秋刀魚の塩焼きは焼き方次第で10倍美味しく食べられる!?




秋の味覚となる食材の定番といえば、秋刀魚ですよね!

特に秋刀魚の調理方法として長年愛されている塩焼きは、香ばしい香りとふわふわとした食感がやみつきになりますよね。

そこで今回は、秋刀魚の塩焼きの詳しい調理方法や美味しくするコツ、さらには知っておきたい豆知識などもご紹介していきましょう!


スポンサーリンク


秋刀魚の塩焼きの下準備が大切な理由とは?

秋刀魚を焼くにあたって、美味しく調理できるだけでなく食べやすくもなる下準備が重要となります。

まず最初にしておきたいことは、下準備の最大のポイントとなる内臓を取り除くことです。

内臓自体にはアミノ酸やビタミンB2などの栄養素が豊富に含まれていますが、実は近年内臓に含まれる寄生虫によって食中毒になってしまうケースが度々見受けられます。

特にアニキサスという寄生虫はニュースにもなるくらい影響のあるものとなっていますので、その危険性を回避するためにも内臓を取り除いてしまうか、しっかり丸ごと焼いてしまった状態から後に取り除くなどの方法を取る方が賢明でしょう。

もう一つのポイントとしては、秋刀魚の鱗を取り除いたり、軽く水洗いをすることによって血や汚れを取り除くことも大切です。

表面の川のパリパリ感を楽しみたい方も多いと思いますので、表面の下処理についてもしっかり行っていた方が良いですね。

さらに、焼く前に塩を軽く振って20分程放置することによって秋刀魚の臭みを取ってくれる効果があるのでおすすめです。

放置した後に表面に水分が浮き出てくるのですが、その部分こそ臭みの原因となっているものなので、丁寧に拭き取りましょう。

少し手間になるかもしれませんが、下準備をすることでより秋刀魚の旨味を味わうことができるので、下準備をしたことがないという方はその違いを実感することができるので一度試してみましょう。


スポンサーリンク


秋刀魚の塩焼き~グリル編~

秋刀魚の塩焼きといえば、グリルで調理をするのが一般的で定番な方法というイメージがありますが、シンプルに秋刀魚の美味しさを味わえる方法なので長年愛用されている調理方法です。

焼くだけで秋刀魚本来の旨味を十分に引き出すことができますし、刺身が苦手な方にも愛される食べ方といえますよね。

また、グリルで調理することによって、焼き魚料理の魅力といえる表面の皮のパリパリを実現することができるので、より食欲を倍増させてくれるでしょう。

そんなグリル調理での塩焼きの際に気を付けておきたいポイントとなるのが、グリル内に秋刀魚がしっかりと収まるようにするということです。

一匹丸ごと入るグリルであればそのままでもいいのですが、無理やり押し込んだりすると、せっかくのグリル調理ができなくなってしまいます。

しっかりと火を通すことが塩焼きで大切になってきますので、グリル内に収まるように半分に切ったり、小分けにすると良いでしょう。

家庭用のグリルであれば、半分の大きさでも十分に入ることができますし、盛り付ける際にも秋刀魚の存在感を出すことができるでしょう。

そして、もう一つポイントとなるのが、秋刀魚を焼く前にグリルを温めておくということです。

秋刀魚全体に火を通すという役割もありますが、秋刀魚の実がグリルにひっつきにくくするためにも、グリルの空焼きは実は大事となってくるのです。

魚をグリル調理する際に最も面倒となる作業というのが、調理後の後片付けです。

片付けるまでが料理ということもありますし、ちょっとした工夫で秋刀魚の実がくっつかないようにすることもできますので覚えておくと良いでしょう。

また、空焼きの際にはグリル内に水を張るように入れるのですが、多すぎると秋刀魚自体がべたついてしまうので、適量を守って水を入れるようにしましょう。

グリル内の準備ができたら、次はいよいよ秋刀魚を焼く工程に入りますが、ここで重要となるポイントは、なるべく秋刀魚をひっくり返さないことなのです。

この時、秋刀魚の身自体がくずれやすくなっていますので、何度もひっくり返してしまうと秋刀魚自体がボロボロになってしまうので、せっかくの塩焼きが台無しになってしまいます。

