甘酒の作り方で米麹が大人気!炊飯器や魔法瓶で作る栄養満点レシピ!




「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒は、栄養たっぷりの甘い味わいが人気となっていて需要が高まっていると注目されているお酒です。

疲労回復や美容効果にも優れていることから、毎日のルーティーンに甘酒を飲むことを加える方も多いほどなので、ご家庭でも活用できる甘酒レシピを知りたい方もいると思います。

そこで今回は、体に嬉しい栄養素が豊富と評判の米麹で作る甘酒のおすすめの作り方を大公開します!


スポンサーリンク


甘酒の作り方は米麹のみで簡単にできる!

甘酒をより簡単に作りたい方におすすめしたいのが、米麹と60℃のお湯だけで作るという調理法なのですが、近年注目されている甘酒の栄養成分の源となっている米麹のみの旨味が凝縮された仕上がりが人気となっています。

米麹には栄養素も豊富なだけでなく、砂糖を使わなくても甘みを出してくれる優れものなので、ダイエット中にも安心して飲めることでも愛用者が増えているのです。

米麹のみの甘酒なのでアルコールが入っていないこともあり、お子様や妊婦さんでも気軽に飲めるのも魅力ですよね。

甘酒の強みでもあるまろやかな甘みはお子様にも人気があるので、甘酒を飲むことで日々取って起きたい栄養素を補給することができるのです。

また、妊婦さんは便秘に悩まされることも多いため、食物繊維が豊富な米麹の甘酒を飲むことで腸内環境を良くしてくれるので、お通じにも嬉しい効果を発揮します。

妊娠中は体に負担がかかりやすい時期でもありますので、免疫力アップや日々のストレスを受けやすいお肌を状態を整えてくれる効果もありますので、妊娠されている方は米麹のみで作った甘酒を飲んで元気な体を維持してほしいですね。

ただ、甘酒は1日200mlは目安となっていて、余分に取りすぎるとかえって妊娠糖尿病などを引き起こしてしまう危険性もありますので、飲み過ぎないように1日コップ1杯の量を守ってください。


スポンサーリンク


甘酒の作り方で米麹と炊飯器が人気!

テレビ番組や料理投稿サイトでも評判となっている米麹と炊飯器を使った作り方は、甘酒をあまり作ったことがない方でも本格的な味わいが楽しめるとあって人気です。

近年、炊飯器を使ったレシピは数多くネットでも多数検索できるくらい投稿されており、ボタンを押すだけで完成してしまうという機能性の高さにも注目されています。

そんな炊飯器での甘酒作りに必要な材料もとてもシンプルで、甘酒の原料となる米麹と布巾と温度計のみとなっているので、誰でも挑戦しやすいのも魅力です。

ただ、初めて甘酒を作る方にとっては、どうして温度計が必要なのか?と戸惑ってしまう方もいるかもしれませんが、甘酒作りにおいて、温度調整が非常に重要になるのです。

炊飯器のよる甘酒作りの手順としては、手で念入りにほぐした米麹を炊飯器に入れたら、60℃のお湯を注ぎ、ヘラなどを使って米麹が平らで滑らかになるように混ぜます。

米麹とお湯が均一に混ざったら蓋ではなく布巾を被せて6~8時間ほど保温するという流れになるのですが、1時間半~2時間ごとに定期的に60℃の状態を維持しているか温度チェックをする必要があります。

実は、米麹の豊富な栄養素は麹菌によるものなのですが、熱に弱い成分ということで60℃以上の環境になってしまうと死滅してしまうというデメリットがあるのです。

せっかく甘酒を作ったとしても栄養素が壊れてしまってはもったいないですし、できることなら麹菌が万全な状態で仕上げたいですよね。

そこで大切になってくるのが、60℃の温度を保つということなのですが、温度計で小まめにチェックすることで麹菌へのダメ―阻止することができます。

また、麹菌によって甘酒の甘みを増す働きを示す糖化が起こりやすい状態で60℃ということになっているので、甘酒の仕上がりにも深く影響を与えるので温度調整を怠らないことが重要です。


スポンサーリンク


甘酒の作り方は米麹とヨーグルティアで手軽に!

引用:https://www.twgram.me/

甘酒の作り方として炊飯器と同じくらい人気となっているのが、ヨーグルティアを使った簡単調理方法なのですが、元はご家庭でヨーグルトを作るためのものなのですが、同じ発酵食品として甘酒が作れることでも注目されているのです。

ヨーグルティアの容器を熱湯消毒して環境を整えてから、もみほぐした米麹と水を入れて十分に馴染むようにかき混ぜたら、容器の蓋を閉めてから本体にセットします。

本体には温度とタイマーが設定できる機能が付いているので、温度は60℃、タイマーは6時間に合わせてスタートボタンを押すだけで完了となります。

炊飯器を使った調理法だと自分で温度を調整しなければならなかったのですが、ヨーグルティアは温度だけでなく時間も設定できるため、甘酒作りが初めての方にも挑戦しやすく愛用している方も多いようです。

出来上がった甘酒は比較的味が濃いめになっていることが多いので、追加でお湯を入れてお好みの甘さに合わせることもできますし、生姜などを加えると後味の良さを感じやすくなるので、是非とも試してみてください!


スポンサーリンク


甘酒の作り方で米麹と魔法瓶が注目!

