大根おろしはチューブタイプが手軽で便利!賞味期限や売り場を調査!




焼き魚やお蕎麦にもよく合う薬味として大根おろしは、さっぱりとした味わいが楽しめるということで人気の組み合わせですが、大根をすりおろすのが面倒だと感じている方も多いようです。

大根おろしを作るために大根1本を買っても思った以上に余ってしまったり、余分に作りすぎてしまって新鮮な状態を保てないという不安もありますが、大根おろしが新鮮な状態のまま販売されていたら便利だなと感じたことがありませんか?

そこで今回は、大根をおろす手間を省く万能アイテムの大根おろしチューブについてご紹介しましょう!


スポンサーリンク


大根おろしのチューブタイプの商品化の秘密に迫る!

引用:https://mognavi.jp/food/1438564

メイン料理や付け合わせの一品に添えるように使われることの多い大根おろしは、そこにあるだけで料理そのものの旨味を引き出してくれたり、アクセントになる存在になるので多くの食卓で活用される薬味の一つです。

しかし、大根おろしを作るためには大根をすりおろし器でじっくりおろして水気を切るなどの手間がかかったり、意外と力仕事になることから自宅で作るのを躊躇する方も多いようです。

一人暮らしの場合などは、すりおろし器が自宅にない場合などもありますので、そもそも大根おろしを作ることができないというケースも少なくないようです。

そんな時の救世主として登場したのが、手軽に使いたい分だけを取り出せるチューブタイプの大根おろしなのです!

大根おろしのチューブタイプのきっかけは主婦?

わさびや生姜などの薬味のチューブタイプは馴染みがありますが、実は大根おろしのチューブタイプはありそうで商品化されていなかった薬味の代表格でもあります。

そんな大根おろしのチューブタイプを世に生み出したのは、漬物メーカーの「新進(しんしん)」に勤める女性の開発者なのですが、そのきっかけとなったのは、メーカーの社長が耳にしたとある主婦の言葉だったのです。

チューブタイプのジュレの新商品の販売セールを視察するためにスーパーの魚コーナーに足を運んだ社長は、買い物に来ていた主婦にこのように話しかけられました。

使いたい量だけ使えるチューブタイプのジュレは便利だから、今度は大根おろしも作ってほしいわ。

秋刀魚に大根おろしを合わせたいけど、いつもすりおろすのが面倒だからね。」

その声を聞いた社長は、社に戻った途端に開発担当者を呼び出して、大根おろしのチューブタイプを商品化させるための構想を話して、主婦の悩みを解決するためにも商品開発に踏み出すこととなったのです。

大根おろしのチューブタイプは賞味期限が重要?

引用:http://otokonosyokuzai.seesaa.net/article/379797193.html

とある主婦の言葉をきっかけに、社長と女性開発者による商品化に向けての奮闘の日々が始まるのですが、実は大根おろしをチューブタイプにするためには越えなければならない課題が山積みだったのです。

まずは、大根おろし特有の新鮮さの象徴でもある白さをどのようにして維持するかということです。

すりおろした時の大根おろしの新鮮さは醍醐味でもありますし、さっぱりとした後味を楽しむために大根おろしを薬味として使う方も少なくないでしょう。

この課題に関しては、チューブの包材を厚みのあるポリエステル系の素材にすることで、劣化を防ぐことができ、パッケージに透明に見える部分を設けることで大根おろしの白さを見た目からも確認できるようにしたのです。

次に、大根おろしのふわふわとした食感を損なわないようにチューブに保存できるのかということです。

魚の香ばしい香りやお蕎麦のつるつるとした食感との相性抜群でもある大根本来の食感を残してこその商品化だと思うので、味だけでなく口に入れた時の食感は大事にしたい部分でもありますよね。

こちらの課題への取り組みは、大根の繊維質を残すために最適な専用おろし金円盤を導入し、すりおろした当日にチューブに詰めることで、ふわふわとした食感の大根おろしを新鮮に保つことに成功したのです。