焼き加減などを丁寧に観察して、表面の皮のカリカリ具合などを吟味しながら焼いていくことが大切です。

全体が焼け具合を確認するサインとして、秋刀魚の目に注目してみると、焼く前に透き通っていた目の部分が徐々に濁っていくのがわかります。

そして、濁っていた部分が真っ白になった瞬間が、焼き具合が良い状態になっている証拠なので、そこも注目して焼いていきましょう。

一番シンプルな調理方法ではありますが、少しの工夫とちょっとした気遣いを加えることによって、より美味しい塩焼きになることができるので、焼く際に大切となるポイントをしっかりと押さえておきましょう!


スポンサーリンク


秋刀魚の塩焼き~フライパン編~

引用:http://blog.livedoor.jp/belleblog/archives/65821165.html

グリル調理が一般的な秋刀魚の塩焼きですが、実は近年フライパンでも焼く調理方法が活用されていることをご存知でしょうか。

グリル調理の最大の難点ともいえる後片付けの手間も省くことができますし、グリル自体がない場合でも簡単に塩焼きを作ることができるので、一人暮らしの方にも愛用される調理方法となっています。

グリル程の強い火力のないのがデメリットですが、しっかりとした調理方法を知れば、簡単にフライパンで塩焼きをすることができるのです。

フライパンを使った塩焼きをする際のポイントとしては、クッキングシートを使うことが大切です。

クッキングシートをフライパンで敷いた状態で秋刀魚を焼くことによって、焼き魚特有の煙も防いでくれますし、表面の皮のパリパリ感を損なうことなく香ばしく仕上げることができるのです。

また、余分な脂分をクッキングシートが吸ってくれますので、焼き上がりの脂っこさもなくなりますし、脂分の取りすぎが気になる方にもおすすめとなっていいます。

さらに、クッキングシートで調理をすることによって、油なしで秋刀魚を焼くことができるので、経済的にもお得な方法といえます。

その分、脂自体が溢れてしまうことがあるので、取り除けない部分に関してはクッキングペーパーなどで丁寧にふき取ると良いでしょう。

クッキングシートを敷くだけの調理ということで、誰にでも真似しやすい方法ではありますが、一つ注意しておいてほしいポイントがあります。

それは、クッキングシートがフライパンからはみ出ないようにすることです。

万が一フライパンからはみ出てしまった状態が続くと、火の粉などが移ってしまうこともありますので、十分に取り扱いには気をつけましょう。

フライパンの準備ができたら、中火から弱火で片面ずつ丁寧に秋刀魚を焼いていきましょう。

その際、秋刀魚はフライパンに乗せやすいように小分けに切ることで焼き加減などをしっかりと見ることができるのでおすすめです。

そして、秋刀魚全体に火が通ってることを確認しながら、中身までしっかりと焼かれているかを見極めましょう。

フライパンで焼き魚をする際に、グリル調理と違って火力の部分ではマイナスとなってしまうのではと躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、クッキングシートなどの焼き魚が作りやすいような便利なグッズも出ています。

しっかりとした用法を守れば安全に秋刀魚を焼くことができるので、気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


秋刀魚の塩焼きのカロリーは高い?

魚料理はヘルシーというイメージを持たれている方も多いと思いますが、実際のカロリーというのがどのくらいか気になりますよね。

秋刀魚を塩焼きにした場合は、100gあたり250kcalとなっています。

実は秋刀魚のお刺身のカロリーは100gあたり310kcalとなっているのです。

特に油が乗った秋刀魚というのは、塩焼きにする際に3割程の脂分が落ちると考えられています。

また、塩焼きにする際には塩の量もカロリーに比例してきますが、多く見積もったとしても300kcalくらいになると思われます。

そういった意味でも、刺身で食べるよりも焼くという調理を加えたほうがカロリーが低くなるということになります。

これはあくまで平均的な数値となりますが、秋刀魚の大きさや脂の乗り具合でカロリーの変動があるようです。

さらに魚料理を食べる際に白いご飯がどうしても食べたくなる方も多いと思いますので、秋刀魚と合わせる食材についてもチェックしておくと良いでしょう。

秋刀魚の塩焼きの上手な食べ方とは?

