マフラーの巻き方でメンズコーデをおしゃれに!長さ別おすすめ紹介!




寒い季節のおしゃれとして定番アイテムのマフラーは、防寒具としてだけでなくファッション全体の印象を華やかにしてくれるのでコーデに取り入れているメンズも多いようです。

マフラーにはデザインや素材など様々な種類がありますが、それらの魅力を高めてくれるような巻き方が数多くあり、ファッション性を高めてくれる効果もあります。

そこで今回は、冬の街に映えるメンズにおすすめのマフラーの巻き方をご紹介しましょう!


スポンサーリンク


マフラーの巻き方(メンズ)~短いver.~

短めのマフラーはコンパクトな印象が強いかもしれませんが、首元にしっかりとしたアクセントを残してくれるのでコーデに取り入れやすいことでも需要が高まっています。

また、短めといっても巻き方などにも工夫できる長さはあるものが多く、手軽にマフラーでおしゃれを楽しめるという点においてもおすすめとなっています。

ワンループ巻き

引用:https://www.cep-shop.jp/stole/makikata/no42/

シンプルな巻き方でどんなファッションにも合わせやすいのが特徴の「ワンループ巻き」は、短いマフラーでもしっかりと存在感を出してくれるだけでなく、首元にも華やかさを与えてくれるので毎日のコーデに取り入れたくなる巻き方となっています。

マフラーに合わせるトップスの柄や素材に関係なく合わせやすいのも魅力ですが、人気となっているポイントとしては巻き方がとても簡単だということです。

そんなワンループ巻きは、マフラーを半分にした状態で首から掛けて、半分にした状態で現れる輪の部分に片方の部分を通すだけで完成するので、朝の忙しい時間にもサッと合わせやすいのも重要が高まっている理由ですよね。

また、冬のおしゃれを楽しむにあたってマフラーを取り入れようとするメンズも多いと思いますが、巻き方が複雑だったり、解きにくいなどの理由でマフラーをコーデに取り入れるのを躊躇している場合などは是非とも試してみたいですね。

アスコット巻き

引用:http://blog.y-aoyama.jp/koubetamatsu/archive/date/2015/10/03

マフラーを緩めに巻くことでも短いマフラーでも主張をはっきりと示してくれる「アスコット」巻きは、ファッションにおいて縦のラインを綺麗に見せてくれることでも注目されています。

チェックなどの柄が入っているマフラーに対しても使いやすいですし、上半身に目線がいきやすくなるのでスタイルを良く見せてくれる効果もあるので重ね着で膨張しやすくなっている冬の季節にも合わせやすい巻き方となっています。

アスコット巻きをする際には、片方の部分を長めにとって首に掛けたら、反対側にクロスしながら下から上に向かって首元に通したら完成なので、比較的簡単に巻くことができるので手軽におしゃれしやすいのも魅力ですよね。

どちらかというと大人っぽい印象となっていますので、コートやジャケットなどの冬定番のアウターにも合わせやすいですし、上品でスタイリッシュなコーデを楽しみたい方におすすめとなっています。

クロス結び巻き

引用:http://blog.y-aoyama.jp/umeda/44891

中央に結び目を作ることによってマフラーの存在感を主張してくれる「クロス結び巻き」は、コンパクトな印象になりやすい短いマフラーでもインパクトの残りやすいファッションとなるのでコーデにも合わせやすい巻き方です。

カジュアルなスタイルにも合わせやすいクロス巻きですが、首に掛ける前にマフラーの中央部分に結び目を作って中心に来るように巻いたら、両サイドの部分の先端を結び目に通し長さを調整したら完成となります。

結び目の巻き方を少し緩めにすることで巻きやすくなりますし、首全体をすっぽり埋めてくれるので寒さ対策にも活躍してくれる万能の巻き方なので、おしゃれだけでなく実用性も高いのも魅力ですよね。

後ろ結び巻き

引用:https://www.cep-shop.jp/stole/makikata/no43/

マフラーの結び目を後ろにすることによって控えめな印象を与えつつも、バックスタイルにインパクトを出してくれる「後ろ結び巻き」は、簡単にメンズコーデに取り入れやすい人気のある巻き方です。

短めのマフラーでも結びやすく、コンパクトな印象を与えつつも存在感はしっかりと主張してくれますし、デザインや素材感を気にすることなく合わせやすいのもポイントとなっています。

そんな後ろ結び巻きは、マフラーの両先端部分を首に掛けて長めに取った部分を一周させてから前で結んだら、その結び目を後ろに持っていくだけで完成するとても簡単に巻く方なので、手軽におしゃれを楽しめるのも魅力ですよね。

