甘酒でおすすめのメーカーが知りたい!人気の通販の評判や飲み方は?




健康や美容に嬉しい成分が含まれていると評判にもなってる甘酒は、「飲む点滴」と呼ばれるほどの栄養価の高さにも需要が高まっている話題の飲み物でもあります。

その人気に伴い、スーパーなどでも手軽に甘酒に購入できるようになっていますが、実際にどのメーカーがおすすめなのか気になりますよね。

そこで今回は、甘酒でおすすめしたい市販メーカーや通販商品、甘酒をより楽しめる飲み方や気になる美容成分をご紹介しましょう!


スポンサーリンク


甘酒でおすすめの市販メーカーはコチラ!

手軽で賞味期限も長く、同じ味わいを堪能できて飲みやすいということもあり、市販の甘酒は様々な世代で活用されやすいことでも注目されていますが、どのメーカーが人気があるのかきになりますよね。

ここでは、お近くのスーパーやコンビニで簡単に購入することのできる甘酒の市販メーカーについてご紹介します!

森永製菓

引用:https://lohaco.jp/product/9550010/

市販の甘酒といえばこちらのパッケージを思い浮かぶ方も多いともいわれる有名メーカーでもある森永製菓の甘酒は、発売から40年という存在感を誇っている老舗でもありますし、パッケージも可愛らしく赤く映えているのも特徴的です。

スーパーだけでなく自動販売機でも見かけることも多く、より身近に感じられる甘酒として定着していますし、お米から作られている伝統的な製造方法は発売当初から変わらない美味しさの秘訣といえるでしょう。

酒粕と米麹をブレンドしていることもあり、栄養成分も豊富なだけでなく、味わい豊かな甘みも人気ですので、市販の甘酒を飲んだことのない方は是非とも試してみてほしい美味しさとなっています。

大関

引用:https://shop.ozeki.co.jp/amazake_190

ワンカップでお馴染みの大関も搾りたての酒粕を使用した本格的な甘酒を販売しており、シンプルなパッケージが天然の旨味を象徴しているような見た目も印象的です。

蔵元ならではの酒粕というのも説得力がありますし、新鮮な味わいと生姜や蜂蜜などの風味も相まって、すっきりとした味わい豊かな甘みが人気となっています。

温かいのはもちろん、冷やしても飲みやすいということもあり、猛暑などによる夏バテ防止にも一役買ってくれそうですね。

セブンプレミアム

引用:https://deskgram.net/

昔ながらの優しい味わいを再現したセブンプレミアムの甘酒は、国産米100%の米麹を使用しており、100円以下という破格の値段で甘酒を味わえるというコスパの良さも際立っています。

コンビニのプライベートブランド商品は安いだけではなく、品質のにもこだわっているものが多いので、手軽に試せるだけでなく安心感もあるのが嬉しいですよね。

セブンプレミアムの甘酒に関しても、安さに惑わされないような甘みのある美味しさでリピーターを増やしているようで、米麹の旨味たっぷりの優しい後味が魅力となっています。


スポンサーリンク


甘酒でおすすめの通販が気になる!

ネット通販が日常にも使いやすくなっている昨今ですが、甘酒のお取り寄せの需要も高まっており、普段では買えないようなものが手軽に味わえるということで人気となっています。

ここでは、そんな甘酒のおすすめしたい通販商品をご紹介します!

上品な甘さを堪能「作り酒屋の甘酒」

引用:http://www.keiryu.jp/amazake.html

おすすめランキングでも上位になるほどの人気を誇る遠藤酒造場の「作り酒屋の甘酒」は、見た目の上品なパッケージを裏切らない味わいと、米本来の甘みを堪能したい方におすすめの甘酒となっています。

お米と米麹が原料なのでもちろんノンアルコールですし、お子様だけでなく妊婦さんや、運転前の方でも安心して飲むことができるのも魅力ですよね。

甘酒はどちらかというと冬に飲まれやすいイメージもありますが、夏や冷やし甘酒としても楽しむことができますし、生姜などを加えて後味を引き締めるのも人気となっています。

米麹による甘さはブトウ糖によるものなので、砂糖不使用だと思えないくらいの満足感もある旨味を堪能している方も多いようで、リピーターが多い商品としても注目されています。

初めて飲む方によっては、濃さが気になってしまう方もいるかもしれませんが、お湯やお水などで薄めることでお好みの味を作ることもできますので、自然由来の美味しさを是非ともお試しください!

