大根の煮物に厚揚げが人気!ボリュームたっぷりレシピで旨味を凝縮!




ホクホクとした食感が魅力でどんな食材とも相性も良い大根の煮物は、肌寒い季節にも重宝されやすく、食卓を彩ってくれる一品としても注目されています。

特に、大根と厚揚げの組み合わせは様々な世代か人気があり、メイン料理はもちろん付け合わせの一品としてもおすすめなので、大根と厚揚げの美味しさを生かしたレシピもたくさん作られているのです。

そこで今回は、大根の煮物に厚揚げを合わせた人気レシピや、より美味しくするおすすめの調理方法などをご紹介していきましょう!


スポンサーリンク


大根の煮物~厚揚げ×人参~

大根の煮物に組み合わせる野菜として定番にもなっている人参ですが、美味しいだけでなく栄養価も高い食材ということで、食卓に良く出てくるご家庭も多いことでしょう。

特に、人参に多く含まれている栄養素でもあるカロテンは、体内でビタミンAに変換されるのですが、この栄養素はがん予防やアンチエイジング効果も期待できる高い抗酸化作用があることから、健康生活においてなくてはならないものとしても注目されています。

人参特有の鮮やかなオレンジ色がカロテンを示す色ともいわれていますので、見た目からも栄養満点のイメージの強い人参ですから、免疫力を上げたり疲労回復などにも役立てる存在にもなってくれるのです。

大根と厚揚げと人参の味噌煮

引用:https://cookpad.com/recipe/4130565

大根の煮物料理はご家庭によって味付けも様々にアレンジできることでも重宝されていますが、肌寒い季節には味噌煮が人気となっており、肌寒い季節に栄養たっぷりのレシピを堪能することができるのでおすすめです。

味噌はタンパク質や炭水化物だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているだけでなく、大根や厚揚げにも沁み込みやすい味わいになっていますので、ご飯がすすむレシピとしてお子様にも喜ばれること間違いなしです!

人参は比較的食感が残りやすい食材でもありますが、じっくりと味噌で煮込めばホロホロと箸で切れるようにもなりますし、甘みが増してより風味豊かになりますので是非とも合わせてみてほしいですね。

味噌煮の味わいをさらに引き立たせるために、ごま油を仕上げに加えたり、豚バラ肉などを一緒に煮込むことによってさらにボリュームのある仕上がりになるのでメイン料理としても活躍してくれます。

大根と厚揚げと人参のおでん

引用:https://cookpad.com/recipe/5354964

冬になると毎日でも食べたくなるようなおでんですが、大根や厚揚げはおでんに欠かせない食材としても知られていることから一度は作ったことのある方もいると思いますが、人参も食べやすい少し大きめに切ることによっておでんにも映える食材にもなりますので是非とも試してみてほしいです。

厚揚げは豆腐特有の食感を維持するために表面だけを油で揚げていることもあり、通常の豆腐よりも煮崩れしにくいのでおでんにも打ってつけですし、味の沁み込み方も比較的早いですので、時短食材としても人気です。

おでんといえばどちらかというと野菜が豊富なイメージもあり、飽きてしまう方もいるかもしれませんが、厚揚げと入れることによって野菜とは違う食感を味わうこともできますし、見た目にもボリュームを感じられる食材ですので、お腹を十分に満たしてくれるレシピとしてもおすすめです。

大根と厚揚げと人参の梅煮

引用:https://cookpad.com/recipe/5114157

煮物料理のイメージとして少し重たい印象を持っている方に試してみてほしいのが、梅肉を使った大根の梅煮なのですが、栄養価をアップさせるだけでなく後味もさっぱりしているのでいつもと違った煮物を味わうことができるのでおすすめです。

大根と厚揚げと人参を煮込んで梅肉を入れるだけで良いので料理方法も簡単ですし、少し入れるだけでも梅肉独特の風味が全体に広がりますので、梅好きの方にはたまらない一品としても人気です。

厚揚げと梅肉の相性も抜群ですし、食感だけでなく飽きの来ない味わいは様々な世代のお口に合うと思いますので、付け合わせに何か作りたいと思った時に思い出してほしいレシピですね。

大根の葉と厚揚げと人参の卵とじ

引用:https://cookpad.com/recipe/5270638

大根の煮物の簡単アレンジレシピとしておすすめしたいのが、余りがちにもなる大根の葉を使った煮物に卵とじをすることによって栄養価もアップするだけでなく彩りも豊かになるので是非とも試してみてほしいです。

大根といえば白い部分を使う方も多いとは思いますが、葉の部分にはビタミンCや葉酸、カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので、捨てるにはもったいないですし是非ともレシピとして使ってほしい部分でもあります。

また、卵は比較的どんな食材にも合わせやすい万能的な役割も果たしてくれますし、大根の葉や厚揚げにも絡みやすいですし、人参の甘さをより引き出してくれますのでご飯のお供としても重宝されています。

煮物料理は比較的味の変化が出しにくいものが多いのですが、卵を使って少し違った風味をプラスすることで簡単にアレンジすることもできますし、半熟加減を調整すれば食感も楽しめるレシピにもなりますので、大根の煮物の幅を広げてくれる存在としても重宝されているのです。


スポンサーリンク


大根の煮物~厚揚げ×こんにゃく~

煮物料理に入っているヘルシーな食材として人気のあるこんにゃくは、満足できるボリューム感があるのに低カロリーということもあり、大根と厚揚げの煮物にも組み合わせやすいので人気となっています。