しかも後ろに結び目を持ってくることによって首をしっかりと温めてくれる効果もあるので、肌寒い季節にも映えやすいだけでなく、防寒具としてのマフラーの可能性をさらに高めてくれる巻き方ですので、まだ試したことのない方は是非とも挑戦してみてください。

ハイラップ巻き

引用:http://blog.baycrews.co.jp/edifice/?p=105335

見た目にも華やかでおしゃれ上級者にもおすすめの巻き方となっている「ハイラップ巻き」は、短いマフラーでも重なりを主張している印象が強く、マフラーを主役にしたい方に是非ともチャレンジしてほしい巻き方となっています。

一見すると複雑な巻き方に見えるハイラップ巻きですが、首に一周巻き左右の長さを調整してから片方のストールを内側から引き出して中央の部分に輪っかを作った状態を作って、その輪っかに反対側の部分を通し、もう片方も同じようしてから輪っかから出ている左右の部分の長さを調節したら完成となります。

輪っかの部分を作るのが難しいと感じるかもしれませんが、鏡などを見ながらすると巻きやすいですし、巻き方の度合いを自分で決められるので巻き方さえ覚えれば華やかさがコーデに出るのでおすすめです。

ハイラップ巻きはマフラーの存在感をアップさせる効果もありますので、一緒に合わせるトップスにすることによって首元のおしゃれが際立ちやすいですし、ファッション性を高めてくれる魅力的な巻き方ですよね。


スポンサーリンク


マフラーの巻き方(メンズ)~長いver.~

長めのマフラーは巻くだけでおしゃれになれるような万能アイテムでもあり、巻き方やデザインによってさらに印象を変えてくれるのも人気の理由となっています。

生地が多いということもあってより暖かくなるのはもちろんですが、長いマフラーだからこそ挑戦できる巻き方も多いですので、ファッション性を高めてくれるのも魅力となっています。

ラウンド巻き

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/kylyshop-2020/06st024.html

シンプルな巻き方ながらもおしゃれを楽しめる人気の巻き方でもある「ラウンド巻き」は、様々なコーデに合わせやすいので幅広い世代で人気となっています。

厚手のコートに合わせても映えますし、ニットなどの素材に特徴のあるトップスにも馴染みやすいので、日々のファッションで手軽に使いやすいというのも魅力ですよね。

そんなラウンド巻きは、マフラーを首に掛ける際に左右どちらかの長さを少し長めにかけてから長い方を首に一回りさせるだけで完成となるので、巻き方もシンプルでわかりやすいのもおすすめです。

一回りさせた部分を緩めに巻けば違った印象を与えることもできますし、一つの巻き方で様々なコーデを楽しむこともできるのもおしゃれメンズには嬉しいポイントかもしれませんね。

垂らし巻き

引用:https://www.cep-shop.jp/stole/makikata/men2/

マフラーを垂らすだけという超シンプルな巻き方でもある「垂らし巻き」は、長めのマフラーを最大限に生かせるだけでなくファッション性の高いコーデができるので長年愛されている巻き方となっています。

縦のラインを強調することによってスタイルを良く見せてくれる効果もありますし、冬にコーデに合わせることが多いコートなどにも簡単に合わせることができるのも魅力ですよね。

また、赤や黄色などの主張の強いマフラーやチェックなどの柄を使うことによって、ファッションの主役をマフラーにすることができるので、小物を取り入れたおしゃれが好きな方にもおすすめの巻き方でもあります。

垂らし巻きをする際にはトップスは長めのものにすると長さをよりマフラーの長さを強調しやすいですし、スタイリッシュな印象を強めてくれるので上品なコーデにワンランク上のアクセントをつける際にも役立つアイテムとなっています。

肩掛け巻き

引用:https://www.leon.jp/fashions/6719?page=5

マフラーの片方の部分を方に掛けるだけでスタイリッシュに見せてくれる「肩掛け巻き」は、シンプルな巻き方ながらもさりげないおしゃれができるということでコーデに取り入れるメンズも多くなっています。

デザイン性のあるマフラーにもおすすめの巻き方ですので、柄や色味などを目立たせたい場合にも役立つ心強い存在となってくれますし、、トップスやボトムスが控えめでもマフラーを巻くだけで華やかに見せてくれるのも魅力ですよね。

コーデにマフラーを合わせるとなるとどうしても締め付け感がある印象を与えやすい場合が多いですが、肩掛け巻きはどちらかというとゆったりとした抜け感のあるおしゃれを楽しむこともできます。


