大根おろし器でおすすめなのはコチラ!人気商品の使い心地を大調査!




焼き魚やあったかいお鍋など様々な料理の付け合わせとして大活躍する大根おろしですが、実際に自分で大根からすりおろすのが苦手という方が意外と多いようです。

大根おろしを作っても全部食べ切れずに残してしまったり、すりおろす時に怪我をしてしまうなど、大根おろしを食べたくても諦めてしまう場面が多いのは悲しいですよね。

そこで今回は、大根を今からでもすりたくなってしまうようなおすすめ大根おろし器をご紹介しましょう!


スポンサーリンク


大根おろし器のランキング上位をチェック!

どの大根おろし器を買おうか迷っている場合は、インターネットで商品検索してみるとレビューなども含めてその商品の評判を確認することができますし、ネットショップ内のランキング上位の商品を中心に見ていると人気商品などもチェックできるのでおすすめです。

貝印おろし専科

引用:https://sm.rakuten.co.jp/item/4901601416770

おろし板が曲面状になっているので大根をすりおろす際に力が入りすぎるのを防いでくれるだけでなく、抵抗感も少ないので比較的に楽におろせることもあって数多くのレビューが投稿されている注目商品です。

刃のサイズやピッチの変更が可能となっていますし、気軽にきめ細やかな大根おろしがおろすことができるので、今まで大根おろし器を使うのが苦手と感じる方にも挑戦しやすいです。

見た目も真っ白なフォルムで優しい印象を与えますし、大根をおろすのと同時に水切りができるトレーが内臓されていますので、余分な水分そのまま捨てることができるのも便利ですよね。

大根をおろす際にどうしても水分が多めに出てしまうこともあり、その処理が面倒になってしまう場合も多かったのですが、水切り穴も付いていますのでその悩みが一気に解決することができます。

それでは、実際におろし専科を使った方の声を聞いてみることにしましょう!

・おろし金部分がプラスチックになっているので、怪我もしにくく安心して使えるのが嬉しいです。

・今までのおろし器とは比べ物にならないくらい楽で早くおろせるのが便利!

・滑り止めストッパーや引っ掛け穴が付いているのが意外と便利で、洗いやすくてお値段も手頃なのでお得な買い物ができました!

・おろし器の大きさもちょうど良くて、下のトレーもおろし汁だけ溜まるのでとても使いやすい!

・今まで大根おろしをするのが面倒くさかったのですが、これを買ってからは毎日のようにすっています。

全体的の大好評となっているおろし専科ですが、楽に扱えるという使いやすさやおろし器自体の性能の高さも実感できる使い心地であることがわかります。

また、大根おろし器特有の機能だけでなく、滑り止めストッパーやトレーについての声も多かったので、商品の隅々まで便利な機能が満載なのは使ってみたいと感じるポイントとしても頷けますね。

和田商品プロおろしV

引用:https://www.hana8hana.com/entry/daikonoroshi

新設計されたおろし刃によって大根が楽におろせることに特化された構造になっており、大根の繊維を潰さないようにおろすことが可能になったプロおろしVは、湾曲されたおろし金によって腕にかかりすぎてしまう力を軽減される効果があるので、大根おろしによって疲れを感じてしまう方にもおすすめです。

付属で水切りによって、大根おろし特有の余分な水分もケースを持ち上げるだけで簡単に水を切ることができるのも便利です。

全体的にスタイリッシュな外観となっていますので、料理をするのが楽しくなるようなキッチン用品としても注目されていますし、大根以外の野菜や林檎などの果物も皮ごとすりおろせる丈夫な構造も魅力的です。

それでは、実際にプロおろしVを使った方の声を聞いてみましょう!

・大根が軽くおろせて便利だし、水切りが付いてるのも優秀だと思います。

・滑り止めがあるので安心して大根をおろすことができるのは嬉しい!

・肩を痛めてしまって大根おろしが食べれないと嘆いていたのですが、これならおろし作業も楽で汁切り機能もあって、おろし器としてほぼ完璧です。

・大根や林檎をするのに使っていますが、本当に力をいれなくてすることができますし、外の容器にゴムが付いて滑りにくくなっているので、とても満足しています!

