甘酒の作り方で酒粕は手軽で美容にもおすすめ!砂糖なしレシピ公開!




肌寒い季節やお祝いなどでも活躍する甘酒は、ビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれていることから健康や美容に役立つ万能ドリンクとして愛用されています。

甘酒は市販のものも多数販売されているのですが、せっかくなら手作りの味わいをご自宅で体験したいと思う方も多いと思います。

そこで今回は、甘酒の作り方として定番でもある酒粕の特徴や、砂糖なしでも味わえるおすすめレシピなどをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


甘酒の作り方は酒粕からが手軽でおすすめ!

甘酒は主に「酒粕」と「麹」の2種類の原料から作られるのですが、酒粕は比較的お手頃な価格で入手できることもあり、ご家庭で使いやすいということでレシピとしても愛用されています。

酒粕を使った甘酒作りは何よりその手順がとても簡単で、酒粕50gに水200ccを加えて煮込んだら、仕上げに砂糖で味付けをするというシンプルなものなので、時間が空いた時にすぐに作れる時短料理としても重宝されています。

酒粕甘酒は砂糖が甘みのベースとなっているのですが、少量でも満腹感を得られやすく、ダイエットをサポートしてくれるドリンクとしても注目されており、美味しく味わえるのに低カロリー食品として優れています。

実は、麹を使った甘酒よりも酒粕を使ったほうがカロリーが低いとされていますが、これは酒粕甘酒の甘みの核となる砂糖によるもので、麹菌によるブドウ糖の甘みよりも砂糖の強い甘さが協調されるため、追加で甘くする必要もなく低カロリーを維持できるというメリットがあるのです。

また、酒粕には「アデノシン」という睡眠効果を促進させる成分が含まれているので、夜寝る前に飲むことによってぐっすり眠ることができるのも嬉しい効果ですよね。

特に、ダイエット中の方だと夜寝る前はあまり食べ物を取りたくないと感じると思いますが、栄養価が高いのにカロリーが控えめな甘酒はまさにうってつけの存在となります。

さらに、酒粕にはタンパク質の一種でもある「レジスタントプロテイン」という成分が豊富に含まれており、油の吸収を抑制してくれる働きもありますので、肥満予防はもちろん、肌荒れ防止にも効果が期待できることから、ダイエット中に気になりがちになる美容に関しての悩みも解決することができます。

甘さのある味わいと空腹感を満たす後味が癖となっている方も多く、料理投稿サイトなどではご家庭で甘酒を飲むことを習慣にしている方も珍しくないので、お腹がすいてなかなか眠れないという方にもおすすめです。

ただし、酒粕の甘酒は1日コップ1杯分の摂取が目安となっていますので、美味しいからといって何杯も飲むのは避けるようにしましょう。


スポンサーリンク


甘酒の作り方の酒粕はアルコール配合!

甘酒の原料として候補にあがる酒粕と麹ですが、一番の違いというのはアルコールが含まれているか否かということになります。

酒粕はその名の通りお酒が原料となっていますので、酒粕を使った甘酒にはもちろんアルコールが含まれていますので、お酒好きの方に好まれる味わいとなっているのも人気の理由です。

ちなみに、麹を使った甘酒はアルコールが含まれていないので、お子様や運転を控えている方、妊娠さんが飲んでいるケースが多いとされているので、自分の飲んでいる甘酒がどちらかを確認するにはアルコールが決め手となります。

ただ、アルコールは熱を加えて飛ばすことができますので、ノンアルコールの酒粕甘酒を飲みたい場合は、甘酒を作る前の酒粕を80℃以上で加熱してから飲むことをおすすめします。

また、少し手間ではありますが、電子レンジを使ってアルコールを抜けさせることもできますので、甘酒にお湯を加えて600Wで20~30秒ほど加熱してから酒粕が滑らかになるようにかき混ぜ、さらに2分以上加熱すると良いでしょう。


スポンサーリンク


甘酒の作り方の酒粕は砂糖なしもある?

酒粕による甘酒は砂糖が味の決め手となることから、糖分の摂取しすぎてしまうという不安もありますが、砂糖を使わなくても美味しく味わうことができるのでダイエット中の方にも安心して甘酒を楽しむことができます。

甘酒の作り方で酒粕とはちみつは相性抜群!

自然界の甘みの産物としても注目されるはちみつは、単糖類に分類されることから、消化器官に負担をかけないという特徴がありますので、甘みだけを味わえるだけでなく体にも優しい甘味料となっています。

風邪を引いた際にははちみつを使った飲み物が出されるくらい人気の食材となっていますし、健康や美容を気にする方は定期的に摂取していることでも知られていますよね。

はちみつに殺菌作用もある成分も含まれており、喉の痛みや口内炎にも効果があるとされているので、不規則な生活による疲れにも心強い存在となってくれます。

そんなはちみつは酒粕甘酒との相性も良く、手軽に甘さを加えられるとして料理投稿サイトでも取り上げられおり、砂糖なしで甘みを感じたい方に愛用されています。

はちみつと一緒に生姜や柚子を加えることによって後味を引き締める効果もありますし、少量のヨーグルトを加えることによって栄養価をプラスすることもできますので、アレンジのしやすさにも定評があります。

甘酒の作り方は酒粕と豆乳でまろやかに!