魚の食べ方に苦戦している方が意外と多いことがご存知でしょうか。

食べ終わった後も綺麗な姿で終わることで、秋の味覚をしっかりと味わった余韻に包まれることができますよね。

そこで、今からでも間に合う秋刀魚の塩焼きの上手な食べ方についてご紹介しましょう!

背骨に沿って箸を入れる

秋刀魚を食べる際にどこから箸を入れていいかわからないという方もいるかもしれませんが、頭から尻尾へ向かっている背骨に沿って水平に箸を入れると、すっと身に箸を入れることができます。

表面の上半分を食す

水平に箸を入れたら、上半分の部分の身を取ることができるので、少しずつ食べていきましょう。

表面の皮と一緒に食べることによって、パリパリ感も一緒に味わうことができます。

わた部分に注意して下半分を食す

身の上半分を食べ終わったら下半分に箸を入れるのですが、そこには苦味のある「わた」がありますので、苦手な方はお皿の端によけておくことをおすすめします。

わたを苦手とする方も多いので、残してもマナー違反などになることはないので、その部分を除いた身の部分の美味しさを楽しみましょう。

背骨を裏返さずに取る

表面の実を食べ終わったら、つい裏返したくなる衝動にかられてしまいますが、マナー的に秋刀魚を裏返すことはタブーとなっています。

その際には、背骨を頭の付け根に押し込むことにとって簡単に折ることができるので、そのまま背骨を外しましょう。

頭と骨がなくなったことによって裏面の身が食べやすくなりますので、そのまま最後まで秋刀魚を楽しむことができます。

一見すると難しいかもしれませんが、手順を理解すれば秋刀魚の骨だけ綺麗に残った状態で食べ終わることができるので、是非ともチャレンジしてみてください!

秋刀魚の塩焼きのおすすめ付け合わせ!

メインを秋刀魚に献立を考える際に、それを支える付け合わせを考えるのも大切ですよね。

そこで、秋刀魚の美味しさをさらに引きたてるおすすめの付け合わせをご紹介しましょう!

白いご飯

引用:http://www.shokuji-takuhai.info/blog/report/wanmairu/entry-351.html

魚料理といえば白ご飯というくらい、相性が抜群なことでも有名な組み合わせですよね。

秋刀魚の脂の乗ったパリパリの皮と一緒に食べたり、ふわふわとした身と共に口の中に含めば、これ以上にない美味しさを味わうことができます。

秋刀魚自体の味が濃いこともあるので、白いご飯がしっかりとその味を際立たせてくれるので、シンプルではありますがとても心強い付け合わせとなっています。

炊き込みご飯

秋の味覚を存分に楽しみたいという方におすすめなのが、秋刀魚に炊き込みご飯を合わせる組み合わせです。

さつまいもご飯は栗ご飯など、旬となる食材を使った炊き込みご飯と一緒に秋刀魚を味わうことによって、口の中いっぱいに秋の味覚を味わうことができます。

秋刀魚の香りの香ばしさとさつまいもや栗の甘みのある香りに包まれながらの食事は格別のものとなるでしょう。

漬物

脂の乗った秋刀魚を食べる際に、さっぱりとした味を付け合わせにしたいと考える方も多いことでしょう。

そんな時には、脂っぽさをすっきりとした味わいにしてくれる漬物がおすすめです。

ミョウガやキュウリや白菜など、食感にも楽しい漬物を一緒に味わうことによって、胃もたれすることなく秋刀魚を味わえることができそうですね。

秋刀魚の塩焼きの焼き方や豆知識まとめ

いかがでしたか?

秋刀魚の塩焼きにも様々な焼き方があるので、自分が調理しやすい方法で秋刀魚の旨味を楽しんでほしいと思います。

また、秋刀魚に合う付け合わせの料理や最後まで味わえる食べ方などを知ることによって、より秋刀魚の調理や美味しさを感じることができるので、秋の味覚を存分に楽しめること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です