秋刀魚レシピ で子供人気爆発レシピ大公開!旬の味をグッと凝縮!?




秋の味覚は様々ですが、まず最初に出てくる食材といえば、香ばしい香り漂うさんまですよね!

魚本来の味を楽しんだり、味付けなどでアレンジするなど、その調理法を駆使している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、思わず真似したくなるさんまの人気レシピをご紹介しましょう!


スポンサーリンク


さんまのレシピ~圧力鍋編~

引用:https://ameblo.jp/a-takeshita/entry-11056068849.html

毎日料理をするにあたって、調理時間というのはどうしても気になってしまうところですよね。

このレシピに挑戦してみたい!と思っても、調理時間がかかりすぎてしまうと躊躇してしまう方も多いでしょう。

そんな悩みを解消してくれるのが圧力鍋です!

高圧力を集中的にかけることによって、まさに『0分料理』ができてしまう圧力鍋は、近年その便利すぎる性能が注目されていて、多くの方に親しまれています。

魚の柔らかみを直に感じることができるだけでなく、骨の感触さえも和らげてくれるので、まさに魔法のような調理器具といえますね。

圧力鍋の特徴として、短時間で食材に味を凝縮してくれるという利点があります。

魚料理といえば煮物を想像する方も多いと思いますが、圧力鍋を使うことによって、調理時間を格段に短縮してくれるのです。

また、さんまは秋に出回ることが多いですが、たとえ旬を過ぎてしまったとしても圧力鍋を使って調理することによって、本来持っている旨味を逃がすことなく味付けできます。

そんな圧力鍋を使ったさんまのレシピですが、醤油やお酢などの調味料で煮立たせる方法が一般的ですが、人気となっているのは梅と一緒に煮込んで調理する梅煮です。

梅のさっぱりとした味わいが癖になりますし、圧力鍋に入れるだけでその味がしっかり沁み込んださんまを味わえることができるので注目されています。

また、風邪や体調が悪い時などに重宝され、体を温めてくれる生姜を一緒に煮込んだ生姜煮もおすすめです。

圧力鍋を使った料理の特徴として、作り置きをすることができるので、体調がすぐれない時でも一度作ってしまえばまたその美味しさを味わうことができるのです。

圧力鍋を使ったことがない方はその調理時間の短さと、その短さからは想像もできないようなさんまの旨味を感じることができるので、是非ともおすすめした調理法となっています。


スポンサーリンク


さんまのレシピ~塩焼き編~

魚料理でもっとも簡単で美味しくできる調理方法として、焼き魚にするという方法があります。

シンプルではありますが、魚本来の美味しさを味わうことができますし、長年愛される魚の食べ方といえますね。

様々な焼き方があるとは思いますが、特に人気なものとしてはシンプルな味付けながらも、魚の調理方法として最も馴染みのある塩焼きとなっております。

塩を一振りするだけで味の深みが増すだけでなく、それだけで旨味を引き出してくれる万能調味料といえます。

また、魚が持っている独特の生臭みを取ることができるだけでなく、魚の身の弾力を増してくれる効果があるのです。

シンプルながらも美味しさを引き出してくれる塩焼きですが、塩焼きをするにあたって、事前準備をしておくとよりその美味しさを十分に味わうことができるのです。

それは、焼く前のさんまに塩を両面に適量振り、20~30分を目安に放置しておくことなのです。

そして放置した後に、さんまを水で洗って水気を取ってから、もう一度塩を両面に少量振ってから焼くことによって、さんまの臭みを取り除くだけでなく、より引き締った味になるので、さらに美味しさを感じることができるのです。

少しの手間ではありますが、「塩を2回振る」という下準備をすることによってよりさんまの塩焼きを格別なものにしてくれるので、その旨味を体感してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私は塩焼きがさんま料理で一番好きな調理方法ですので、秋には必ずといっていいほど塩焼きを食卓に出すことが多いです。

簡単にできて、しかも美味しいというのは誰でも真似しやすいですし、それでいてさんま本来の味を感じることができるのは嬉しいことですよね。

また、塩焼きだけでは物足りないという方は、かぼすやレモンなどを付け合わせにすることによって、より引き締まった味を引き立ててくれるので、是非ともお試しください。


スポンサーリンク


さんまのレシピ~蒲焼き編~

濃い味付けがお好みの方におすすめしたい料理方法として、蒲焼きがあります。

蒲焼といえば、うなぎを連想する方も多いかもしれませんが、さんまの蒲焼きも実は人気のレシピとなっているのです。

うなぎに合うということは、同じ魚の仲間でもあるさんまにも合うに決まってますよね!

さんまの皮をカリカリに焼くことで、蒲焼きならではの甘辛味をさらに引きたてててくれるだけでなく、さんま本来の旨味も存分に味わうことができるのです。

さかなの皮が焼かれたあの想像するだけで、思わずすぐにでも作りたくなってしまう魅惑の料理ですよね。

しかも、身の部分もホクホクしているので、まるでとろけてしまうような食感は一度食べたらやめられない美味しさとなっています。

甘辛の味付けとなっているので、お酒のおつまみとしても愛されている蒲焼きなので、まだ試したことのない方には是非ともチャレンジしてほしい調理方法ですね。


スポンサーリンク


さんまのレシピ~洋風編~

魚を調理する際の味付け方法として、和風を想像する方がほとんどだと思いますが、実は洋風のレシピが人気になっていることをご存知でしょうか。

もちろん、和風の味付けも長年愛されている人気の料理方法ですが、毎日料理をするにあたって、少し違ったアレンジがしたいと思っている方も少なくはありません。

煮込み料理で人気となっているのは、トマトとオリーブオイルなどで煮込むトマト煮です。

ニンニクなどをプラスすることによって、さらに洋風の香りを味わうことができ、いつもと違った風味を体感することができます。

トマトと一緒に煮込むだけで洋風になってしまうほど、しっかりと味の付きやすい食材となっていますし、さんまとの相性も抜群ですので、是非とも試してみてほしい洋風レシピとなっています。

