マフラータオルはスポーツやライブで大活躍!巻き方やリメイク公開!




スポーツ観戦やライブ会場などで見かけることの多いマフラータオルは、見た目にも色鮮やかなだけでなく丈夫に作られているものが多く、熱気あふれる会場の中でも手軽に使うことのできるグッズとして人気のアイテムです。

ライブ会場などではオリジナルグッズとしてその場でしか買えないものがあるなど、思い出やお土産としても重宝されるマフラータオルですが、スタジアムやライブ会場以外での使用方法について悩んでいる方も多いようです。

そこで今回は、マフラータオルの使い方やおすすめの巻き方、ライブ後に使えるリメイク方法についてご紹介してきましょう!


スポンサーリンク


マフラータオルとは?

引用:https://item.mercari.com/jp/m25224048368/

そもそもマフラータオルとは、どのようなものなのかご存知でしょうか?

イメージしやすいものとしては、サッカースタジアムや野外ライブなどの中継などを見た際に、多くの観客が首にかけている長めのタオルがマフラータオルと呼ばれるものだと思ってもらって良いでしょう。

見た目からしても防寒具としてのマフラーのように見えることもあり、首に掛けたり巻いたりするという点では一緒なのですが、一番の違いはその素材感にあります。

基本的にはタオル生地がベースとなっているのですが、マフラータオルに関しては通常のタオルよりも頑丈に作られているものが多いだけでなく、吸湿性に優れているので水や汗などを瞬時に拭きとってくれる効果もあるのです。

マフラータオルが特に活躍する場所としてスポーツ観戦などの会場や音楽を楽しめるライブ会場などが有名なのですが、人が密集する場所で声を上げて応援したり動いたりすることも多いと思いますが、どうしても汗をかきやすい環境となってしまいますよね。

たとえ冬場だとしても、会場自体が完全に閉め切った状態で試合やライブが始まることも多いので、自分だけでなく周りの人の熱気に包まれることも予想されます。

そんな時にこそ、首にマフラータオルを掛けることによって顔や首などの汗を瞬時に拭くことができますし、首に掛けやすい長さのものが多いので両手がふさがっていない状態でスポーツ観戦などを楽しむことができるのです。

スポーツ観戦をする際には一体感が大切になってくることも多いので、同じマフラータオルを掲げて選手を応援するという場面を見ることも多いですし、声援を送る中で肉体的にも疲れてきてしまうのでマフラータオルで活気をつけることもできます。

また、応援する側のマフラータオルを首に掛けることによって敵側に対してアピールすることもできますし、選手が会場を見渡した時に目立ちやすいデザインとなっているものも多いので、首に掛けているだけで応援する気持ちを伝えることもできますよね。

音楽アーティストによるライブ会場などでは、ライブタオルを手に持ちながら振り回してレスポンスをする光景などが醍醐味となっているくらいなので、汗を拭く以外にもライブを盛り上げるアイテムとして人気となっています。

ライブのオリジナルグッズとして販売されることも多いマフラータオルなので、好きなアーティストのライブに行くと様々なグッズが溢れる中でも必ずと言っていいほどマフラータオルが販売されています。

一見すると、ライブグッズは値段が高めの印象を感じますが、マフラータオルに関しては比較的手頃な値段で売られていることが多いので、何か一つ思い出として買おうとする際にも選ばれやすいですし、タオルを使ってアーティストを盛り上げることもできるので何かと重宝されやすいです。

実際に私もスポーツ観戦やライブを見に行った時にマフラータオルを買ったのですが、とにかくデザイン性が高いものが多く、それを見るだけでその当時を思い出せるくらい特別なものになっているのを感じます。

タオルを首に巻くということをあまりしたことがなかったのですが、マフラータオルだとしっかりとした生地で少し引っ張っても大丈夫なくらい頑丈ですし、飛び跳ねたりして盛り上がった時にもしっかりと肌にフィットしてくれますし、汗を拭きとってもさらっとした肌を保ってくれるのでライブを思う存分楽しめることができました。

