ほうれん草レシピのおひたしの簡単おすすめ調理法!レンジで時短も!




ほうれん草を使った料理の中でも特に簡単に作れることで定番となっているおひたしは、和食料理の定番となっているほど様々な世代から愛されています。

調理工程や味付けなどもとてもシンプルなのですが、ひと手間加えることでより美味しさを引き出すこともできますし、アレンジしやすい料理としても注目されているのです。

そこで今回は、ほうれん草のおひたしを簡単に作れる方法や、思わず真似したくなるおすすめレシピなどをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


ほうれん草レシピのおひたしは簡単に作れる!

ほうれん草を浸すだけで味を沁み込ませることによって完成するとてもシンプルな調理方法で人気となっているほうれん草のおひたしですが、実は5分程で作ることができるのをご存知ですか?

仕事や家事などで忙しい方にとっても簡単に作ることができますし、栄養成分もしっかり取れるので時短料理としても万能であることは言うまでもないでしょう。

ほうれん草のおひたしの基本となる作り方としては、事前に洗ったほうれん草をたっぷり浸かるくらいのお湯で1分程で茹でるところから始まります。

茎側を30秒、全体を30秒茹でることを目安にして、茹で上がったら冷水に入れてほうれん草の余分に入った熱を取り除きましょう。

冷水に入れることによってほうれん草全体の旨味を引き締めることもできますし、ほうれん草特有の鮮やかな緑色が変色にしくくなる効果もありますので忘れずに冷やすことをおすすめします。

次に、しっかりと冷やしたほうれん草を4~5cm幅くらいの食べやすい大きさに切り、切った状態のほうれん草をもう一度しっかりと絞ることによって、食べた際に水っぽさを感じないような食感となりますし、後に加える調味料を加えた出汁の味が浸透しやすくなるので念入りに絞りましょう。

そして、水気を取ったほうれん草をお皿に盛り付けたら、みりんや醤油などを加えた出汁をほうれん草にたっぷりかければ完成です。

この時、念入りに絞った状態のほうれん草は固くなっている場合が多いので、お箸などでほうれん草全体をほぐすことによって味の馴染み方が良くなりますので、旨味をしっかりと味わえる仕上がりが期待できます。

仕上げに鰹節や胡麻などをかけると見た目にも鮮やかですし、和風料理ならではの香り付けをすることができるのでおすすめです。

基本的な調理工程は以上となりますが、もっと出汁を沁み込ませたいという場合は、ほうれん草全体が入る容器にひたひたになるくらいまで出汁を注ぎ入れてから1時間程冷蔵庫に入れておきましょう。

ほうれん草を浸した状態だと冷蔵庫に入れておけば翌日までは美味しく食べることができますが、新鮮なうちにほうれん草の旨味を堪能したい場合は、作ってから数時間以内で食べきるほうが良いでしょう。

簡単かつ栄養たっぷりなほうれん草のおひたしですので、料理の付け合わせとしても重宝されていますし、時間をかけずに気軽に作ることができるのも魅力となっていますので、まだ作ったことがないという方は是非ともチャレンジしてその手軽さを実感してみてください!


スポンサーリンク


ほうれん草レシピのおひたしにめんつゆは重要!

引用:https://cookpad.com/recipe/3879415

ほうれん草のおひたしを作る際に重要となるのがその味付け方法ですが、「めんつゆ」を使うことによって簡単に理想的な味付けに仕上げてくれることができるのでおすすめです。

めんつゆは出汁と醤油、みりんや砂糖をベースとして作られている調味料で、一般的には素麺を食べる際に使われていますが、その絶妙な調味料の配合から煮込み料理などの隠し味などに使われることも多い万能調味料としても注目されています。

めんつゆにつけるだけで素麺が一瞬にして食事となってしまうのも、めんつゆがしっかりと味付けされた状態で商品化されている理由であり、素麺だけに使うのにはもったいないくらいの調味料となっているのです。

自宅で作ることも多いほうれんそうのおひたしですが、砂糖や醤油などをどの程度入れていいのか迷ってしまう方も少なくはないでしょう。

そんな悩みを簡単に解決してくれるめんつゆは、ほうれん草にも馴染みやすい味付けとなっていますし、何よりめんつゆをかけるだけで主体となる味の軸を決めてくれるので調理時間を短縮してくれるのも魅力です。

また、ほうれん草のおひたしを検索してみると、めんつゆを出汁として使っている方がとても多く、簡単にプロ並みの味付けができるということで重宝されやれているのも人気の理由かもしれませんね。

家事や育児に忙しい主婦の方や、一人暮らしで栄養が偏りがちになってしまう若い世代の方にも気軽に作れる料理ともなっているほうれん草のおひたしですので、さらに簡単かつ美味しく仕上げてくれることのできるめんつゆの利便性がもっと多くの世代に伝わってくれることを願っています。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピのおひたしはレンジで作れる?