また、オリーブオイルで煮込むことによって素材本来の旨味を引き立たせることができる調理方法として注目されているアヒージョも人気となっています。

テレビ番組でもよく取り上げられることが多くなってきたアヒージョですが、さんまと一緒に人参や玉葱などの野菜を一緒に煮込むことによってよりさんまの旨味を最大限に生かしてくれます。

トマト煮もアヒージョもシンプルな方法ではありますが、簡単に洋風な味付けにしてくれるので、さんま料理の幅を広げてくれる新鮮な調理方法となってくれるでしょう。

また、洋風な味付けとして香草を使った料理方法も人気となっています。

香草焼きといえばまさに洋風な味付けの代名詞といった調理方法ですが、魚との相性が抜群ということもあり注目されています。

ハーブの爽やかな香りがさんまの旨味を引き締めてくれますし、その調理方法もオーブンやグリルなどで焼くだけということで比較的シンプルなので挑戦しやすいですよね。

見た目も緑の鮮やかな色合いが食欲をそそりますし、白ワインとの相性も良いので、お酒が好きな方にもおすすめとなっています。

さんまといえば和風料理のイメージが強かった私にとっても、これらの調理方法は明日からでも試してみたいレシピだなと思いました。

いつもと違った風味で味わえることも魅力ですし、同じような調理方法が並びやすい魚料理のレパートリーが増えるということも魅力ですよね。

さんまのレシピはフライパンで調理することができる?

引用:http://blog.livedoor.jp/belleblog/archives/65821165.html

さんまを焼く時にはオーブンやグリルなどを使って調理することが一般的かもしれませんが、実はフライパンでも焼くことができるのです!

しかし、オーブンなどの火力の高いものと比べてフライパンで焼くとなると、どうしても仕上がりの美味しさが半減してしまうのではという不安も拭えません。

また、グリルでさんまを焼く場合、終わった後にグリル部分を洗うのが面倒ということで、なかなかグリル料理に挑戦できないと思っている方をいることでしょう。

そんな悩みを解消すべく、フライパンでも美味しくさんまを調理できるコツをお教えしましょう!

クッキングシートを使う!

フライパンでさんまを焼く場合はクッキングシートを使うことによって、さんまの外側をカリカリにすることができます。

焼いている最中に出てくる脂などを吸い取ってくれますし、余分な油分も取り除いてくれるのでヘルシーな仕上がりになります。

実は、クッキングシートは油なしでも焼き魚ができ、さんまがフライパンにくっつかないことでも注目されていますので、とてもエコな調理方法が魅力となっています。

その分、秋刀魚の脂分が出やすくなってしまうこともあるので、クッキングペーパーなどで小まめにふき取ると良いでしょう。

さらに、焼く時の注意する点としては、クッキングシートがフライパンからはみ出ることがないようにして、火に直接当たらないように心がけましょう。

片面ずつ丁寧に焼く!

さんまをクッキングペーパーに乗せて、中火から弱火で焼くことがポイントなのですが、ここで重要なのがさんまの焼き具合をしっかりと観察することです。

強火などで急いで焼いてしまうと焦げ付いてしまったり、仕上がりにムラが出やすくなってしまうので、丁寧に様子を見ながら焼き加減を把握することが大切です。

なので、丸ごと一匹の状態で焼くよりかは、焼き具合がわかりやすいように小分けに切ってからの方がおすすめです。

中身まで火が通っていることを確認する!

見た目からもさんまの焼き具合が確認することができますが、しっかりと確認してほしいのは中身までしっかりと火が通っているかということです。

オーブンなどの火力よりも少ないので、フライパンに押し付けて焼くこともできるので、なるべく密着した状態にしておくことが賢明でしょう。

中途半端な状態で焼き上げるのはせっかくの焼き魚の美味しさを損なってしまう原因となってしまうので、そこは特にチェックしておきたいところです。

しっかりとした調理方法を実践すれば、フライパンでもさんまを焼くことができるので、是非とも試してみてください!

さんまのレシピで子供人気が高いのは?

引用:http://www.ebisenka.com/blog/2012/10/post-14.php

魚料理には煮物などが多く、子供の味覚には少し大人っぽさがある味付けが多いですが、さんまのレシピで子供に人気のあるレシピはどのようなものがあるのでしょうか。

特に人気のあるものとしては、さんまの唐揚げやさんまの炊き込みご飯がおすすめです。

子供が大好きな定番料理としても挙げられる唐揚げは、さんまにも活用できるので、カリカリとした衣の中にふわふわとした感触がマッチして、お子様の心をくすぐる味となってくれるでしょう。

また、さんまを炊き込みご飯に混ぜることによって、ご飯を食べながら知らず知らずに旨味を一緒に味わえることができるので、魚料理が苦手というお子様にもおすすめの調理方法となっています。

さらに、パスタなどに合えて食べるのも注目されているので、パスタ好きのお子様には是非とも試してみてほしいレシピです。

さんまの人気レシピまとめ

いかがでしたか?

さんまの旨味を引き出すことのできるレシピがたくさんありましたが、お気に入りの調理法は見つけることができたでしょうか。

フライパンなどでも簡単に調理できるようになっていますので、なかなか挑戦できないと思っていたレシピにも気軽にチャレンジしてみてほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です