天然の旨味たっぷり「酒蔵のあまざけ」

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/miyabi-store/2556.html

九州屈指の清流と呼ばれる番匠川の水を使用し、お米と米麹の甘みたっぷりの味わいが評判となっている「酒蔵のあまざけ」は、一度飲んだらやみつきになるような独特の濃さと米粒を感じられる喉越しが魅力となっています。

甘酒が苦手な方でも飲みやすい味わいとなっており、砂糖で味付けをしていない天然の甘さが感じられるので、しっかりとした甘酒の旨味を堪能したい方にもおすすめです。

ノンアルコールということでお子様や妊婦さんにも美味しく飲んでいただけますし、ストレートはもちろん、生姜や豆乳などを加えて味わい深く飲むのも人気のようです。

こちらは口コミの多さも特徴的であり、実際に飲んだ方が今までにない美味しさを感じているのもリピーターが多い由縁だとも思いますし、甘酒ならではの甘みを砂糖不使用で味わえるのは健康的ですよね。

比較的にお手頃な値段で購入できるのも嬉しいですし、日常的に甘酒を取り入れたい方にとっても続けやすいコスパの良さも注目されています。

麹菌を生きたまま「華糀」

引用:https://www.siip.city.sendai.jp/kurasusendai/iimono/hanakouji

見た目の可愛らしさから思わずパッケージ買いをしてしまうそうになる島津麹店「華糀」は、宮城県産のササニキシ1等米を100%使用しており、まさにお米の甘さたっぷりの味わいが人気となっています。

低音加熱で製造されていることもあって、麹菌を生きたまま摂取することができるため、麹菌が持っている豊富な酵素を無駄にすることなく味わうことができるので、腸内環境を整える手助けをしてくれるのも嬉しいですよね。

添加物不使用というのも魅力ですし、飲みやすい甘さとすっきりとした味わいはリピーターの心を掴んでいるようで、甘酒の原料はもちろんですが、砂糖や練乳の代わりとして活用する方も多いようです。

華糀は280gで3個セットとなっていることもあり、手軽に使いやすいだけでなく、プレゼント用としても喜ばれる見た目なので、自分だけでなく家族やご友人にもおすすめしたくなるような商品です。


スポンサーリンク


甘酒でおすすめのノンアルコールは?

甘酒というくらいですから、お酒の一種ともなっていることもあり、どうしてもアルコールが必須のイメージが強いですが、実は甘酒をノンアルコールでも飲むことができるのです。

特に、お正月やお子様のお祝い事などでは、甘酒を飲む風習も根付いているくらいですし、お子様が甘酒を飲んでいるのを見かけることもありますよね。

ちなみに、私自身もお正月には甘酒を一杯飲むという家族内の儀式のようなものがありましたし、いつもは味わうことのない甘酒の独特の風味に、子供ながらに頬を赤らめていたのは良い思い出となっています。

そんな甘酒ですが、アルコールが含まれている場合は酒粕が原料となっていることがほとんどなので、お子様や妊婦さんが飲めるのは米麹が原料となっている甘酒なのです。

なので、甘酒をノンアルコールで飲みたい場合には、市販のものの場合は原料が米麹になっているかをチェックすることで、お子様も安心して飲める甘酒を選ぶことができます。

また、米麹は甘みのある味わいも人気となっていますし、ジュースとまではいかないかもしれませんが、お子様にも気軽に楽しんでいただける味わいとなっています。


スポンサーリンク


甘酒でおすすめの飲み方とは?