そして、大根のみずみずしさを保つだけでなく、日持ちするような保存状態をしっかり維持できるかということも忘れてはならない課題でした。

実際にすりおろした大根おろしの保存期限もそこまで長くないこともあり、商品化するのであればより保存状態が良くなければせっかくの需要に応えられないですよね。

実は、大根おろしを直にチューブに詰めてしまうと、水分と繊維質が分離してしまうことによってみずみずしさがなくなってしまうという難題があり、これをクリアしなければ商品化には到底及ばないという開発において乗り越えなければならない一番の壁でもあったのです。

そこで、大根おろしを詰める際に水分量を調節することに勤しんだ女性開発者は、試行錯誤の結果最適な割合を発見することでみずみずしさを保つことができ、残った課題は大根おろしの日持ちできる期間をどのように設定するかということになりました。

大根おろしの賞味期限は購買意欲に直結する課題ですし、どのくらい美味しい状態を味わえるかというのは消費者としても気になるところではありますよね。

メーカーの営業からの希望は「90~150日」でしたが、女性開発者が出した期限は「60日」だったのです。

「大根おろしはいわば“生きた野菜”なので、仮に90日以上もってしまうと、添加物が入っているのでは?と購入するお客様に不安を与えてしまうので、安心感のある商品として提示したい。」

実際にすりおろした大根おろしの保存期間も短い中で、違和感なく大根おろしを使うことができる新鮮さを賞味期限で表してくれるのは、消費者側としても不安がなくなりますし、開発に携わる方がそのような考えで商品を作っているのは嬉しいですよね。

消費者目線に立った女性開発者のこの考えは営業の心を動かす結果となり、賞味期限は「60日」となったのです。

さらに、大根おろし特有の苦みや匂いを少しでもやわらげるために、レモン果汁を加えることによってさっぱりとした味わいを演出し、みずみずしい風味を損なうことなく「60日」持続させることができたのです。

こうして、社長が聞いたとある主婦のちょっとした悩みがメーカーの商品開発の意欲を動かし、1年半もの長い年月をかけて、ついに大根おろしのチューブタイプが商品化されたのです。

大根おろしのチューブタイプは予想以上の大反響!

2013年の8月に発売されて以降、ありそうでなかった商品ということで話題となりメディアにも取り上げられたこともあって、発売当初からの売れ行きが好評で、その1か月後には増産体制になったそうです。

商品開発のきっかけとなった主婦はもちろん、おろし器がない一人暮らしの方や実際におろすのが面倒だったという方にも注目されて、メーカーの予想していた以上の反響があったのは言うまでもないでしょう。

さらに、チューブタイプ最大の魅力でもある必要量だけ使えるという手軽さも人気で、大根おろしの需要がたくさんあったというのを商品化を通して改めて知ることになったのです。

発売されてから月日はたっていますが、今でも大根おろしチューブの反響は大きく、SNSでは日々の生活に活用している人も少なくないようです。

・大根おろしチューブを使えば手軽にみぞれ汁が食べれるから嬉しい!

・秋刀魚食べる時に大根おろしのチューブタイプつけると便利!

・今まで冷凍大根おろし買ってたけど、解凍も面倒だしチューブタイプは楽だし量もちょうどいいからおすすめだよ。

・大根おろしチューブは小さくていいサイズだしありがたい!

チューブタイプという手軽さだけでなく、使いたいだけ使えるという量の調節ができるというのは魅力でもありますし、大根おろしを薬味として愛用している方がたくさんいることがわかります。

また、大根おろし器が危なくて使えないという声もあるようで、チューブタイプであれば開けやすい構造になっているのでお子様でも安心して大根おろしを使うことができるのも魅力ですよね。


スポンサーリンク


大根おろしのチューブはイオンのネットスーパーにも!

