ほうれん草のレシピの人気注目料理をご紹介!栄養をたっぷり取る秘訣は??




鉄分やビタミンCなどが豊富で、まさに栄養満点の食材として人気となっているほうれん草は、アレンジのしやすさから様々な料理に取り入れられています。

日頃なかなか取りにくい栄養成分をほうれん草だけでも補えるほどですので、ほうれん草を積極的に料理に取り入れたいと考える方も増えているのです。

そこで今回は、思わず真似したくなるほうれん草を使った人気レシピをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


ほうれん草レシピで人気のお浸しとは?

引用:https://daidokolog.pal-system.co.jp/recipe/4379

ほうれん草といえばと言われるほど定番となっている「お浸し」ですが、和食の中でも人気のアレンジ方法なので、老若男女問わず長年愛されているベストセラーレシピとなっていますね。

「お浸し」という名前の通り、浸して味付けするだけの簡単な調理方法から、忙しい合間にも作れるのも魅力ですし、ほうれん草本来の味がギュッと凝縮されているので、素材本来の旨味を味わえることも人気の理由かもしれません。

簡単に作れて時短にもなるほうれん草の「お浸し」ですが、ほうれん草の茹で方や盛り付け方の少しの手間でもっと美味しくすることができますので、まだ試してみたことのない方は実践してみましょう!

1.茹でたほうれん草を冷やす

ほうれん草を浸す前にたっぷりのお湯で茎の部分を30秒、全体を1分程程茹でるのですが、茹でた後にほうれん草を冷水に入れることによって、熱が通り過ぎることを防ぐだけでなく、色落ちするのを防いでくれる効果があります。

緑鮮やかな色こそほうれん草の醍醐味でもありますし、冷やすことでほうれん草全体の旨味を閉じ込めることもできますので、冷水に入れて水気を取るようにしましょう。

2.切ったほうれん草を絞る

水気を取ったら食べやすい大きさにほうれん草を切るのですが、切った後のほうれん草をしっかりと絞ることによって、水っぽさをなくすことができます。

みずみずしいのはほうれん草の新鮮さを感じることのできる要因でもありますが、水っぽくなりすぎると味も沁み込みにくく、ほうれん草本来の旨味を感じにくくなってしまいますので、水気を取るためにもしっかりと絞り切りましょう。

3.味付けはたっぷりと

水気をしっかりとっているほうれん草は少し固めになっていますので、味付けしやすいように調味料を混ぜた汁に浸す際にはほうれん草を箸などでほぐすことを忘れないようにしましょう。

浸す時間は1時間程を目安にじっくりと味を馴染ませることによって旨味を閉じ込めてくれますので、美味しさを感じやすくなります。

盛り付けの際には、ほうれん草にたっぷりと汁をかけることによって味の沁み込んだ仕上がりになりますし、付け合わせに鰹節などを加えることでほうれん草の美味しさを際立たせることができるのでおすすめです。

ほうれん草一つで簡単かつ旨味を最大限に生かしてくれる「お浸し」ですが、ちょっとの工夫でさらにその美味しさを引きたてることができるというのは魅力ですよね。

また、どんな食材にも合わせやすい料理ですので、しらすやきのこ、油揚げなどを一緒に和えてアレンジすることでお浸しの旨味の幅を広げることもできますし、シンプルな料理方法だからこそ自分の好みの味付けや食べた方ができることでも愛されているレシピとなっています。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピで人気の白和えとは?

引用:https://www.sirogohan.com/recipe/siraae/

ごまの風味と豆腐による口当たりの良い食感が魅力となっている「白和え」は、和食料理の定番ともなっていますし、料理の付け合わせとしても重宝されやすいので人気となっています。

見た目にも食欲をそそりますし、ほうれん草と豆腐の相性の抜群さは食べれば食べるほど感じることができるので、メイン料理にも負けないくらいの美味しさを感じることができます。

メインとなる食材ほうれん草と豆腐となりますが、人参やこんにゃくを一緒に和えるのも人気となっていますし、ごまの風味が優しの旨味を引き立たせることができるので、様々なアレンジもしやすいのが魅力ですよね。

