秋刀魚の刺身の捌き方や美味しく食べる方法とは?旬の味覚を味わおう!




秋の旬の食材でもある秋刀魚は、焼いたり煮たりするなど様々な料理法で親しまれていますが、新鮮な状態を楽しみたい方におすすめなのは刺身で食べることです。

塩焼きなどの普段の調理方法とは違って、秋刀魚を刺身で食べる場合はいつくか気を付けておかなければならない点もあるのです。

そこで今回は、秋刀魚の刺身の捌き方や知っておきたい注意点、さらに秋刀魚の刺身に合う薬味などについてご紹介しましょう!


スポンサーリンク


秋刀魚の刺身の捌き方とは?

魚を刺身にする場合は三枚おろしにすることが一般的ですが、秋刀魚のような細長い形状の魚を捌く場合は「大名おろし」と呼ばれる方法が良く使われます。

また、使う包丁に関しては、秋刀魚を綺麗に捌くことができるの片刃の包丁がおすすめですが、もしなければ両刃の包丁を使っても大丈夫です。

包丁が用意できたら、いよいよ秋刀魚を捌いていく工程に移ります。

1.頭と内臓を取る

まずは、頭を切り落としたら、腹に切り込みを入れて、中にある内臓をかき出します。

血合いに包丁を当てて回すようにかき出すことによって、内臓と血合いを同時に取り出すことができます。

その後、腹の中を冷水で十分洗い流して、水気をしっかり取ることを忘れないようにしましょう。

2.大名おろしをする

尾の部分を左側に持っていき、背骨のすぐ上の部分に包丁を入れて、中骨の沿りながら尾まで包丁を進めながら上部分の片身を落としていきます。

この時、刃先に中骨を感じながら身を落としていくことで綺麗に外すことができるので意識しながら捌いていきましょう。

次に、片身を裏返したら、反対側の身も同じようにおろしていきます。

腹骨に包丁を添わせた状態で包丁の刃を合わせながら、腹骨をすき取っていき、皮一枚の状態になったら包丁を立て切ります。

3.皮を剥ぐ

頭側の部分に爪を立てながら、身と皮を引き離すようにして剥がしていくと、すーっと身から皮が離れていきますので、ゆっくりと剥がしていくことが大切です。

途中で皮に身がついてしまう場合は、丁寧に指で剥がしていくと自然と取ることができます。

皮が剥けたのを確認して、身の真ん中に残っている骨をピンセットなどで慎重に取り除けば完成です!

秋刀魚を捌くのが初めてな方にとっては、躊躇してしまう部分も多々あるかと思いますが、最初から綺麗に捌こうとするのではなく、数をこなすことによって徐々に捌くのが上手になってきますので、4、5匹などで練習してみると良いでしょう。

また、この大名おろしを覚えておけば、他の魚も捌くことが可能ですので、家庭でもより新鮮な状態で旨味を味わうことができることも魅力であり、是非とも覚えておきたい捌き方となっています。


スポンサーリンク


秋刀魚の刺身の小骨の正しい処理方法とは?

秋刀魚の刺身を食べる場合、捌いている過程で取り切れなかった小骨の感触を感じることがあります。

実は、秋刀魚の小骨は比較的細いものが多いのですが、非常に抜きにくくなっていますので、無理に引き抜くことはあまりおすすめしません。

それでも小骨を取りたいという方には、身の中心にある小骨に沿って、両側からV字に切り込みを入れていくと、小骨部分を掴むことができます。

その部分を指で摘まんで引っ張っていくと、一気に小骨全体を取り除くことができます。

引用:http://tsuri-kahoku.jp/Cooking/2014/11/98032.html

刺身の骨が苦手なお子様や、口の中にチクチクあたってしまって違和感を感じながら食べるのが苦手な方にとっても、この方法はとてもありがたいですよね。

魚の骨というのは食べる際に厄介となってしまう部分ではありますが、ちょっとした工夫を加えることで秋刀魚の刺身を食べやすくしてくれるので、小骨が気になってなかなか食べれないという方には一度試してみてほしいですね。


スポンサーリンク


秋刀魚の刺身のおすすめの食べ方とは?

秋刀魚が捌くことができたら、次はどのように調理しようか悩みどころではありますよね。

そのまま刺身醤油などで食べるのも良いですし、少しアレンジを加えて新鮮さをより楽しむという方もいるでしょう。

それではここで、秋刀魚の刺身をより美味しく味わえるおすすめの食べ方をご紹介しましょう!

・秋刀魚のカルパッチョ

引用:http://pomkn.cocolog-nifty.com/sanjakku/2004/10/post_6.html

新鮮な秋刀魚をオシャレに味わいたい方におすすめなのが、トマトやおくらなどの野菜と合わせて、ドレッシングなどをかけて美味しさを楽しむカルパッチョがおすすめです。

秋刀魚の旨味を野菜が引き立ててくれますし、とてもヘルシーな食べ方としても注目されている調理方法なので、やさしい味わいとなっているのも魅力ですよね。

イタリアンな料理のイメージのあるカルパッチョですが、ポン酢やごま油などの和風な味付けもおすすめですので、是非とも試してみてほしいです。

・秋刀魚のなめろう

引用:https://tabelog.com/gunma/A1001/A100101/10008538/dtlphotolst/1/smp2/

漁師の方が船上で作っていたとされる料理でもあるなめろうは、味噌や生姜などを合わせることによって、秋刀魚の臭み消してくれるので、新鮮な状態で旨味を楽しむことができます。