こんにゃくそのものの味は比較的薄味とはなっていますが、出汁の旨味を沁み込みやすいことも煮物料理に重宝されやすい理由ともなっていますし、食物繊維やカルシウムも豊富に含まれているだけでなく、お肌にも良いと注目されているセラミドも含まれていますので、日頃から美容に気を付けている方には特におすすめです。

また、こんにゃくはしっかりと形のあるものから白滝のような独特の食感を楽しむこともできますので、調理方法によって様々なアレンジができることから、飽きの来ないレシピを食卓に出すことができますし、料理のレパートリーを増やしたい方にとってもこんにゃくはおすすめとなっています。

大根と厚揚げとこんにゃくの簡単煮物

引用:https://cookpad.com/recipe/3027830

あっという間にできるということで料理投稿サイトでも人気となっているレシピなのですが、醤油やみりんなどで簡単に味付けするだけでできるのは時短料理としても重宝されていますし、大根や厚揚げにも十分に味を沁み込ませてくれるので、付け合わせの一品としてもメイン料理としてもおすすめです。

醤油についてはご家庭でよく使っているもので簡単に味付けすることもできますし、みりんやお酒などを加えて濃さなどを調整することで、ご家庭の味を自分なりに作ることができるのも嬉しいですよね。

煮物料理は味付けの配合が難しかったり、時間がかかってしまうことで躊躇してしまうかもしれませんが、こんにゃくに切り込みを入れることで味がより沁み込みやすくすることができます。

また、全体的に食べやすい大きさで切ることで、大根や厚揚げへの火の通りも良くしてくれますし、少しの手間で煮物料理を簡単に調理することができるので是非とも試してみてほしいですね。

大根と厚揚げとこんにゃくと手羽先の煮物

引用:https://cookpad.com/recipe/4740093

大根の煮物は野菜だけでなくお肉を合わせるのも人気となっていますが、その中でも鶏肉は栄養価も高く歯応えも良いのでおすすめとなっていますし、特に手羽先と一緒に煮込むことによって鶏肉の風味をより感じることができるので是非とも試してみてほしいです。

手羽先はタンパク質やビタミンはもちろんですが、何より注目してほしいのがお肌に良いとされるコラーゲンが含まれているところであり、食事をしながら美容効果が期待できるというのは嬉しいですよね。

手羽先は唐揚げなどにすると食べにくさなどが目立ってしまうかもしれませんが、煮物料理にすることによって箸ですんなり鶏肉を掴めるくらいに柔らかく仕上げてくれますので、普段食べ慣れていない方でも安心して美味しさを感じることができます。

また、鶏肉の旨味が大根や厚揚げを優しく包み込んでくれますので、栄養価がプラスされるだけでなく味わいも豊かにしてくれるのでメイン料理としても楽しめるレシピにもなってくれるのです。


スポンサーリンク


大根の煮物と厚揚げは人気の白だしで味の決め手に!

引用:https://cookpad.com/recipe/4478765

大根や厚揚げを煮物にする場合に、どのような味付けをすればいいか迷ってしまう方も多いと思いますが、そんな方におすすめしたいのが白だしを使ったシンプルかつ万能ともいえる調理方法なのです。

白だしは鰹節や昆布などから取った出汁が原料となっており、そこに、色素が薄目の醤油で味をつけることで見た目にも柔らかな印象を与えるだけでなく、みりんや砂糖などの甘み成分も入っているので、料理好きの方には万能調味料としても注目されています。

大根はもちろん厚揚げも味が沁み込みやすい食材でもありますので、白だしの風味をより感じることもできますし、簡単に作れるだけでなく本格的な煮物ができるというのも嬉しいですよね。

自宅で出汁を作るとなると手間もかかりますし、何より醤油や砂糖などとのバランスを見るのも難しい作業となってしまいますが、白だしを使うだけでその手間も作業もしなくて済みますし、和食料理に合わせやすい味わいなので、煮物料理にはぴったりな調味料でもあるのです。


スポンサーリンク


大根の煮物と厚揚げの作り置きをする際の注意点は?

引用:https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/800858/

大根と厚揚げの煮物を作る場合、その日の食卓分だけでなく次の日のお弁当や保存用に作っておきたいと考える方もいると思いますが、煮物料理は冷凍することで味わいを落とすことなく保存することができるのでおすすめです。

煮物料理ならではの出汁が出ているので大根や煮物に沁み込んだ状態で保存するため、最初から冷凍目的で作る際には、味付けを少し控えめにすることで味が偏るのを防いでくれます。

実は、厚揚げというのはそのままでも冷凍保存することができるので、調理する際に余ってしまった厚揚げの鮮度を落とすことなく保存できるのは便利ですよね。

ただ、冷凍保存をすることで豆腐本来のしっとりとした食感が減ってしまう可能性もありますし、厚揚げ自体の賞味期限が過ぎてしまわないようにして、調理した煮物を冷凍する前には厚揚げの日付の確認をすることを忘れないようにしましょう。

大根の煮物と厚揚げの人気レシピまとめ

引用:https://cookpad.com/recipe/5403065

いかがでしたか?

大根と厚揚げの煮物に合う食材として人参とこんにゃくをご紹介しましたが、どちらも栄養たっぷりなだけでなくボリューム感のある味わいを楽しむことができますし、簡単に真似できるレシピもたくさんありますので是非ともチェックしてみてほしいですね。

煮物料理は味付けなどが難しいともいわれていますが、白だしを使うことで和風の旨味たっぷりの美味しさを堪能できるだけでなく、たくさん作りすぎたとしても冷凍保存することで、次の日のおかずとしても重宝される存在になりますので、日々の食卓を彩る一品として大活躍してくれること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です