「白和え」を作り方のポイントとしては、ほうれん草はもちろん和える野菜の水気をしっかりと取ることで、余分な水分を出にくくなりますので味も沁み込みやすくなります。

豆腐の水切りに関しては、早くやりすぎてしまうとパサパサとした食感になってしまうので、白く濁った汁が出てきた場合は絞るのをやめておくことが賢明です。

また、豆腐に調味料などの味付けを先にしておくことによって、ほうれん草と和えた時に豆腐が馴染みやすくなりますし、旨味を引きたててくれますので覚えておきましょう。

豆腐好きにも愛されている「白和え」ですが、豆腐の優しい味がほうれん草の旨味と合わさって飽きの来ない味わいを楽しめることができるので、調理方法も比較的シンプルとなっていますので、何か一品欲しいなと思った方には是非ともおすすめしたいレシピですね。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピで人気のツナ料理とは?

どんな料理にでも合うほうれん草ですが、それと同じくらいアレンジしやすい食材として人気となっているのが子供にも人気の食材となっている「ツナ」です。

栄養たっぷりのほうれん草ではありますが、色鮮やかさを比例して味の濃さにも特徴がありますので、野菜嫌いの方には少し敬遠されやすいのですが、そんな方にこそおすすめしたいのが「ツナ」を使ったアレンジレシピなのです。

ほうれん草とツナのパスタ

引用:https://sheage.jp/article/31126

「ツナ」とパスタの相性は言うまでもなく定番となっていますが、ほうれん草との相性も良く、食べやすさと味の馴染の良さから人気となっているレシピです。

パスタに合わせれば基本的には何でも美味しくなってしまうのではないかと思えるくらい万能な食材となっていますし、その相性が抜群な「ツナ」とほうれん草の旨味が合わさることによって、メイン料理となってしまうくらい存在感のある美味しさを感じることができます。

生でも食べることのできる「ツナ」ですので、あまり火を入れすぎないようにすることによって、ほうれん草やパスタとも馴染みやすくなりますし、新鮮さや食感などをしっかりと味わうことができるのでおすすめです。

「ツナ」の他にもトマトやコーンなどパスタと絡みやすい野菜などを合わせることによって、さらに美味しさを際立たせることができるので、お好みでアレンジしてみてはいかがでしょうか。

ほうれん草とツナの和え物

引用:https://cookpad.com/recipe/2693088

シンプルなレシピとして人気ともなっている「ツナ」とほうれん草の和え物ですが、ごまやわさびなどの調味料を使って作ることができるので、時短料理としても注目されています。

ほうれん草も味馴染みの良い食材として重宝されていますが、それと同時に「ツナ」も様々な調味料と合わせやすい食材となっているのです。

見た目にも色鮮やかな料理となっていますので、ほうれん草の緑と「ツナ」の柔らかな色合いが食欲をそそりますし、全体的にあっさりとした味わいとなっていますのも思わずお箸が進む要因となっているのです。

また、「ツナ」と合わせる時のポイントとしては、新鮮なシャキシャキとした食感を残しておきたいので、ほうれん草をあまり茹ですぎないようにすることが大切です。

ほうれん草とツナの卵炒め

引用:https://cookpad.com/recipe/4261575

炒め物として重宝されやすい「卵」ですが、ほうれん草だけでなくツナとも相性が良い食材ですので、お弁当の付け合わせとしても人気となっています。

色鮮やかな黄色に食欲が進みますし、ふわふわとした食感がほうれん草とツナを優しく包み込んでくれますので、料理全体の旨味をさらに引きたててくれるのです。

ほうれん草とツナも栄養価が高いですが、同じように栄養成分たっぷりな「卵」ですので、健康的な生活を送りたい方にもおすすめですし、食べやすさや味付けのしやすい食材となっていますので、野菜が苦手な方にも挑戦しやすいのが嬉しいですよね。


スポンサーリンク


ほうれん草レシピで人気のバター料理とは?