三枚おろしにした秋刀魚を細かく叩くように切っていくことで、調味料と絡みやすくすることができますし、癖になるような独特な食感を味わえる魅惑的な調理方法となっています。

・秋刀魚のユッケ

引用:https://cookpad.com/

主に生肉を使った韓国料理として愛されているユッケですが、秋刀魚の刺身で代用することができるので注目されています。

ユッケ特有の黄身を乗せるスタイルはそのままで、玉葱や納豆などの食感の良いものと合わせることによって、もう一度食べたくなるような美味しさを味わうことができます。

・秋刀魚寿司

引用:https://blog.goo.ne.jp/lostsong11231123/e/e6205ec5988087d358f5a91464c202c3

新鮮で油の乗った秋刀魚をお寿司にして食べたいと考える方は、きっと私だけではないでしょう。

新鮮だからこそ味わえるお寿司ですので、是非とも食べてみたくなる調理方法ですよね。

お寿司にする際には、大葉などを一緒に握ることによって、さっぱりさをアクセントとして加えることによって、さらに秋刀魚の旨味を感じることができるのでおすすめです。

新鮮だからこその調理方法ではありますが、旬な季節だからこそ最大限に味わいたいと思う方も多いと思いますので、秋刀魚本来の旨味を味わえる食べ方をすることによって、秋の味覚を楽しめること間違いなしですね!


スポンサーリンク


秋刀魚の刺身に合う薬味とは?

引用:http://ryourirecipe.blog.jp/archives/3085879.html

新鮮で脂の乗った秋刀魚の刺身をシンプルな方法で食べることこそが、刺身を味わう醍醐味だと考える方もいるくらいなので、刺身として食べる秋刀魚の魅力というのは計り知れないものがあります。

そんな秋刀魚の刺身に合う薬味の中でも、特におすすめしたいのが生姜なんです。

実は、生姜には消臭効果があり、臭みになどを取り除いてくれることがわかっています。

秋刀魚などの青魚には独特な臭みがあることから、苦手に感じてしまう方もいるようです。

そんな方にもおすすめしたいのが、生姜を薬味として秋刀魚を味わう食べ方なのです。

刺身を食べる際の薬味としてわさびをイメージする方が多いですが、生姜にも辛み成分がありますし、秋刀魚の旨味を引きたててくれるような味わいがあります。

また、爽やかな香り漂う大葉や味を引き締めてくれるかぼすなどを添えてみても良いでしょう。

薬味は脇役になりやすい立ち位置ではありますが、刺身などに合わせることによって、なくてはならない存在になることも事実です。

生姜のように、味を引き立てるだけでなく、臭みを取り除いてくれる効果を持っているというのも驚きでした。

スーパーなどの刺身コーナーで刺身に生姜が添えられているのはその効果を発揮する為だったんだなと思って感心してしまいました。

また、個人的に大葉の香りが好きなので、秋刀魚の旨味が詰まった水戸と絡み合う大葉の爽やかさを味わってみたいですね。

秋刀魚の刺身を食べるのに最適な時期とは?注意する点は?

旬の状態で秋刀魚を楽しめる時期というのは、9月~10月の1ヵ月間という短い期間となっています。

一番脂が乗っている時期でもありますので、旬の時期が終わってしまうと自然と旨味が少なくなってきてしまいます。

鮮度の良い状態を確かめるには、秋刀魚の口先がほんのり黄色くなっていることなどがいわれていますが、旬の時期であればほとんど大差はないとされています。

一瞬の美味しさを味わえるということで、秋刀魚を刺身として味わってみたいと思っている方も多いと思いますが、秋刀魚の刺身を味わうにあたって、注意しなければならない点があります。

それは、秋に増加する「アニキサス」という寄生虫による食中毒被害です。

実は近年、刺身用の秋刀魚の販売を控えているお店が多いことをご存知でしょうか。

実はこれはアニキサスによるものであり、有名人がアニキサス被害を受けたことがニュースになるほど話題となっています。

アニキサスが生息しやすい場所としては、主に生魚の内臓とされており、秋刀魚を含めた青魚などの内臓に寄生することが多いことが確認されています。

一度アニキサスが体内に入ってしまうと、激しい腹痛や嘔吐などを誘発してしまうので、もし秋刀魚の刺身を食べてこの症状を感じた場合は、速やかに医療機関の受診をおすすめします。

とても重い症状を引き起こすアニキサスですが、新鮮な秋刀魚であれば処理をしっかりすればその被害を防ぐことができます。

まずは内臓をしっかり取り除くこととが重要であり、さらに60℃から70℃で加熱処理をすることによってアニキサスを死滅させることができます。

また、-20℃で24時間以上冷凍された状態であれば死滅させることができますので、店頭で秋刀魚を買う際にはお店の方に冷凍処理をしているかを確認してみると良いでしょう。

秋刀魚の刺身は味わえる時期も短く、食中毒などの心配も懸念されますが、しっかりとした下準備や知識などを身に付けておけば危険を回避することができますので、秋の味覚を味わうチャンスを逃さないようにしたいですね。

秋刀魚の刺身の捌き方や食べ方まとめ

いかがでしたか?

秋の味覚の定番でもある秋刀魚を刺身として味わうことによって、さらに秋刀魚を食べるのが楽しみになってきますよね。

秋刀魚の刺身は新鮮であることも魅力でもある一方で、食中毒などの危険性もありますが、それを回避する為のしっかりとした下準備や調理方法を実践することによって、安心して秋刀魚の刺身を味わうことができるのです。

刺身としての秋刀魚を楽しめる期間は一瞬で過ぎてしまいますので、その味覚を味わえる時期を大切にしながら、旬の旨味を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です