秋刀魚の旬は夏だった?秋に食べられる理由や焼き方のコツをご紹介!




秋には様々美味しい食材が溢れる季節ではありますが、その中でも人気の食材として名前が挙がるのは秋刀魚ですよね。

お店などにも秋刀魚が並ぶシーズンとして秋が一般的ですが、実は旬の時期が違うことをご存知でしたか?

そこで今回は、秋刀魚の本当の旬の時期や、何故秋に秋刀魚が出回るのか、さらに焼き方のコツなど秋刀魚の魅力についてご紹介していきましょう!


スポンサーリンク


秋刀魚の旬は夏だった?

秋の味覚の定番ともいえる秋刀魚ですが、実は脂が一番乗っている時期というのは夏なんです!

暑い夏に秋刀魚を食べるというのも魅力的ではありますが、一般的な秋刀魚のイメージとしては秋の紅葉シーズンに美味しさを味わえることで有名ですよね。

では、何故秋刀魚の旬が夏といわれるのでしょうか。

秋刀魚は北海道沖で収穫されるものが脂が十分に乗っていて最も美味しい状態となっているのですが、その時期というのが8月~9月のまさに夏真っ只中の時期です。

しかし、その時期に取れる秋刀魚というのは収穫量が少なめであり、それによって単価も高くなってしまうのです。

美味しさは抜群なのですが、流通できるほどの量が確保できないというデメリットがあります。

そして、秋刀魚が南下して福島から茨城沖の海流まで下っていく時期に、秋刀魚が大量に収穫できるというわけですが、その時期こそ10月から11月の秋のシーズンとなっているのです。

その頃の秋刀魚は、北海道から泳いできているわけですから、体力も消耗しており、脂も落ちている状態となっています。

脂が落ちているとはいえ、新鮮な状態に変わりはないのでそこで収穫された秋刀魚が秋に出荷されるのです。

なので、もし夏にお店などで秋刀魚を見かける機会がありましたら、脂の乗った最も美味しい状態となっていますので、是非一度試してみてほしいですね。


スポンサーリンク


秋刀魚の旬が秋といわれるのは何故?

夏が最も美味しく食べられる時期だということはわかりましたが、秋刀魚が秋の味覚と呼ばれるのは何故なのでしょうか。

それは、漁業法が関係しているといわれており、収穫量の違いが旬と呼ばれる原因となっているのです。

夏は確かに脂の乗った最も美味しい状態の秋刀魚を取ることができますが、お店などに流通するほどの量を確保することができません。

仮に確保できたとしても、単価を高く設定しなければならなくなり、経済的にも家庭に悪影響を与えてしまいます。

貴重なものといえども、消費者である私達の手元に渡らなければ世の中に出回ることはありませんよね。

そんな秋刀魚が大量に収穫できる時期というのが秋であり、お店にもたくさん流通させることができ、しかも値段も安い状態で提供できるというわけなのです。

秋になると秋刀魚コーナーが設置されるほど、大量の秋刀魚が並んでいる光景を見た記憶がある方も多いと思います。

値段も安く、家計にも優しいということもあって、いつの間にか秋の旬の食材として秋刀魚が定着したのです。

しかし、旬の時期が過ぎているということで、秋刀魚の旨味を逃してしまっているのではと不安に思う方もいるかもしれません。

夏本番のシーズンで秋刀魚を手に入れられないと嘆いている方に朗報なのですが、9月初旬くらいであれば秋刀魚の脂が乗った良い状態を確保できていることがわかりました。

まだまだ夏の余韻が残る時期ではありますが、秋を味覚を先取りという気持ちで秋刀魚を購入するのも良いかもしれませんね。

また、秋刀魚にはEPAやDHAなどの栄養成分が豊富に含まれており、生活習慣病を予防できる食材となっています。

EPAには血液をサラサラにしてくれる効果があり、動脈硬化や脳梗塞予防になってくれますし、DHAは体内の悪玉コレステロールを減らす効果があり、「頭が良くなる」といわれるほど脳の栄養素としても注目されている成分です。

それに加え、タンパク質やビタミンや鉄分など、人間に必要な栄養素が豊富に含まれているので、旬の時期ではない季節でも食べたくなってしまう魅惑的な食材なのです。

旬の時期は少しずれてしまったとしても、秋になると栄養価の高い秋刀魚をたくさん食べることができます。

現在でも秋の味覚として秋刀魚がたくさんの食卓に並ぶくらい流通していますし、きっと消費者である私達が秋刀魚の旬を作っているといえますよね。

さらに、実は近年年中通して秋刀魚を見かけることが多くなっていることはご存知ですか?

実はこれは、冷凍技術が上がったことによって漁港などで急速冷凍することが可能になったからなのです。

鮮度は美味しい状態を保ちつつ、食べる時にその旨味を感じることができる冷凍保存というのはとてもありがたい技術ですよね。

秋だけの味覚のイメージの強かった秋刀魚ではありますが、栄養価の高い脂の乗った状態で食べられることに幸せを感じますし、漁師さんに感謝しながら秋刀魚を大切に食べたいですね。


スポンサーリンク


秋刀魚を英語で表記すると?

海外の観光客の方にも人気となっている日本の文化といわれる和食ですが、ヘルシーで栄養価の高い魚料理の需要も高まっています。

秋の味覚といわれる秋刀魚を海外の方にも楽しんでもらえるように、英語での表現を覚えておきましょう。

秋刀魚は英語でSaury(ソーリー)といい、Pacific saury(パシフィックソーリー)と呼ばれることもあります。

実は、「ごめんなさい」や「残念に思う」などの意味を持つSorryと同じ発音ということがわかりました。

発音が同じことから、ニュースなどでは発音をサリーにして意味を区別することもあるそうです。

日本人にとって英語の発音というのは長年悩まされている問題となっています。

海外の方に和食の良さを知ってもらう為にも、秋の味覚など海外に馴染みのある食材などから少しずつ英語を覚えていきたいですね。


スポンサーリンク


秋刀魚がもっと美味しくなる焼き方のコツ!