栄養価の高い飲み物として長年人気となっている豆乳も酒粕甘酒を美味しくしてくれる食品となっていますので、大豆の風味を一緒に味わえるとあって人気の組み合わせです。

豆乳特有のクリーミーな味わいは女性にも人気であり、甘酒本来の旨味を引き出してくれるまろやかな風味が癖になります。

作り方としては、酒粕と豆乳をミキサーにかけるという簡単な方法なので、時短料理としてもおすすめですし、滑らかな舌触りを演出してくれることから、飲み心地の良さに惹かれる方も多いようです。

また、豆乳に含まれる「イソフラボン」という成分は女性ホルモンに似た働きをするということで話題もなるほどの効能を発揮しますし、新陳代謝を促したり美肌になる手助けをしてくれる万能食材でもあるのです。

酒粕甘酒が砂糖不使用で作れる裏技があった?!

酒粕甘酒は酒粕と水が基本原料となっているので、どうしても甘みを足さなければならないということで砂糖が使われがちになるのですが、低カロリーとしてのメリットのある甘酒といえども、砂糖を入れすぎてしまっては高カロリードリンクの仲間入りになってしまいます。

しかし、美容効果の高い酒粕甘酒なので、毎日にでも飲みたいと考える方も多いくらい人気の飲み物となっていますので、できるだけカロリーを抑えて仕上がりを期待したいですよね。

そこで注目されているのが、自分で砂糖不使用の酒粕甘酒を作ってしまうという方法です!

用意するものは、一般的に売られている酒粕と水などを使って薄めるのに使える希釈タイプの米麹甘酒で、主にスーパーで売られているので手に入りやすい食品です。

酒粕はお湯に入れてだまにならないように溶かしていき、十分に滑らかになったら希釈タイプの米麹甘酒を入れて弱火で煮込んでいきます。

米麹甘酒を希釈するためには水の量が大切となりますので、購入した米麹甘酒がどの程度で希釈するのかをチェックしながら水を加えていくようにしましょう。

ちなみに、米麹はそのままでも十分甘味のある仕上がりとなっており、砂糖ではなく塩が入っていることがほとんどなので、砂糖を含まない酒粕甘酒に仕上げることができます。

酒粕と米麹を一緒にするという夢のような共演となっていますし、その味わいも濃厚でより風味豊かな旨味を感じることができますのでおすすめです。


スポンサーリンク


甘酒の作り方で酒粕の保存方法は?

自宅で甘酒を作る場合、どうしても量が多めになってしまうこともあると思いますので、しっかりとした保存方法を覚えておくことで美味しさを維持しながら酒粕を味わうことができます。

甘酒の一般的な保存方法としては冷凍が人気となっており、ジップロックなどの密封空間が作れる空気が入らない仕様のもので保存することが望ましいです。

冷凍された甘酒の保存期間は1ヵ月間が目安となっていますので、保存期間を守って甘酒を楽しみましょう。

また、冷蔵庫で保存する方法もあるのですが、冷凍庫よりも保存状態を維持するのが難しくなっていますので、2日~1週間で飲み切ってしまうことが賢明です。

いずれにしても手作りの酒粕甘酒はデリケートな状態となっている場合がほとんどなので、作りすぎてしまう前に飲める分だけを作ることがおすすめではありますが、冷凍や冷蔵保存によって甘酒が飲みたい時に気軽に味わえるのは嬉しいことですし、保存期間をしっかり守ることが大切です。

甘酒の作り方で酒粕の人気アレンジは?

引用:https://gurume-fun.xyz/1383

甘酒用に買った酒粕が余ってしまった場合、その処理をどのようにしていいか迷ってしまう方もいると思いますが、酒粕はアレンジのしやすさにも定評があるので、様々なレシピに取り入れることができるのです。

例えば、味噌汁に酒粕を加えるだけで完成する粕汁は、体を芯から温めてくれるので風邪や体調が悪い時にもおすすめですし、野菜などを加えてメイン料理の付け合わせとしても重宝される一品です。

また、酒粕に味噌とお酢を合わせてドレッシングを作ることで、旨味たっぷりの味わいを野菜と一緒に堪能することができますし、ヘルシーで栄養価の高い仕上がりなのでダイエットにも効果ありそうですね。

さらに、酒粕甘酒のアレンジとして人気なのが、ゼラチンと水を耐熱容器に加えてから、そのままレンジで40秒加熱し、甘酒や牛乳を加えて冷蔵庫で30分ほど冷やし固めることで完成してしまう甘酒プリンです。

こちらは北斗晶さんが紹介したレシピとしても好評であり、仕上げに桜の花の塩漬けを添えることによって見た目にも華やかな仕上がりが人気となっています。

北斗晶さんは日頃から甘酒の効能に注目していたこともあり、免疫力をアップさせる意味でも甘酒を飲んでいたようで、アレンジに関しても甘酒に対するこだわりには思わず感動してしまいます。

酒粕甘酒として味わうのはもちろんですが、手軽にアレンジしてよりレシピの幅を広げてくれるのは手作りならではの魅力ですし、栄養たっぷりの味わいを楽しみ方を知ることで甘酒を日常的に取り入れたくなりますね。

甘酒の作り方の酒粕の特徴や砂糖なしレシピまとめ

いかがでしたか?

甘酒の作り方として酒粕をご紹介しましたが、健康や美容に対する効果だけでなく様々なアレンジがしやすいことでも人気となっていますので、手作りで酒粕甘酒を楽しみたいという方には是非とも試してみてほしいです。

基本的には砂糖を使用する工程となるのですが、はちみつや豆乳などで糖分を気にすることなく甘酒本来の味わいを堪能することができますので、日々の生活の中で取り入れやすい低カロリーな飲み物としてもおすすめしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です