引用:https://www.youtube.com/watch?v=T6Ebhi6FYv4

時短料理を作る場合に使われることの多いレンジですが、ほうれん草のおひたしも実は電子レンジで調理することができるのです。

ほうれん草には鉄分やビタミン、ミネラルや葉酸など、日々の健康のために摂取しておきたい栄養素がたくさん含まれている食材としても有名ですが、実は水に溶けやすいビタミンも含まれており、認知症などにも効果があるとされる葉酸は熱に弱いといわれているので、調理方法によってはせっかくの栄養素を逃がしてしまうことになるのです。

大切な栄養素を守るためにおすすめとなるのが電子レンジによってほうれん草を温めるという方法なのですが、実際にはどのように調理すればいいのでしょうか。

1.水洗いしたほうれん草をラップで包む

まずは通常のおひたしを作る時と同様、ほうれん草を洗ってから束の状態でラップなどを使い全体を包み込むように巻き、耐熱皿などに乗せて電子レンジ(500wの場合)で1分半程加熱します。

ほうれん草を切った状態でも良いのですが、ラップで包みやすい状態の方が効率的ですので、一束ごと加熱することで時短にもなりますのでおすすめです。

電子レンジを使うことによってたっぷりのお湯を沸かす手間も省けますし、熱や水分などでなくなってしまいがちの栄養素を保つ効果もあるのも魅力ですよね。

2.水気を絞ってから味付けをする

ほうれん草を電子レンジで加熱後、熱さに注意しながらラップを取り外したら、軽く水洗いした後に水気を十分に絞るのを忘れないようにしましょう。

水っぽくなりすぎると味が薄くなる原因となりますし、味付けの浸透も悪くなってしまうので忘れずに水切りをした後に、お好みの食べやすい大きさに切ったら、調味料などを加えた出汁などをかけて盛り付ければ完成となります。

この際、ほうれん草にかける調味料をめんつゆにすることでさらに時短となりますのでおすすめしたいですね。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピのおひたしにしめじは相性抜群!

引用:https://deskgram.net/explore/

ほうれん草のおひたしはシンプルな味付けから他の食材と一緒に合わせるのにも最適な料理ですので、様々なアレンジのしやすいことで食卓の付け合わせとして重宝されています。

その中でも特におすすめしたのが、様々な料理で活躍している食材でもある「しめじ」です。

しめじはおひたしの味付けとなる出汁との相性がとても良いだけでなく、ほうれん草にも馴染みやすいだけでなく、美味しさの溢れる香りなども魅力なので、和風料理の旨味を倍増させてくれるのでおすすめです。

また、食べ応えのある食感にも定評があるので、ほうれん草だけでは物足りないと感じる方にとっても一品で満足できるくらいのボリューム感を出すことができますし、ほうれん草のおひたしに付け合わせとしてかけることの多い鰹節とも馴染みやすい味わいとなっています。

さらに、しめじにはβグルカンという免疫力を高めたり、風邪やがんを抑制する効果があるとされる栄養素が含まれているので、健康的な生活を送りたい方にもおすすめの食材となっています。

ほうれん草にも鉄分やミネラルなどの栄養が豊富に含まれていますので、しめじを加えることによってさらに栄養たっぷりの一品となりますので、風邪のひきやすい時期などには積極的に取り入れたいですね。

ほうれん草レシピのおひたしは弁当のおかずに最適!

さっぱりとした食感や飽きの来ない味付けなどで幅広い世代に愛される料理となっているほうれん草のおひたしですが、お弁当のおかずとしても人気となっています。

鮮やかな緑色がお弁当全体を華やかにしてくれますし、ほうれん草を入れることによって不足しやすい栄養素を補ってくれることもあって、毎日のおかずとして作りたくなる要因になっているのかもしれませんね。

それでは、お弁当のおかずに人気のほうれん草のおひたしレシピをご紹介しましょう!

ほうれん草とツナのおひたし

引用:https://cookpad.com/recipe/2885860

子供にも人気の食材となっている「ツナ」は、さっぱりとした味わいはもちろん、和えるだけでしっかりと味をツナ本来の旨味をほうれん草に沁み込ませることができるので簡単に本格的なおかずとしても重宝されています。

彩りもやわらかい印象となっていますので、毎日のお弁当の時間が楽しみになりますし、また食べたいと感じさせるような後味の良さが魅力となっています。

ほうれん草と生姜のおひたし

引用:https://cookpad.com/recipe/1255904

風邪予防としても注目される「生姜」を和えることによって、食欲をそそる風味を与えることができますし、ほうれん草との相性も良いので、一品加えたいという方には是非ともおすすめしたい料理です。

電子レンジでの調理も可能ですので、鰹節や胡麻などを振りかけることによって香り豊かな味わいとなりますので、お弁当のおかずをさらに美味しく引きたててくれることでしょう。

ほうれん草レシピのおひたしとナムルの違いは?

引用:https://daidokolog.pal-system.co.jp/recipe/3063

みりんや醤油などで味付けすることで旨味を引き出すことで人気のほうれん草のおひたしですが、実は近年、ほうれん草のナムルにも注目が集まっていることをご存知ですか?

おひたしと違ってナムルの味の軸となる調味料はごま油となっており、鶏ガラスープの素やニンニクなどを和える調理方法が口コミなどで広がっており、その美味しさがやみつきになるとの声が多いです。

ごま油自体が香ばしい香りが特徴で、たった一滴でも一気にその料理を中華風味にすることができるの万能調味料となっているので、和風料理としての印象を良い意味で変えてくれるのも魅力ですよね。

また、韓国料理にもごま油が使われることも多く、近年の韓国文化の流行によってナムルが日本の食卓にも出るようになってきたのかもしれませんね。

ほうれん草レシピのおひたしの簡単調理法まとめ

いかがでしたか?

簡単に作れるだけでなく栄養たっぷりな和食料理として人気のほうれん草のおひたしですが、めんつゆや電子レンジを使うことによって、さらに手軽に調理することができるので食卓などでも重宝しやすいレシピとなっています。

他の食材とも合わせやすく、お弁当のおかずとしても人気となっていますので、お好みの調理方法でほうれん草のおひたしの美味しさを堪能してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です