秋刀魚を美味しく食べる方法として最もシンプルで愛されているのは、やはり焼き魚ですよね。

焼くだけで秋刀魚の旨味を楽しめるとあって、食卓にも秋刀魚の焼き魚が並んでいることも多いです。

そこで、秋刀魚の焼き魚を美味しく食べるコツをご紹介しましょう!

・グリル調理の場合

秋刀魚を焼く時に一般的な方法としてあげられるグリル調理ですが、表面の皮にパリパリ感を与えることもできるので、焼き魚の魅力を最大限に生かせる調理方法だといえます。

グリル調理をする際には、焼く前にグリル内を温めておくことが肝心です。

生の状態から焼くわけですから、ムラがないように均等に火が通るようにするために必要な手順ですし、グリル内にある金具に秋刀魚がひっつきにくくするという利点もあります。

焼き魚を調理していると、身や皮が金具にひっついてしまう経験のある方も多いと思いますし、少しの手間で後片付けもサッとできるのは嬉しいことですよね。

なお、グリル内を温める場合には溢れない程度の水を張るように入れておくことを忘れないようにしましょう。

・フライパン調理の場合

焼き魚といえば直火での調理のイメージがありますが、実はフライパンで焼き魚ができることをご存知でしょうか。

火力の少ないフライパンでも、クッキングシートを使えば表面の皮のパリパリ感を出すことができ、気軽に焼き魚を楽しめます。

また、余分な脂分を出してくれる調理法なので、ヘルシーかつ食べやすい状態で秋刀魚の旨味を味わうことができるのです。

ただし、クッキングシートを使う場合は、フライパンからはみ出ないようにして、引火しないように注意しながら調理することを心がけましょう。

・塩焼きの場合

焼き魚で最も人気のある調理方法として挙げられるのが塩焼きですが、焼く前に身の両面に塩を少し上の方からまんべんなく振りかけることによって、表面の川のパリパリ感をさらに高めてくれることができます。

塩を振りかけた後は、手で丁寧になじませると味が沁み込みやすくなります。

焼く際には、秋刀魚がボロボロならないようにしたいので、必要以上に身を触りすぎないようにして、全体の焼き加減を観察しながら、中火でじっくり焼いていくことをおすすめします。

秋刀魚の内臓の下処理方法とは?

引用;https://www.gr8lodges.com/1274.html

秋刀魚を焼く前に、内臓の下処理をしておくことによって、全体への火の通りも良くなりますし食べやすくなります。

内臓自体は食べられるのですが、近年食中毒の原因となっていることも多いので、できれば下処理をしておく方が賢明でしょう。

秋刀魚の腹に切り込みを入れ、内臓と血合いを回すようにかき出しながら一緒に取り出し、腹の中を十分に冷水で流せば下準備の完了です。

水で洗った後は、生臭みの原因ともなるので水気をしっかり取ることを忘れないようにしましょう。

秋刀魚を捌いた経験がなかったり、内臓を取るのが初めてという方にとっては、見た目からしても少し抵抗のあるやり方かもしれません。

また、買ってきたばかりの新鮮な秋刀魚の場合は汚れなどが残っていることもありますので、少し手間ではりますが、下準備をすることを覚えていてほしいですね。

秋刀魚のレシピで人気なのは?

引用:https://daidokolog.pal-system.co.jp/recipe/458

飽きの来ない食材としても愛される秋刀魚ではありますが、調理方法もたくさんあることから、様々な料理に使われることが多いです。

味も沁み込みやすく、ふわふわとした弾力のある食感を楽しみにしている方も多いことでしょう。

ここでは、そんな秋刀魚を使った人気レシピをご紹介していきましょう!

・秋刀魚のホイル焼き

ホイルで包むことによって、秋刀魚本来のふっくらとした身に旨味を凝縮された状態にしてくれます。

茄子や玉葱などの野菜と一緒に焼くことによって、野菜の美味しさを一緒に味わうことができますし、見た目からもその美味しさが溢れている料理といえますね。

・秋刀魚の竜田揚げ

小分けにした秋刀魚をみりんや砂糖などで漬け置きにして、片栗粉で揚げる竜田揚げは、魚が苦手なお子様などにも人気の料理となっています。

外はカリッと、中はふわっとした食感を楽しむことができますし、下味がしっかり沁み込んだ秋刀魚の旨味を堪能できることができます。

・秋刀魚の蒲焼き

甘辛い味付けが好みの方に人気となっている秋刀魚の蒲焼きは、秋刀魚の表面の皮のこんがり焼くことによって、とろけるような身との相性が抜群な料理となっています。

比較的濃いめの味付けとなっていますので、お酒のおつまみとしても活躍しますし、一度食べたら癖になるのも魅力ですよね。

秋刀魚の旬の時期や焼き方まとめ

いかがでしたか?

秋刀魚の旬となる季節は夏ということがわかりましたが、手に取りやすい価格で家庭に出回りやすい秋にたくさん食べられるということで、秋刀魚の旬の可能性を消費者である私達自身が広げていることがわかりましたね。

栄養価の高い秋刀魚を味わえる季節を大切にしながら、様々な調理方法で、秋刀魚の旨味を最大限まで楽しみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です