ほうれん草レシピの胡麻和えでめんつゆが使える?おすすめ調理法も!




簡単に作れる和食料理として定番となっている胡麻和えですが、様々な野菜との相性も良く、優しい風味や食感などから長年に渡って愛されている料理として知られています。

その中でもほうれん草の胡麻和えはシンプルながらも存在感のある味わいや、アレンジのしやすさから付け合わせとしても重宝しやすいので人気となっています。

そこで今回は、もっと美味しく楽しめるほうれん草の胡麻和えの調理方法や人気レシピをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


ほうれん草レシピの胡麻和えでめんつゆが人気!

引用:https://cookpad.com/recipe/3802019

めんつゆが味の決め手に?!

シンプルな味付けから野菜本来の旨味を楽しむ調理方法として名前が挙がる胡麻和えは、どんな野菜にでも合わせやすく、簡単に調理できるということでレシピとして活用する方も多いです。

その際、胡麻と一緒に「めんつゆ」を加えることで優しい味をしっかりと馴染ませることができます。

素麺を食べる時に使うことが一般的なめんつゆではありますが、近年その万能さから様々な料理の味付けの主軸として使われることが多くなってきています。

めんつゆは出汁やみりん、砂糖などをベースとして作られている調味料ですが、調味料の割合が絶妙なことでも有名で、簡単にプロのような味付けを自宅で再現することができるのです。

味付けが濃すぎることで悩んだり、調味料の配分などが苦手な方には特におすすめとなっていますので、めんつゆをまだ使ったことがない方は一度挑戦してみることをおすすめします。

私も味付けが苦手な方なのですが、めんつゆを使うことによって適度な味の濃さや、絶妙な出汁のバランスなどで料理がしやすくなった経験がありますので、胡麻和えにも使えるというのはとても嬉しい発見でした。

本来めんつゆとは、商品として完成されているものなので、美味しさは保証されているものですし、そんな万能とも言える調味料を使わない手はないですよね!

胡麻の擦り加減のポイントとは?

胡麻和えの要となる胡麻の分量としては、胡麻を擦った状態が半分とそのままの状態の胡麻が半分の「半擦り」がおすすめとなっています。

胡麻の感触を楽しむだけでなく、胡麻本来の香りも楽しむことができるベストな配合となっていますし、見た目にも胡麻の存在感を味わうことができるので、胡麻和えをする際に胡麻を全部擦り潰している方には是非とも試してみてほしいですね。

胡麻和えをさらに美味しくする方法とは?

胡麻特有の香ばしい香りを感じながらほうれん草の美味しさを味わえるというなんとも贅沢な食べ方ともなっていますが、胡麻和えをする際にどのようなことに気を付ければいいのかは気になりますよね。

ほうれん草の胡麻和えをする際に基本的に覚えておきたいポイントとしては以下の3つが挙げられます。

1.ほうれん草を茹ですぎない

胡麻和えをする前にまずはほうれん草の下準備をするのですが、ほうれん草の食感や旨味を逃がさないためにも茹ですぎないようにすることが大切です。

程良い茹で加減にすることによって食感なども残りやすいですし、ほうれん草ならではの緑色が落ちにくくなりますので、茹でる際はほうれん草全体をしっかりと観察しておきましょう。

また、茹でた後にほうれん草を冷水に入れると、ほうれん草に入りすぎた熱を取ることもできますし、色落ち防止にもなりますのでおすすめです。

緑鮮やかな色こそほうれん草の醍醐味でもありますし、冷やすことでほうれん草全体の旨味を閉じ込めることもできます。

2.茹でたほうれん草の水気を念入りに拭き取る

茹でたほうれん草を冷水に入れたら、水気をしっかりと取り除くことを忘れないようにしましょう。

水っぽくなりすぎる状態ですと胡麻の味も沁み込みにくくなりますし、ほうれん草本来の美味しさを感じににくくなってしまいますので覚えておきましょう。

また、冷水にとって食べやすい大きさに切ったほうれん草についても、もう一度水気を絞り取ることで、余分な水分を取り除くことができます。

少し手間かもしれませんが、和え物をする際には重要な手順となりますので、ほうれん草の旨味を生かすためにも忘れないようにしましょう。

3.水気を絞ったほうれん草をほぐしながら和える

念入りに水気を取ると、ほうれん草自体が固くなってしまっていますので、胡麻やめんつゆと和える際にはお箸や手などでほぐしながら味を沁み込ませることで全体に馴染みやすくなります。

和えるタイミングとしては、ほうれん草の新鮮さと旨味を胡麻の香りやめんつゆの風味と馴染みやすい状態で楽しみたいので、食べる直前に和えることをおすすめします。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピの胡麻和えで注目の黄金比とは?

引用:https://cookpad.com/recipe/2092706

ほうれん草の胡麻和えの要となる味付けの調味料ととして一般的なのがすり胡麻と醤油と砂糖なのですが、どのような配分で入れるのか迷ってしまう方も多いと思います。

自宅にめんつゆがなかったり、自己流の味付けをしたいという方におすすめしたいのが、自宅で簡単に美味しく作れると言われる胡麻和えの黄金比の配合です。

それは、すり胡麻・醤油・砂糖の分量の割合を3:1:1にするという覚えやすい調合方法なのです。

例えばほうれん草1束に対しては、

すり胡麻:大さじ3

醤油:小さじ1

砂糖:小さじ1

以上の割合で混ぜ合わせることによって、簡単かつしっかりと味を定着させることができますし、この黄金比を覚えておけば、同じ味を再現することができるのでとても便利です。

味の好みはそれぞれあると思いますが、調味料の割合を事前に知っていると、その割合が多いのかもすぐにわかりますし、味付けの基盤としても覚えておいて損はない黄金比だと思いますね。

また、ほうれん草の胡麻和えのレシピを検索してみると、独自の黄金比を設けている口コミなどもあり、基盤となるところからアレンジしてその家族の味にできるのも魅力ですよね。

個人的には胡麻が多めの方が好みなので、黄金比を参考にしながら自分だけの調合を見つけるというのも料理をする上で楽しみにもなりますね。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピの胡麻和えにちくわを入れてみよう!