ほうれん草の炒め物をする際によく使われる調味料として人気のある「バター」ですが、甘みのある味付けができるだけでなく、ほうれん草本来の旨味をさらに引き立たせてくれるので、料理の付け合わせはもちろん、メイン料理となり得るくらいの人気となっているレシピです。

味の馴染みやすさにも定評があり、お弁当のおかずとしても重宝されやすいですので、一度は作っておきたい万能料理ともなっています。

ほうれん草とベーコンのバター炒め

引用:https://macaro-ni.jp/55385

バターに合わせやすい食材No.1ともなっている「ベーコン」ですが、ほうれん草との相性も抜群なことは言うまでもないでしょう。

調理工程もほうれん草と「ベーコン」をバターで炒めるだけというシンプルなものですし、時短料理としてだけでなく、実はカロリーも150kcal(100gあたり)以下となっているので、食材それぞれの旨味を味わえるだけでそのなくヘルシーさも魅力となっているのです。

炒める際はほうれん草はそのまま切って和えるのが基本となっていますが、水っぽくなってしまうのが苦手という方は、下茹でしてから炒めると水分が出にくくなるのでおすすめです。

また、「ベーコン」自体は様々な食材との相性が良いので、きのこやお好みの野菜とも一緒に炒めることで味わいをさらに引きたてることができるので、自分なりのアレンジができることで人気となっています。

ほうれん草と鮭のバター炒め

引用:https://cookpad.com/

バターとの相性が良い食材として「鮭」も注目されていますが、ほうれん草との味わいも一緒に楽しめることで人気となっています。

「鮭」を炒める場合は、胡椒などの調味料を軽く振って、片栗粉をまぶすことによって型崩れを防ぐことができますし、比較的大きめに切ることによって「鮭」全体にバターの風味が行き届きやすいですし、食べ応えのある存在感が食欲をそそります。

バターを入れる場合は、一気に入れるのではなく2回に渡って馴染ませることによって、味の偏りをなくすことができるので、「鮭」やほうれん草の炒め具合に注意しながら混ぜ合わせることをおすすめします。

「鮭」とほうれん草をバターで味付けすることによって、ご飯との相性も抜群ですので、メイン料理としても重宝されやすいレシピとなっていますし、魚料理好きの方には是非とも試してほしいですね。

ほうれん草レシピで人気の子供向け料理とは?

栄養価の高いほうれん草ですので、お子様にも食べてほしいと料理に取り入れる親御さんも多いと思います。

野菜ならではの味の濃さなどから苦手意識が高くなってしまう食材ともなっていますが、アレンジ次第ではお子様やほうれん草が苦手な方でも食べやすい料理となるのでおすすめです。

ほうれん草のグラタン

引用:https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/620015/

子供が好きな人気料理としても注目される「グラタン」にほうれん草を取り入れることによって、ホワイトソースやチーズと共に美味しく食べることができます。

ほうれん草だけなく、ウィンナーやさつまいも、じゃがいもなどのお好みの食材を一緒に加えることによって、知らず知らずにほうれん草を食べることができますし、グラタン本来の味付けが濃いのでほうれん草の味が苦手なお子様にとっても安心して食べ進めやすい料理となっています。

「グラタン」自体が様々な食材との相性が良いことでも重宝されやすいですので、ほうれん草の他にも苦手な食材があるお子様がいる方は、苦手な食材を減らすきっかけとなるかもしれないので、まだ作ったことのない場合は一度チェレンジしてみてはいかがでしょうか。

ほうれん草のポタージュ

引用:https://delishkitchen.tv/recipes/147292602012533235

ほうれん草の見た目が苦手というお子様におすすめしたいのが、見た目の鮮やかさも魅力的なほうれん草の「ポタージュ」です。

ミキサーなどでほうれん草をスープ状にすることによって野菜を食べているという感覚をなくすことができるだけでなく、ほうれん草そのものを知らない間に食べることができることで、栄養成分もたっぷり取れるのが魅力となっています。

付け合わせに牛乳や塩胡椒などで味を調えたり、クルトンなどを加えることによってサクサクとした食感も一緒に楽しむことができますし、パンなどに付けても美味しく味わえるのでお子様にも食べやすいアレンジがしやすいレシピとなっています。

ほうれん草レシピの人気料理まとめ

引用:https://www.kyounoryouri.jp/

いかがでしたか?

栄養価の高いことで注目されているほうれん草は、そのアレンジ方法も豊富な上に、様々な食材と合わせることによって旨味を何倍にも引き出すことができるのが魅力となっています。

ほうれん草に苦手意識のある方でも食べやすい調理方法もありますので、健康的な生活を向上させるためにもほうれん草レシピにチャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です