大根おろしを使う際に力を入れすぎて容器自体が滑ってしまうという経験をした方もいると思いますが、その不安を解決してくれるような機能の効果を実感している方が多いような印象を受けました。

滑り止めの効果もあるにもかかわらず、大根おろし器自体にそこまで力を入れなくても楽におろせるような構造になっているのは、長年使い続けたいと思える要因になっているといえますね。


スポンサーリンク


大根おろし器でマツコも大絶賛した商品とは?

引用:https://inpurekun.com/oroshi/

大根おろし器の中で特に注目度が増している商品として、人気バラエティ番組の「マツコの知らない世界」で紹介された、サンクラフトの「スーパーおろし器」の評判の良さが際立っています。

マツコ・デラックスさんの率直な意見は視聴者としても注目していますし、本当に良い商品なんだなと実感するような表情には説得力がありますよね。

そんな「スーパーおろし器」の外観に関してですが、おろし金がとても鋭く、おろし応えがあるようなイメージが強いのですが、実はこのおろし金は3Dになっており、湾曲のアーチ状になっていることから力をそこまで入れなくてもスルッと御大根をおろせるようになっているのです。

また、本体の角度を斜めにすることができる構造になっており、この傾斜を利用することで力が入れやすくなるので、商品全体で大根おろしをするのに適した環境を整えているといえます。

さらに、おろし金と受け皿の他にも水切り皿が搭載されているので、大根をおろしてそのまま持ち上げるだけで下の水切り皿に余分な水分が落ちる構造になっているのも便利です。

仕上がりもふわっとした見た目が食欲をそそりますし、その食感は大根のシャキシャキ感も味わえるような贅沢な味わいになっていますので、「スーパーおろし器」は是非とも試してみてほしい商品ですね。


スポンサーリンク


大根おろし器に電動式が登場?!

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/shibaden/sdo-300.html

大根おろしが食べたいと思っても、つい面倒になってしまって作るのを諦めてしまう方も多いと思いますが、そんな方におすすめしたいのが電動式の大根おろし器です。

一般的には、大根おろしは手作業というイメージも強いこともあり、電動という言葉結びつきにくいキッチン用品ではありますが、近年発売されている電動おろし器は、誰にでも使いやすいような構造になっているので是非とも試してみてほしいです。

実際にどのような手順で行うかというと、大根は事前に皮を剥いて専用のスロットに入りやすい大きさに切ってから、専用の押し棒でグッと押し込んでいくだけという簡単な手法になります。

実に7秒ほどで完成する驚きの速さは圧巻ですし、こんなにも早く大根がすりおろされてしまうのかというあっという間の作業は思わず癖になってしまうほどです。

仕上がりもふわふわとした大根おろしの食感が残されていますし、専用のスロットに自分ですりたい分の大根を入れるだけでいいので、余分に作りすぎるのを防いでくれるのも嬉しいですよね。

実際に電動おろし器を体験した方の口コミを見てみると、大根おろしをする際に力をいれずに済んで楽になったことや、手でおろした時と変わらない美味しさに満足している方も多数おられましたので、日々の大根おろしづくりに苦痛を感じている方は一度チェックしてみてください!


スポンサーリンク


大根おろし器の業務用があるってホント?

大根おろし器といえば、どちらかというとご家庭で使われキッチン用品としてのイメージが強いですが、実は業務用の大根おろし器も販売されているのです。

ファミレスや居酒屋でも大根おろしが出ていることも多いですし、商業目的としてより大量の大根おろしが必要になっている企業も多いことから、その需要の高さも頷けますよね。

それでは、見た目にもインパクトのある業務用の大根おろし器をご紹介しましょう!

業務用電動スーパーおろし丸

引用:https://www.askul.co.jp/p/1387157/

独自の自動公転式のおろし刃を搭載しており、手でおろしたかのような仕上がりを素早く実現できるスーパーおろし丸は、大根(φ65まで)をそのまま容器に入れることができ、1本丸ごとおろせることでも注目されているのです。

見た目にもかなりの存在感を発揮しているだけでなく、その効能の高さも優れており、繊維の強い野菜でも楽におろせるようになっているので、大根だけでなく薬味として利用されやすい生姜おろしも作ることができます。