引用:https://osusumetakuhai.info/post-267

食材を買うためにスーパーに出向くのは基本ではありますが、ネット通販の需要増加によってご自宅で商品を選んで届けてもらうというシステムを活用している方も多くなってきています。

数多くの商品を取り揃えてる大手メーカーでもあるイオンのスーパーでは、大根おろしのチューブタイプの第一人者でもある新進の大根おろしを取り扱っていますので、購入したい場合はお近くのイオンに足を運んでみることをおすすめします。

さらに、イオンのネットスーパーでも購入することができるので、お店に足を運ばなくても新鮮な状態で届けてくれる便利さは消費者にとってもありがたいですよね。


スポンサーリンク


大根おろしのチューブはコンビニでも買える?

引用:http://www.sej.co.jp/i/item/300101103432.html?category=165&page=1

24時間営業で暮らしに必要なものが手に入るコンビニでも、大根おろしのチューブタイプが発売されているので、閉店時間などを気にせず購入することができるのでおすすめです。

セブンイレブンでは、2017年の10月から販売されている比較的新しい標品ではありますが、自社製品でもあるセブンプレミアム関連商品なので手頃な値段で安心の品質を誇っています。

みずみずしい国産の大根を使用していて、粗めにすりおろしているので食感も豊かですし、チューブタイプ特有のキャップもしっかり装着しているので使いたい時に使える便利さも人気となっています。

パッケージも鮮やかで購買意欲をそそるわかりやすいデザインになっていますので、ハンバーグや魚を買った際には是非とも薬味としてお試しください。


スポンサーリンク


大根おろしのチューブの売り場はどこ?

引用:https://tetorayade.exblog.jp/24840778/

2013年に商品化されて大反響となっている大根おろしのチューブタイプですが、スーパーやコンビニなどのどの売り場で見つけることができるのか気になりますよね。

わさびや生姜などの薬味売り場や醤油やポン酢などの調味料売り場が探しやすいポイントかもしれませんが、大根おろしを一緒に使うことの多い魚やお刺身売り場をチェックしてみると、魚に寄り添うように売り場を確保しているのを良く見かけます。

お店側としては、大根おろしを単体で置くよりも一緒に合わせる食材と同じ視界に入るようにすることによって相乗効果で購買意欲をそそることになりますので、薬味や調味料売り場になければ魚売り場に足を運んでみることをおすすめします。

どうしても見つからないのではあれば、店員さんに聞いてみると売り場まで案内してくれると思いますので、気軽に声をかけてみてください。

大根おろしのチューブに栄養成分はあるの?

引用:http://otokonosyokuzai.seesaa.net/article/379797193.html

手軽にお好みの量を使えるということで大根おろしのチューブタイプは人気となっていますが、大根おろしの栄養成分について気になっている方も多いと思います。

大根おろしのチューブタイプは、基本的には辛みがないものが多いのですが、これは開発段階で苦味成分となるイソチオアネートが減少しているためでもあるようです。

また、消化酵素の一種でもあるジアスターゼが分解されていることが多く、大根の水分を調整する際に栄養分が流れ出ている可能性も高いので、実際にすりおろした大根おろしよりは栄養成分が少なくなっているようです。

手間を省くために商品化されていることもありますので、栄養面で劣ってしまうかもしれませんが、大根そのものをすりおろしているのは確かですし、みずみずしさを維持したり苦味を抑えるようにレモン果汁によって食べやすくなっていますので、利便性に特化した商品として重宝されていることは間違いないようです。

大根おろしのチューブタイプの豆知識や売り場まとめ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=0fbBq1hj6eA

いかがでしたか?

大根おろしのチューブタイプは、手軽にみずみずしい美味しさを味わえることで人気となっていますが、その開発には消費者の声を商品化しようとするメーカー側の熱意と実現しようとする企業努力が基盤となっており、どんな困難にも立ち向かう姿勢はとても感動的でした。

チューブタイプにすることで使いたい分だけ使えるという需要にも応えることができましたし、様々な料理との相性も抜群な大根おろしですので、これからも日々の食卓で活躍していきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です