ダウンコートの洗い方の手順を徹底指南!これさえ見れば大丈夫!!




冬も暖かく過ごすための定番アイテムのダウンコート。

これは無くては外に出られない!と感じるほど、寒い時期の必須アイテムですよね。

毎日着回して、寒さを凌いでいる方も多いと思います。

しかし、日々使用することで気になってくる汚れ。

ダウンが入っているから、どうやって手入れをして良いか…と悩む方も多いはずです。

クリーニングに出してしまうのも、寒さが続く中ではまだ避けたいところです。

そこで、ダウンコートをデイリー使いしている方必見!

いつでも見た目を清潔に気持ちよくダウンコートを着用するための洗濯方法をご紹介いたします。

 


スポンサーリンク


ダウンコートの洗い方は?そもそも自宅でできるの??

 

クリーニングに出すしかないと思っていたダウンコート。

実は家で洗濯する方法はあります!

今までクリーニングに出していた方も多いとは思いますが、自宅ですぐに洗えるなら、清潔な状態が維持できるので安心ですよね。

洗えるダウンコートの条件は、洗濯のタグに「水洗い不可」の表示がないこと。

この条件を満たせば、ダウンコートの洗濯は可能です。

手洗いやドライクリーニングの表示があれば、基本的に自宅で洗濯ができるのです。

また、洗濯できないダウンコートの生地について、

・レザーまたはフェイクレザー

・シルクやレーヨンなど、水に弱い素材

・縮みやすいウール などが挙げられます。

生地が上記だった場合は、水に濡れると生地が劣化してしまう場合もあるので、クリーニング点に出した方が無難です。

また、自宅で洗濯する際のリスクとして、中のダウンが縮んでしまってぺったんこになってしまう場合も…。

高級ブランドのダウンコートは、本来の着心地をリスク無くして維持するためにも、自宅での洗濯は避けた方が良い場合もあります。

正しく洗濯して、清潔感あるふんわりダウンコートの状態を維持していきましょう!

 


スポンサーリンク


ダウンコートの洗い方【洗濯機編】

まずは、洗濯機でのダウンコートのお手入れ方法についてご紹介します!

1.洗濯に入る前に、まずは汚れの目立つ袖や襟をきれいにします。
その際、洗濯用中性洗剤をスポンジに染み込ませて、汚れている部分軽く叩くようにしてください。

2.洗濯槽に水を溜めます。その中に、中性洗剤を入れて押し洗いします。
その際あまり強い力をかけずに、40〜50回優しく押し洗いして中の汚れを丁寧に出すように意識してください。

3.汚れが出てきて、洗濯槽の水が汚くなってきたら、手洗いコースを洗濯の上、脱水ボタンを押します。ただし、脱水の時間は長すぎないよう、30〜1分を目安にしてください。

これ以上の時間で脱水をしてしまうとダウンがぺしゃんこになって、見るも無残な着心地に…。

4.後は水がきれいになるまで、すすぎと脱水を1〜2回繰り返します。
もちろん脱水は短い時間で、洗剤の泡が無くなったら洗濯の工程は終了です。

5.最後に洗濯機から回収したダウンコートをバスタオルに包み、水分を優しく取ってあげます。こするようなことはせず、優しく押して、水分を取るようにしてください。

あとは、ハンガーにかけて乾燥させれば完成です。


スポンサーリンク


ダウンコートの洗い方【ドラム式】

 

袖や襟の目立つ汚れを先にとってしまうところまでは、洗濯機編と一緒です!

その後の工程からご紹介いたします。

1.ファスナーなど引っかかりそうな部分は全て閉じ、ネットに入れます。

2.洗濯のコースは、手洗いコースやドライコースなど一番優しく洗い上げてくれるコースを選択します。
また、シワになったり、中のダウンがぺしゃんこになる可能性があるので、脱水は1分に設定します。

3.選択が終わったら、ダウンコートを回収して少し伸ばします。
その後乾燥をさせるので、一番低温で優しい乾燥方法を選択して、時間をかけて羽毛まで乾燥させます。

ドラム式の婆場合、全体的に均一に汚れを落としてくれるので、通常の洗濯機よりも扱いが簡単になります。

ふんわり気持ち良いダウンコートに洗い上げる場合には、ダメージの少ない乾燥が肝となります。

本来のふわふわの状態を維持するべく、できれば様子を見なががら乾燥させた方が良いです。

ドラム式に関しては、ダウンコートの洗濯がより簡単になりますので、ぜひやってみてください。


スポンサーリンク


ダウンコートの洗い方まとめ

 

ダウンコートは暖かくて、軽いので毎日着たいものですが、その分日々の汚れが付着しやすいです。

保温性もあるので、少し暑く感じる時はダウンコートの中が蒸れてしまうという方も多いとは思います。

頻繁に洗濯しなくても大丈夫な分、どれくらい汚れが蓄積されているか少々不安になりますよね。

汚れが臭いの元にもなり得るし、清潔な状態でないとせっかくのダウンコートが着心地の悪いものになってしまいます。

「クリーニングに出せば良いけど戻ってくるのも遅いし、あんまりダウンコートって手軽じゃないよね」と思ってしまう方も、正しい方法で洗濯すれば、自宅でお気軽にダウンコートのお手入れが完了します。

クリーニングに出すよりも手間はかかりますが、かなりお金の節約ができます。

ご家族が多い方にもおすすめの方法なので、ご自身でお洗濯してみてはいかがでしょうか。

ただし、素材が水に弱い場合には洗濯ができないので、まず初めにご自身のお持ちのダウンの洗濯表示を確認することをおすすめいたします。

ダウンを洗濯して、毎日気持ちの良い着心地を実感してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です