また、組み立てるのも簡単な構造になっているだけでなく、部品はもちろん全体が簡単に洗うことができるので衛生面での配慮もしっかりとされている商品です。

アルミハイスピードおろし

引用:https://ec.line.me/product/2100695204

日本製の硬貨アルミニウムを使用し、幅12cm奥行き22cmの大きさを誇る業務用大根おろし器でもあるアルミハイスピードおろしは、プロの力をご家庭にも取り入れることのできる持ち運びがしやすい大根おろし器となっています。

大根の繊維を潰さない構造になっており、大根特有の食感を保ちながら旨味たっぷりの大根おろしを作ることができるもの魅力です。

また、受け皿も幅11cm奥行29cmと広く作られており、高さ5cmという余裕さも感じられますので、大根おろしを全力で受け止めてくれるのはありがたいですよね。

一般的にイメージしている大根おろし器よりはるかに大きいサイズとなっていますので、大根を小まめに切らなくてもそのまますりおろせるくらいの規模になっているのは時短にもなりますし、プロがすりおろすような大根おろしがご家庭でできるのは特権でもあります。

大根おろし器は100均にも売っている?

引用:http://takabroad.hatenablog.com/entry/daisy-100yen-kitchen-takoyaki

プチプラの代表格となっている100均ブランドでもあるダイソーでは、大根おろし器ももちろん100円で購入することができるのですが、実際の使いやすさやコスパ具合が気になりますよね。

実際にダイソーのキッチン用品コーナーに行ってみると、数種類の大根おろし器を見つけることができたのですが、その中でも特に人気となっているのが「保存もできちゃうおろし器」という商品です。

その内容としては、真っ白なおろし盤とシリコン素材の容器と蓋が付いているのですが、一見受け皿ともとれるシリコン素材の容器が思わぬ効果を発揮してくれるのです。

大根をおろす際には、容器の中におろし盤を入れすりおろすという手順になるのですが、すり終わったらおろし盤をそのまま容器に入れ替えることによって、そのまま大根おろしの水分を絞りきることが可能になります。

シリコン素材なので形の変形ができることもあり、ギュッと絞るようにして容器全体をそのまま圧迫することによって余分な水分を取り除くことができるのです。

水気を切った大根はそのまま容器に入れて蓋をすれば冷蔵庫に保存することもできますので、たった1つの容器で何役にもなってくれるのはダイソーならではのコスパの良さを感じますよね。

大根おろし器で楽におろせる方法は?

大根をおろしたことのない方にとって、大根おろし器を使うこと自体に抵抗を感じる方も少なからずいると思いますが、少しでも楽に大根をおろせる方法があったら試してみたいものですよね。

一般的なイメージとして、大根をおろすのにはある程度の力が必要だったり、長時間おろし続けないと適量にならないなど、すりおろすという行動自体はシンプルなのですが思った以上の重労働と感じる方も多いようです。

例えば、おろし金を使う場合なのは、比較的大きめのものを使うことによって大根の側面が当たるスペースが広くなりますので、一度におろせる大根の量が多めになりますので、時間節約にも繋がりますし、手に持ちやすい大根の大きさにすることができるので、手首も疲れにくくなる効果も期待できます。

また、大根のおろし方を円を描くように優しくすることによって、余分な力をかけずにまんべんなく力を与えることができるだけでなく、ふわふわとした食感の大根おろしのすることができるので、上下にゴシゴシおろすのではなく頭の中で円をイメージしながらおろしていくと良いでしょう。

ちなみに、私自身もこの円を描くように下ろす方法を小さい頃に母親から教えてもらっていて、今現在も実践している馴染みのあるものだったので、その効果を再確認することができて嬉しいです。

握力がそこまで強くない私でもすんなり大根をおろすことができていますし、大根おろしのふわふわとした感触も実感できるのでおすすめです。

大根おろし器のおすすめや人気商品まとめ

いかがでしたか?

大根おろし器は使うために手間がかかったり重労働になったりするなど、ネガティブなイメージが先行しやすかったのですが、近年販売されている大根おろし器は、誰にでも簡単におろせるものも増えてきているので、大根おろし器を使いやすい環境になっていることがわかりましたね。

瞬時に大根おろしが作れてしまう電動式のものや、コスパにも優れている100均商品なども多数揃っていますので、今まで大根おろし器を避けていた方には是非とも試してみてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です