健康にも美容にも優れた効果を期待できる甘酒ですが、実際に日常的に飲むにあたって、飲む量や時間帯などはどのくらいなのか知らない方も多いようです。

確かに、甘酒は栄養価の高い飲み物としてはおすすめなのですが、あまりにも飲む量が多すぎてしまうと、糖分を過剰摂取してしまう可能性もありますので、1日120mlを目安にコップ1杯までに抑えることが賢明です。

また、飲む時間帯に関しては、甘酒には甘さの根源となるブドウ糖が豊富なので、朝に飲むことでエネルギーの代謝を促してくれたり、脳を活性化させて目覚めをすっきりさせてくれます。

昼に飲む場合は、ブドウ糖とビタミンB群の力によって集中力アップに繋げることができますので、昼食後の眠気に誘われる時間帯もシャキッとした行動を促進させることができます。

そして、一番飲むタイミングが多いとされる夜ですが、甘酒を寝る前に飲むことで疲労回復や睡眠効果を得ることができるので、次の朝に疲れを残すことなく爽快な目覚めが期待できるでしょう。

さらに、飲む温度に関しては、甘酒の栄養成分の要となっている酵素が作用する適温が60℃となっていますので、より栄養素による効果を発揮したい方は60℃に温めて飲むのをおすすめしたいですね。

甘酒でおすすめの美容成分は?

近年、テレビ番組やネット上でも甘酒の美容に関する成分が注目されていることもあり、インスタグラム等では美容のお手本ともなっている芸能人やモデルなどが甘酒を毎日飲んでいることも話題となっています。

実は甘酒は、原料別に効果があるとされており、目的別に甘酒の原料を選ぶことによって、さらに日頃の美容を手助けしてくれる存在となってくれます。

例えば、ハリや弾力のあるお肌を手に入れたい考えている方には、酒粕を原料とした甘酒を飲みことで、肌を活性化させるために必要不可欠なビタミンB群を補うことができますし、お肌だけでなく美しい髪の毛を導いてくれるセラミドも含まれているので、美容意識の高い方にもおすすめです。

酒粕には食物繊維も豊富に含まれているので、ダイエット中に毎日でも取りたい成分が甘酒から摂取することができるので、甘みのある美味しさだけでなく美容にも良い効果があるのは嬉しいですよね。

また、便秘に悩んでいる方にも甘酒はおすすめなのですが、特に玄米を原料とした甘酒は、通常の甘酒に加えてさらに食物繊維を豊富に摂取することができるので、甘酒の作り方を工夫することによってさらに美容効果が期待できます。

便秘解消対策はもちろんですが、日頃から腸内環境を整えたい方にもおすすめとなっていますので、食べ物からの栄養よりも手軽で毎日でも続けられる味わいも魅力となっています。

さらに、より多くの美容に関する栄養成分を摂取したい方に効果的なのが、実際にご家庭でも作ることのできる「生甘酒」にすることによって、美肌やダイエット対策としても注目されている酵素を生きたまま残すことができるので、市販のものよりもより効果のある状態で体に取り入れることができます。

実際に甘酒を作るというのは難しそうに感じるかもしれませんが、炊飯器やヨーグルトメーカーなどの家電用品を使って、思った以上に簡単にご家庭で作ることもできますので、より美容効果を発揮した生甘酒を飲みたいという方は手作りがおすすめとなっています。

生甘酒は加熱処理をしない状態ですので、生きた酵素となってエネルギーの代謝を促すことができ、ダイエット中には欠かせない脂肪燃焼効果も手助けしてくれるのも魅力です。

ただ、手作りということもあり保存期間が短くなっているだけでなく、冷蔵庫で冷やしていると発酵がそのまま進んでしまうということもあり、酸っぱさの原因にもなってしまうので、なるべく早めに消費することが賢明でしょう。

甘酒おすすめメーカーや飲み方まとめ

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/141394

いかがでしたか?

近年の甘酒ブームによって様々なメーカーから独自の技術を駆使した商品が販売されていますが、どのメーカーも甘酒本来の旨味を大切にしながら、日常的に甘酒を取り入れやすいような飲みやすさにもこだわっているのがわかりますよね。

市販というだけで栄養成分についても不安になる方もいるかもしれませんが、飲み方を工夫することによってさらにその効果を発揮しやすくなりますし、原料を知ることによってさらに甘酒の魅力を体感することができますので、是非とも今日から甘酒ライフを始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です