引用:https://www.goodspress.jp/howto/102685/2/

甘酒の作り方で炊飯器やヨーグルティアを使った調理法が人気ではあるのですが、ご家庭によっては炊飯器を長時間利用する野が困難だったり、ヨーグルティアがご家庭にないという方もいると思います。

特に、炊飯器で甘酒を作るとなると最長でも8時間ほど占領してしまうことになるので、白いご飯が炊けなくなってしまうという悩みを聞かれるようです。

そんな時におすすめしたいのが、保温効果にも優れている魔法瓶を使った甘酒作りなのです!

魔法瓶といえば、冷たさや温かさを名前の通り魔法のように維持してくれるとあって日常的に使っている方も多いと思いますが、甘酒作りにも有効活用できるということで注目されています。

そんな魔法瓶を使った甘酒の作り方のポイントは、米麹と馴染ませるお湯の温度を65℃にすることです。

60℃以上を超えてしまうと麹菌が死滅してしまうことはお伝えしましたが、魔法瓶の場合保温時間が10時間ほどかける必要があるので、ベースとなる温度を少し高めに設定することで徐々に60℃に下げていくという方法を使います。

これは、魔法瓶の特性でもある保温機能を十分に活用した方法となっていますが、10時間という長い時間の間に温度が変わってしまうこともあるため、定期的な温度チェックが必須です。

温度が上がりすぎても下がりすぎても甘酒の仕上がりに悪影響となりますので、60℃を基盤することを忘れないことが大切です。

甘酒の作り方は米麹を鍋で煮込むだけ?

ご家庭で甘酒を作る際のデメリットとして、思った以上に時間がかかってしまうということがありますが、実は鍋を使って煮込むだけでも甘酒を簡単に作ることができるのです。

ただ、あまりにも沸騰させすぎてしまうと麹菌が死滅する原因になってしまうので、火加減を十分にチェックする必要があります。

米麹を十分ほぐしたら水を全体が浸かるように入れ混ぜてから沸騰する直前くらいまで煮詰め、弱火にして10分ほど放置します。

米麹の塊が目立つようでしたらヘラでほぐすようにかき混ぜて均一な状態に保ちながら煮込み、10分たったら火を止めて少し大きめの布巾で鍋全体を包み込んで、6時間ほど放置すると完成です。

バスタオルなどで代用する方も多いようなので、鍋全体を保温できるような状態を維持することを心がけましょう。

調理時間としては10分という時短レシピとなっていますが、温度調整はしっかりする必要があるので、放置する前に温度が60℃以下になっているかのチェックが大切です。

全体的に温度が下がりすぎている場合は、鍋を火をかけて60℃に上げ直してから再度保温するようにするのをおすすめします。

鍋を使った調理法は料理投稿サイトでも人気となっており、時短もしながら簡単に甘酒が作れるとあってリピーターも増えているようです。

炊飯器を使いたくなかったり、専用の道具を揃えるのが億劫な方、時間がかかりすぎるという点で甘酒作りを諦めてしまっている方にも挑戦しやすい方法となります。

甘酒の作り方の米麹ともち米は美味しい!

甘酒を米麹のみで作れるとあって話題となっているのですが、同じくらい注目されているのがもち米を合わせた調理法です。

もち米の甘みをプラスすることによって、米麹のみよりもさらに味わい深い仕上がりとなりますし、濃厚さを甘酒に感じたいという方にも人気の組み合わせとなっています。

また、もち米はビタミンの一種でもあるパントテン酸が含まれているので、お肌のハリや弾力にも嬉しい効果を発揮しますので、美容が気になる方にも注目される食材なのです。

そんなもち米を甘酒作りに使用する際には、もち米を炊くことのできる炊飯器を使った調理法がおすすめです。

用意するもち米は通常の炊飯コースで炊いたものを使用するのですが、60℃になるようにかき混ぜることで麹菌の死滅を阻止することができます。

もち米は粘り気のある弾力さが特徴となっており、そうしてもだまになりやすくなってしまう場合があるので、お湯を少量加えるなどして米麹と均一に混ざるようにしてください。

甘酒の作り方の米麹はあさイチでも評判!

引用:https://www.amazon.co.jp/

NHKの人気情報番組でもある「あさイチ」では、甘酒の魅力を伝える特集が組まれたようで、それを見た数多くの視聴者が実際に真似するほどに影響力を与えています。

特に、手作りによる甘酒を推奨していて、乾燥した米麹とおかゆを混ぜ合わせて保温ポットで8時間放置するという方法が紹介されていました。

しかも、保温ポットは通常で使うような500ml容器でしたので、手軽に用意できそうですし、場所にも困らないのが嬉しいですよね。

ちなみに、あさイチで甘酒の魅力を教えてくださった管理栄養士の資格を持つ料理研究家の舘野真知子さんは「おいしく食べれるあま酒レシピ」という本も出版されており、甘酒を使った簡単アレンジレシピも載っていることでも注目されました。

甘酒と苺をジップロックなどに入れて冷凍させるだけでできるシャーベットなど、お子様にも喜ばれるレシピがたくさんありますので、気になる方はチェックしてみてください!

甘酒の作り方の米麹を使ったおすすめまとめ

いかがでしたか?

甘酒作りの定番となりつつある米麹を使った調理方法は、簡単なだけでなく甘味のある美味しさをより際立たせることができるのでおすすめです。

栄養価の高さにも注目が集まっていることから、炊飯器や魔法瓶などを使って誰でも作れるようなレシピも取り揃っていますので、甘酒を日常的に飲んで美容と健康を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です