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/14090562/

ほうれん草の胡麻和えはそれだけでおかずとして成立する料理ですが、ボリュームを増やすために何か付け加えたいなと考える方も多いと思います。

そんな時におすすめしたいのは、ヘルシーかつ優しい感触がほうれん草とも合いやすい「ちくわ」です!

ちくわ自体の旨味を胡麻和えで引き立たせることができるだけでなく、ほうれん草との相性も抜群ですので、比較的合わせやすい食材として重宝されているのです。

見た目にも特徴的なちくわですので、少し控えめな印象のほうれん草にちくわを加えることによって食欲のそそる効果を発揮することができます。

ちくわの切り方は形が残りやすい輪切りがおすすめですが、お好みで様々な切り方ができるのも魅力となっています。

魚肉のすり身が原料となっているちくわなので、体に必要な栄養もプラスして摂取できますし、見た目の可愛さから魚が苦手なお子様などにも食べやすい形状となっているので食卓でも気軽に出しやすいのが魅力ですよね。

また、胡麻の香りとも相性が良いので、優しい風味を大切にしながらもほうれん草の旨味をさらに引き立ててくれるのもレシピに取り入れやすい要因かもしれません。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピの胡麻和えで栗原はるみ流の秘伝術とは?

引用:https://rarea.events/event/4930

人気料理家として幅広い世代から人気があり、テレビや雑誌で見ない日はない上品かつエレガントな魅力溢れる栗原はるみさんですが、そんな栗原さんが作る胡麻和えの調理方法も気になりますよね。

栗原さんの胡麻和えは、すり鉢で丁寧に擦った胡麻を使うことによって、旨味を最大限に生かすことで大切にしているそうです。

胡麻の脂が滲み出るまで滑らかな状態まで擦っていくことで、ほうれん草との馴染みの良さを際立たせる効果がありそうですね。

また、味がぼやけてしまうのでほうれん草の水気をしっかり取ることも提唱していますので、胡麻の旨味が絡みやすいような状態にすることも忘れてはいけないポイントとなっていますね。

気になる調味料の比率としては炒り白胡麻50gに対して砂糖・醤油・みりんがそれぞれ大さじ1となっているので、まさに黄金比の配合となっていることがわかります。

全体的にしっとりとした印象のある栗原さんのほうれん草の胡麻和えは、胡麻本来の旨味を調味料に馴染みやすいようにしっかりと凝縮させることによって、ほうれん草全体に胡麻の風味を行き届けさせる働きをしているようですね。

ほうれん草レシピの胡麻和えの人気レシピ大公開!

ほうれん草と人参の胡麻和え

引用:https://cookpad.com/recipe/710878

ほうれん草と相性の野菜として人気の「人参」は、栄養価も高く様々な料理で重宝される食材です。

ほうれん草にも負けないくらいの色鮮やかな赤色は食欲を倍増させますし、胡麻との相性も良いのでお弁当のおかずとしても入れやすいのでおすすめです。

歯ごたえもシャキシャキしているので食感も楽しめますし、逆にしんなりさせることによってほうれん草と馴染みやすく調理することもできますので見た目にも味わいにも魅力たっぷりの組み合わせとなっています。

ほうれん草とじゃこの胡麻和え

引用:https://cookpad.com/recipe/937083

和え物で使われることの多い「じゃこ」ですが、ほうれん草や胡麻との相性も良いので活用されることが多い栄養満点の食材となっています。

ほうれん草の鮮やかな緑色に映える白いじゃこは料理全体を引き締めてくれますし、じゃこの風味や香りも同時に楽しめることができるのでおすすめです。

また、じゃこ自体に塩分が含まれていますので、調味料などで味を調えると食べやすい味わいとなりますので塩加減などをチェックしておきましょう。

ほうれん草ともやしの胡麻和え

引用:https://cookpad.com/recipe/3928943

ヘルシーかつお手頃な値段で家計にも優しい「もやし」は、食感の楽しさも味わえるだけでなく、ほうれん草との相性も良いのでおすすめです。

もやしは30秒程茹でるだけで食べ頃になりますので、時短料理としても日々の生活に活用しやすいですよね。

ほうれん草同様、もやしも水分がありすぎると味が薄くなってしまうので、和える際にはしっかりと水気を切ることを忘れないようにしましょう。

ほうれん草の胡麻和えはそのままでも十分美味しいですが、アレンジもしやすいことから他の食材を合わせている方も多いようです。

ベースとなるほうれん草と胡麻の風味がしっかりしているので、追加される食材の旨味も引きたててくれることもレシピに活用される要因かもしれませんね。

ほうれん草レシピの胡麻和えまとめ

引用:https://cookpad.com/recipe/1642172

いかがでしたか?

ほうれん草の旨味と胡麻の風味を同時に堪能することができる胡麻和えは、ほうれん草のしっかりとした下準備や黄金比による味付けをすることによって、さらに美味しく味わうことができます。

また、他の食材との相性も抜群ですので、自分なりにアレンジすることによってほうれん草の胡麻和えの魅力をさらに知ることができるので、お好みの食材と気軽に合わせてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です