スポンサーリンク


マフラーの巻き方(メンズ)~大判ver.~

大判のマフラーは最大の強みでもあるストールのような大きさの生地が特徴的であり、巻くだけで軽めのジャケットを着ているかのような暖かさを感じることができるので、おしゃれとしてだけでなく寒さ対策としてもコーデに組み合わせやすい万能アイテムとなっています。

どちらかというとコンパクトな印象の強いマフラーの概念を覆すようなサイズ感は実際にコーデと合わせることによってその魅力を存分に味わうことができるので、大判のマフラーを試してみたことのない方は一度その利便性を実感してみてほしいですね。

アフガン巻き

引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o267214081

首元にボリューム感をプラスできる「アフガン巻き」は、顔周りを華やかに見せてくれるだけでなく見た目にも暖かみのある印象になるので冬の街を彩るコーデとなってくれるのでおすすめの巻き方です。

幅のあるマフラーを使う際に最も効果的に見せてくれる巻き方でもあるので、大判のマフラーのような体全体を覆うようなサイズには最適ですし、トップスが控えめでもアフガン巻きにすることでファッション性を高めてくれるので、日々のおしゃれを楽しめるきっかけとなってくれます。

そんなアフガン巻きの手順ですが、まずはマフラーを二つ折りにしてから片方の部分を首にかけるのですが、長い部分を首にふわっと巻きつけたら、短い部分を首周りにできている輪っかの部分に入れ込みます。

すると、三角形になった部分を前に垂らすことができるので、その部分を意識しながらもう片方の部分を輪っかに入れ込むと完成となるのですが、ボリューム感はお好みで選ぶことができるので調節しながら巻いていくと良いでしょう。

カジュアルなコーデから大人っぽいモード系のスタイルにも合わせやすいですし、アフガン巻きはボリューム感のある存在感から小顔効果もありますので、スタイリッシュな印象を目指したいメンズに是非ともチャレンジしてほしい巻き方ですね。

ボヘミアン巻き

引用:https://www.cep-shop.jp/stole/makikata/no60/

緩めカジュアルなコーデにおすすめの「ボヘミアン巻き」は、マフラーの幅が広めの方が巻きやすく手軽に華やかさを際立たせる効果もありますし、巻いた際に感じる暖かさにも定評があるので冬のコーデに映えやすいので注目されています。

難しそうに見えるボヘミアン巻きですが、首を一周するように巻いてできた輪っかを緩めてから左右に垂らした部分とのバランスを調整しつつ、左右のボリューム感を出すことで完成するので、比較的簡単に巻くことができるのも嬉しいですよね。

また、全体的にふわっとしたやわらかな印象を与えやすいので、抜け感のある上品さを出したい方にもおすすめですし、複雑そうに見える巻き方でありますが手順を覚えれば日頃のファッションに活用できるアイテムとなっています。


スポンサーリンク


マフラーの巻き方(メンズ)で人気のピッティ巻きとは?

引用:http://blog.mens-fashion-labo.com/how-to-tie-muffler-11719

雑誌でも取り上げられている人気の巻き方として注目されている「ピッティ巻き」は、イタリアで年2回開催されている世界最大級の規模で開催されるメンズプレタポルテの見本市である「ピッティ・ウォモ」からその名が付けられたといわれています。

イタリアでファッションに精通している方々がその巻き方をしていたことから広がったということもあり、最先端のおしゃれを感じることができるのも人気の秘訣かもしれませんね。

そんなピッティ巻きの手順ですが、マフラーの片方の部分が長くなるように首に掛けるのですが、長い部分をまず首に一周させてから、文字階部分を下から持ち上げて輪っかを作るところから始まります。

作った輪っかの中に手を入れて、最初に一周させておいた部分を掴みながら長い部分をその輪っかに通すと結び目ができるので、全体のバランスを調整しながらお好みの締め付け感にすれば完成です。

少し複雑な巻き方となりますが、鏡を見ながら輪っかの場所を把握しながら巻いていくと巻きやすいですし、コーデに取り入れることによって冬のおしゃれを楽しむこともできるので是非とも挑戦してみてほしい巻き方となっています。

マフラーの巻き方でメンズにおすすめや人気まとめ

引用:http://misurastyle.com/scarf-how-to-wear

いかがでしたか?

冬の街を彩るアイテムとして大活躍してくれるマフラーですが、長さや大きさによって華やかさの引き出し方もたくさんありますので、メンズコーデをするのがより楽しみになりそうですね。

一見難しそうに見えるマフラーの巻き方もあって躊躇する方もいるかもしれませんが、全体的にわかりやすくコーデに取り入れやすい手順の巻き方も多いので、寒い季節に映えるマフラーを使って日々のおしゃれを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です