹菌は腸内にいる善玉菌の餌になる役割を果たしているので、免疫効果を高めて風邪に負けない強い体づくりを促してくれます。

食物繊維はキャベツなどの野菜に豊富に含まれていますが、毎日十分な量を摂取するのは大変ですし、野菜嫌いな人には酷となるかもしれません。

そんな時にこそおすすめしたい甘酒は、まろやかな甘味も相まって日常的に食物繊維を摂取できるということで毎日続けやすい栄養ドリンクとしても人気なのです。

さらに、妊婦さんの場合、普段から便秘で悩んでいなくても妊娠後期になると便通が悪くなる傾向にあるので、栄養たっぷりの甘酒を是非とも試してほしいですね。


スポンサーリンク


甘酒の米麹の効果は量に関係する?

甘酒が肌や便秘に効果的だということはわかりましたが、いくら栄養成分がたっぷり含まれているからといって、甘酒を飲むすぎてしまうとかえって逆効果となります。

甘酒を飲む量は一日200mlが目安となっているので、コップ一杯分が適量です。

少ない量でも高い栄養効果があるというのは驚きですし、カロリーも控えめなので毎日続けられるのも嬉しいですね。

一気に飲む必要もないので、小分けにして飲んでも良いのですが、それ以上飲んでしまうと過剰に糖分を取ってしまうことになるので危険です。

麹菌によるブドウ糖によって砂糖なしでも甘味を感じられるのですが、お好みで砂糖を入れたくなる方もいると思いますので、いつの間にか適量以上飲んでしまうケースも珍しくないのです。

甘酒自体が満腹感のある飲み応えなので、何杯も飲んでしまうのも控えられるかもしれませんが、栄養のある飲み物という意味合いで過剰に飲んでしまうのは避けてください。


スポンサーリンク


甘酒の米麹の効果的な飲み方は?

甘酒は一日に適した量を飲むというのは大切なのですが、飲むタイミングを気を付けることで、より効果的に栄養を摂取することができます。

一般的には夜に飲むことが推奨されているのですが、これは疲労回復効果を促進するものであり、夜寝る前に飲むことによって次の日に疲れを持ち越すことなく気持ちの良い朝を迎えられます。

米麹の甘酒は砂糖なしでも甘味を感じられますので、砂糖なしでも満腹感を味わえるので、カロリーを気にすることなく安心して眠りにつけるのも嬉しいですよね。

朝や昼に飲む場合には、ブドウ糖によってエネルギー源の働きを良くしてくれるので、集中力を上げたい時や活発に動きたい時におすすめです。

そして、飲むタイミングだけでなく甘酒の温度を60℃に保つことによって、甘酒の酵素が作用しやすい状態で維持できるので、温度調整のチェックも大切です。

さらに、手作りで甘酒を飲むことによって、生きた麹菌の力を発揮しやすくなりますので、炊飯器や魔法瓶などを使ってご家庭で作ってみるのも良いですね。

手作りの甘酒は新鮮が故にとてもデリケートで、市販よりも賞味期限が短くなりますので、お早めに召しあがることをおすすめします。

甘酒の米麹と酒粕の違いは?

甘酒の原料は「米麹」と「酒粕」の2種類が通常なのですが、それぞれ持っている特徴や効果が違うことでも注目されています。

米麹はブドウ糖によって砂糖なしで甘味を補えるのに対し、酒粕では砂糖によって甘味を加えるので、糖分の摂りすぎには注意してください。

また、酒粕ではアルコールが含まれた甘酒になるのに対して、米麹を使うとノンアルコールドリンクとして分類されるため、お酒の弱い方はもちろん、お子様や妊婦さんも安心して飲めるのも特徴的です。

効果に関しては、疲労回復や美肌対策をしたい場合は米麹、ダイエット効果や睡眠効果を期待している方は酒粕をおすすめします。

米麹は麹菌によるブドウ糖は砂糖と比べて分子が小さくできているため、即効性が期待できることから一秒でも取り除きたい疲れに効果的なのです。

甘酒を美肌対策として活用したい方に、麹菌の栄養成分が肌の調子を整えたり、アンチエイジング作用があるので、酒粕よりも米麹の甘酒の方が飲まれているようです。

もちろん、酒粕にも体内に油を吸収しにくくする効果や睡眠を促進する働きもありますので、リラックスした状態でダイエットしたい方におすすめしたいですね。

甘酒の米麹の効果の口コミを調査!