どちらかというとスポーツやライブを見に来ているファンが買いやすいグッズとして有名ではありますが、売れ行きなどもグッズの中では一番多いとされていますので、マフラータオルが欲しいと思った方はいち早く買いに行くことをおすすめしたいですね。


スポンサーリンク


マフラータオルの巻き方~野球~

引用:https://matome.naver.jp/odai/2140721447526202701/2140721625827811403

野球の試合は場合によってはとても長い時間かけて行われることも多いので、応援する側にも負担にならないようにマフラータオルを使ってしっかり汗を拭きとり熱い声援を選手に送りたいですよね。

野球の観戦会場でよく見られるマフラータオルの巻き方としては、首にそのまま描けて模様を全面に見せる巻き方が一般的ですが、マフラータオルを半分に折って細長い状態にしてから首に巻いて前に一結びするというやり方もよく見かけることができます。

一結びにしてマフラータオルの生地を整えている時にチームの名前やロゴが入っている場合なのは、それを表に向けて応援の気持ちをアピールすることもできるので是非とも実践してみましょう。

また、小さいお子様などと一緒に野球観戦をしている方もテレビ中継などでよく見かけますが、肩を覆うようにマフラータオルをかけて一生懸命応援している姿は微笑ましいですよね。

首に掛けるというのが一般的ではありますが、汗をしっかり吸収してくれるということもあって頭に巻いて応援する方もいるほどですので、機能性も感じながら個性あふれる巻き方をするの酢ポーツ観戦の楽しみとなりそうですね。


スポンサーリンク


マフラータオルの巻き方~サッカー~

引用:https://item.rakuten.co.jp/89kingdom/wsa833/

近年の日本代表選手の活躍により、サッカーの試合を見る頻度というのが年々上がっているのを感じますが、サッカーを観戦する際にもマフラータオルは必需品となっているほどの人気となっています。

特に、Jリーグで日々奮闘するサッカーチームのマフラータオルは色鮮やかなものが多く、それぞれの強さを形にしたようなインパクトのある存在感が魅力となっています。

サッカーの観戦会場でよく見られるマフラータオルの巻き方としては、首に掛けて中央の部分をリストバンドなどで止めるネクタイのように巻いている方が多く見られますが、全体的にマフラーに描いてあるロゴをしっかりと見せる巻き方が人気となっています。

比較的長めに作られていることが多いマフラータオルなので、マフラーに描いてある文字が見えやすいように巻くこともできますし、遠くから見てもどのチームのファンがわかりやすいようなわかりやすいデザイン性もグッズとして身に付けやすい理由かもしれませんね。

また、マフラータオルを両手いっぱいに広げて文字を選手に向かって文字を見せるというパフォーマンスをする方も多いので、汗を拭きとる以外にも自分の応援している気持ちを積極的に伝えるツールとしても活躍してくれるのです。


スポンサーリンク


マフラータオルの巻き方~ライブ~

引用:http://festivaly.jp/towel-around-the-neck-2018/

音楽に合わせて振り回すのが風物詩ともなっているくらいライブ会場で見ない日はないくらい重宝されているマフラータオルですが、ツアーグッズなどとしても販売されることも多いので、記念として購入するファンも多いようですね。

ライブならではの特別感のあるデザインが描かれていることもあり、コレクションとして集めている方も多く、毎回のライブの楽しみとしてもマフラータオルは注目されています。

ライブ会場でよく見られるマフラータオルの巻き方としては、指定席やゆったりしたスペースなどで見る場合には首に掛けるだけや、肩を覆うようにして身に付ける方も多いようですが、身動きの取りにくい人口密度の多いライブ会場などでは、マフラータオルが飛ばされないようにしっかりと首の前で一結びしてからライブを楽しむ方も多いようです。

また、ラバーバンドやリストバンドなども一緒に売られていることも多いことから、首に掛けて前で止める巻き方も人気なので、よりライブ感を楽しめる装いでさらにテンションが上がりますよね。

マフラータオルの使い道やアレンジ方法とは?

スポーツやライブを存分に楽しんだ後に、大活躍してくれたマフラータオルをどうしていいかわからなくなってしまう方が意外と多いようです。

観戦する度にマフラータオルを買っている方もいると思いますので、行くたびに増えていくマフラータオルの保管方法にも苦戦しているかもしれませんね。

それでは、実は気になっている方も多いマフラータオルを使った後の保管方法やアレンジ方法についてご紹介しましょう!