テレビ番組や雑誌だけで取り上げられるほどの人気となっている甘酒ですが、インスタグラムなどのSNSでも甘酒を飲んでいる方の嬉しい声を検索することができます。

・下手なスキンケアをするより甘酒飲んだ方が効果あるよ!

・米麹の甘酒は美肌効果があるらしいからおすすめ!

・甘酒飲み始めて1週間でお通じが良くなった。

・酒粕よりも米麹の甘酒の方が美肌効果あるらしいから変えてみた!

・米麹の甘酒で寒い季節も乗り切ってます!

・体調が悪くて甘酒飲んでたらお肌の調子も良くなって快適!

実際にネット上で甘酒の効果を検索してみると、思った以上に多くの方が甘酒を飲んでいることが驚きでしたし、美容効果などを期待して毎日飲んでいる方が多いのも発見でした。

また、酒粕よりも米麹を飲んでいる方が多く見られたのですが、これはテレビ番組などで米麹を使った甘酒が特集されている影響もあるかもしれません。

さらに、米麹を使って自宅で作れる甘酒も人気なので、簡単かつ栄養たっぷりのドリンクが自分で作れるのは嬉しいですよね。

最近では、市販でも多くの甘酒が販売されていることから、忙しい方でも手軽に甘酒を変える環境になっていますので、街中で甘酒を飲んでいる方を見る機会も増えそうですね。

甘酒の米麹は効果ないってホント?!

米麹を使った甘酒の効果を実感している声が多い一方で、毎日飲んでいるのに効果がないと嘆いている方もいるのですが、この違いにはどのような原因があるのか気になりますよね。

・甘酒大好きで毎日飲んでいるけど、私には効果がないみたい。

・夜に市販の甘酒を飲んでるけど効果が実感できない。

・甘酒飲んで1週間だけど効果ないからもうちょっと続けてみます。

・甘酒ダイエット流行ってるけど糖質多いから難しいんじゃないかな。

ネット上でも甘酒の効果を感じていない方も少なくないですし、栄養成分がたっぷり入っているとはいえ、毎日続けていても効果があるのか不安になりながら飲んでいる方もいるのです。

特に、市販の甘酒の効果を疑問視している方も多いのですが、栄養素の根源となる麹菌は、60℃以上になると本来の働きが衰えてしまうので、加熱処理をする中で栄養素がなくなってしまうのでは?と思われているそうです。

実際に手作りで甘酒を作る際にも温度調整は大切になりますし、栄養素だけでなく仕上がりの甘味にも深く影響するので、甘酒の効果と温度は密接に繋がるとされています。

ただ、市販というのは賞味期限を長く設定するために徹底した熱処理が必要ですし、衛生的にも流通させるために甘酒の環境を整えなければならないので、手作りで作るよりは栄養素が少なくなってしまうかもしれません。

ですが、腸内環境を整えてくれるビタミンB群やオリゴ糖などは熱に強いので、加熱したからといって全ての栄養素がなくなってしまうというわけではないのです。

また、低カロリーの上に満腹感もあるので、砂糖がたっぷり入った炭酸飲料水やジュースを飲むよりはダイエットドリンクとしての効果も発揮してくれます。

市販の甘酒の効果を信じられないという方には、手作りの甘酒を飲むことによってより効果が得られやすい状態で飲むことをおすすめします。

ですが、温度調整や保存状態を丁寧にしないと期待できる効果が得られないので、手順などを守って甘酒作りをするようにしましょう。

甘酒の米麹の効果や口コミまとめ

いかがでしたか?

米麹には美肌や便秘に効果的なだけでなく、疲労回復にもおすすめなので、毎日続けて飲み続けたいドリンクとしても注目されています。

口コミなどでもその効果を実感している方も多いですが、甘酒の量や効果的な飲み方を知ることが大切ですので、甘酒で健康的な生活を導いていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です