インテリアとして飾る

引用:https://www.gakubuti.net/products/detail.php?product_id=1586

マフラータオルを見てスポーツやライブを見た後の余韻に包まれる方も多いと思いますが、大切に保管するという意味でマフラーをなどに入れてインテリアとして玄関や部屋に飾る方が多いようです。

汗をたくさん吸っていることもあり、保管する際には洗濯するのが無難ですが、ファンの中には保管用として購入する方もいますので、貴重な時間を共有したアイテムをそのまま傍においておきたいと考える気持ちを頷けますよね。

利便性の高いタオルマフラーですが、デザインが凝っているものが多いことでも知られていますので、色鮮やかなマフラータオルを飾ることによって部屋全体を明るく見せてくれる効果もある万能アイテムとなっています。

バッグにリメイク

引用:https://history.aucfan.com/yahoo/r107424312/ask/

マフラータオルに描かれてあるデザインはロゴや名前が多いということもあり、インパクトのある存在感を発揮してくれるので、それを中心としたバッグを作ることによってデザイン性の高いアイテムを作ることができます。

全体的に丈夫な生地で作られているものも多いので、機能的にも優れていることから普段使いができるバッグに活用することもできますし、マフラータオルから作ったとは思えない仕上がりを導いてくれます。

自分の好きなアーティストのグッズが基盤となっているので、日頃から身に付けることができるというのはファン心理的にも嬉しいことですし、せっかくのグッズをそのまま放置してしまうよりも有効的なので、誰にでも真似しやすいリメイク方法となっています。

ペットボトルカバーにリメイク

引用:https://item.mercari.com/jp/m26905649403/

吸湿性のあるタオル生地の特性を最大限に生かすリメイク方法として人気なのが、ペットボトルを包む込んでくれるカバーとして生まれ変わらせることです。

近年、ペットボトル飲料水が様々なメーカーから販売されていますので、バッグに1本ペットボトルが入っているという光景を見る機会も増えていますし、コンビニやスーパーなどで気軽に買いやすいということもあり、ペットボトルカバーの需要も高まっています。

しかも、マフラータオルは水分を吸い取る力に優れていますので、水滴などで冷たくなったペットボトルがバッグの中に入っている書類などを濡らさないように防止してくれることもできます。

また、デザイン性も優れているのでペットボトルを着せ替えする感覚で身近なおしゃれを楽しむことができるのも嬉しいですよね。

思い出を一緒に共有したマフラータオルなので、目に届くところに保管したり、別の形にリメイクして身に付けるなど、思い出を大切にしながら愛用し続けることができるのもマフラータオルをアレンジする魅力となっていますよね。

マフラータオル作成は格安でできる?

引用:https://towel-festa.com/

スポーツやライブを見に行って入手することができるマフラータオルですが、実は自分だけのオリジナルマフラータオルを作ることができるのをご存知ですか?

学校や職場などでオリジナルの文字やロゴを入れたいと思った時に、デザインなどを入れたり生地を仕入れたりするのが面倒と感じる方も多いと思いますが、電話やネット注文などから気軽に頼めるサービスが増えているのです。

生地やサイズなどは各メーカーによって様々ですが、希望するデザインや見本サンプルを無料で提示してくれたり、高品質ながらも低価格で提供してくれているなど、手厚いサービスが満載となっていますので、気になった方は是非ともチェックしてみてください!

マフラータオルの使い方やリメイクまとめ

引用:https://buyee.jp/item/yahoo/shopping/fcfa_10017355?lang=en

いかがでしたか?

スポーツやライブ観戦で見かけることの多いマフラータオルは、首に掛けることによって盛り上がりの一体感を出してくれるだけでなく、汗などもしっかりと吸収してくれる利便性にも優れているアイテムとして人気となっています。

観戦後には、大切に保管したりリメイクしたりするなどの活用方法もたくさんありまので、マフラータオルを使って楽しみをたくさん共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です